検索結果 13,539 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052504674

    緊急事態宣言全面解除 再開予告する店舗  緊急事態宣言全面解除を控え、営業の再開を予告する店舗=25日午後、東京都台東区

  2. 2020052500019

    Jクラブ軸に地域へ恩返し 静岡県内クラブの選手ら  J1清水とJ2磐田、J3藤枝、沼津の選手会が合同プロジェクトを立ち上げ、オンラインで記者会見する選手たち=15日 「スクランブル」

  3. 2020052202953

    文化施設の休業要請解除へ 記者会見する大野知事  記者会見で、休業要請解除の目安について説明する埼玉県の大野元裕知事=22日午後、埼玉県庁

  4. 2020052103812

    東南アの邦人起業家奮闘 マスクを生産する女性ら  マスクを生産するマッサージ店の従業員ら=4月、バンコク(共同) 「アジア発」アジアビジネス

  5. 2020052103707

    外出先の混雑チェック マップが表示された画面  店舗の混み具合を表示する「お買い物混雑マップ」の画面=19日、東京都新宿区 連載企画「コロナ以後の風景」5回続きの(3)人混み回避

  6. 2020052300822

    湖南省の企業が開発した大型電動ダンプ、迫力の姿をご覧あれ!  内モンゴル自治区の鉱山で稼働する230トンの大型電動ダンプカー。(資料写真)中国湖南省の鉱山用車両メーカー「湘電重型装備」が開発した大型電動ダンプカーが近年、国内外のさまざまな鉱山で活躍している。小高い山のような姿に、大人2人分の身長に相当する巨大なタイヤを持つ。このダンプカー1台で乗用車100台から200台分の重さに相当する土砂などを運ぶことができる(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052300893

    青島日本国際ビジネスハブがオープン日本企業進出の「橋頭堡」に  青島日本国際ビジネスハブの一角。(資料写真)中国山東省青島市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」が19日、同市国際経済合作区でオープンした。日本企業が中国市場に進出する際の「橋頭堡」の役目を果たすという。合作区の関係者によると、今回のビジネスハブ・プロジェクトは「ハブ」と「パーク」の要素が含まれるという。ハブは青島日本国際ビジネスハブのプラットフォームを指し「実体ハブ」と「オンラインハブ」からなる。総面積約3千平方メートルの「実体ハブ」は二つの建物からなり、展示取引や協力交流、事務・ビジネスなどのエリアを設け、中国市場進出に意欲を持つ日本の企業や業界団体と、国際的資源との関係構築を求める中国の地方政府や企業に展示やプロモーション、投資家説明会、商談の場を提供する。(青島=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052300907

    青島日本国際ビジネスハブがオープン日本企業進出の「橋頭堡」に  青島日本国際ビジネスハブの1号館。(資料写真)中国山東省青島市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」が19日、同市国際経済合作区でオープンした。日本企業が中国市場に進出する際の「橋頭堡」の役目を果たすという。合作区の関係者によると、今回のビジネスハブ・プロジェクトは「ハブ」と「パーク」の要素が含まれるという。ハブは青島日本国際ビジネスハブのプラットフォームを指し「実体ハブ」と「オンラインハブ」からなる。総面積約3千平方メートルの「実体ハブ」は二つの建物からなり、展示取引や協力交流、事務・ビジネスなどのエリアを設け、中国市場進出に意欲を持つ日本の企業や業界団体と、国際的資源との関係構築を求める中国の地方政府や企業に展示やプロモーション、投資家説明会、商談の場を提供する。(青島=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052002111

    4月の訪日客2900人 訪日客向けの着物レンタル  訪日外国人の利用が半分を占めていた東京・浅草の着物レンタルショップ「華雅」は、新型コロナウイルスの影響で1月下旬から客が減り始め、緊急事態が宣言された頃から休業している。レンタルした着物で浅草を回る文化体験が東南アジアの観光客らに人気だった。営業を再開しても、客足が戻るか不安な日々が続く。小野玲子代表は「世界中でコロナが落ち着いて、また日本の伝統を楽しんでもらえたら」と話した=20日午後、東京都台東区

  10. 2020052001459

    全米50州で経済一部再開 営業再開した店  米ミズーリ州リッチモンドの営業再開した店舗前で並ぶ人々=18日(UPI=共同)

