検索結果 5,488 件中 1 件 〜 50 件 "陸上男子"
  1. 2020081200828

    「居場所申告」相次ぐ違反 ゴールするコールマン  昨年の世界陸上男子100㍍決勝で優勝した米国のクリスチャン・コールマン(右手前)=ドーハ(共同) 「ともに2020→21」

  2. 2020081200804

    「居場所申告」相次ぐ違反 コールマンの雄たけび  昨年の世界陸上男子100㍍決勝で優勝し、雄たけびを上げる米国のクリスチャン・コールマン=ドーハ(共同) 「ともに2020→21」

  3. 2020080706509

    衝撃、ジョンソンの金剝奪 ソウル五輪男子100㍍  1988年ソウル五輪の陸上男子100㍍決勝をベン・ジョンソン(159)が制した。ところが、ドーピング違反が判明し金メダルを剝奪、記録も取り消された。2位カール・ルイス(右端)が繰り上がり優勝(共同) 連載企画「五輪ペディア」(27)ドーピング

  4. 2020072702111

    「発展途上」で五輪へ リモート取材に応じる山西  リモート取材に応じる陸上男子20㌔競歩の山西利和=9日 「再起動2020」

  5. 2020071500745

    桐生「1年延期はプラス」 オンライン取材の桐生  オンラインで報道陣の取材に応じる陸上男子短距離の桐生祥秀=15日

  6. 2020071500743

    桐生「1年延期はプラス」 取材に応じる桐生  オンラインで報道陣の取材に応じる陸上男子短距離の桐生祥秀=15日

  7. 2020062609759

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本の成績 「12段用」子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  8. 2020062609756

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本の成績 「12段用」子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  9. 2020062609752

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本の成績 子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  10. 2020062609746

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本のアンダーハンドパス 子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  11. 2020062609749

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本の成績 子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  12. 2020062609741

    バトンパスみがき頂点へ  陸上男子400mリレー 日本のアンダーハンドパス 子ども向け東京五輪・パラリンピック特集「オリンピックこどもパーク」第2回

  13. 2020062509214

    ソウルアジア大会最終日 抱き合って喜ぶ日本チーム    陸上 男子1600メートルリレー決勝 アジア大会最終種目の男子1600メートルリレーで優勝し大喜びの日本チーム。左から川角博美、小中富公一、山内健次、高野進=1986(昭和61)年10月5日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 989—10

  14. 2020062509203

    ソウルアジア大会最終日 マラソン、金銀の握手    陸上 男子マラソン 2時間8分21秒で優勝した中山竹通(右)と握手する2位の谷口浩美=1986(昭和61)年10月5日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 1006—14

  15. 2020062509153

    ソウルアジア大会最終日 表彰式の中山と谷口    陸上 男子マラソン 表彰式で金メダルを胸に花束を上げて応える中山竹通(左)。右は銀メダルの谷口浩美=1986(昭和61)年10月5日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 1005—14

  16. 2020062509147

    ソウルアジア大会最終日 マラソンで中山が優勝    陸上 男子マラソン 2時間8分21秒で優勝した中山竹通=1986(昭和61)年10月5日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 1001B—12

  17. 2020062509138

    ソウルアジア大会第15日 男子走り幅跳びで白井が銀    陸上 男子走り幅跳び決勝 7メートル92で2位になった白井淳一=1986(昭和61)年10月4日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 944—21

  18. 2020062509078

    ソウルアジア大会第14日 塩田が決勝進出    陸上 男子800メートル準決勝 1分52秒15をマーク、決勝死因出を決めた塩田徹。左端は1着の柳泰慶=1986(昭和61)年10月3日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 881—5

  19. 2020062509046

    ソウルアジア大会第12日 円盤投げで前田が銀    陸上 男子円盤投げ決勝 54メートル14で銀メダルを獲得した前田裕孝=1986(昭和61)年10月1日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 767—24

