検索結果 2,889 件中 1 件 〜 50 件 "陝西省"
  1. 2020060209241

    チョモランマ標高測量登山隊、ベースキャンプに無事帰還  28日、陝西省測量・製図地理情報局の楊宏山(よう・こうざん)局長(右)は登山隊のツェノール隊長に、哈達(カタ、敬意を表す帯状の布)を捧げ、測量の成功を祝った。世界最高峰チョモランマで標高の測量を行った中国登山隊の隊員8人が28日午後8時45分、標高5200メートルのチョモランマベースキャンプに無事帰還し、今回の測量任務を円満に終えた。登山隊員8人は27日午前11時に登頂に成功し、測量を行った。全員体調は良好だという。(チョモランマベースキャンプ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060209483

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉で各時期の食糧配給切符を見学する観光客中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209573

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉の周辺風景。現代農業施設が立ち並ぶ。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209436

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉を見学する観光客。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209446

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、東倉門から豊図義倉の内城に入る観光客。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209453

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉の内城。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209438

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉のれんが倉庫で出庫する小麦を整理する作業員。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209408

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉で実施されている小麦の入れ替え作業。れんが倉庫の備蓄小麦はベルトコンベアでトラックの荷台に運ばれる。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209510

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉の内城の一角。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060209498

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、空から見た豊図義倉。(小型無人機から)中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209367

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉で貯蔵されている食糧。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209066

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで働くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060209057

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、ロケットエンジンの燃焼試験について説明する藍箭航天の杜方平(と・ほうへい)総経理。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209016

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアに並ぶロケットの模型。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060209020

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060209014

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリア。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060209027

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060209063

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060209067

    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市  26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060209178

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060209132

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区の陽光広場。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060209107

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  25日、楡林市ハイテク産業開発区のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060209047

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市内の公園を散策する市民。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060209045

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市北郊に広がる100万ムーのモンゴルマツモデル基地「小紀汗林場」。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060209194

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市内の公園を自転車で走る市民。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060209180

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の河浜公園。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052701026

    中国の医療専門家チーム、タジキスタンに到着  24日、タジキスタンのドゥシャンベ国際空港で、中国の医療専門家チームと共に集合写真撮影に臨む中国の劉彬(りゅう・ひん)駐タジキスタン大使(右から8人目)とタジキスタンのウマルゾダ保健・社会保護第1副大臣(右から7人目)。タジキスタン政府の要請を受けて中国政府が派遣した新型コロナウイルス対策医療専門家チームが24日未明、同国の首都ドゥシャンベに到着した。呼吸器疾患・集中治療・看護・中医学(中国の伝統医学)・感染症の予防・抑制を専門とする陝西省の医師と専門家の計14人が派遣された。(ドゥシャンベ=新華社配信)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060209176

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市内の公園を散策する市民。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060209168

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の楡渓河生態回廊。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060209160

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の楡渓河生態回廊を散策する市民。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060209143

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の環状快速道路の防護林で樹木に水をやる作業員。ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052701005

    中国の医療専門家チーム、タジキスタンに到着  24日、タジキスタンのドゥシャンベ国際空港に到着した中国の医療専門家チーム。タジキスタン政府の要請を受けて中国政府が派遣した新型コロナウイルス対策医療専門家チームが24日未明、同国の首都ドゥシャンベに到着した。呼吸器疾患・集中治療・看護・中医学(中国の伝統医学)・感染症の予防・抑制を専門とする陝西省の医師と専門家の計14人が派遣された。(ドゥシャンベ=新華社配信)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060209126

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、緑豊かな木々に囲まれた陝西省楡林市鎮北台。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060209103

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市のグリーンベルトで思い思いに楽しむ市民たち。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060209137

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市の緑地帯でウェディングフォトを撮影するカップル。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060209042

    かつての荒地が「森林都市」に様変わりした陝西省楡林市  24日、楡林市迎賓大道のグリーンベルト。(小型無人機から)ムウス砂漠の南端にある中国陝西省楡林市は、2017年4月から市街区域の100万ムー(約6万7千ヘクタール)に及ぶ生態圏と市を囲む防護林ベルトの構築に乗り出し、荒れ山・荒地・荒れた砂漠、耕作放棄地、耕作不適地、遊休土地で造林・緑化を行い、低効率の林の改善・改造を実施。19年11月に「国家森林都市」の称号を獲得した。かつてはむき出しだった区域内の土地は全面的に緑化され、都市と周辺地域は緑が生い茂り、「塞上(北辺の地)の森林都市」の美しい風景が形成されている。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052602142

    中国の合同作業グループ、新型コロナ対策支援でタジキスタンへ出発  23日、陝西省の西安咸陽国際空港で支援物資を機内に積み込むスタッフ。中国がタジキスタンに派遣する合同作業グループが23日、チャーター機で陝西省の西安咸陽国際空港を出発した。タジキスタンで新型コロナウイルス感染対策の支援活動を行う。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052602175

    中国の合同作業グループ、新型コロナ対策支援でタジキスタンへ出発  23日、陝西省の西安咸陽国際空港でチャーター機に積み込まれる支援物資。中国がタジキスタンに派遣する合同作業グループが23日、チャーター機で陝西省の西安咸陽国際空港を出発した。タジキスタンで新型コロナウイルス感染対策の支援活動を行う。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052602062

    中国の合同作業グループ、新型コロナ対策支援でタジキスタンへ出発  22日、陝西省政府で、出発式に参加した合同作業グループの副長を務める陝西省人民医院の易智(い・ち)副院長(左から3人目)。中国がタジキスタンに派遣する合同作業グループが23日、チャーター機で陝西省の西安咸陽国際空港を出発した。タジキスタンで新型コロナウイルス感染対策の支援活動を行う。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052602015

    黄土高原の谷間で野生のヒョウを撮影陝西省  18日、旬邑県の林場で撮影したヒョウ。中国陝西省咸陽市旬邑県の馬欄国有林場で18日午後、定期巡回中の職員4人がヒョウに似た野生動物に遭遇し、約15メートル離れた車から携帯電話で複数枚の写真を撮影した。同省動物研究所の専門家による鑑定で、野生動物はヒョウであることが確認された。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  41. 2020051800997

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている韋泂(い・けい)墓の壁画「高髻仕女図(こうけいしじょず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051800927

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051801112

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「狩猟出行図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051801123

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李寿(り・じゅ)墓の壁画「儀仗出行図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051801125

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051801128

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051801129

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている李寿(り・じゅ)墓の壁画「儀仗出行図」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051801081

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている懿徳太子(いとくたいし)墓の壁画「闕楼図(けつろうず)」。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051801066

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「客使図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051801075

    陝西歴史博物館の唐代壁画の逸品を訪ねて  14日、陝西歴史博物館の唐代壁画珍品館に展示されている章懐太子(しょうかいたいし)墓の壁画「儀衛図」(局部)。唐墓壁画は中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の特色の一つで、20カ所余りの唐代墓で見つかった壁画600点近くを収蔵している。同館の唐代壁画珍品館では、唐の皇族や貴族の墓から出土した100点近くの壁画の逸品を展示されている。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像