検索結果 9,028 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052701898

    鳥取の寺院、全焼から再建  鳥取県三朝町・三徳山「正善院」 「12段用」「@山陰山陽」

  2. 2020052701897

    鳥取の寺院、全焼から再建  鳥取県三朝町・三徳山「正善院」 「@山陰山陽」

  3. 2020052701896

    鳥取の寺院、全焼から再建  鳥取県三朝町・三徳山「正善院」 「12段用」「@山陰山陽」

  4. 2020052701895

    鳥取の寺院、全焼から再建  鳥取県三朝町・三徳山「正善院」 「@山陰山陽」

  5. 2020052701142

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の彩色塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701141

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の竜女像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052701111

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の天井に安置されている塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701132

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の内部。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052701137

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の天王像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052701138

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺観音堂の観音菩薩像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052701139

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の韋駄天像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052701080

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020052701059

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052701034

    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市  太山竜泉寺の善財童子像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052101390

    ギリシャ古代遺跡が再開 パルテノン神殿  再開した古代遺跡アクロポリスで、マスクを着けてパルテノン神殿の前に立つ人ら=18日、ギリシャ・アテネ(ロイター=共同)

  16. 2020052101273

    ギリシャ古代遺跡が再開 アクロポリスを訪れた人  再開した古代遺跡アクロポリスを訪れた人たち=18日、ギリシャ・アテネ(ゲッティ=共同)

  17. 2020052101271

    ギリシャ古代遺跡が再開 アクロポリス遺跡  ギリシャ・アテネで再開した古代遺跡アクロポリスを訪れる人々=18日(ゲッティ=共同)

  18. 2020051904591

    寺院が心のよりどころ 寺院に並んだ物資  寺院に並ぶ米やインスタント麺、マスクなどの支援物資=4月29日、東京都港区 「写真ニュース」7枚組みの(7)

  19. 2020051904589

    寺院が心のよりどころ 支援物資準備する吉水さん  困窮する在日ベトナム人のため、マスクを送る準備をする吉水慈豊さん(左)ら。物資だけでなく、解雇された実習生らの雇用支援にも力を入れている=4月24日、東京都港区 「写真ニュース」7枚組みの(3)

  20. 2020051904585

    寺院が心のよりどころ スーツケースとフォンさん  スーツケース一つで寺院に転がり込んだフォンさん。NPO法人の支援活動を手伝いながら、就労先も探している=4月30日、東京都港区 「写真ニュース」7枚組みの(1)

  21. 2020051700080

    世界遺産「勝負の年」に影 ガイド休止のお知らせ  三内丸山遺跡のガイド活動の休止を伝える張り紙と鎌田孝範さん=4月、青森市

  22. 2020051700079

    世界遺産「勝負の年」に影 鎌田孝範さん  三内丸山遺跡について説明する鎌田孝範さん=4月、青森市

  23. 2020051402076

    縄文人も住居内に祭壇?    青森県八戸市の風張遺跡から出土した「合掌土偶」=青森県八戸市立博物館  元年国内 15142

  24. 2020051402075

    吉野ケ里、第3次公開に    新たに公開された吉野ケ里遺跡の高床式倉庫=1989(平成元)年10月30日、佐賀県神埼郡 元年国内 15141

  25. 2020052300752

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海喇家国家考古遺跡公園を見学する観光客。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052300746

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海喇家国家考古遺跡公園のVR(バーチャル・リアリティ)コーナーで、VR体験を楽しむ来場者。「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052300794

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052300779

    「東方のポンペイ」青海喇家国家考古遺跡公園を訪ねて  14日、青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家村にある青海喇家国家考古遺跡公園。(小型無人機から)「東方のポンペイ」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある青海喇家国家考古遺跡公園は、黄河の上流地域で発掘された、新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡。これまで中国で発見された唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流といった深刻な災害の痕跡を留めている。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051302750

    竜泉窯の筆置きが初出土 青磁の筆置き  愛媛県西条市の「北竹ノ下Ⅰ遺跡」で出土した竜泉窯の青磁筆架

  30. 2020051302700

    竜泉窯の筆置きが初出土 青磁筆架  愛媛県西条市の「北竹ノ下Ⅰ遺跡」で出土した竜泉窯の青磁筆架

  31. 2020052601973

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052601954

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で記念撮影する発掘隊の隊員。女性が多い。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052601956

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052601929

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052601796

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052601830

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052601977

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052601930

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052601883

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡から出土した鉄片や鉄塊、石灰、石灰石、灰緑色のスラグ、破砕れんがなど。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘北東遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052601892

    「塩の都」寿光市で新たな塩業遺跡、唐・宋時代の空白埋める可能性  13日、寿光侯辛荘東北遺跡の発掘現場で測量する発掘隊の女性隊員。「中国の塩の都」として知られる山東省寿光市には、古代の塩業遺跡が数多く発見されている。4月に発掘が始まった寿光侯辛荘東北遺跡は、現時点で唐・宋時代の塩業遺跡と判断されており、山東省北部で同時代の塩業考古学の空白を埋めることが期待されている。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051402527

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した蓋付きの陶罐(水がめ)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051402484

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した陶丸。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051402426

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した陶製紡錘車(ぼうすいしゃ、糸を紡ぐ器具)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051402538

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した加工済みの鹿の角。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051402463

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した円形の陶片。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051402465

    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土  北宮1号遺跡から出土した石臼。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052601942

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052601813

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)で見つかった唐代の馬蹄形墓室。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052601823

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、小清河北岸にある胥家村南遺跡(墓地)の発掘現場。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052601825

    山東省高青県で竜山文化遺跡見つかる過去には西周遺跡も出土  11日、胥家村南遺跡(墓地)から出土した副葬品の一部。唐代後期の磁器鉢(左から2番目)との戦国時代の矢尻(手前)以外はいずれも竜山文化期の器物。中国山東省淄博(しはく)市高青県の県境を流れる小清河の治水工事で、地下3メートル以上の深さに眠っていた約4千年前の新石器時代竜山文化の遺跡が姿を現わした。遺跡は胥家村南遺跡(墓地)と呼ばれ、同県黒里寨鎮胥家村の南約500メートルにある。墓地は横長の長方形で、面積は約1万5千平方メートル。今回の調査では2千平方メートル余りを発掘し、墓葬28基が出土した。山東省文物考古研究院の劉文濤(りゅう・ぶんとう)氏によると、墓の内訳は竜山文化期が6墓、戦国時代の甕棺葬(かめかんそう)が1基、北魏時代が1基、唐代が20基で、唐代後期の道路遺構も見つかった。劉氏は、同遺跡の発掘が重要な意義を持つと指摘。中でも竜山文化期の墓葬は、高青県で初めて見つかった同時代の遺跡であり、淄博市でこれまで発見された竜山文化初期の遺跡の中でも最北端に位置すると説明した。(済南=新華社配信/韓春義)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像