検索結果 52 件中 1 件 〜 50 件 "養蚕農家"
  1. 2020110201943

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月21日、浙江省開化県渓東村にある養蚕農場のカイコの繭。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020110202003

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月21日、浙江省開化県渓東村で農家に養蚕の知識を教える専門家。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020110201985

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月21日、浙江省開化県渓東村でカイコに桑の葉を与える農家。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020110202004

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月21日、浙江省開化県渓東村で収穫されたカイコの繭を見せる農家。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020110202020

    養蚕農家が企業や研究者と協力、収益性向上浙江省開化県  10月20日、浙江省開化県渓東村にある養蚕農場のカイコの繭。中国浙江省開化県渓東村の養蚕農家は2018年に養蚕企業や研究者との協力を開始して以降、収益性が大幅に向上した。村の絹生産量は今年末までに2万2500キロに達するとみられており、農家の収入は100万元(1元=約16円)の増加が見込まれている。(開化=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081403521

    養蚕業の「東桑西移」で貴州省の農村に新たなチャンス  6日、繭を集める貴州省鳳岡県永和鎮永華社区の竜華碧(りゅう・かへき)さん。中国上海市奉賢区のホームテキスタイル企業、水星控股集団と貴州省遵義市鳳岡県は7月、同県での養蚕環境配慮型発展プロジェクト「星のシルクロード」共同推進の投資契約に調印した。貧困救済協力事業としての「東桑西移」(養蚕業を経済発展の進んだ東部地区から西部地区へ移すプロジェクト)が、同県に新たな発展のチャンスをもたらした。同県は現在、養蚕業を「富民強県」に導く重要な産業と位置付け、土地利用の流動化と産業の高度化を通じて上質のクワの栽培面積を5万ムー(約3300ヘクタール)に拡大し、村レベルの養蚕合作社(協同組合)100社以上を設立し、養蚕農家を1万世帯以上に増やすことを計画している。(貴陽=新華社配信/饒堃)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081403497

    養蚕業の「東桑西移」で貴州省の農村に新たなチャンス  6日、黄色の繭の「水星1号」を見せる貴州省鳳岡県永和鎮の村民。中国上海市奉賢区のホームテキスタイル企業、水星控股集団と貴州省遵義市鳳岡県は7月、同県での養蚕環境配慮型発展プロジェクト「星のシルクロード」共同推進の投資契約に調印した。貧困救済協力事業としての「東桑西移」(養蚕業を経済発展の進んだ東部地区から西部地区へ移すプロジェクト)が、同県に新たな発展のチャンスをもたらした。同県は現在、養蚕業を「富民強県」に導く重要な産業と位置付け、土地利用の流動化と産業の高度化を通じて上質のクワの栽培面積を5万ムー(約3300ヘクタール)に拡大し、村レベルの養蚕合作社(協同組合)100社以上を設立し、養蚕農家を1万世帯以上に増やすことを計画している。(貴陽=新華社配信/饒堃)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081403523

    養蚕業の「東桑西移」で貴州省の農村に新たなチャンス  5日、繭を袋詰めする貴州省鳳岡県永和鎮永華社区の村民。中国上海市奉賢区のホームテキスタイル企業、水星控股集団と貴州省遵義市鳳岡県は7月、同県での養蚕環境配慮型発展プロジェクト「星のシルクロード」共同推進の投資契約に調印した。貧困救済協力事業としての「東桑西移」(養蚕業を経済発展の進んだ東部地区から西部地区へ移すプロジェクト)が、同県に新たな発展のチャンスをもたらした。同県は現在、養蚕業を「富民強県」に導く重要な産業と位置付け、土地利用の流動化と産業の高度化を通じて上質のクワの栽培面積を5万ムー(約3300ヘクタール)に拡大し、村レベルの養蚕合作社(協同組合)100社以上を設立し、養蚕農家を1万世帯以上に増やすことを計画している。(貴陽=新華社配信/羅建平)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081403500

    養蚕業の「東桑西移」で貴州省の農村に新たなチャンス  5日、蚕棚でカイコの成長状況をチェックする貴州省鳳岡県永和鎮永華社区の黄志強(こう・しきょう)さん。中国上海市奉賢区のホームテキスタイル企業、水星控股集団と貴州省遵義市鳳岡県は7月、同県での養蚕環境配慮型発展プロジェクト「星のシルクロード」共同推進の投資契約に調印した。貧困救済協力事業としての「東桑西移」(養蚕業を経済発展の進んだ東部地区から西部地区へ移すプロジェクト)が、同県に新たな発展のチャンスをもたらした。同県は現在、養蚕業を「富民強県」に導く重要な産業と位置付け、土地利用の流動化と産業の高度化を通じて上質のクワの栽培面積を5万ムー(約3300ヘクタール)に拡大し、村レベルの養蚕合作社(協同組合)100社以上を設立し、養蚕農家を1万世帯以上に増やすことを計画している。(貴陽=新華社配信/羅建平)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080405499

