検索結果 5 件中 1 件 〜 5 件 "高級中国茶"
  1. 2020042002964

    武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省  15日、武夷山市の仙凡岩茶製茶工場で、武夷山の険しい岩山に根を張る高級中国茶、武夷岩茶を干す茶職人の劉鋒さん。中国福建省の西北部にある武夷山風景区で15日、第1回武夷山「喊山祭茶」文化シーズンイベントが開催された。「喊山祭茶」は武夷山に昔からある祭祀の風習で、武夷山の茶文化を伝える重要な儀式の一つ。その歴史は古く、北宋(960~1127年)および五代十国時代の南唐(937~975年)にまでさかのぼる。茶業の繁栄を神に祈り、茶葉の発芽と豊作を願うことを目的としている。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2018071200448

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2018071200489

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を作る従業員。(小型無人機から)中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2018071200490

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶用の茶葉の加工準備をする従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2018071200475

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像