検索結果 1,227 件中 1 件 〜 50 件 "陝西省西安市"
  1. 2020051801112

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051801123

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李寿(り・じゅ)墓の壁画「儀仗出行図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051801125

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051801128

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051801129

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李寿(り・じゅ)墓の壁画「儀仗出行図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051800927

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051800997

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている韋泂(い・けい)墓の壁画「高髻仕女図(こうけいしじょず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051801081

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている懿徳太子(いとくたいし)墓の壁画「闕楼図(けつろうず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051801066

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051801075

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「儀衛図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051801076

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李鳳(り・ほう)墓の壁画「払塵侍女図(ふつじんじじょず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051801038

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051801068

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている房陵大長公主(ぼうりょうだいちょうこうしゅ)墓の壁画「托果盤侍女図(たくかばんじじょず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051801043

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「儀衛図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051800965

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている房陵大長公主(ぼうりょうだいちょうこうしゅ)墓の壁画「托盤提壺侍女図(たくばんていこじじょず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051800945

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李爽(り・そう)墓の壁画「吹簫楽伎図(すいしょうがくぎず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051801127

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051801130

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李鳳(り・ほう)墓の壁画「三侍女図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051801091

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051801054

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051402527

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した蓋付きの陶罐(水がめ)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051402484

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した陶丸。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051402426

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した陶製紡錘車(ぼうすいしゃ、糸を紡ぐ器具)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051402538

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した加工済みの鹿の角。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051402463

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した円形の陶片。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051402465

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した石臼。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051502251

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターのスタッフに甘えるしぐさを見せるパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051502220

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでじゃれ合うパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051502206

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでじゃれ合うパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051502284

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで暮らす茶色のパンダ「七仔(チーザイ)」。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051502199

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで遊ぶ「秦酷児(チンクール)」。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051502178

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センター。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051502177

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センター。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051102736

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  5日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051102568

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  4日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051102592

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールで写真を撮る観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051102702

    秦始皇帝陵博物院、メーデー連休の観光客約4万人  3日、秦始皇帝陵博物院の兵馬俑1号坑展示ホールを見学する観光客。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は6日、メーデー連休期間(5月1~5日)に計4万人近くの観光客が同博物院を訪れ、世界的に名高い兵馬俑を鑑賞したことを明らかにした。同博物院は3月25日に一般開放を再開して以来、オンライン予約による入場券購入を全面的に実施。1日当たりの入場者数を8千人以下とし、超過した場合は臨時閉館の措置を取っている。観光客は本人確認、検温などの厳格な感染対策を経て風景区に入場する。秦始皇帝陵博物院は5日間の連休中に計3万9800人の観光客を受け入れた。(西安=新華社配信/張天柱)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051103010

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051102951

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051102941

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051102936

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051102930

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051102908

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051103059

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051102981

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051102865

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051102889

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051102967

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102973

    西安碑林に唐玄宗皇帝由来の「石台孝経」を訪ねて陝西省  4月28日、西安碑林博物館の「石台孝経」。中国陝西省西安市の西安碑林博物館は、漢代から現在までの石碑や墓誌約4千点を収蔵している。創建は北宋時代の元祐2(1087)年。中国で古代の石碑を最も多く保存している。石碑が林立していることから「碑林」と呼ばれるようになった。「石台孝経」は、唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)が序文と注釈を書き、天宝4(745)年に石に刻ませた。「孝経」は中国古代の儒教の倫理に関する著作で、主に年長者に従う「孝悌(こうてい)の道」を説いている。石碑は四つの石を組み合わせており、高さ620センチ、幅120センチの長方形の柱の4面に文字が刻まれている。頂部には雲文(うんもん)が浮き彫りされた碑額、下部には精美な彫刻が施された3層の石台があり、雄大かつ荘重な造りとなっている。碑文は隷書で1行55文字の18行。玄宗の書体は筆跡が整い、鷹揚さと華麗さを兼ね備えており「開元体」と呼ばれる。石碑は元祐2年に現在の場所に移され、今では西安碑林の最も古い収蔵品の一つとされている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020050104703

    西安市で野外舞踊劇「長恨歌」が初回公演医療従事者らを慰労  26日、西安市臨潼区華清宮風景区で上演された歴史舞踊劇「長恨歌」の一場面。中国陝西省西安市臨潼(りんどう)区の華清宮風景区にある九竜湖で26日夜、2020年版の野外歴史舞踊劇「長恨歌(ちょうごんか)」が初日を迎え、感染症対策の最前線で働く人々600人余りが鑑賞した。作品は唐代の詩人、白居易(はく・きょい)が後世に残した叙事詩「長恨歌」を原作に、唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のはかない愛の物語が描かれている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像