    クワ栽培と養蚕で農家の増収を後押し貴州省鳳岡県  鳳岡県の養蚕農家が飼育するカイコが作った繭(まゆ)。(資料写真)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県は古くからクワ栽培と養蚕が盛んなところとして知られる。同県の桑蚕業は近年、農家の増収を後押しする重要な産業となっている。(貴州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080405614

    クワ栽培と養蚕で農家の増収を後押し貴州省鳳岡県  クワの葉を摘む鳳岡県の養蚕農家。(6月17日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県は古くからクワ栽培と養蚕が盛んなところとして知られる。同県の桑蚕業は近年、農家の増収を後押しする重要な産業となっている。(貴州=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080405619

    クワ栽培と養蚕で農家の増収を後押し貴州省鳳岡県  鳳岡県の養蚕農家が飼育するカイコ。(6月17日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県は古くからクワ栽培と養蚕が盛んなところとして知られる。同県の桑蚕業は近年、農家の増収を後押しする重要な産業となっている。(貴州=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080405643

    クワ栽培と養蚕で農家の増収を後押し貴州省鳳岡県  クワの葉を食べる鳳岡県の養蚕農家が飼育するカイコ。(6月17日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡(ほうこう)県は古くからクワ栽培と養蚕が盛んなところとして知られる。同県の桑蚕業は近年、農家の増収を後押しする重要な産業となっている。(貴州=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062204948

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、絹織物の技法を子どもたちに紹介する王一士さん(左端)と妻の計金妹さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062204928

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市の輯里シルク博物館で、シルクの布団づくりに使う素材を干す王一士さん(奥左)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん(奥右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062204981

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、シルク製品の所蔵品の保護に関する説明を聞く王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062204984

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市輯里村で、村の人たちと桑の木を剪定(せんてい)する王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062204909

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、輯里シルク博物館で、1851年の「第1回ロンドン万国博覧会」で「輯里湖絲」が金賞を受賞した際に贈られたメダルを見せる王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062205035

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、所蔵品の絹糸を整理する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204907

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト、蚕糸絹織技法の伝承者、顧明琪(こ・めいき)さん(左端)から絹織り技術に関する説明を聞く王一士さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019072700020

    愛媛の「シルク」残したい 養蚕農家の阿部盛彦さん  桑畑で笑顔を見せる養蚕農家の阿部盛彦さん=19日、愛媛県西予市 「四国トピックス」

  22. 2019072700019

    愛媛の「シルク」残したい 養蚕農家の阿部さん  養蚕農家の阿部盛彦さん=19日、愛媛県西予市 「四国トピックス」

  23. 2019053004373

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  27日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館で、同博物館のホームページに載せる写真を撮影する王一士さん(中央)、息子の王華(おう・か)さん(右端)とその嫁の楊英(よう・えい)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019053004417

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  27日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の前で、収集したばかりの旧型の糸繰り機を博物館に運ぶ王一士さん(右)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019053004424

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  23日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館で、ドイツ人中学生に手織りの技を披露する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019053004453

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  22日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の蚕室(さんしつ)で育てられている熟蚕(じゅくさん、繭をつくる直前の蚕)。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019053004478

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  21日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の蚕室(さんしつ)で、金色の春繭(はるまゆ)の写真を撮る外国人観光客。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018091816715

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  13日、白い繭を包装し買い取り所へ運ぶ準備をする陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018091816918

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  13日、黄金色の繭を収穫する陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018091816870

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  陳東日さんが生産したピンク色の繭(左、4月17日撮影)、白い繭(右上、9月13日撮影)、黄金色の繭(右下、9月13日撮影)。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018091816892

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  13日、収穫した黄金色の繭を見せる陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018091816895

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  8月21日、畑で桑の葉を摘む陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018091816686

