検索結果 1,257 件中 1 件 〜 50 件 "NPO法人"
  1. 2020111708453

    中国印象「良くない」89% 結果を発表する工藤代表  日中共同世論調査の結果を発表する「言論NPO」の工藤泰志代表=17日午後、東京都港区

  2. 2020111902470

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見で発言する中国外文出版発行事業局の高岸明(こう・がんめい)副局長。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020111902585

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見の北京会場。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020111902620

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見の北京会場。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020111902582

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見で発言する零点有数科技(ホライゾン・データウェイ・テクノロジー)の袁岳(えん・がく)董事長。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020111902590

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見で発言する言論NPOの工藤泰志理事長。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111902483

    北京-東京フォーラムの主催者、中日共同世論調査結果を発表  17日、第16回中日共同世論調査の発表記者会見の東京会場。中国と日本の民間有識者が両国の問題について話し合う「北京-東京フォーラム」を主催する中国外文出版発行事業局(中国外文局)と日本の非営利団体「言論NPO」は17日、第16回フォーラムが30日に開かれるのに先立ち、第16回中日共同世論調査の結果を発表した。(北京=新華社記者/張明然)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111500487

    支え合う環境づくり重要 食料を手にする住民  名古屋市の「九番団地」で、NPOが配布した食料を手にするフィリピンからの住民=4月 「大型サイド」外国人のコロナ感染

  9. 2020111500486

    支え合う環境づくり重要 食料手にする住民  名古屋市の「九番団地」で、NPOが配布した食料を手にするブラジルからの住民=4月 「大型サイド」外国人のコロナ感染

  10. 2020111305466

    寄付文化、定着させたい 寄付を説明する先生  NPOの役割と寄付について説明する先生と高校生=東京都内 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  11. 2020102804681

    専門家会議の情報開示違法 会見するNPO法人理事長  提訴後、記者会見する原告のNPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長(右)ら=28日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ

  12. 2020102600068

    エトピリカ、数つがいに 片岡義広理事長  NPO法人エトピリカ基金の片岡義広理事長

  13. 2020101404155

    青函連絡船の悲劇継承を 高橋摂事務局長  第四青函丸の沈没位置を説明するNPO法人「語りつぐ青函連絡船の会」の高橋摂事務局長=7日、北海道函館市 「戦後75年」

  14. 2020100708127

    被災古文書の修復2割 修復された古文書  NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークの作業室で修復される、台風19号で浸水被害を受けた古文書=9月、仙台市 「台風19号被害1年」

  15. 2020100708125

    被災古文書の修復2割 修復される古文書  NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークの作業室で修復される、台風19号で浸水被害を受けた古文書=9月、仙台市 「台風19号被害1年」

  16. 2020100708123

    被災古文書の修復2割 のり付けされる古文書  NPO法人宮城歴史資料保全ネットワークの作業室で修復され、のり付けされる古文書=9月、仙台市 「台風19号被害1年」

  17. 2020100602249

    ヒガンバナ、埼玉で満開 埼玉の県営権現堂公園  埼玉県幸手市の県営権現堂公園でヒガンバナが満開を迎え、約500万本が斜面を真っ赤に染めている。管理するNPO法人「幸手権現堂桜堤保存会」の並木克己理事長(74)は「新型コロナのため毎年行う『曼珠沙華まつり』は中止にしたが、距離を取ってマスクをつけて楽しんでほしい」と話している。例年より遅咲きのため10日ごろまで楽しめる=6日午後

  18. 2020100602246

    ヒガンバナ、埼玉で満開 埼玉の県営権現堂公園  埼玉県幸手市の県営権現堂公園でヒガンバナが満開を迎え、約500万本が斜面を真っ赤に染めている。管理するNPO法人「幸手権現堂桜堤保存会」の並木克己理事長(74)は「新型コロナのため毎年行う『曼珠沙華まつり』は中止にしたが、距離を取ってマスクをつけて楽しんでほしい」と話している。例年より遅咲きのため10日ごろまで楽しめる=6日午後

  19. 2020100602241

    ヒガンバナ、埼玉で満開 埼玉の県営権現堂公園  埼玉県幸手市の県営権現堂公園でヒガンバナが満開を迎え、約500万本が斜面を真っ赤に染めている。管理するNPO法人「幸手権現堂桜堤保存会」の並木克己理事長(74)は「新型コロナのため毎年行う『曼珠沙華まつり』は中止にしたが、距離を取ってマスクをつけて楽しんでほしい」と話している。例年より遅咲きのため10日ごろまで楽しめる=6日午後

