検索結果 18,551 件中 1 件 〜 50
  1. 2020060202682

    休業で苦しむ人を農家へ 矢城美里さん  ラッキョウの根を切る矢城美里さん=5月、鳥取県北栄町

  2. 2020060200754

    休業で苦しむ人を農家へ ラッキョウの根を切る女性  鳥取県北栄町の作業場でラッキョウの根を切る女性。休業を余儀なくされた同県三朝町の温泉旅館の従業員だ=5月

  3. 2020060200752

    休業で苦しむ人を農家へ 雇用された旅館の従業員  鳥取県北栄町の作業場でラッキョウの根を切る女性。休業を余儀なくされた同県三朝町の温泉旅館の従業員だ=5月

  4. 2020060100177

    JA全中会長に立候補表明 記者会見する中西氏  JA全中会長選への立候補について記者会見する中西庄次郎氏=1日午前、徳島市

  5. 2020060100175

    JA全中会長に立候補表明 記者会見する中西庄次郎氏  JA全中会長選への立候補について記者会見する中西庄次郎氏=1日午前、徳島市

  6. 2020053003321

    霧島酒造サツマイモ購入減 契約農家のサツマイモ畑  霧島酒造と契約する農家のサツマイモ畑=28日、宮崎県内

  7. 2020053003301

    将来の生産者確保に懸命  青森県のリンゴ農家戸数と収穫量 「列島ライトアップ」

  8. 2020053003217

    JA全中会長選に中家氏 中家徹氏  中家徹氏

  9. 2020060402153

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、田植え作業が終わった紫鵲界棚田の様子。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402077

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、朝日に輝く湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田。(小型無人機から)中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402091

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田で、田植え作業に励む村の人。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402094

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田で、田植え作業に励む村の人たち。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402099

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田で、田植え作業に励む村の人たち。(小型無人機から)中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060209603

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402073

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田で、「抛秧」(苗を水田に放り投げる田植え法)の作業に励む村の人。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402080

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田で、田植えにいそしむ村の人。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060209435

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  18. 2020060402107

    湖南省新化県の棚田で田植え本格化農家大忙し  5月30日、朝日に輝く湖南省婁底市新化県の紫鵲界棚田。中国湖南省婁底市新化県の紫鵲界(しじゃくかい)棚田では5月30日、村の人たちが田植え作業に追われていた。中国南部を代表する同棚田はここ数年、国際連合食糧農業機関(FAO)によって創設されたプロジェクト「世界農業遺産(GIAHS、ジアス)」に認定された。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052903320

    越実習生ら寺に身を寄せ 寄付された食材で夕食  徳林寺に寄付された米や野菜を使い夕食を用意するベトナムからの元技能実習生=14日、名古屋市

  20. 2020060402058

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑で昼食を取る「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060402068

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑に止めたコンバインのそばで横になり、休憩する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060402012

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060402013

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑で、収穫した小麦をトラックに積み込む「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。(小型無人機から)中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060402014

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060402028

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインの給水タンクを点検する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060402023

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060402019

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑で、収穫した小麦をトラックに積み込む「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060402022

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060402057

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑で、コンバインに除塵装置を取り付ける「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060402033

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060402024

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインを運転して小麦を収穫する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。(小型無人機から)中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060402026

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑で、刈り取り作業前にコンバインを点検する「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060402066

    出稼ぎ農民「麦客」、小麦の収穫で活躍河南省周口市  5月29日、河南省周口市商水県南陵村の麦畑でコンバインの点検をする「麦客」の秦印紅(しん・いんこう)さん。中国河南省は現在、小麦の収穫期を迎えている。同省は「中州(河南省の別称)穀倉」の呼び名を持つ有数の穀倉地帯で、麦畑でコンバインを運転し、収穫作業をする「麦客」の姿がよく見られる。「麦客」は各地に出向いて雇い主の代わりに刈り取りを行う農民を指し、毎年収穫期になると河南、河北両省を移動する。陝西省や甘粛省、寧夏回族自治区ではかつて、多くの農民が出稼ぎの一形式として「麦客」になった。(周口=新華社記者/李安)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052801061