  11. 2020052104759

    オランダ半導体製造装置ASML、江蘇省無錫の拠点拡大へ  ASML無錫オフィスの外観。(資料写真)オランダの半導体製造装置メーカーASMLと中国江蘇省無錫ハイテク産業開発区はこのほど、戦略的提携を結んだ。両者は、ASMLが同区内に置くフォトリソグラフィー装置の技術サポート拠点を拡大することで合意した。拡大後は、面積約2千平方メートルの技術センターに200人規模の専門チームを置き、半導体素子などの製造に用いられるフォトリソグラフィー装置の保守や高度化などの技術サポートを行う。このほか、同じ広さのサプライチェーン・サポートセンターも設け、装置の据え付けや高度化のほか、運用に必要な部品などを運ぶ高水準の物流サービスを提供する。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051904925

    コロナ直撃、アパレル苦境 レナウンの記者会見  中国の繊維大手との資本・業務提携に関するレナウンの記者会見=2010年5月、東京都千代田区 「大型サイド」レナウン経営破綻

  13. 2020051904866

    ファンの歓声、早く戻って 無観客でボートレース  無人のスタンドを前に行われているボートレース。東京都大田区のボートレース平和島では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月末から無観客でレースを実施している。舟券の外向け発売所も閉鎖しているが、インターネットなどでの販売で約8割の売り上げを維持している。担当者は「ファンからは(無観客開催が)いつまで続くのかという問い合わせもある。早くこのスタンドに歓声が戻ってきてほしい」と話す。 緊急事態宣言が解除された長崎県の競艇場では、22日から観客を入れてレースが開催される=19日午後

  14. 2020051904864

    ファンの歓声、早く戻って 無観客でボートレース  無人のスタンドを前に行われているボートレース。東京都大田区のボートレース平和島では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月末から無観客でレースを実施している。舟券の外向け発売所も閉鎖しているが、インターネットなどでの販売で約8割の売り上げを維持している。担当者は「ファンからは(無観客開催が)いつまで続くのかという問い合わせもある。早くこのスタンドに歓声が戻ってきてほしい」と話す。 緊急事態宣言が解除された長崎県の競艇場では、22日から観客を入れてレースが開催される=19日午後

  15. 2020051801204

    イタリアで外出禁止解除 再開準備をする従業員  18日、イタリア・ミラノの高級ブランド「プラダ」の店舗で営業再開の準備をする従業員(ロイター=共同)

  16. 2020051800270

    大阪府、休業要請一部解除 ホワイティの店  一部店舗が営業を再開した大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」=18日午後0時32分

  17. 2020052001506

    無錫市の日系企業、日新電機が地元の学校に感染対策物資を寄贈  日新電機(無錫)の工場外観。(資料写真)中国江蘇省無錫市高新区(ハイテク産業開発区)商務局は、地元の日系企業日新電機(無錫)がこのほど、大橋実験学校(菱湖校区)に感染対策物資を寄贈したことを明らかにした。同社の日本本社は今年3月、無錫市高新区慈善総会に義援金26万元(1元=約15円)を寄付している。今回、大橋実験学校と共同で感染対策物資の寄贈と複数の公益教育プロジェクトを始動した。日新電機は日本の大型電力機器メーカー大手で、無錫市に最も早く進出した外資企業の一つでもある。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020052300799

    米リテルヒューズ社、江蘇省無錫市で2期プロジェクト開始  18日、力特半導体(無錫)2期プロジェクトの定礎式。回路保護分野大手の米リテルヒューズ社が中国江蘇省無錫市に設立した力特(リテルヒューズ)半導体(無錫)の2期プロジェクト発足式が18日、同市ハイテク産業開発区で行われた。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052300792

    米リテルヒューズ社、江蘇省無錫市で2期プロジェクト開始  18日、力特半導体(無錫)2期プロジェクトの発足式。回路保護分野大手の米リテルヒューズ社が中国江蘇省無錫市に設立した力特(リテルヒューズ)半導体(無錫)の2期プロジェクト発足式が18日、同市ハイテク産業開発区で行われた。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052300854

