検索結果 114 件中 1 件 〜 50
  1. 2020080100515

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  そよ風に涼やかな音を奏でる軒隅の風鐸(ふうたく)。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080100617

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔の最上部を飾る鉄製の相輪(そうりん)。風磨銅と呼ばれる銅の装飾をはめ込んでいる。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080100586

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻で美しい塔身の装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080100548

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303574

    現代によみがえる古代の青れんが、河北省出岸鎮  7月30日、河北省任丘市出岸鎮の古れんが工場で、青れんがを運ぶ作業員。(小型無人機から)青れんがは中国の建築資材として古い歴史がある。河北省任丘市出岸鎮には清朝(1644~1911)のれんが窯跡に造られたれんが工場があり、伝統的な技能を編み出して復古調建築物用の青れんがや瓦などを生産している。(任丘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080100655

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身が黄、緑、青色の瑠璃瓦で装飾された飛虹塔。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080303140

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城の砦「揣庄堡」。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303184

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  22日、張掖市山丹県に残る明代長城。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080303306

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の重要拠点「峡口古城」の過街楼。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080303372

    明代の万里の長城を探訪、甘粛省張掖市  21日、張掖市山丹県に残る明代長城の重要拠点「峡口古城」。(小型無人機から)中国甘粛省内の万里の長城は、戦国時代の秦国が初めて築城し、その後も各時代に整備が行われた。現存する長城は、主に戦国時代と漢代、明代に築かれたもので、いずれも西端が同省にある。省内の長城は11市・自治州に分布しており、総延長は3654キロと全国で2番目に長い。明代に築かれた長城は1738キロと全国で随一の長さを誇る。張掖(ちょうえき)市山丹県の中部と北部に分布する明代長城の山丹区間は、南東から北西に向かい伸びており、城壁と塹壕(ざんごう)、関堡(要塞)、単体建築などからなる。全長は271・5キロで、主に黄土を固める版築(はんちく)工法で築かれている。(山丹=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800714

    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区  15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800968

    朱子学発祥の地「点易園」重慶市涪陵区  15日、点易園風景区から長江を見下ろすようにそびえ立つ乾坤閣。(小型無人機から)中国重慶市涪陵(ふりょう)区北山坪の長江北岸にある「点易園」は、南宋の「程朱理学(朱子学)」発祥の地の一つとして知られる。北宋時代の紹聖4(1097)年に著名な思想家、程頤(てい・い)が当時涪州と呼ばれた同区に左遷され、岩山を切り出して作られた洞窟の中で「易経(えききょう)」に注釈を加えた「周易程氏伝」全4巻を著した。程頤は伊川(いせん)とも呼ばれていたため「伊川易伝」ともいう。後に南宋の儒学者、朱熹(しゅ・き)がその学説を受け継ぎ、程朱理学として発展させた。程朱理学は官学として中国社会の最も重要な哲学の学派の一つとなり、千年近くにわたり社会の発展に影響を及ぼしてきた。点易園という名は、洞窟が「点易洞」と呼ばれたことにちなむ。(涪陵=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070705400

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070705419

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070705459

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070705461

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070705455

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070705456

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070705468

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070705358

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020070705410

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。空の青色と山の緑色のコントラストが美しい。(小型無人機で撮影したパノラマ写真)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020070705412

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020070705451

    火山山頂に巨大な「碧玉」、夏の格拉球山をゆく黒竜江省  4日、鮮やかな緑に覆われた格拉球山の天池。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河(こくが)市にある格拉球山の天池(火口湖)ではこのところ、水草が生い茂り、新緑が照り映え、爽やかな風景が広がっている。小型無人機で空から眺めると、まるで火山の山頂に「碧玉(へきぎょく)」が施されたように見える。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072803291

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072803352

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  4日、魚祭を披露する浦源村の村民。魚祭は死んだコイを埋葬する儀式で、同村に古くから伝わる風俗習慣。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072803360

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  3日、「鯉魚渓」を散策する人々。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072803363

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  3日、浦源村鯉魚渓公園のハス田。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072803339

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  3日、浦源村鯉魚渓公園のハス田。(小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020061905174

    済南市で北朝時代から唐代の家族墓群見つかる山東省  14日、済南市章丘区の小清河河畔で見つかった合庄墓地の発掘現場。(小型無人機から)中国山東省の済南市考古研究所の考古調査隊は、同市章丘区の小清河河畔でこのほど実施した発掘調査で、北朝時代末期から唐代初期(6世紀後半~7世紀前半)の古墓13基を発見した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061905072

    済南市で北朝時代から唐代の家族墓群見つかる山東省  14日、済南市章丘区の小清河河畔で見つかった合庄墓地の発掘現場。(小型無人機から)中国山東省の済南市考古研究所の考古調査隊は、同市章丘区の小清河河畔でこのほど実施した発掘調査で、北朝時代末期から唐代初期(6世紀後半~7世紀前半)の古墓13基を発見した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061905111