    南高梅の収穫始まる 南高梅農家  南高梅を収穫する農家=27日、和歌山県田辺市

  35. 2020060209507

    第12回「茶産業博覧会」開幕貴州省遵義市  湄潭県の茶園風景。(資料写真)中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県で28日、第12回貴州茶産業博覧会が開幕した。同県でメインイベントの「バイヤー交流会」を開催するほか、同市以外の市、州でも特別イベントを実施する。貴州省はここ数年、茶産業の発展に力を入れており、茶の栽培面積は2006年の102万ムー(約6万8千ヘクタール)から700万ムー(約46万7千ヘクタール)に拡大。年間生産量も2万5千万トンから40万1千トンに増加した。生産高は6億2千万元(1元=約15円)から451億2千万元、加工会社は309社から5705社にそれぞれ増え、累計356万1千人が貧困からの脱却を果たした。茶葉は今や重要な輸出農産品となり、ミャンマーやロシア、ドイツ、米国、日本、モロッコなどに主に輸出している。昨年の輸出量は前年比41・4%増の4009トン、輸出額は2・1倍の1億3千万ドル(1ドル=約107円)だった。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  36. 2020052701688

    夕張メロンの収穫始まる 始まった収穫  北海道夕張市で始まった「夕張メロン」の収穫=5月24日 「ニュースアラカルト」(くらし)「夕張メロンの収穫始まる」

  37. 2020060209520

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点で花の手入れをする農家。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060209527

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点で農薬を散布する農家。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060209573

    百年の歴史持つ食糧倉庫、備蓄小麦の入れ替え陝西省  27日、豊図義倉の周辺風景。現代農業施設が立ち並ぶ。中国陝西省渭南市大茘県にある豊図義倉は、清代の1885年に建てられた食糧備蓄倉庫で、国家級重点文物保護単位に指定されている。施設の保存状態は良く、現在も中央政府の備蓄食糧5千トンを蓄える。同市の小麦は2020年、豊作を見込んでおり、貯蔵小麦1013トンを出庫し、新麦と入れ替える予定だという。(大茘=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060209412

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060209399

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点で接ぎ木や育苗に取り組む農家。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020060209514

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点で育苗バッグを作る農家。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020060209422

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060209353

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060209515

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点を見学する観光客。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020060209418

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020060209396

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020060209406

    「花の経済」が農家の収入増をけん引河北省邯鄲市  27日、邯鄲市肥郷区肥郷鎮南西落堡村の花卉苗木栽培拠点で草むしりをする農家。中国河北省邯鄲市肥郷区はここ数年、農業の産業構造調整に乗り出し、主導的企業と合作社(協同組合)、農家を組み合わせた方式で草花や苗木の栽培を大きく発展させた。また、農業資源と農村観光を結びつけ、栽培と生産、販売、観光を一体化する取り組みを通じて、農家が豊かな暮らしを実現できるよう後押ししている。「花の経済」は地元住民約1万人に収入増をもたらし、1人当たりの年間収入を1万元(1元=約15円)以上増加させる原動力となった。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020060209485

    魚と野菜を同時に育成、次世代農業「アクアポニックス」天津市  26日、北辰区双口鎮の基地にあるビニールハウスで魚をすくう作業スタッフ。中国天津市北辰区双口鎮にある農業技術開発を手掛ける一畝漁菜(天津)農業科技基地ではここ数年、水産養殖と水耕栽培を組み合わせた次世代型農業モデル「アクアポニックス」の応用が進んでいる。同基地では現在、八棟のビニールハウスでアクアポニックスによる養殖と栽培が行われ、2019年は魚300トン余り、野菜100トン余りを生産した。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020060209482

    魚と野菜を同時に育成、次世代農業「アクアポニックス」天津市  26日、北辰区双口鎮の基地にあるビニールハウスで、魚を入れた袋に酸素を注入する作業スタッフ。中国天津市北辰区双口鎮にある農業技術開発を手掛ける一畝漁菜(天津)農業科技基地ではここ数年、水産養殖と水耕栽培を組み合わせた次世代型農業モデル「アクアポニックス」の応用が進んでいる。同基地では現在、八棟のビニールハウスでアクアポニックスによる養殖と栽培が行われ、2019年は魚300トン余り、野菜100トン余りを生産した。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像