  20. 2020062509040

    ソウルアジア大会第12日 溝口が金メダル    陸上 男子やり投げの表彰台で君が代を聞く金メダルの溝口和洋。右は2位の金在相、左は3位の朴鐘三=1986(昭和61)年10月1日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 786—17

  21. 2020062509030

    ソウルアジア大会第12日 高野、4百で金    陸上 男子400メートル決勝で楽勝、手を上げて喜ぶ高野進=1986(昭和61)年10月1日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 789—6

  22. 2020062509023

    ソウルアジア大会第12日 大志田が金メダル    陸上 男子1500メートル決勝 1位でゴールインし大喜びの大志田秀次=1986(昭和61)年10月1日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 787—17

  23. 2020062508972

    ソウルアジア大会第11日 吉田良一が銀メダル    陸上 男子400メートル障害決勝 49秒40で銀メダルを獲得した吉田良一。左は優勝したハマダ(バーレン)=1986(昭和61)年9月30日、五輪スタジアム(共同)  アジア大会カラー 707—4

  24. 2020061011302

    世界新で日本勢3連覇 三段跳びの田島直人  1936年ベルリン五輪の陸上男子三段跳びで優勝した田島直人。4回目に世界新となる16㍍00を跳び、その後15年間記録が破られることはなかった 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(11)

  25. 2020061009727

    体操内村、美しき王者 リオ五輪陸上男子リレー  2016年リオデジャネイロ五輪の陸上男子400㍍リレー決勝で桐生祥秀(左端)からバトンを受け、走りだすアンカーのケンブリッジ飛鳥(左から2人目)。右端は優勝したジャマイカのボルト(共同) 五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(12)完「2012年ロンドン~16年リオデジャネイロ大会」

  26. 2020060601507

    吉岡、花形種目で決勝 6位の吉岡隆徳  1932年ロサンゼルス五輪の陸上男子100㍍決勝で6位の吉岡隆徳(左端) 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(7)

  27. 2020060509408

    三段跳び日本勢2連覇 三段跳びの南部忠平  1932年ロサンゼルス五輪陸上男子三段跳びで15㍍72の世界新をマークして優勝した南部忠平 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(6)

  28. 2020060304854

    北京アジア大会第12日 森下が銀メダル    陸上男子5000メートル決勝 銀メダルを獲得した森下広一=1990(平成2)年10月3日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 477—17

  29. 2020060304853

    北京アジア大会第12日 バトンを受ける岩佐    陸上男子400メートルリレー決勝 望月(右)からバトンを受けるアンカーの岩佐=1990(平成2)年10月3日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 475—2

  30. 2020060304849

    北京アジア大会第12日 森下惜しくも2位    陸上男子5000メートル決勝 スレイマン(カタール)に0秒01及ばず2位になった森下広一=1990(平成2)年10月3日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 469—10

  31. 2020060304846

    北京アジア大会第12日 声援に応える高野    陸上男子200メートル決勝 金メダルを獲得、日の丸と花束を手に声援に応える高野進=1990(平成2)年10月3日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 467—4

  32. 2020060304844

    北京アジア大会第12日 高野進が金メダル    陸上男子200メートル決勝 両手を高々と上げ1着でゴールする高野進=1990(平成2)年10月3日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 466—3

  33. 2020060304828

    北京アジア大会第11日 山田がガッツポーズ    陸上男子3000メートル障害決勝 1着でゴールし声援にガッツポーズで応える山田和人=1990(平成2)年10月2日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 440—13

  34. 2020060304825

    北京アジア大会第11日 山田和人が金メダル    陸上男子3000メートル障害決勝 先頭で水郷障害を走り抜ける山田和人=1990(平成2)年10月2日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 439B—10

  35. 2020060304799

    北京アジア大会第10日    肩組み喜ぶ4千種 陸上男子1600メートルリレー決勝 日の丸を手に肩を組みお喜びの4選手。左から望月勇志、渡辺高博、小中富公一、岩佐克俊=1990(平成2)年10月1日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 413—11