    足でパソコン操作する起業家、夢は障害者の起業支援河北省南宮市  17日、オンライン店舗の経営者らと話し合う趙楊さん(中央)。中国河北省南宮市小趙村に住む趙楊(ちょう・よう)さん(33)は、13歳の時に感電して両腕を失った。2003年から家族の助けを借り、苦しい努力を経て足を使ったタイピングを習得した。南宮市は綿花の産地であり、趙さんはこれを生かし、2009年に綿花や綿製品をオンラインで販売する店を立ち上げた。趙さんは「1分間で40の単語を入力し、5人の顧客と同時に商談できる」と述べ、将来については、地元の障害者団体や特別支援学校と協力し、障害者の起業を支援していきたいと語った。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104499

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダで、楽器を演奏する地元の演奏家。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104438

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」でお茶を楽しむ観光客。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104440

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダで、踊りや世間話を楽しむ地元の人々。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052300916

    足でパソコン操作する起業家、夢は障害者の起業支援河北省南宮市  17日、足でパソコンを入力する趙楊さん。中国河北省南宮市小趙村に住む趙楊(ちょう・よう)さん(33)は、13歳の時に感電して両腕を失った。2003年から家族の助けを借り、苦しい努力を経て足を使ったタイピングを習得した。南宮市は綿花の産地であり、趙さんはこれを生かし、2009年に綿花や綿製品をオンラインで販売する店を立ち上げた。趙さんは「1分間で40の単語を入力し、5人の顧客と同時に商談できる」と述べ、将来については、地元の障害者団体や特別支援学校と協力し、障害者の起業を支援していきたいと語った。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104413

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダでお茶を味わう地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104422

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」のベランダでお茶を味わう地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104433

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」で、お茶を飲みながら世間話をする地元の人々。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104507

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  17日、カシュガル古城風景区にある老舗茶館「百年老茶館」で、お茶を飲みながら世間話をする地元の人々。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052300886

    足でパソコン操作する起業家、夢は障害者の起業支援河北省南宮市  17日、足でパソコンを入力し、顧客と商談する趙楊さん。中国河北省南宮市小趙村に住む趙楊(ちょう・よう)さん(33)は、13歳の時に感電して両腕を失った。2003年から家族の助けを借り、苦しい努力を経て足を使ったタイピングを習得した。南宮市は綿花の産地であり、趙さんはこれを生かし、2009年に綿花や綿製品をオンラインで販売する店を立ち上げた。趙さんは「1分間で40の単語を入力し、5人の顧客と同時に商談できる」と述べ、将来については、地元の障害者団体や特別支援学校と協力し、障害者の起業を支援していきたいと語った。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051601183

    大阪府、休業要請一部解除 居酒屋「やまと屋」  営業を再開した大阪・新世界の居酒屋「やまと屋1号店」。周りの店舗は臨時休業や営業時間短縮でシャッターが下ろされていた。店長の沢井勝利さん(36)は「日中は常連客が来てくれたが、夜になって客足がぱたっとやんだ。先が見えない」とため息をついた=16日午後8時3分

  31. 2020051600906

    多額負債、改革遅れ 営業中のJCペニー  営業中のJCペニーの店舗=2017年11月、米イリノイ州(ロイター=共同)

  32. 2020052001525

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、上海市のコリアンタウンにある「ソウル夜市」。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052001548

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、上海市のコリアンタウンにある「ソウル夜市」を訪れた市民。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052001538

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、上海市のコリアンタウンにある「ソウル夜市」。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052001553

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、「ソウル夜市」のショッピングモール入口を消毒するスタッフ。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052001554

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、「ソウル夜市」の屋台で韓国料理を味わう人々。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052104647

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナの封印錠を照合する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052104682

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナを検査する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052104689

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナを検査する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052001565

    夜市再開で夜間経済が活性化上海市  16日、「ソウル夜市」の屋外広場でパフォーマンスを見物する人々。中国上海市閔行区虹橋鎮の「ソウル夜市」では週末の夜、人々が一味違うナイトライフを楽しんでいる。夜市は上海のコリアンタウンに位置し、新型コロナウイルスの影響で3カ月近く営業を休止していた。1日に営業を再開してから、客足は戻りつつある。再開後も感染防止措置が緩められることはなく、ショッピングモールの公共施設では毎日3回の消毒を行い、各店舗にも消毒液を設置している。(上海=新華社配信/王翔)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052104715

