検索結果 4 件中 1 件 〜 4 件 "青少年観測基地"
  1. 2020041501170

    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設  10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019041700427

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019041700426

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019041700507

    空から見た建設中の上海天文館  3日、建設中の上海天文館本体部分。(小型無人機から)中国上海市浦東新区に建設中の上海天文館は、建築総面積約3万8千平方メートルで、本体部分、太陽タワー、青少年観測基地、一般向け天文台などの付属施設で構成される。天文館の建築デザインには「天体」と「軌道運動」というコンセプトが採用され、建物の構造は極めて複雑で、大型のカンチレバー(片持ち梁)構造は特に珍しい。2層の双方向トラス構造で構成され、スパンは約61メートル、カンチレバーの平面部分最大スパンは約36メートルとなっている。(上海=新華社記者/丁汀)=2019(平成31)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像