  20. 2020092200204

    戦争の記憶、地域で継承 代表の永井佳子さん  「からほり新聞」を発行する地元のNPO法人「高齢者外出介助の会」代表の永井佳子さん=7日、大阪市 「戦後75年」

  21. 2020092200202

    戦争の記憶、地域で継承 永井さんとからほり新聞  「からほり新聞」を手にするNPO法人「高齢者外出介助の会」代表の永井佳子さん=7日、大阪市 「戦後75年」

  22. 2020091206246

    コロナで中止の数だけお得 吉村理事長と林さん  NPO法人「みらくる」の吉村大作理事長(左)といずみピクルスの林寿見子さん=7日、大阪市

  23. 2020091100012

    「万引防ぐ話し合いを」 作製した冊子  NPO法人全国万引犯罪防止機構が作製した冊子

  24. 2020090105966

    避難者の情報、共有進まず 沢上幸子さん  NPO法人「えひめ311」の事務所で、避難者と電話で話す沢上幸子事務局長=8月、松山市 東日本大震災9年半1㌻特集「県外避難者の現状」

  25. 2020090105962

    避難者の情報、共有進まず 沢上幸子さん  NPO法人「えひめ311」の事務所で、避難者と電話で話す沢上幸子事務局長=8月、松山市 東日本大震災9年半1㌻特集「県外避難者の現状」

  26. 2020082502645

    努力無になる懸念 坂元雅行さん  NPO法人トラ・ゾウ保護基金事務局長の坂元雅行弁護士 地球環境2020、1㌻特集「深まる絶滅の危機 新型コロナが拍車」

  27. 2020082401616

    犯歴無し、証明書導入を 会見する被害者家族ら  ついたて越しに記者会見する性犯罪の被害者家族。右端はNPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事=7月、東京・霞が関 「大型サイド」子どもの性被害防止策

  28. 2020082400015

    マイバッグにマナーを ポスターと光真事務局長  「マイバッグのマナー」をまとめたポスターを紹介するNPO法人全国万引犯罪防止機構の光真章事務局長=20日、東京都千代田区

  29. 2020082400014

    マイバッグにマナーを 作製したポスター  NPO法人全国万引犯罪防止機構が作製した「マイバッグのマナー」をまとめたポスター

  30. 2020082103461

    「子どもの話聞けず」3割 会見する藤川伸治理事長  記者会見するNPO法人「共育の杜」の藤川伸治理事長=21日午後、文科省

  31. 2020081404158

    学校つらい子、責めないで 森山誉恵代表理事  オンラインで取材に応じる認定NPO法人「3keys」の森山誉恵代表理事=12日

  32. 2020080503827

    こどもホスピス全国に 取材に応じる田川さん  取材に応じるNPO法人代表理事の田川尚登さん=6月、横浜市 「スクランブル」

  33. 2020073006365

    渡部朋子さん  広島で30年以上平和活動を続けるNPO法人理事長の渡部朋子(わたなべ・ともこ)さん 「時の人」

  34. 2020080502837

    星空保護区認定へ適合型防犯灯を設置  星空保護区認定に向け適合型の防犯灯を取り付ける作業員。岡山県井原市の美星町観光協会が、星空版世界遺産とされるNPO法人国際ダークスカイ協会(米国)の「星空保護区」認定を目指す同市美星町地区で、認定基準に適合したLED(発光ダイオード)防犯灯の設置を進めている。年内に同地区の411基すべてを、従来型の白色防犯灯と交換する予定。適合型の防犯灯は光の拡散を抑え、電灯の角度を工夫するなどして上方への光漏れが一切ないのが特長。電機大手のパナソニック(大阪府)が開発し、1月、ダークスカイ協会から国内メーカーで初めて「星空に優しい照明」として認められた。=2020(令和2)年7月30日、岡山県井原市美星町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  35. 2020072701895

    「弱い立場」被害潜在化 発言する中野宏美さん  NPO法人「しあわせなみだ」の中野宏美理事長=2019年5月、鹿児島市 「大型サイド」障害者への性暴力

  36. 2020082500239

    3密回避 シーカヤック体験人気  シーカヤックを体験する子どもたち=岡山県浅口市寄島町の青佐鼻海岸沖。新型コロナウイルス感染拡大の中、浅口市のNPO法人「あさくちスポーツクラブ遊ぶところ」(遠藤正一理事長)が、同市寄島町の青佐鼻海岸で開いているシーカヤック体験が人気だ。安全確保のため他の利用者と距離を保つ必要があり、「3密(密閉、密集、密接)」を回避できるという安心感につながっているようだ。=2020(令和2)年7月26日、岡山県浅口市寄島町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  37. 2020082500238

