検索結果 1,700 件中 1 件 〜 50 件 "desert"
  1. 2019032001336

    「海外フォト」 それ行け  エジプトのイスマイリアの砂漠で開かれたラクダのレース。子どもたちもお手の物。(ロイター=共同)

  2. 2019032000135

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、梭梭の苗に水やりをする作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/虞東昇)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019032000224

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠に梭梭を植える作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/虞東昇)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019032000205

    「新華社」 内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日、内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品が生産工場で生産される。同社は500グラムあたり20元で牧畜民からラクダミルクを仕入れることで、彼らに安定的な収入源を保障している。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019032000210

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠に梭梭を植える作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/虞東昇)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019032000212

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、植えたばかりの梭梭に水やりをする作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019032000150

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、梭梭の苗に水やりをする作業員。(小型無人機から)気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/虞東昇)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019032000145

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠に木を植える穴を掘る作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019032000233

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠に梭梭を植える作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019032000195

    「新華社」 内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日に撮影した内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019032000280

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、梭梭の苗を運ぶ作業員。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019032000202

    「新華社」 内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日に撮影した内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品の生産工場。同社は500グラムあたり20元で牧畜民からラクダミルクを仕入れることで、彼らに安定的な収入源を保障している。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019032000270

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、梭梭の苗を選ぶ女性。気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019032000282

    「新華社」 ゴビ砂漠の奥地に「梭梭」の苗を植樹内モンゴル自治区  16日、アルシャー右旗阿拉騰朝格ソムのゴビ砂漠で、梭梭の苗に水やりをする作業員。(小型無人機から)気温の上昇に伴い、中国内モンゴル自治区アルシャー右旗のゴビ砂漠の奥深く位置する地域では、人々が砂漠の砂漠化を防ぐために乾燥地に適した梭梭(ソウソウ)の苗を植えている。アルシャー右旗は今後1カ月間に約8500万元(1元=約17円)を投資し、ゴビ砂漠地域で38万ムー(約2万5千ヘクタール)の梭梭の苗を植える取り組みを行っていくという。(フフホト=新華社記者/虞東昇)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019032000294

    「新華社」 内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  14日に撮影したアルシャー右旗のゴビ砂漠で暮らすラクダの群れ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019032000199

    「新華社」 内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  14日に撮影したアルシャー右旗のゴビ砂漠で暮らすラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019031502194

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園を散策する観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019031502220

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園で記念撮影をする観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019031502221

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園で植物に水をやる従業員。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019031502106

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園を散策する観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019031502151

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園で記念撮影をする観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019031502218

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園を散策する観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019031502111

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園で記念撮影をする観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019031502110

    「新華社」 タクラマカン砂漠の植物園新疆ウイグル自治区  12日、アーバード県の景勝地、ドラン村落内の芊錦植物園で記念撮影をする観光客。中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠北部のアーバード(阿瓦提)県に位置する景勝地、ドラン(刀郎)村落にある芊錦植物園は、観光客の人気スポットであるだけでなく、地元住民が文化的活動を楽しむ場所でもある。一年中春のように暖かく、異国情緒を楽しみ、大自然の生命の魅力を堪能できる園内には、アフリカや東南アジアおよび中国の海南省、雲南省のシーサンパンナなど各地から集められた270種類以上の草花や樹木がある。(アーバード=新華社記者/沙達提)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019030101070

    「DPA」 Foreign Minister Maas at Camp Castor 27 February 2019, Mali, Gao: Heiko Maas (SPD), Federal Foreign Minister, visiting the military camp “Camp Castor“ on the edge of the Sahara, where about 700 German soldiers are stationed as part of the UN mission Minusma. Maas has been on a five-day journey through three African countries since Monday. Before Mali he had held talks in Sierra Leone and Burkina Faso. Photo: Michael Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2019030101039

    「DPA」 Foreign Minister Maas at Camp Castor 27 February 2019, Mali, Gao: Heiko Maas (r, SPD), Federal Foreign Minister, talks to Bundeswehr soldiers during a visit to the “Camp Castor“ military camp. Around 700 German soldiers are stationed in the camp on the edge of the Sahara as part of the UN mission Minusma. Maas has been on a five-day journey through three African countries since Monday. Before Mali he had held talks in Sierra Leone and Burkina Faso. Photo: Michael Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  27. 2019030101068

    「DPA」 Foreign Minister Maas at Camp Castor 27 February 2019, Mali, Gao: Heiko Maas (SPD), Federal Foreign Minister, visiting the military camp “Camp Castor“ on the edge of the Sahara, where about 700 German soldiers are stationed as part of the UN mission Minusma.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  28. 2019030101081

