検索結果 87 件中 1 件 〜 50 件 "食用キノコ"
  1. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060508893

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060508863

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070611765

    青年人材を引きつける農村振興戦略山東省  山東省徳州市夏津県生態旅游区の清凉寺村で採れたてのサケツバタケを見せる聶陽(じょう・よう)さん。大学で菌類学を学んだ聶さんは2018年に帰郷し、食用キノコの栽培を始めた。(5月23日撮影)中国山東省は2018年末、人材活用を通じた農村振興を図るため「農村人材活用の振興促進に関する若干の措置」を発表。ハイレベル人材の農村での起業を促すとともに、農民に対する訓練・育成を拡大した。同措置の実施以降、省内ではますます多くの青年が郷里にUターンして起業し、農村に定住するようになった。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052602071

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、乾燥ヤマブシタケを見せる模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062204605

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、リアルタイムでディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052602073

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、乾燥ヤマブシタケを選別する模範村の食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062204555

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、栽培環境をモニタリングする湖南農業大学食用菌研究所の呉正坤(ご・せいこん)副所長。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204562

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培拠点に保管されている芦菇の親株。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204523

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062204567

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204505

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052601909

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052602080

    「キノコ村」でヤマブシタケが農家の収入増を後押し黒竜江省  20日、模範村にある食用キノコ栽培専業合作社(協同組合)の生産ラインでヤマブシタケ加工製品にラベルを貼る従業員。中国黒竜江省海林市海林鎮模範村はヤマブシタケの栽培で広く知られており「キノコ村」と呼ばれている。同村はここ数年、生のキノコや乾燥キノコの売り上げを伸ばしただけでなく、高度に加工した製品を開発することでヤマブシタケの価値を引き上げ、栽培農家の収入増につなげた。村内では現在、1200万袋以上のヤマブシタケを栽培しており、年間生産高は6千万元(1元=約15円)余りに達している。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204600

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204525

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204510

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、ディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204504

    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020042302035

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村のツツジ栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020042302097

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。(小型無人機から)中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042302098

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村の葉タバコ栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042302094

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。(小型無人機から)中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042302085

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑で、茶摘みを行う茶農家。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042302082

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、茶葉生産加工を手掛ける武夷山将軍石茶葉の茶葉加工工場で、岩茶の殺青(さっせい)処理を行う製茶師の李良貴(り・りょうき)さん。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042302071

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042302061

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村の栽培園で、キヌガサダケの生育状況を確認する同鎮科学技術特派員の范文興(はん・ぶんこう)さん(右)と村民の曹祖健(そう・そけん)さん。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042302018

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮にある将軍石茶畑の岩茶栽培基地で、茶摘みを行う茶農家。(小型無人機から)中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020042302021

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村のキノコ栽培基地で働く村民。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020042301940

    「夢をかなえる村」の産業振興への道福建省  17日、福建省武夷山市興田鎮西郊村のツツジ栽培基地で働く村民の楊貴良(よう・きりょう)さん。中国福建省武夷山市興田鎮西郊村は葉タバコや食用キノコ、茶葉の栽培を主要産業とする山間部の農村。同村は2018年、地元の資源を整理・統合して食用キノコ、茶葉、花卉などの専業合作社(協同組合)を設立、村民のやる気を引き出し、生態茶園への転換を進めた。さらに村を健康保養型の観光農村と位置づけ、構造転換と高度化を加速させることで、農村産業振興と村民の増収を推進している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020031200880

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020031200794

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020031200872

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020031200867

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020031200902

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020031200857

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020031200868

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020031200792

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020031200795

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020031200874

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020031200793

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020031200798

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062204544

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが45万ムー(約3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062204507

    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省  湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウスで、芦菇を収穫する湖南省光亜食用菌の石躍竜(せき・やくりゅう)総経理。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020020709516

    Fruit Logistica 2020 05 February 2020, Berlin: Edible mushrooms will be presented at Fruit Logistica, the International Trade Fair for Fruit and Vegetable Marketing. Photo: Britta Pedersen/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2019102200102

    Mushroom season 18 October 2019, Brandenburg, Briesen: Two porcini mushrooms and a birch mushroom (M) grow in a forest in the Oder-Spree district. The porcini mushroom is one of the noblest edible mushrooms in our latitudes. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像