検索結果 35 件中 1 件 〜 35 件 "隋唐時代"
  1. 2020010700326

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した磁器の杯。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020010700348

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した青磁の杯。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020010700311

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した塔形罐(かん)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020010700352

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020010700266

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した雁形盉(か、酒器の一種)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌撮影)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020010700297

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した雁形盉(か、酒器の一種)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020010700333

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した銅銭「開元通宝」。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020010700331

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020010700364

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した青磁の盤口壺(ばんこうこ)。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020010700298

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した磁器の碗。青磁はほぼ剥落している。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020010700270

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した五足炉。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020010700278

    六朝から隋唐時代の墓葬27基を発見湖南省藍山県  出土した青磁の盞。(資料写真)中国の湖南省文物考古研究所は4日、同省永州市藍山県の毛俊ダム建設に伴う住民移転先建設で実施した考古発掘調査で、六朝時代から隋唐時代の墓葬27基を発見したと明らかにした。墓葬からは青磁の盞(さん、茶碗)や銀の箸、かんざし、開元通宝、滑石猪(滑石を豚の形に彫った副葬品)などが出土した。(長沙=新華社配信/陳斌)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019120200406

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019120200391

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019120200490

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019120200492

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019120200386

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120200389

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120200423

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120200476

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120200437

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120200471

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019011517092

    西安·馬騰空遺跡から秦人集落など見つかる  西安馬騰空遺跡から出土した文化財(資料写真)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、西安馬騰空(ばとうくう)遺跡の最新発掘成果を発表した。東周時代の秦人集落や墓地、秦代後期から漢代初期の青銅器埋納遺構が見つかったほか、陝西省関中地区で初となる仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化後期の環壕聚落の発見も報告された。西安市の東側を流れる滻河(さんが)上・中流域の先史、東周、秦の各時代から隋唐時代にかけての文化の様相を理解するための新たな資料になるという。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019011516897

    西安·馬騰空遺跡から秦人集落など見つかる  西安馬騰空遺跡の秦人集落区の住居跡で発見された青銅器の埋納穴(左)と出土した青銅器(資料写真)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、西安馬騰空(ばとうくう)遺跡の最新発掘成果を発表した。東周時代の秦人集落や墓地、秦代後期から漢代初期の青銅器埋納遺構が見つかったほか、陝西省関中地区で初となる仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化後期の環壕聚落の発見も報告された。西安市の東側を流れる滻河(さんが)上・中流域の先史、東周、秦の各時代から隋唐時代にかけての文化の様相を理解するための新たな資料になるという。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019011517294

    西安·馬騰空遺跡から秦人集落など見つかる  西安馬騰空遺跡から出土した文化財(資料写真)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、西安馬騰空(ばとうくう)遺跡の最新発掘成果を発表した。東周時代の秦人集落や墓地、秦代後期から漢代初期の青銅器埋納遺構が見つかったほか、陝西省関中地区で初となる仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化後期の環壕聚落の発見も報告された。西安市の東側を流れる滻河(さんが)上・中流域の先史、東周、秦の各時代から隋唐時代にかけての文化の様相を理解するための新たな資料になるという。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019011517297

    西安·馬騰空遺跡から秦人集落など見つかる  西安馬騰空遺跡の一部(資料写真)。中国の陝西省考古研究院はこのほど、西安馬騰空(ばとうくう)遺跡の最新発掘成果を発表した。東周時代の秦人集落や墓地、秦代後期から漢代初期の青銅器埋納遺構が見つかったほか、陝西省関中地区で初となる仰韶(ぎょうしょう、ヤンシャオ)文化後期の環壕聚落の発見も報告された。西安市の東側を流れる滻河(さんが)上・中流域の先史、東周、秦の各時代から隋唐時代にかけての文化の様相を理解するための新たな資料になるという。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018052100287

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡で見つかった住居跡を紹介する西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018052100293

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した文化財をチェックする西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏(左)とメンバーの王子奇氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018052100328

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した文化財を記録する作業員。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018052100337

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土したハスの花が彫刻された骨製のくしの破片。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018052100309

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡で見つかった井戸跡。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018052100323

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した漢白玉石(白い大理石)で作られたクマ(左)とその原料。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018052100340

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した陶器製の羊。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018052100281

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した壷の底の破片。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018052100295

    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見  15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土したがれきの破片を紹介する西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像