    贛州経由で深圳とデュースブルクを結ぶ初の中欧班列が出発江西省  16日、コンテナの封印錠を確認する贛州税関職員。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、広東省深圳市から江西省贛州(かんしゅう)市を経由し、ドイツ・デュースブルク市に向かう「深贛欧」の第1便が16日午後3時ごろ、贛州国際陸港を出発した。列車は広東省深圳市の塩田港を12日に出発、13日午前に贛州国際陸港に到着。繊維・アパレル製品や家電製品などが積み込まれたコンテナ20個と贛州の商品仕入先がまとめた貨物が「中欧班列」に編成され、16日に通関手続きを終えた。(贛州=新華社配信/温序)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052104439

    観光客の受け入れ準備進むカシュガル古城新疆ウイグル自治区  16日、カシュガル古城風景区を歩く地元住民。本格的な観光シーズンを前に、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル古城風景区では観光客により良い体験を提供しようと、新型コロナウイルスの感染対策をしっかりと行いながら、環境を整備しサービスの質を向上させている。(カシュガル=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052300915

    足でパソコン操作する起業家、夢は障害者の起業支援河北省南宮市  16日、河北省南宮市で、配達員に商品を託す趙楊さん(左)。中国河北省南宮市小趙村に住む趙楊(ちょう・よう)さん(33)は、13歳の時に感電して両腕を失った。2003年から家族の助けを借り、苦しい努力を経て足を使ったタイピングを習得した。南宮市は綿花の産地であり、趙さんはこれを生かし、2009年に綿花や綿製品をオンラインで販売する店を立ち上げた。趙さんは「1分間で40の単語を入力し、5人の顧客と同時に商談できる」と述べ、将来については、地元の障害者団体や特別支援学校と協力し、障害者の起業を支援していきたいと語った。(邢台=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051505788

    緊急事態宣言、39県で解除 福岡で営業再開のカフェ  緊急事態宣言の解除を受け約1カ月ぶりに営業を再開し、来店客の手を消毒する福岡市中央区のカフェ店長の西山弦輝さん(27、右)。スタッフと客の消毒や検温など、福岡県内の飲食店約40店舗の店主らが営業再開に当たってのガイドラインを策定した。「今できる限りの対策をして営業していきたい」=15日夜

  45. 2020051505786

    緊急事態宣言、39県で解除 福岡の営業再開のカフェ  緊急事態宣言が解除され、約1カ月ぶりに営業を再開した福岡市中央区のカフェ。スタッフと客の消毒や検温など、福岡県内の飲食店約40店舗の店主らが営業再開に当たってのガイドラインを策定した。店長の西山弦輝さん(27、右)は「今できる限りの対策をして営業していきたい」と話した=15日夜

  46. 2020051505445

    大阪の商業施設一部再開  営業再開に向けた大阪の主な事業者の対応

  47. 2020051502870

    緊急事態宣言、39県で解除 中華街ドライブスルー販売  横浜・中華街の約20の店舗が集まって料理をドライブスルー方式で販売している。発注を受けた店が駐車場まで運び、注文内容の確認を受け、利用者に手渡す。まだほとんどの店舗が休業を続ける中、少しずつでも営業再開のきっかけになればとランチタイム限定で13日から始まった。「もうギリギリです。一日も早く中華街にお客さんが戻ってくることを願うばかりです」と従業員の男性は語った=15日午後

  48. 2020051502551

    4クラブ選手会が地域支援 記者会見した選手  合同プロジェクトを立ち上げ、オンラインで記者会見したJ1清水とJ2磐田、J3藤枝、沼津の選手=15日

  49. 2020051502130

    ステイホーム支え続ける 届け先探す配達員  飲食店から依頼された届け先をスマートフォンのアプリで探す、料理配達サービス「ウーバーイーツ」配達員の穴澤佑佳さん(26)。美容師の腕を生かし海外へ転職する予定が、ウイルスの感染拡大から直前で取りやめに。すでに退職していたが、離れた県の実家には戻らず、このアルバイトにたどり着いた。始めて約1カ月、苦労が多い一方で「少ない人通りの中、時折『がんばってね』と周りの人から声をかけられるのがうれしい」=7日、東京都港区 「写真ニュース」7枚組の(1)

  50. 2020051502129

    ステイホーム支え続ける 国道走る配送トラック  交通量が減った夜の第1京浜国道を走る配送トラック。外出自粛要請で人々の在宅時間が増え、物流業界の需要が高まった。神奈川県内に本社を置くある運送会社は取り扱う荷物量の高止まり状態が続いているという=7日、東京都大田区 「写真ニュース」7枚組(6)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像