検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "陸生野生動物"
  1. 2020052802255

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターがセンターが保護したオウム。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052802166

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、コウノトリの写真の前で記念撮影する天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052802183

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護した鳥。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052802187

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したコウノトリ。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052802256

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、保護したオウムの世話をする天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052802209

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したクジャク。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052802181

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、保護したサルの世話をする天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052802217

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したけがを負ったシカ。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120900706

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019120900658

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019120900678

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019120900699

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120900660

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120900685

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120900703

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120900716

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像