検索結果 89 件中 1 件 〜 50 件 "陶磁器文化"
  1. 2020072703900

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館で邢窯の歴史について説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072703891

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館で邢窯白磁を見学する臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072703833

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館で邢窯磁器文化について説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072703821

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館で歴史・文化について学ぶ臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072703822

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠さん(右)の工房で説明を聞く臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072703776

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館でろくろ体験をする臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072703867

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯歴史博物館の職員の指導の下、陶磁器の成形を体験する臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072703825

    博物館で陶磁器文化に親しむ夏休み河北省臨城県  12日、邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠さん(右)の工房で、陶磁器作りについて学ぶ臨城県第三中学の生徒。中国河北省邢台(けいだい)市の臨城県第三中学では、隋唐時代の名窯として知られる邢窯(けいよう)磁器の文化を学ぶ夏休みの研究学習活動が12日から行われている。同校の部活動で邢窯文化を学ぶ生徒らが、窯跡や博物館を訪れ、社会体験に参加した。邢窯陶磁焼成技巧の無形文化遺産伝承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんを招いた講義も開かれ、陶磁器文化の魅力を体感した。(邢台=新華社配信)=2020(令和2)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104807

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝末期の大雅斎粉彩磁器(だいがさいふんさいじき)の図案。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104832

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の窯変釉(ようへんゆう)磁器。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104769

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝光緒年間の粉彩秋操紀念杯(ふんさいしゅうそうきねんはい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052104688

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝同治年間の黄地粉彩梅鵲文盤(きじふんさいばいじゃくもんばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052104692

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文賞瓶(せいかてんしれんもんしょうへい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052104753

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝宣徳年間の青花束蓮文大盤(せいかそくれんもんだいばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104706

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝正徳年間の白地緑彩竜文盤(はくじりょくさいりゅうもんばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052104708

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝嘉靖年間の青花双獅文盤(せいかそうしもんばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104714

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で明清代官窯磁器展を見学する来場者。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052104744

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で明清代官窯磁器展を見学する来場者。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104671

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝康煕年間の黄地緑紫雲竜文天球瓶(きじりょくしうんりゅうもんてんきゅうへい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104814

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝康煕年間の祭藍釉盤(さいらんゆうばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104779

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で明清代官窯磁器展を見学する来場者。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104649

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝万暦年間の五彩人物文盤(ごさいじんぶつもんばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104681

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文尊(せいかてんしれんもんそん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052104726

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝正徳年間の五彩花卉文罐(ごさいかきもんかん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104777

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝宣徳年間の紅釉盤(こうゆうばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104793

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で明清代官窯磁器展を見学する来場者。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104746

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝光緒年間の黄地粉彩雲竜文蓋豆(きじふんさいうんりゅうもんがいとう)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019120604235

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の自然教室で自身の絞り染め作品を干す観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019120604241

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の竹林でキノコの成長を観察する観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019120604246

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある古代陶磁器芸術館を見学する観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019120604214

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の竹林でキノコの種を植え付ける観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019120604207

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の自然教室で絞り染めを体験する観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019120604221

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園を散策する観光客。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019120604247

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の自然教室で自身の絞り染め作品を干す観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019120604228

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園の自然教室で絞り染めを体験する観光客。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019120604206

    体験型学習の拠点を設け美しい農村建設を後押し浙江省湖州市  4日、浙江省湖州市にある梁希森林公園。中国浙江省湖州市呉興区の道場郷はここ数年、豊かな生態系と人的・文化的資源を活用し、特色ある体験型学習の拠点づくりに力を入れている。伝統的な絞り染めや森林植物の観察、古代の陶磁器文化、農耕体験など多くの学習プログラムを通じて、地元の文化と観光を融合させた美しい農村の発展を推進している。(湖州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019120200613

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した「天女散花」像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019120200550

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏が観音像の顔の部分を彫っている。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019120200440

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、作品の仕上がりをチェックする徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019120200443

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、福建省徳化県の泰峰陶磁芸術館に展示された徳化県産の古磁彫(磁器彫刻)。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019120200464

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した白磁観音座像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019120200449

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、福建省徳化県の泰峰陶磁芸術館に展示された徳化県産の古陶磁器。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019120200450

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏が創作した白磁加彩観音。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019120200325

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、福建省徳化県の順美陶磁文化生活館に展示された徳化白磁の日用品。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019120200393

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏が「白磁加彩技術」を用いて創作した観音座像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019120200395

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した白磁観音彫像。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019120200385

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、福建省徳化県の順美陶磁文化生活館に展示された徳化陶器の碗。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019120200452

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、中国陶磁芸術大師の許瑞峰(きょ・ずいほう)氏が創作した陶器の彫刻作品。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019120200453

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、徳化山花陶磁有限公司董事長、福建省陶磁芸術大師の鄭雄文(てい・ゆうぶん)氏が創作した白磁観音。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120200463

    悠久の歴史誇る「世界の陶磁器の都」福建省徳化県を訪ねて  24日、福建省徳化県の順美陶磁文化生活館に展示された徳化陶器の彫刻作品。中国福建省の中部、泉州(せんしゅう)市の北部に位置し、陶磁器の生産で悠久の歴史を持つ徳化(とくか)県は、中国の陶磁器文化の発祥地であり、中国三大「磁都」の一つでもある。徳化陶器の特徴は、透き通るような「乳白色」の美しさで、その異なる色合いから猪油(ラード)白や象牙白という愛称で呼ばれている。外国人からは中国白と呼ばれ、脂のように白い釉薬が上品さを醸し出している。徳化の陶器職人たちは古来よりその技術を受け継ぎ、絶えず革新し続けてきた。同県には現在、中国工芸美術大師4人、中国陶磁芸術大師9人を含む陶器の熟練職人4839人、工芸美術のスペシャリスト1100人がおり、2015年には世界クラフト会議(WCC)から世界で唯一の「世界の陶磁器の都」の称号を授けられた。また、陶器は徳化県の経済発展を支える支柱産業であり、県内の陶器メーカーは3千余社、従事者は10万人余り、2018年の陶磁器生産額は328億5千万元(1元=約16円)に達し、徳化県の陶器製品は世界5大陸、190余りの国と地域で販売されている。(徳化=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像