    「DPA」 Foreign Minister Maas at Camp Castor 27 February 2019, Mali, Gao: Heiko Maas (SPD), Federal Foreign Minister, visiting the military camp “Camp Castor“ on the edge of the Sahara, where about 700 German soldiers are stationed as part of the UN mission Minusma (RE-CROP - Changed detail). Maas has been on a five-day journey through three African countries since Monday. Before Mali he had held talks in Sierra Leone and Burkina Faso. Photo: Michael Fischer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  29. 2019022502676

    「DPA」 Political crisis in Venezuela - border with Colombia 23 February 2019, Colombia, Cucuta: Police officers (front) of Venezuela desert at the international bridge Simon Bolivar at the border to Colombia. More than 280 people were injured in the border clashes and the deployment of Venezuelan security forces on Colombian territory on Saturday, more than 35 of whom had to be taken to hospitals. Photo: Rafael Hernandez/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  30. 2019022600519

    「新華社」 「中国で日本料理は前途洋々」高級路線で重慶進出  19日午後、新鮮なサーモンをさばく調理師。中国ではサーモンの刺身が好まれる。東京懐石・檜垣(ひがき)は、中国重慶市の大繁華街、解放碑商業圏にある。創業者、経営者、料理長、おかみの全てが日本人の日本料理店は重慶でも同店だけだ。客単価は千元(1元=約16円)前後とエリートビジネス層が中心だ。海産物や新鮮な野菜を主な食材とし、種類も豊富で、淡泊で油っこくない日本料理は、ますます中国の消費者から好評を博している。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019022701614

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、観葉植物に水をやる査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019022701592

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、列車の滑り止めを点検する査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019022701605

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日未明、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019022701616

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、査干徳日斯駅の前で記念撮影する成道功さん(右)と王建国さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019022701589

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019022701606

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、晩ご飯の準備をする査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん(右)と王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019022701590

    「新華社」 当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019013113169

    「新華社」 雪の薄絹をまとった砂漠、人々を魅了新疆ウイグル自治区  27日、新疆ウイグル自治区鄯善県で行われた砂の山を登るレースの参加者。中国新疆ウイグル自治区トルファン市鄯善(ピチャン)県に位置するクムタグ砂漠がこのほど、降雪により銀色の薄絹で覆われたようになり、多くの観光客の目を楽しませた。(鄯善=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019013112941

    「新華社」 雪の薄絹をまとった砂漠、人々を魅了新疆ウイグル自治区  27日、新疆ウイグル自治区鄯善県のクムタグ砂漠を訪れた観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市鄯善(ピチャン)県に位置するクムタグ砂漠がこのほど、降雪により銀色の薄絹で覆われたようになり、多くの観光客の目を楽しませた。(鄯善=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019013113166

    「新華社」 雪の薄絹をまとった砂漠、人々を魅了新疆ウイグル自治区  27日、新疆ウイグル自治区鄯善県のクムタグ砂漠で記念撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区トルファン市鄯善(ピチャン)県に位置するクムタグ砂漠がこのほど、降雪により銀色の薄絹で覆われたようになり、多くの観光客の目を楽しませた。(鄯善=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019013113316

    「新華社」 雪の薄絹をまとった砂漠、人々を魅了新疆ウイグル自治区  27日、新疆ウイグル自治区鄯善県で行われた砂の山を登るレースの参加者。中国新疆ウイグル自治区トルファン市鄯善(ピチャン)県に位置するクムタグ砂漠がこのほど、降雪により銀色の薄絹で覆われたようになり、多くの観光客の目を楽しませた。(鄯善=新華社記者/王菲)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019012300420

    1㌻特集「第9回地域再生大賞の顔触れ」 地元の魚、離乳食に  魚をさばく主婦らと話す「ディーグリーン」のスタッフたち=2018年11月、三重県尾鷲市

  43. 2019012404946

    「DPA」 Fair Hunting & Dog and Fish & Angel 23 January 2019, North Rhine-Westphalia, Dortmund: “H舅nerchen“, an American desert buzzard, flies to his falconer Mike Thieke at the photo shoot before the fairs Jagd & Hund and Fisch & Angel. The double fair takes place from 29.01. to 03.02. in the Westfalenhallen. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2019012404948

