検索結果 33 件中 1 件 〜 33 件 "食品博覧会"
  1. 2020072800801

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅と子火焼を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072800846

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区古街にある一品焼餅専門店で、一品焼餅と子火焼の新しいパッケージを見せる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(左)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072800907

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、皮をむいたゴマを乾燥させる従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072801035

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、「子火焼」を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙(こうき)、乾隆(けんりゅう)、嘉慶(かけい)などの清代の皇帝や慈禧太后(じきたいこう、西太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072801036

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅のレトロなギフト箱を見せる職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072800939

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場の作業台の上に並ぶ一品焼餅の餡(あん)の材料。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072801016

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を包装する従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072800999

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、皮をむいたゴマの乾燥具合をチェックする6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072801001

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅の品質をチェックする職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072801007

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、皮をむいたゴマを乾かす従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072801039

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、子火焼を焼く従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800915

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区古街で、一品焼餅の専門店を訪れる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(手前右)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072800806

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、一品焼餅に餡を詰める従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072800949

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019081900579

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の有機水稲栽培エリアで、アイガモ農法について学ぶ来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019081900483

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の海洋館で、ダウリアチョウザメを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019081900481

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内で見かけた大型カボチャの横で写真を撮る来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019081900549

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、大型スイカを写真に収める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019081900586

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、大勢の来場者で賑わう花卉(かき)館。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019081900613

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、クラゲを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019081900643

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、屋外会場にある花卉(かき)展示エリアを見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019081900697

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の観光農業展示館を見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019061001353

    中国人の胃袋をつかめ日本企業、国際食品博覧会に集団出展  5日、「2019中国(上海)国際食品博覧会」に出展した日本の酒類・飲料メーカー。「2019中国(上海)国際食品博覧会」が7日上海市で閉幕した。日本からは大阪府の呼びかけで、コーヒーや茶、酒類などの企業が初めて集団出展した。中国食品工業協会が主催する同博覧会は、2014年から2018年まで5回開催されており、今回で6回目。酒類や乳製品、植物油製品、肉製品、茶葉などが出展され、日本企業のほかにオーストラリアやフランス、スイスなどの企業も参加した。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019061001307

    中国人の胃袋をつかめ日本企業、国際食品博覧会に集団出展  5日、「2019中国(上海)国際食品博覧会」に出展した暁喜のブース。同社は昨年の第1回中国国際輸入博覧会にも出展した。「2019中国(上海)国際食品博覧会」が7日上海市で閉幕した。日本からは大阪府の呼びかけで、コーヒーや茶、酒類などの企業が初めて集団出展した。中国食品工業協会が主催する同博覧会は、2014年から2018年まで5回開催されており、今回で6回目。酒類や乳製品、植物油製品、肉製品、茶葉などが出展され、日本企業のほかにオーストラリアやフランス、スイスなどの企業も参加した。(上海=新華社配信/王婧媛)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019061001087

    中国人の胃袋をつかめ日本企業、国際食品博覧会に集団出展  5日、「2019中国(上海)国際食品博覧会」の自社ブースで商品を紹介するフィロコフィアの梶真佐巳氏。「2019中国(上海)国際食品博覧会」が7日上海市で閉幕した。日本からは大阪府の呼びかけで、コーヒーや茶、酒類などの企業が初めて集団出展した。中国食品工業協会が主催する同博覧会は、2014年から2018年まで5回開催されており、今回で6回目。酒類や乳製品、植物油製品、肉製品、茶葉などが出展され、日本企業のほかにオーストラリアやフランス、スイスなどの企業も参加した。(上海=新華社配信/王婧媛)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018121721918

    第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市開幕湖北省武漢市  15日、博覧会場を訪れ商品を購入する来場者。第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市が15日、湖北省武漢市で開幕し、計1100社余りの食品会社が出展した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018121721867

    第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市開幕湖北省武漢市  15日、来場者に製品を紹介する食品会社の従業員。第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市が15日、湖北省武漢市で開幕し、計1100社余りの食品会社が出展した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018121721812

    第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市開幕湖北省武漢市  15日、湖北省荊門(けいもん)市の展示エリアを訪れ商品を購入する来場者。第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市が15日、湖北省武漢市で開幕し、計1100社余りの食品会社が出展した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018121721974

    第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市開幕湖北省武漢市  15日、博覧会の展示エリアを訪れ商品を購入する来場者。第27回中国食品博覧会および中国(武漢)国際食品見本市が15日、湖北省武漢市で開幕し、計1100社余りの食品会社が出展した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018082715833

    第26回広州博覧会が開幕  24日に撮影した水産物の展示ブース。第26回広州博覧会(GUANGZHOUFAIR)が24日、中国広東省広州市の中国輸出入商品交易会展示館で開幕した。総展示面積は15万平方メートルで、「国内友好都市展」などの総合展および「広州・台湾商品博覧会」、「広州優良農産物・食品博覧会」といったテーマ別の展示会が設けられている。同博覧会は27日まで開催される。(広州=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018082715810

    第26回広州博覧会が開幕  24日、博覧会の会場に展示されている冷凍設備。第26回広州博覧会(GUANGZHOUFAIR)が24日、中国広東省広州市の中国輸出入商品交易会展示館で開幕した。総展示面積は15万平方メートルで、「国内友好都市展」などの総合展および「広州・台湾商品博覧会」、「広州優良農産物・食品博覧会」といったテーマ別の展示会が設けられている。同博覧会は27日まで開催される。(広州=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018082715717

    第26回広州博覧会が開幕  24日、博覧会の会場に展示されている鉄道模型。第26回広州博覧会(GUANGZHOUFAIR)が24日、中国広東省広州市の中国輸出入商品交易会展示館で開幕した。総展示面積は15万平方メートルで、「国内友好都市展」などの総合展および「広州・台湾商品博覧会」、「広州優良農産物・食品博覧会」といったテーマ別の展示会が設けられている。同博覧会は27日まで開催される。(広州=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018082715362

    第26回広州博覧会が開幕  24日、博覧会の会場に展示されている台湾地区製の茶道具。第26回広州博覧会(GUANGZHOUFAIR)が24日、中国広東省広州市の中国輸出入商品交易会展示館で開幕した。総展示面積は15万平方メートルで、「国内友好都市展」などの総合展および「広州・台湾商品博覧会」、「広州優良農産物・食品博覧会」といったテーマ別の展示会が設けられている。同博覧会は27日まで開催される。(広州=新華社記者/鄧華)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像