    備前市鶴海地区で運行する小型電気自動車  岡山県備前市鶴海地区で運行される小型電気自動車。高齢者らの移動手段を確保するため、備前市は小型電気自動車「グリーンスローモビリティー(略称・グリスロ)」の運行を10月にも同市鶴海地区で始める計画だ。地元のNPO法人に委託し、住民の希望に応じて、自宅から最寄りのバス停などに送迎する。導入が実現すれば、岡山県内では初めてとなる。車両は、ゴルフカート型の4人乗り(全長約3メートル、幅約1・2メートル、高さ1・8メートル)の1台を使う。時速19キロで走り、NPO法人「スマイル・つるみ」が平日のみ、予約を受けて運転する。料金は1回(片道)200円。=2020(令和2)年7月25日、岡山県備前市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  38. 2020072100800

    人手不足解消へ「特例」 食料支援のフォンさん  NPO法人の一室で、食料を詰めるフォンさん(右)。自分と同じようにコロナ禍で職を失った実習生らに向け、支援物資を送った=4月29日、東京都港区 編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第13部「翻弄される人材」4回続きの(1)

  39. 2020072100797

    人手不足解消へ「特例」 フォンさん  職を失い、NPO法人の一室に身を寄せるフォンさん。新しい実習先が簡単に見つからず、途方に暮れた=4月30日、東京都港区 編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第13部「翻弄される人材」4回続きの(1)

  40. 2020072100766

    人手不足解消へ「特例」 上京したフォンさん  職を失い、スーツケース一つで上京したフォンさん。NPO法人に駆け込んだ=4月24日、東京都港区 編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第13部「翻弄される人材」4回続きの(1)

  41. 2020072100765

    人手不足解消へ「特例」 祈るフォンさん  寺院を活動拠点とするNPO法人に駆け込んだフォンさん。実習先が決まるように手を合わせた=4月24日、東京都港区 編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第13部「翻弄される人材」4回続きの(1)

  42. 2020071700835

    性別欄ある履歴書例削除 取材に応じる当事者ら  日本規格協会を訪問後、取材に応じるNPO法人「POSSE」の佐藤学さん(右)と当事者の佐藤悠祐さん=17日午後、東京都港区

  43. 2020071412166

    保育現場、性犯罪歴確認を 会見する被害者家族ら  ついたて越しに記者会見する性犯罪の被害者家族。右端はNPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事=14日午後、東京・霞が関

  44. 2020062610115

    混乱時のデマ、差別増長も NPO法人の特設サイト  FIJの新型コロナウイルス特設サイト。真偽不明な情報の検証結果を公表している 連載企画「不安社会―震災の教訓を生かす」4回続きの(4)

  45. 2020062609925

    施設訪ね子どもの悩み代弁 NPO法人の奥村仁美代表  NPO法人「子どもアドボカシーセンターOSAKA」の奥村仁美さん=6月1日、堺市 「関西くろすろーど」

  46. 2020062609924

    施設訪ね子どもの悩み代弁 NPO法人の奥村さんら  事務所で作業するNPO法人「子どもアドボカシーセンターOSAKA」の奥村仁美さん(左から3人目)ら=6月1日、堺市 「関西くろすろーど」

  47. 2020062005998

    ネットで基準超え山菜売買 コシアブラを見せる阿部さん  メルカリで購入した群馬県産とされるコシアブラを見せるNPO法人「ふくしま30年プロジェクト」の阿部浩美副理事長=4日、福島市

  48. 2020062306116

    永瀬清子さん生家 別棟と離れの改修進む  改修工事が進む別棟(左)と離れ。岡山県赤磐市出身の詩人・永瀬清子さん(1906~95年)の生家で、老朽化が著しい別棟と離れの改修工事が進められている。地元のNPO法人が、クラウドファンディング(CF)などで調達した資金で着手。来年の命日(2月17日)までの完成を目指す。=2020(令和2)年6月15日、岡山県赤磐市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  49. 2020060901799

    NPOが失職の若者雇用 サポートステーション  青少年自立援助センターが運営する「地域若者サポートステーション」=5日、東京都福生市

  50. 2020060804483

    対面かなわず、事業ピンチ 土橋優平代表理事  オンラインの家庭訪問を導入した「キーデザイン」の土橋優平代表理事=4日、宇都宮市 大型サイド「コロナNPO苦境」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像