検索結果 124 件中 1 件 〜 50 件 "隠元禅師"
  1. 2020111602591

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020111602601

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、「世界平和の鐘」の出発式で、読経し、梵鐘を浄める儀式を行う黄檗山万福寺の僧侶ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020111602605

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする福建省仏教協会の向願(しょうがん)副会長。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020111602603

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、福建省福清市で行われた「世界平和の鐘」の出発式であいさつする黄檗山万福寺の再建に尽力した大檀越(だいだんおつ)、曹徳旺(そう・とくおう)氏。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020111602648

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、福建省から長崎県に寄贈される「世界平和の鐘」の出発式の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020111602650

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、福建省福清市で行われた「世界平和の鐘」の出発式の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111602723

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場で、記念撮影する来賓ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111602668

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする福清市黄檗山万福寺の定明(ていめい)住職。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020111602619

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、隠元禅師東渡366周年と長崎県興福寺開創400周年を記念して鋳造された梵鐘の出発式会場の様子。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020111602629

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、「世界平和の鐘」の出発式であいさつする同省の各界の代表。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020111602552

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  12日、「世界平和の鐘」の出発式で、読経し、梵鐘を浄める儀式を行う黄檗山万福寺の僧侶ら。隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信/疎影)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040701821

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040701762

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040701718

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020040701819

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、京都府宇治市の黄檗宗大本山万福寺。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040701823

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040701824

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020040701822

    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願  3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020040701814

    日本の黄檗宗、中国からのマスク4万枚を地域に配布  2日、万福寺で行われた中国から届いたマスクの各機関への贈呈式。日本の黄檗(おうばく)宗大本山の万福寺(京都府宇治市)は2日、世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を行った。法会は同宗開祖の隠元禅師の故郷、中国福建省福清市から送られたマスク4万枚の到着を受け開かれた。マスクは同市の黄檗文化促進会と福山寺が、日本の一般社団法人黄檗文化促進会とアジア太平洋観光社と共同で寄付した。同寺を通じて京都府と宇治市の行政機関や関連団体に配布されるという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020040701812

    日本の黄檗宗、中国からのマスク4万枚を地域に配布  2日、万福寺で行われた中国から届いたマスクの各機関への贈呈式。日本の黄檗(おうばく)宗大本山の万福寺(京都府宇治市)は2日、世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を行った。法会は同宗開祖の隠元禅師の故郷、中国福建省福清市から送られたマスク4万枚の到着を受け開かれた。マスクは同市の黄檗文化促進会と福山寺が、日本の一般社団法人黄檗文化促進会とアジア太平洋観光社と共同で寄付した。同寺を通じて京都府と宇治市の行政機関や関連団体に配布されるという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040701813

    日本の黄檗宗、中国からのマスク4万枚を地域に配布  2日、万福寺で営まれた世界の新型コロナウイルス感染終息を祈願する大法会。日本の黄檗(おうばく)宗大本山の万福寺(京都府宇治市)は2日、世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を行った。法会は同宗開祖の隠元禅師の故郷、中国福建省福清市から送られたマスク4万枚の到着を受け開かれた。マスクは同市の黄檗文化促進会と福山寺が、日本の一般社団法人黄檗文化促進会とアジア太平洋観光社と共同で寄付した。同寺を通じて京都府と宇治市の行政機関や関連団体に配布されるという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020040701816

    日本の黄檗宗、中国からのマスク4万枚を地域に配布  2日、万福寺で行われた中国から届いたマスクの各機関への贈呈式。日本の黄檗(おうばく)宗大本山の万福寺(京都府宇治市)は2日、世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を行った。法会は同宗開祖の隠元禅師の故郷、中国福建省福清市から送られたマスク4万枚の到着を受け開かれた。マスクは同市の黄檗文化促進会と福山寺が、日本の一般社団法人黄檗文化促進会とアジア太平洋観光社と共同で寄付した。同寺を通じて京都府と宇治市の行政機関や関連団体に配布されるという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040701741

    日本の黄檗宗、中国からのマスク4万枚を地域に配布  2日、万福寺の仏前に供えられた中国側が寄付したマスク。日本の黄檗(おうばく)宗大本山の万福寺(京都府宇治市)は2日、世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を行った。法会は同宗開祖の隠元禅師の故郷、中国福建省福清市から送られたマスク4万枚の到着を受け開かれた。マスクは同市の黄檗文化促進会と福山寺が、日本の一般社団法人黄檗文化促進会とアジア太平洋観光社と共同で寄付した。同寺を通じて京都府と宇治市の行政機関や関連団体に配布されるという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040300555

    中日両国の黄檗文化団体、力を合わせ新型コロナと闘う  3月30日、支援物資到着後、日本側を代表し感謝を表す黄檗宗の荒木将旭宗務総長。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会と福山寺が日本の一般社団法人黄檗文化促進会、アジア太平洋観光社と共同で寄付したマスク7万枚が3月30日、京都府宇治市の黄檗宗大本山・万福寺に到着した。同寺は4月2日に世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を予定しており、京都府と宇治市の関係部門に中国から届いた支援物資を配布する。翌3日には宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、中日両国の世代友好と感染流行の1日も早い終息、国家の安泰と国民の平穏を祈願する。(京都=新華社配信/鄭松波)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040300501

