検索結果 2,407 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101602565

    祇園祭担う町衆らが維持 八坂神社本殿  国宝に指定するよう答申された八坂神社の本殿=13日、京都市

  2. 2020101602561

    祇園祭担う町衆らが維持 八坂神社本殿  国宝に指定するよう答申された八坂神社の本殿=13日、京都市

  3. 2020101408227

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020101408191

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020101408206

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020101408262

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020092807019

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(西側)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020092806951

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020092806831

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020092807064

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092806827

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092806720

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092806982

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、広霊水神堂の外観。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092806997

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020092806936

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020092806922

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~95年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020092807018

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~95年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020092807016

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020092505447

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  赤外線カメラが撮影した野生のジャイアントパンダがタケを食べる様子。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020092505744

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  何礼文さんがパトロール中に遭遇したヘビ。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信/何礼文)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020092303727

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  何礼文さんがパトロール中に遭遇したクマ。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020092303703

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  所定の休憩場所に到達できない時に、森林保護員が利用する臨時休憩エリア。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信/何礼文)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020092303721

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  パトロール中に崖を通る何礼文さん。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020092303528

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  パトロール中に丸木橋を渡る何礼文さん。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020092303731

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  甘粛省白水江国家級自然保護区に広がる原生林。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020092303650

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  赤外線カメラが撮影した野生ジャイアントパンダ。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020092303694

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  何礼文さんがパトロール中に遭遇したターキン。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020092303698

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  降雪後にパトロールをする森林保護員。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020092303714

    「国宝」野生パンダを陰で支える専門家甘粛省隴南市  赤外線カメラのバッテリーとメモリーカードを交換する何礼文さんと同僚。(資料写真)中国甘粛省最南端に位置する隴南(ろうなん)市文県碧口鎮で、「国宝」と呼ばれる野生ジャイアントパンダのパトロールをする何礼文(か・れいぶん)さん(43)は、この仕事に就いて24年になる。この20年余り、保護区内の野生パンダの個体数は増え続け、生態環境も改善し続けている。省内の野生パンダは現在132頭で、うち110頭が同保護区内に生息している。(隴南=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020092505888

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、剣川古城で見かけた獅子像。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020092505777

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、剣川古城の路地を歩く地元の人。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020092505885

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、剣川古城にある剣陽楼の一角。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020092505936

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  剣川古城にある剣陽楼。(9月15日撮影)剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020092505662

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  剣川古城にある民家の中庭。(9月15日撮影)剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020092505569

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、多くの花木が置かれた剣川古城の路地。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020092505882

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、剣川古城の路地を自転車で走る地元の人。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020092505883

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、剣川古城にある建物の正門。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020092505939

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  剣川古城にある昭忠祠の正門。(9月15日撮影)剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020092505757

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  15日、「喜」の字が貼られた剣川古城にある民家の門。剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020091507623

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  汾河河畔から見た万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020091507621

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  雪化粧した万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020091008825

    高知城棟札に懸賞5百万円 高知城  国宝指定を目指す高知城

  43. 2020091801738

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、中華民国時代の軍人、閻錫山(えん・しゃくざん)が災害救援活動をたたえ、李氏一族に贈った扁額。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020091801665

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、花模様のれんがで飾られた塀。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020091801683

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅の一角にある、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の門。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020091801778

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅内の中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の窓。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020091801780

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅の一角にある「風門」。風水では「風門」は邪気が入り込むのを防ぐと言われる。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020091801785

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅内にある百善図影壁。「善」の文字がさまざまな書体で浮き彫りされ、365日善行を積むという意味がある。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020091801794

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅内にある「信溥堂」の門の東側に刻まれた文字。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020091801694

    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省  6日、邸宅内にある私塾院の「月亮門」。入り口は日本風の引き戸になっている。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像