    済南市で北朝時代から唐代の家族墓群見つかる山東省  14日、済南市章丘区の小清河河畔で見つかった合庄墓地の発掘現場。(小型無人機から)中国山東省の済南市考古研究所の考古調査隊は、同市章丘区の小清河河畔でこのほど実施した発掘調査で、北朝時代末期から唐代初期(6世紀後半~7世紀前半)の古墓13基を発見した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061905120

    済南市で北朝時代から唐代の家族墓群見つかる山東省  14日、済南市章丘区の小清河河畔で見つかった合庄墓地の発掘現場。(小型無人機から)中国山東省の済南市考古研究所の考古調査隊は、同市章丘区の小清河河畔でこのほど実施した発掘調査で、北朝時代末期から唐代初期(6世紀後半~7世紀前半)の古墓13基を発見した。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061905056

    千年の伝統を守り続ける古塩田海南省洋浦経済開発区  12日、洋浦経済開発区塩田村に広がる古塩田。(小型無人機から)中国海南省の洋浦経済開発区塩田村にある洋浦塩田は、唐代末期に造成が始まり、すでに1200年以上の歴史を持つ。浜辺に硯(すずり)のような形をした鹹水槽(かんすいそう)千個以上が密集し、現在、塩田全体の面積は750ムー(50ヘクタール)となっている。(洋浦=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020061905119

    千年の伝統を守り続ける古塩田海南省洋浦経済開発区  12日、洋浦経済開発区塩田村に広がる古塩田。(小型無人機から)中国海南省の洋浦経済開発区塩田村にある洋浦塩田は、唐代末期に造成が始まり、すでに1200年以上の歴史を持つ。浜辺に硯(すずり)のような形をした鹹水槽(かんすいそう)千個以上が密集し、現在、塩田全体の面積は750ムー(50ヘクタール)となっている。(洋浦=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020061706234

    張家界の巨大穴「天坑」湖南省  11日、自然に形成された巨大穴「天坑」。(小型無人機から)世界自然遺産に登録されている中国湖南省張家界市永定区茅岩河鎮を流れる茅岩河の中流域は、風景の美しさから「百里画廊」と呼ばれている。自然形成された巨大な穴「天坑」を上空から見ると、周辺地域に住む少数民族トゥチャ族が使う「かまど」に似ており、地上に架かる橋に似た地形は、かまどのたき口のような形をしている。(張家界=新華社配信/周建鑫)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020061706235

    張家界の巨大穴「天坑」湖南省  11日、自然に形成された巨大穴「天坑」。(小型無人機から)世界自然遺産に登録されている中国湖南省張家界市永定区茅岩河鎮を流れる茅岩河の中流域は、風景の美しさから「百里画廊」と呼ばれている。自然形成された巨大な穴「天坑」を上空から見ると、周辺地域に住む少数民族トゥチャ族が使う「かまど」に似ており、地上に架かる橋に似た地形は、かまどのたき口のような形をしている。(張家界=新華社配信/周建鑫)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020061706211

    張家界の巨大穴「天坑」湖南省  11日、自然に形成された巨大穴「天坑」。(小型無人機から)世界自然遺産に登録されている中国湖南省張家界市永定区茅岩河鎮を流れる茅岩河の中流域は、風景の美しさから「百里画廊」と呼ばれている。自然形成された巨大な穴「天坑」を上空から見ると、周辺地域に住む少数民族トゥチャ族が使う「かまど」に似ており、地上に架かる橋に似た地形は、かまどのたき口のような形をしている。(張家界=新華社配信/周建鑫)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061706213

    張家界の巨大穴「天坑」湖南省  11日、自然に形成された巨大穴「天坑」。(小型無人機から)世界自然遺産に登録されている中国湖南省張家界市永定区茅岩河鎮を流れる茅岩河の中流域は、風景の美しさから「百里画廊」と呼ばれている。自然形成された巨大な穴「天坑」を上空から見ると、周辺地域に住む少数民族トゥチャ族が使う「かまど」に似ており、地上に架かる橋に似た地形は、かまどのたき口のような形をしている。(張家界=新華社配信/周建鑫)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020061905085

    千年の伝統を守り続ける古塩田海南省洋浦経済開発区  10日、洋浦経済開発区塩田村に広がる塩田。(小型無人機から)中国海南省の洋浦経済開発区塩田村にある洋浦塩田は、唐代末期に造成が始まり、すでに1200年以上の歴史を持つ。浜辺に硯(すずり)のような形をした鹹水槽(かんすいそう)千個以上が密集し、現在、塩田全体の面積は750ムー(50ヘクタール)となっている。(洋浦=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060209207

