検索結果 6 件中 1 件 〜 6 件 "青花纏枝"
  1. 2020052104692

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文賞瓶(せいかてんしれんもんしょうへい)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052104681

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された清朝乾隆年間の青花纏枝蓮文尊(せいかてんしれんもんそん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020042003614

    山西博物院に「磁器の世界」を訪ねて  8日、山西博物院で展示されている明代宣徳年間の「青花纏枝蓮文盤(せいかてんしれんもんばん)。中国山西省太原市にある山西博物院の磁器展示室「磁苑芸葩(じえんげいは)」には、「素朴な北方磁器」と「美しく変化に富む彩色磁器」の二つのコーナーがあり、特色ある北方磁器と同院所蔵の歴代彩色磁器の名品を展示している。収蔵する北朝時代から明清時代の磁器の中でも北方磁器が同院の特色となっており、北朝の青磁、隋唐の青磁と白磁、宋の名窯磁器などがある。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020041403266

    太原博物館で明清磁器展山西省  3日、太原博物館で展示されている「青花纏枝花卉文天球瓶(せいかてんしかきもんてんきゅうへい)」。山西省太原市の太原博物館では同市文物局が主催する「摶土成金-館蔵明清磁器展」が開かれている。「摶土成金」とは「土をこねて金を作る」の意。同展は1月19日に開催されたが、その後の新型コロナウイルスの感染拡大を受け一時中止となり、3月24日に再開した。制作手法と形状、装飾文様の三つのテーマに分けて展示が行われており、来場者は磁器の歴史や発展過程を直感的に理解できるほか、磁器職人の卓越した技を実感できる。明清時代は近代以前の中国における磁器製造の最盛期に当たる。当時の磁器は祭事や室内装飾、日用食器などに広く用いられ、種類も豊富で装飾技法や題材も歴史上最も多岐にわたっていた。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020010901742

    明清時代の青花磁器、天津で展示  24日、元代の「青花纏枝牡丹文獣耳罐」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020010901665

    明清時代の青花磁器、天津で展示  24日、清・雍正款が入った「青花纏枝蓮文蒜頭瓶」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像