    養蚕家が見るカラフルな夢広西チワン族自治区柳州市  8月21日、蚕に桑の葉を与える陳東日さん。中国広西チワン族自治区柳州市柳城県鳳山鎮対河村塘進屯の蚕農家、陳東日(ちん・とうじつ)さんは、今夏飼育してきた蚕の収穫と販売の季節を迎え、白い繭の収穫と販売に追われながらも、収穫したばかりの色付きの繭のアピールに余念がない。養蚕を家業とする家で育った陳さんは「みんなが養殖しているのは白い繭で、あまり特徴がない。色付きの繭を作り出せたら、虹のようにきれいでどんなに良いだろう」と考え、カラフルな蚕の夢を追い始めた。陳さんは今年3月、現地の農業科学所が提供した幾つかの色付きの種類の蚕を飼育し、初めて生産した色付き繭を販売したところ、すぐにインターネット上で人気商品となった。他地域から購入に訪れたメーカーもあったほどで、価格も一般の繭よりかなり高くなった。この秋、陳さんの指導の下、村の養蚕農家16戸が色付きの蚕の飼育に取り組み始めた。陳さんは「現時点では私たちの色付きの蚕は黄金色とピンク色だけで、種類も数も少ないが、他の色の蚕の品種もたくさん育てられていると聞いている。私のカラフルな夢はいつかかなうと信じている」と話した。(柳城=新華社配信/黎寒池)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2017080300505

    繭の集荷 スケッチ18986  繭の集荷作業で大忙しの養蚕農家、子どもたちも総出でお手伝い=1955(昭和30)年8月24日、撮影場所不明

  35. 2017020100732

    養蚕農家は大忙し スケッチ10219  蚕への餌やりなどで大忙しの養蚕農家=1952(昭和27)年9月17日、長野県

  36. 2014062001154

    富岡製糸場資料11 集まった春繭  群馬県富岡市内の養蚕農家から富岡製糸場に集まった春繭=14日

  37. 2014062001150

    富岡製糸場資料9 田島弥平旧宅  近代養蚕農家の原型とされる群馬県伊勢崎市の「田島弥平旧宅」=4月

  38. 2014062001148

    富岡製糸場資料8 「田島弥平旧宅」  近代養蚕農家の原型とされる群馬県伊勢崎市の「田島弥平旧宅」=19日

  39. 2014060500655

    和洋折衷の赤れんが建築 田島弥平旧宅の天井裏  近代養蚕農家の原型とされる「田島弥平旧宅」天井裏=群馬県伊勢崎市 1ページ特集「富岡製糸場、世界遺産に」

  40. 2014060500639

    和洋折衷の赤れんが建築 田島弥平旧宅内部  近代養蚕農家の原型とされる群馬県伊勢崎市の「田島弥平旧宅」内部 1ページ特集「富岡製糸場、世界遺産に」

  41. 2014060500620

    和洋折衷の赤れんが建築 田島弥平旧宅  近代養蚕農家の原型とされる群馬県伊勢崎市の「田島弥平旧宅」 1ページ特集「富岡製糸場、世界遺産に」

  42. 2020062204943

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  浙江省湖州市輯里村で、収穫したカイコのまゆを担いで運ぶ王一士さん(右端)と村の人たち。(2011年6月3日撮影)中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2011(平成23)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2008092000032

    日本シルク復興へ奮闘  日本の生糸生産量と養蚕農家数の推移 「スクランブル」

  44. 2008092000031

    日本シルク復興へ奮闘  日本の生糸生産量と養蚕農家数の推移 「スクランブル」

  45. 1999031300037

    桑和紙を特産品に )、企画22S、15日付朝刊以降使用  「桑和紙」作りに取り組む養蚕農家の主婦たち=福島県いわき市山田町  「列島・北から南から」(東北)

  46. 1997110100043

    14日に東京シルクの展示会 独特のつやが特徴の絹糸  東京産の繭と独特のつやが特長の絹糸(東京都多摩地区の養蚕農家や染織家、織物業者らが参加する「多摩シルクライフ21研究会」(小此木エツ子代表)が、伝統的な手法でつくる「東京シルク」ブランドの絹織物を製作、11月14日に東京都中野区で展示・販売会を開く。紡ぎ、染色の実演や、絹糸をテーマにしたシンポジウムも行われる)  

  47. 2018112623623

    春マユ出荷   養蚕農家から次々と運び込まれる純白のマユ。美しい絹の光沢を放ちながら選繭(けん)台から出荷袋へ入れられる。津山市福岡地区の「春マユ」1500キロが出荷された。好天に恵まれ、豊作のうえ需要増からキロ当たり1000円の高値を呼んでおり、農家の人たちの表情も明るかった。=1967(昭和42)年6月13日、岡山県津山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」

  48. 2018083100175

    養蚕農家  キーワード:農家、蚕、蚕糸、養蚕農家、養蚕業、女性=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

  49. 2018082902062

    養蚕農家  キーワード:農家、蚕、養蚕農家、桑の葉、蚕糸、農業、働く女性、男性=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

  50. 2020080102281

    桑の葉 農作業  キーワード:風俗、桑の葉、蚕、農作業、養蚕農家、男性、ステレオ写真=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像