    中日両国の黄檗文化団体、力を合わせ新型コロナと闘う  3月30日、黄檗宗大本山万福寺に届いたマスク7万枚などの支援物資。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会と福山寺が日本の一般社団法人黄檗文化促進会、アジア太平洋観光社と共同で寄付したマスク7万枚が3月30日、京都府宇治市の黄檗宗大本山・万福寺に到着した。同寺は4月2日に世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を予定しており、京都府と宇治市の関係部門に中国から届いた支援物資を配布する。翌3日には宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、中日両国の世代友好と感染流行の1日も早い終息、国家の安泰と国民の平穏を祈願する。(京都=新華社配信/鄭松波)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040300512

    中日両国の黄檗文化団体、力を合わせ新型コロナと闘う  3月30日、支援物資到着後、日本側を代表し感謝を表す黄檗宗の荒木将旭宗務総長(左)と西円寺の内藤香林住職。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会と福山寺が日本の一般社団法人黄檗文化促進会、アジア太平洋観光社と共同で寄付したマスク7万枚が3月30日、京都府宇治市の黄檗宗大本山・万福寺に到着した。同寺は4月2日に世界の新型コロナウイルス感染の早期終息を祈願する大法会を予定しており、京都府と宇治市の関係部門に中国から届いた支援物資を配布する。翌3日には宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、中日両国の世代友好と感染流行の1日も早い終息、国家の安泰と国民の平穏を祈願する。(京都=新華社配信/鄭松波)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020111602598

    黄檗文化が繋ぐ友好、福建省で長崎県興福寺に寄贈される梵鐘の出発式  福建省から友好県の長崎県に寄贈される梵鐘。(3月20日撮影)隠元禅師東渡366周年、長崎県興福寺開創400周年に際し、中国福建省から友好県の同県に寄贈される梵鐘が12日、同省福清市から日本に向けて「出発」した。福建省と長崎県は、長い友好往来の歴史を持つ。同市出身の福清黄檗山万福寺臨済宗の高僧、隠元禅師は明代末期に招かれて日本に渡り、長崎県にある興福寺に住職として滞在した後、京都府万福寺を開創し、日本仏教の一派、黄檗宗の開祖となった。隠元禅師が伝えた仏教理論、建築技術、彫刻、書と絵画、飲食・医薬、出版・印刷、茶道・華道などは日本で黄檗文化を形成し、中日文化交流の重要なきずなとなった。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019112701609

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019112701613

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺の開眼式に出席する日本黄檗宗の近藤博道管長(右)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019112701691

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺の方丈、定明法師(左から2人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019112701677

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で開かれた開眼式に出席した中日両国の高僧たち。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019112701638

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019112701696

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式の様子をスマートフォンで撮影する来賓と信徒ら。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019112701708

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019112701690

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市黄檗山の強力な支援者である曹徳旺(そう・とくおう)氏(左から3人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019112701707

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の内部。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019112701712

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019112701615

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺で行われた開眼式典に出席し、記念撮影する中国と日本の関係者。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019112701644

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、開眼式典で日本の中村法道長崎県知事の祝い状を代読する同県文化観光国際部の百田成玉主任主事。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019112701661

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、取材に応じる日本の長崎県の興福寺住職、松尾法道禅師(左から4人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019112701663

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019112701684

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式典。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019112701611

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019112701653

    第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019091105079

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、福州開元寺で千年の歴史をもつ古井戸を見学する日本の煎茶道・黄檗売茶流の訪問団。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019091105102

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、福州市の福建師範大学で開かれた中日茶道交流会で、煎茶道のデモンストレーションを行う日本・黄檗売茶流の家元、中澤孝典さん。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019091105056

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、中澤弘幸さんによる黄檗文化講演会および中日茶道交流会の後に記念撮影する来賓。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/陳芝寛)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019091105019

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、福州市の福建師範大学で開かれた黄檗文化講演会で発言する日本の煎茶道・黄檗売茶流の先代の家元、中澤弘幸さん(前列左)。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019091105039

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、福州市の福建師範大学で開かれた中澤弘幸さんによる黄檗文化講演会および中日茶道交流会の様子。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019091104992

    日本の煎茶道・黄檗売茶流が里帰り福州市で縁を繋ぐ  7日、福清市の松泓号茶文化館で茶芸の交流を行う日本の煎茶道・黄檗売茶流の先代の家元、中澤弘幸さん(左)。日本の煎茶道・黄檗売茶流(おうばくばいさりゅう)の2代の家元が、5日から8日まで門下の弟子を連れて発祥地にあたる中国福建省福清市(ふくせいし、福州市の管轄下にある県級市)に里帰りし、ルーツの探求、先祖参り、文化交流といった一連の活動を行った。これにより、365年前に日本に渡った福清の黄檗山萬福寺の住職、隠元禅師が伝えた煎茶道の流派のひとつ、黄檗売茶流が初めて故郷の土を踏んだことになる。訪問団の今回の訪問は、福清黄檗文化促進会の招きによるもの。1956年に設立された全日本煎茶道連盟は、毎年5月の第三周末に隠元禅師が創建した日本黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺で、盛大な全日本煎茶道大会を開催している。(福清=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像