    河南省の黄河河畔で大型古墓群見つかる出土品は2千点以上  三門峡市湖浜区の黄河河畔で見つかった囲溝墓(方形周溝墓)。(小型無人機から、資料写真)中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市湖浜区の黄河河畔で大型古墓群を発見したと明らかにした。各時代の墓葬600基余りを発掘し、遺物2千点余りが出土した。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020051100602

    琵琶湖「深呼吸」せず 琵琶湖と大津市街地  滋賀県の琵琶湖南部。手前は大津市街地=4月(共同通信社ヘリから)

  42. 2020051100601

    琵琶湖「深呼吸」せず 琵琶湖北部の空撮  滋賀県の琵琶湖北部。手前右は高島市マキノ町の市街地=4月(共同通信社ヘリから)

  43. 2020071408912

    観光発展で伝統の村に活気河北省邯鄲市  10日、邯鄲市渉県更楽鎮大窪村の一角。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県はここ数年、伝統的な村落の独特な建築様式と民俗文化に着目し、下水道や駐車場、観光地の公共トイレなどのインフラ改修を行ってきた。農村環境の整備を包括的に推進することで、観光・撮影・民宿を中心とする文化観光経済の発展に結び付け、村落に活気をもたらしている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020050804698

    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区  4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020050804694

    古代シルクロードに佇む須弥山石窟を訪ねて 寧夏回族自治区  4月27日、寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟。(小型無人機から)古代シルクロードの通り道にあたる中国寧夏回族自治区固原市にある須弥山石窟は、南北朝時代の北魏(386~534年)晩期に造営が始まり、北周(557~581年)と唐代(618~907年)に栄え、1500年以上の歴史を有する中国十大石窟の一つ。1982年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。現存する大小162の石窟と1千体余りの仏像が2キロメートルにわたって八つの峰に点在している。同石窟には現在、185・47平方メートルに及ぶ壁画がある。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072803275

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  浦源村の夜景。(4月17日、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072803278

    800年の古村が受け継ぐ人と魚の共生福建省浦源村  浦源村鯉魚渓公園を散策する人々。(4月17日撮影、小型無人機から)中国福建省寧徳市周寧県の浦源村には、西から東に流れる清流があり、さまざまな色のコイが泳ぐことから「鯉魚渓」と呼ばれている。紫雲山麓に源を発する川の長さは約3千メートルで、うち800メートルが浦源村の古村落を流れる。言い伝えでは、南宋末期に同村へ居を移した鄭氏の祖先がコイの養殖を始め、コイを保護する村のおきてを定めた。その後、村民は死んだコイを埋葬する魚塚を作り、独特の魚葬風習が確立された。村民は800年余りにわたりコイと共存し、人が魚を守り、魚が人を助ける生活を続けてきた。今では数千匹のコイが「鯉魚渓」を泳いでいる。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020042003119

    武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省  15日、武夷山の斜面いっぱいに広がる茶園。(小型無人機から)中国福建省の西北部にある武夷山風景区で15日、第1回武夷山「喊山祭茶」文化シーズンイベントが開催された。「喊山祭茶」は武夷山に昔からある祭祀の風習で、武夷山の茶文化を伝える重要な儀式の一つ。その歴史は古く、北宋(960~1127年)および五代十国時代の南唐(937~975年)にまでさかのぼる。茶業の繁栄を神に祈り、茶葉の発芽と豊作を願うことを目的としている。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020042003122

    武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省  15日、武夷山市の仙凡岩茶製茶工場の敷地内に広がる「茶」の字形の茶畑。(小型無人機から)中国福建省の西北部にある武夷山風景区で15日、第1回武夷山「喊山祭茶」文化シーズンイベントが開催された。「喊山祭茶」は武夷山に昔からある祭祀の風習で、武夷山の茶文化を伝える重要な儀式の一つ。その歴史は古く、北宋(960~1127年)および五代十国時代の南唐(937~975年)にまでさかのぼる。茶業の繁栄を神に祈り、茶葉の発芽と豊作を願うことを目的としている。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042003159

    武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省  15日、武夷山市の仙凡岩茶製茶工場の敷地内に広がる「金仏」の字が描かれた茶畑。(小型無人機から)中国福建省の西北部にある武夷山風景区で15日、第1回武夷山「喊山祭茶」文化シーズンイベントが開催された。「喊山祭茶」は武夷山に昔からある祭祀の風習で、武夷山の茶文化を伝える重要な儀式の一つ。その歴史は古く、北宋(960~1127年)および五代十国時代の南唐(937~975年)にまでさかのぼる。茶業の繁栄を神に祈り、茶葉の発芽と豊作を願うことを目的としている。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像