    「DPA」 Fair Hunting & Dog and Fish & Angel 23 January 2019, North Rhine-Westphalia, Dortmund: “H舅nerchen“, an American desert buzzard, sits on the glove of his falconer Mike Thieke at the photo shoot before the fairs Jagd & Hund and Fisch & Angel. The double fair takes place from 29.01. to 03.02. in the Westfalenhallen. Photo: Bernd Thissen/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2019011300504

    大相撲初場所初日  結びの一番を裁く立行司の式守伊之助(右)=両国国技館

  46. 2019012301174

    「新華社」 中国企業のモロッコ太陽熱発電所プロジェクト  10日、モロッコのワルザザート郊外にあるヌール太陽熱発電所プロジェクト第2期のパワープラント地区。中国の山東電力建設第三工程公司の中東地域副総裁で、モロッコのワルザザート郊外で建設されているヌール太陽熱発電所プロジェクト3期工事のプロジェクトマネジャーを務める周和軍(しゅう・わぐん)氏はこのほど、新華社の取材に対し「ヌール2期のトラフ式太陽熱発電所と3期のタワー式太陽熱発電所は既に安定してフル稼働しており、すでに数億キロワット時の電力をモロッコの電力網に送電した」と語った。中国電力建設集団傘下の同社は2015年5月、プロジェクトの2期と3期の工事を請け負った。数千人の中国人建設者は、自らの汗を砂漠に注ぐことで大きな成果を上げた。(ワルザザート=新華社記者/陳斌傑)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019012301273

    「新華社」 中国企業のモロッコ太陽熱発電所プロジェクト  10日、モロッコのワルザザート郊外にあるヌール太陽熱発電所プロジェクト第3期のミラーフィールドとソーラータワー。中国の山東電力建設第三工程公司の中東地域副総裁で、モロッコのワルザザート郊外で建設されているヌール太陽熱発電所プロジェクト3期工事のプロジェクトマネジャーを務める周和軍(しゅう・わぐん)氏はこのほど、新華社の取材に対し「ヌール2期のトラフ式太陽熱発電所と3期のタワー式太陽熱発電所は既に安定してフル稼働しており、すでに数億キロワット時の電力をモロッコの電力網に送電した」と語った。中国電力建設集団傘下の同社は2015年5月、プロジェクトの2期と3期の工事を請け負った。数千人の中国人建設者は、自らの汗を砂漠に注ぐことで大きな成果を上げた。(ワルザザート=新華社記者/陳斌傑)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019012301252

    「新華社」 中国企業のモロッコ太陽熱発電所プロジェクト   10日、モロッコのワルザザート郊外にあるヌール太陽熱発電所プロジェクト第3期のミラーフィールド。中国の山東電力建設第三工程公司の中東地域副総裁で、モロッコのワルザザート郊外で建設されているヌール太陽熱発電所プロジェクト3期工事のプロジェクトマネジャーを務める周和軍(しゅう・わぐん)氏はこのほど、新華社の取材に対し「ヌール2期のトラフ式太陽熱発電所と3期のタワー式太陽熱発電所は既に安定してフル稼働しており、すでに数億キロワット時の電力をモロッコの電力網に送電した」と語った。中国電力建設集団傘下の同社は2015年5月、プロジェクトの2期と3期の工事を請け負った。数千人の中国人建設者は、自らの汗を砂漠に注ぐことで大きな成果を上げた。(ワルザザート=新華社記者/陳斌傑)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019011121663

    「DPA」 Training camp FC Bayern Munich in Doha 10 January 2019, Qatar, Doha: Soccer: Bundesliga, The players of the Bundesliga soccer team FC Bayern Munich run during a final exercise in the morning together across the field. FC Bayern will travel back to Munich from their training camp in the desert city. Photo: Peter Kneffel/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the requirements of the DFL Deutsche Fu゚ball Liga or the DFB Deutscher Fu゚ball-Bund, it is prohibited to use or have used photographs taken in the stadium and/or the match in the form of sequence images and/or video-like photo sequences.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2019011121666

    「DPA」 Training camp FC Bayern Munich in Doha 10 January 2019, Qatar, Doha: Soccer: Bundesliga, The players of the Bundesliga soccer team FC Bayern Munich warm up at the beginning of the last practice session in the morning. FC Bayern will travel back to Munich from their training camp in the desert city. Photo: Peter Kneffel/dpa - IMPORTANT NOTE: In accordance with the requirements of the DFL Deutsche Fu゚ball Liga or the DFB Deutscher Fu゚ball-Bund, it is prohibited to use or have used photographs taken in the stadium and/or the match in the form of sequence images and/or video-like photo sequences.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像