検索結果 3,723 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080407234

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(奥)と第二体育館(手前)=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  2. 2020080407232

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(手前)と第二体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  3. 2020080407229

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場と国立競技場  国立代々木競技場の第一体育館(手前上)、第二体育館(手前下)。右奥は国立競技場=2020年8月4日午後(共同通信社ヘリから)

  4. 2020080407207

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  5. 2020080407201

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  6. 2020080407190

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  7. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303423

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の紫微殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080303333

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の正門。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080303590

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の老君殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020073006127

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020073006126

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072701187

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072700970

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072700794

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020071007902

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の前殿。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020071007956

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の鐘楼。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020071007939

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の外観。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020071007941

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の蔵経閣。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020071007922

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の鼓楼。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020071007955

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の良縁閣。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020071007946

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の鳳尾(ほうび)殿。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020071007918

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の財神殿。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020071007825

    清代の科挙試験場「定州貢院」を訪ねて河北省定州市  5日、定州貢院の後楼。攬勝楼(らんしょうろう)とも呼ばれ、試験官らの宿舎として使われた。中国河北省定州市には、清代に同省中部地域の科挙の地方試験「郷試(きょうし)」の会場だった「定州貢院」が保存されている。中国北方地域で当時の姿を最も良く残す貢院(科挙の試験場)とされており、2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定された。(定州=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020070200566

    呉文化を紹介する博物館オープン江蘇省蘇州市  28日、蘇州呉文化博物館の外観。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市にこのほど、蘇州呉文化博物館が開館した。蘇州は「百館之城」と呼ばれ、博物館の宝庫としても知られる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804803

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062804808

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062804831

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062804908

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062804921

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062804934

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の焚帛炉。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062804818

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門と神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062804824

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062804939

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062804931

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062804800

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵寝)。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062804786

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・昌陵の宝頂。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062804780

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062804785

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062804771

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062804895

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062804867

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062804870

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062804858

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の陵寝門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062804860

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062804862

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062804885

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062804886

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020062804914

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の明楼と宝頂。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062804915

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の明楼と宝頂。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像