検索結果 2,302 件中 1 件 〜 50 件 "Beni"
  1. 2020052701098

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市の岳麓山から撮影した市内の夜景。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701159

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、徐々に以前のにぎわいを取り戻す夜市。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701155

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で、風景を楽しみながら夜食を味わう市民。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701089

    長沙市で「夜間経済」が徐々に復活  23日、長沙市内の川沿いのグルメ街「漁人碼頭」で食事を楽しむ市民ら。中国湖南省長沙市では夜間経済(ナイトタイムエコノミー)が活発なことから、ネットユーザーから「網紅(インフルエンサー)都市」と呼ばれている。新型コロナウイルスの流行以来、同市はまるで「一時停止ボタン」を押したように、商店は休業し、人けのない街となっていた。感染状況の好転に伴い、市民の職場復帰や生産再開が進み、市民が親しんできた夜のレジャー生活が戻ってきた。(長沙=新華社記者/劉良恒)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052601933

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓の全景。(資料写真、小型無人機から)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052601786

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052601812

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓の入り口。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052601934

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052601918

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052601879

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052601882

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052601792

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052601920

    遵義市の楊粲墓、南西部で希少な石彫芸術貴州省  楊粲墓内部の石彫。(資料写真)中国貴州省遵義市紅花岡区深渓鎮にある楊粲(よう・さん)墓は、かつて遵義一帯を統治した播州楊氏13代目、楊粲と妻の合葬墓。南宋時代後期に建てられ、二つの石室を持つ。現在は全国重点文物保護単位に指定されている。墓は1953年に発見され、1957年に同省の考古学者が緊急発掘を行った。内部は多くの彫刻が施されており、前室以外の墓全体で190カ所にのぼる。これほど多くの精巧な彫刻が中国南西部で見つかるのは珍しく、考古学界では「南西部古代石彫芸術の宝庫」と呼ばれている。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701281

    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし  22日、ジェイテクトの中国法人、捷太格特転向系統(アモイ)の彭道紅(ほう・どうこう)副総経理。中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052601999

    ホータン博物館、建て替え終え一般公開文化財1300点余りを展示  18日、ホータン博物館に展示されている紅陶人像。中国新疆ウイグル自治区ホータン市のホータン博物館が建て替え工事を終え、18日に一般公開された。貴重な文化財1300点余りを展示し、精美で豊かな「シルクロードの記憶」を再現している。(ホータン=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020052104777

    山東博物館、明清代の官窯磁器の逸品展を開催  18日、山東博物館で展示された明朝宣徳年間の紅釉盤(こうゆうばん)。中国山東省済南市の山東博物館で18日、「国際博物館の日」を記念する館所蔵の明清代官窯磁器展が開幕した。同館が所蔵する明清代官窯磁器の逸品160点余りを展示し、来場者に目の前で繰り広げられる陶磁器文化の供宴を楽しんでもらう。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051800708

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、大紅袍を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051800793

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020051800771

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで審査をする専門家ら。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020051800778

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れるカプセル式スマート抽出機と茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020051800820

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、カプセル式スマート抽出機の特徴とコンテストのルールを紹介する抽出機の開発者、葉揚生(よう・ようせい)さん(右から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020051800785

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、茶芸師と抽出機が入れたお茶。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020051800854

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051800856

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、競技者の名前を伏せた状態で審査する専門家。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051800696

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051800713

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051800755

    「紅旗」スポーツカーモデル共同開発へ米企業が中伊に拠点開設  13日、オンライン開設式の様子。米自動車エンジニアリング企業「シルクEV」が中国とイタリアに設立した合同イノベーションセンターの開設式がこのほど、中国、米国、イタリア3カ国の各会場をオンラインでつなぐ形で行われた。中国自動車大手の中国第一汽車集団と世界トップクラスの自動車エンジニアリング企業などのマッチングを促す仕組みをつくり、中国とイタリアの自動車産業のエコシステム統合を図る。シルクEVは吉林省長春市に設けたイノベーションセンターに2500万ドル(1ドル=約107円)を投資する計画。自動車技術の世界的なコミュニティーを形成し、一汽の紅旗Sシリーズの開発を全面的にサポートする。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051800832

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストでお茶を入れるカプセル式スマート抽出機。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051800845

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051402266

    中国の大学での日本語教育に関するフォーラム、オンラインで開催  10日、フォーラムの司会を務めた外語教学与研究出版社の杜紅坡(と・こうは)総合言語教育出版支社長補佐兼日本語部主任。中国の大学での日本語教育に関するフォーラム「全国の大学における日本語専攻の建設と教学発展」がこのほど、オンラインで2日間にわたって行われ、全国450余りの大学から日本語教育担当者1100人近くが参加した。中国教育部の高等学校(大学)外国語言文学類専業教学指導委員会の日本語分委員会、中国日本語教学研究会、外語教学与研究出版社が共催した。(北京=新華社配信/張一清)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051800919

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の改良を進める游玉瓊さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051800831

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り方を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051800819

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、製茶工場で従業員らと共に試飲する游玉瓊さん(右端)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051800776

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051800769

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、伝統的な薄い紙に包まれる「白鶏冠茶」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051800891

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さんから武夷岩茶の木炭焼成法を習う方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020051800900

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さん(左)から武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020051800923

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020051800814

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り作業を急ぐ製茶工場の従業員ら。(小型無人機から)武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020051800822

