検索結果 42 件中 1 件 〜 42 件 "鳥類専門家"
  1. 2020071007878

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、餌を食べて徐々に状態が回復したハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020071007870

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、保護されたハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020071303921

    絶滅危惧種のハシボソハゲワシを保護雲南省で初めて発見  5日、保護直後、非常に衰弱した状態のハシボソハゲワシ。中国雲南省普洱市の景谷ダイ族イ族自治県公安局森林警察大隊がこのほど、大きな鳥を1羽保護した。鳥類専門家による鑑定の結果、この鳥が絶滅危惧種のハシボソハゲワシであることが明らかになった。ハシボソハゲワシの発見は同省で初めて。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019120200687

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019120200705

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019120200668

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019120200799

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019120200704

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120200782

    オグロヅルの撮影に成功雲南省怒江リス族自治州  27日、雲南省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県で撮影されたオグロヅル。中国雲南省高黎貢山国家級自然保護区の研究者が27日、同省怒江リス族自治州貢山トールン族ヌー族自治県の標高約1800メートルにある畑で、オグロヅルがゆっくりと歩く姿を撮影した。鳥類専門家によると、同自治州でオグロヅルの野外活動の様子が撮影されたのは今回が初めて。国家1級重点保護動物に指定されているオグロヅルは、大部分が中国に分布し、世界の全15種類のツルで唯一、標高の高い地域で一生を過ごす。その珍しさはパンダに並ぶといわれている。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019073006771

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥を持つボランティア。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019073006779

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの付蹠骨(ふしょこつ)の長さを測るスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019073006767

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019073006810

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環を装着したヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019073006763

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、海上を飛ぶヒガシチュウゴクアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019073006794

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日、ヒガシチュウゴクアジサシ(くちばしの先端が黒)と近縁種のオオアジサシ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019073006756

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  24日に撮影したヒガシチュウゴクアジサシの卵。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019070304627

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  中国から日本に贈呈されたトキ「友友」(ヨウヨウ)と「洋洋」(ヤンヤン)。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/李仁義)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019073006809

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  飛んでいるヒガシチュウゴクアジサシ。(6月22日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019073006793

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  ヒガシチュウゴクアジサシ。(6月16日撮影)中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019060501513

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、上空のアマツバメを見つめる標識調査に参加した子どもボランティアら。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019060501489

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、健康診断を終えたアマツバメを放すボランティア。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019060501499

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、望遠鏡でアマツバメを観察する子ども。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019060501502

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、アマツバメの健康状態を調べるボランティア。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019060501511

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、アマツバメを放すボランティア。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019060501512

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、アマツバメの健康状態を調べるボランティア。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019060501510

    頤和園のアマツバメ年に1度の健康診断  1日、頤和園内の湖の上を飛び回るアマツバメ。中国北京市郊外の広大な庭園、頤和園の廓如亭(かくじょてい)風景区で1日、同区内に生息するヨーロッパアマツバメ160羽余りが、年に1度の「健康診断」の日を迎えた。アマツバメ個体群のさらなる研究と保護に役立てるため、ボランティア40人以上が鳥類専門家の指導を受けながら、アマツバメの健康状態を記録するとともに標識調査を行った。子どもボランティア20人余りもアマツバメに関する科学教育イベントに参加し、6月1日の国際児童デーを有意義に過ごした。(北京=新華社配信/頤和園提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:頤和園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019092605114

    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察  上海ディズニーリゾートで撮影されたカワセミ(Alcedoatthis)。(資料写真、4月25日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019092605122

    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察  上海ディズニーリゾートで撮影されたカルガモ(Anaspoecilorhyncha)。(資料写真、4月25日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019092605160

    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察  上海ディズニーリゾートで撮影されたオオバン(Fulicaatra)。(資料写真、3月21日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019092605150

    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察  上海ディズニーリゾートで撮影されたマミハウチワドリ(Priniasubflava)。(資料写真、3月21日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019073006762

    「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、足環の装着作業中に発見されたヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥とみられる鳥。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/朱涵)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018060101276

    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り  28日、巣の中のひなを守るコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018060101262

    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り  28日、巣の中でひなの世話をするコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018060101254

    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り  28日、枯れ草をくわえて、巣を補修するコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018060101281

    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り  28日、巣の上を飛ぶコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018060101257

    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り  28日、ひなに餌をやるコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019071005916

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  陝西省漢中市洋県で昨年5月の「第1回トキ国際フォーラム」で開かれた中日韓トキ保有地地方政府対話会。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2018(平成30)年5月23日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019070304671

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  夜に枝の上で羽を休めるトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019070304692

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  空を飛ぶトキの群れ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019070304658

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  空を飛ぶトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2017(平成29)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019070304656

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  菜の花畑の上空を飛ぶトキ。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/張躍明)=2016(平成28)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019071006047

    トキ保護が中日交流協力の懸け橋に  生存していた野生のトキを発見し、保護スタッフが立ち上げた秦嶺1号臨時保護ステーション。(資料写真)中日韓3カ国から集められたトキに関する資料を展示した「友好の輪和と美の世界」トキ文化展が26日、大阪市立自然史博物館で開幕した。実物の資料や貴重な映像、芸術作品、文化クリエーティブ作品などを通し、トキの保護成果とその充実した文化的要素を展示した。日本でトキに関する中日韓3カ国の共同展示が行われるのは今回が初めて。トキは地球上にいる最も古い鳥類の一つで、かつてはロシア、韓国、日本、中国に生息していた。ロシア、韓国、日本が野生のトキ絶滅を相次いで発表する中、1981年5月23日、中国科学院動物研究所鳥類専門家の劉蔭増(りゅう・いんぞう)氏が率いるトキ調査チームが、陝西省の秦嶺(しんれい)地区深くに位置する洋県姚家溝(ようかこう)で野生のトキ7羽を発見した。中国は1980年代から、日本に対して何度もトキの貸出と贈呈を行い、日本がトキの個体数の回復を進められるよう支援してきた。また日本も官民双方の保護プロジェクトを通し中国のトキ生息地保護活動を後押ししており、中日トキ保護協力はすでに世界の野生動物保護における美談となっている。現在、日本に生息するトキは全て中国のトキの子孫で、野生および人工飼育されたトキの個体数は500羽余りまで増加している。(西安=新華社配信/トキ文化展組織委員会提供)=2009(平成21)年6月12日、クレジット:トキ文化展組織委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像