  36. 2020060304795

    北京アジア大会第10日 日本が金メダル    陸上男子1600メートルリレー決勝 1着でゴールしたアンカーの渡辺高博(左)に抱きつく第2走者の岩佐克俊=1990(平成2)年10月1日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 412B—21

  37. 2020060304686

    北京アジア大会第8日 奥山光広が銅メダル    陸上男子1500メートル決勝 3着になった奥山光広(左から2人目)=1990(平成2)年9月29日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 344—7

  38. 2020060302162

    発祥の地で「金」ラッシュ 北京五輪100㍍のボルト  2008年北京五輪の陸上男子100㍍でボルト(中央、ジャマイカ)は9秒69の世界新で優勝した(ゲッティ=共同) 五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(11)「2004年アテネ~08年北京大会」

  39. 2020060302151

    発祥の地で「金」ラッシュ アテネ五輪の室伏広治  2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ決勝で雄たけびを上げる室伏広治。1位選手の薬物違反により、繰り上げで金メダルを獲得した(共同) 五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(11)「2004年アテネ~08年北京大会」

  40. 2020060209940

    織田が金メダル第1号 三段跳びの織田幹雄  アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びで、日本選手初の金メダルを獲得した織田幹雄=1928年 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(3)

  41. 2020060209938

    織田が金メダル第1号 織田幹雄  1928年アムステルダム五輪の陸上男子三段跳びを制した織田幹雄(ゲッティ=共同) 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(3)

  42. 2020053100092

    マラソン金栗、途中棄権 力走する三島弥彦  ストックホルム五輪の陸上男子400㍍予選に出場し、力走する三島弥彦(左)=1912年 連載企画「五輪ニッポンの足跡」(1)

  43. 2020052701677

    Qちゃん、ヤワラ頂点へ アトランタ五輪ジョンソン  1996年アトランタ五輪の陸上男子200㍍でジョンソン(米国)は19秒32の世界新で優勝し、400㍍との2冠を達成(ロイター=共同) 五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(10)「1996年アトランタ~2000年シドニー大会」

  44. 2020052603036

    ちらつき始めた中止の影 旗手を務めた右代選手  リオデジャネイロ五輪開会式で日本選手団の旗手を務めた陸上男子十種競技代表の右代啓祐選手=2016年8月(共同) 連載企画「聖火の未来」第8部「失われた道標」4回続きの(1)消えぬ中止の恐れ

  45. 2020052500352

    北京アジア大会第7日 酒井が銀メダル    陸上男子20キロ競歩決勝 最後の力を振り絞って2着でゴールする酒井浩文=1990(平成2)年9月28日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 285—9

  46. 2020052500348

    北京アジア大会第7日 岩崎が銀、金子は銅    陸上男子110メートル障害決勝 肩を組み喜ぶ銀メダルの岩崎利彦(右)と銅メダルの金子公彦=1990(平成2)年9月28日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 282—8

  47. 2020052500346

    北京アジア大会第7日    表彰式の森下 陸上男子10000メートル決勝 表彰式で金メダルを胸に喜びの森下広一=1990(平成2)年9月28日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 278—2

  48. 2020052500344

    北京アジア大会第7日 森下が金メダル    陸上男子10000メートル決勝 両手を上げて1着でゴールする森下広一=1990(平成2)年9月28日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 277—5

  49. 2020052500339

    北京アジア大会第7日 ラストスパートする森下    陸上男子10000メートル決勝 ゴールを目指しラストスパートする森下広一=1990(平成2)年9月28日、五輪センター陸上競技場(共同)  北京アジア大会 276—8

  50. 2020052001902

    14歳岩崎「一番幸せ」 ソウル五輪陸上100㍍  1988年ソウル五輪の陸上男子100㍍決勝でトップを走るジョンソン(カナダ、右端)。9秒79でゴールしたが、薬物使用で金メダルを剝奪された。左から4人目は繰り上がり優勝のルイス(米国)(ロイター=共同) 五輪連載企画「五輪ものがたり 1896~2020」(9)「1988年ソウル~92年バルセロナ大会」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像