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、武夷岩茶のライブ配信販売を従業員に指導する方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051800826

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、国家無形文化遺産に指定されている武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者、游玉瓊さん(右)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051301049

    広西チワン族自治区、ルーマニア・ドゥンボビツァ県へ医療物資を寄付  9日、広西チワン族自治区がルーマニアのドゥンボビツァ県に寄付する感染防止物資。中国広西チワン族自治区の紅十字会(赤十字社)はこのほど、同自治区と友好提携関係にあるルーマニア・ドゥンボビツァ県の赤十字社へ寄付するサージカルマスク2万枚、N95医療用防護マスク千枚を同自治区南寧市から発送した。同自治区とドゥンボビツァ県は2016年、友好提携関係を締結した。同自治区紅十字会の馮国平(ふう・こくへい)常務副会長によると、双方の紅十字会と赤十字社は2017年に友好提携を結び、協力協定を締結した。(南寧=新華社記者/郭軼凡)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051301040

    広西チワン族自治区、ルーマニア・ドゥンボビツァ県へ医療物資を寄付  9日、ルーマニア・ドゥンボビツァ県へ送る感染防止物資を前に記念撮影する広西チワン族自治区紅十字会、貨物運輸会社、倉庫会社の各代表。中国広西チワン族自治区の紅十字会(赤十字社)はこのほど、同自治区と友好提携関係にあるルーマニア・ドゥンボビツァ県の赤十字社へ寄付するサージカルマスク2万枚、N95医療用防護マスク千枚を同自治区南寧市から発送した。同自治区とドゥンボビツァ県は2016年、友好提携関係を締結した。同自治区紅十字会の馮国平(ふう・こくへい)常務副会長によると、双方の紅十字会と赤十字社は2017年に友好提携を結び、協力協定を締結した。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051301044

    広西チワン族自治区、ルーマニア・ドゥンボビツァ県へ医療物資を寄付  9日、運送会社の代表にルーマニア・ドゥンボビツァ県に送る感染防止物資を手渡す広西チワン族自治区紅十字会の馮国平常務副会長(中央右)。中国広西チワン族自治区の紅十字会(赤十字社)はこのほど、同自治区と友好提携関係にあるルーマニア・ドゥンボビツァ県の赤十字社へ寄付するサージカルマスク2万枚、N95医療用防護マスク千枚を同自治区南寧市から発送した。同自治区とドゥンボビツァ県は2016年、友好提携関係を締結した。同自治区紅十字会の馮国平(ふう・こくへい)常務副会長によると、双方の紅十字会と赤十字社は2017年に友好提携を結び、協力協定を締結した。(南寧=新華社記者/林凡詩)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050804518

    野生のオスのキバノロ現る吉林省樺甸市  4日、キバノロの傷にガーゼを当てる吉林省紅石林業局の職員。中国吉林省樺甸(かでん)市でこのほど、傷を負った野生のオスのキバノロが同省紅石林業局の職員に救助された。動物保護の専門家による確認を経て、同省内で初めて発見された野生の生きたキバノロであることが判明した。同局貯木場の王軍(おう・ぐん)場長によると、キバノロは4日午後、貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まれ、後ろ足から血を流していたという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020050804511

    野生のオスのキバノロ現る吉林省樺甸市  4日、吉林省紅石林業局貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まったキバノロ。中国吉林省樺甸(かでん)市でこのほど、傷を負った野生のオスのキバノロが同省紅石林業局の職員に救助された。動物保護の専門家による確認を経て、同省内で初めて発見された野生の生きたキバノロであることが判明した。同局貯木場の王軍(おう・ぐん)場長によると、キバノロは4日午後、貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まれ、後ろ足から血を流していたという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020050804519

    野生のオスのキバノロ現る吉林省樺甸市  4日、吉林省紅石林業局貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まったキバノロ。中国吉林省樺甸(かでん)市でこのほど、傷を負った野生のオスのキバノロが同省紅石林業局の職員に救助された。動物保護の専門家による確認を経て、同省内で初めて発見された野生の生きたキバノロであることが判明した。同局貯木場の王軍(おう・ぐん)場長によると、キバノロは4日午後、貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まれ、後ろ足から血を流していたという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020050804416

    野生のオスのキバノロ現る吉林省樺甸市  4日、キバノロの傷にガーゼを当てる吉林省紅石林業局の職員。中国吉林省樺甸(かでん)市でこのほど、傷を負った野生のオスのキバノロが同省紅石林業局の職員に救助された。動物保護の専門家による確認を経て、同省内で初めて発見された野生の生きたキバノロであることが判明した。同局貯木場の王軍(おう・ぐん)場長によると、キバノロは4日午後、貯木場エリアの鉄製スライドゲートに挟まれ、後ろ足から血を流していたという。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051102525

    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省  2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した斉家文化の陶器は主に夾砂褐陶(きょうしゃかっとう)や泥質紅陶、泥質黄陶で、その制作技術は比較的原始的だったという。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020050104864

    中国のイラク支援医療専門家チーム、任務終え帰国の途に  26日、イラクのバグダッド国際空港で、中国紅十字会イラク支援専門家チームのリーダー陶中権(とう・ちゅうけん)氏に花束を贈ったイラクのバヒズ運輸相(左)。イラクの新型コロナウイルス対策を支援するため派遣されていた中国紅十字会(赤十字社)の医療専門家チームが26日、50日の任務を終えイラクのチャーター機で帰国の途についた。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像