検索結果 3,513 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092305771

    主食用米の価格下落に懸念 質問に答える中家会長  インタビューに答えるJA全中の中家徹会長

  2. 2020092305770

    主食用米の価格下落に懸念 インタビューの中家会長  インタビューに答えるJA全中の中家徹会長

  3. 2020092303498

    稲刈り 資料  稲刈り コメの収穫 撮影日は2020年9月22日、埼玉県上尾市

  4. 2020092100314

    色鮮やか、花のじゅうたん ウモウゲイトウが見頃  埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園で、羽毛のような花が特徴のウモウゲイトウが見頃を迎えている。約8千平方㍍の畑には赤、黄、ピンクなど約50万本が植えられ、カラフルな花のじゅうたんが広がった。敬老の日の21日、東京都内から息子家族と訪れた武内照子さん(73)は「グラデーションが鮮やかできれい」と、孫たちに囲まれながら笑顔で観賞していた

  5. 2020092100313

    色鮮やか、花のじゅうたん ウモウゲイトウが見頃  埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園で、羽毛のような花が特徴のウモウゲイトウが見頃を迎えている。約8千平方㍍の畑には赤、黄、ピンクなど約50万本が植えられ、カラフルな花のじゅうたんが広がった。敬老の日の21日、東京都内から息子家族と訪れた武内照子さん(73)は「グラデーションが鮮やかできれい」と、孫たちに囲まれながら笑顔で観賞していた

  6. 2020092100312

    色鮮やか、花のじゅうたん ウモウゲイトウが見頃  埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園で、羽毛のような花が特徴のウモウゲイトウが見頃を迎えている。約8千平方㍍の畑には赤、黄、ピンクなど約50万本が植えられ、カラフルな花のじゅうたんが広がった。敬老の日の21日、東京都内から息子家族と訪れた武内照子さん(73)は「グラデーションが鮮やかできれい」と、孫たちに囲まれながら笑顔で観賞していた

  7. 2020091904924

    海洋深層水でシイタケ栽培 カレーパン見せる玲依さん  西河誠司さんが育てるシイタケと特産和牛「土佐あかうし」を使ったカレーパンを見せる次女の玲依さん=8月、高知市

  8. 2020091904923

    海洋深層水でシイタケ栽培 カレーパン  西河誠司さんが育てたシイタケと特産和牛「土佐あかうし」を使ったカレーパン

  9. 2020091904921

    海洋深層水でシイタケ栽培 菌床を手にする西河さん  海洋深層水で育てるシイタケの菌床を手にする西河誠司さん=8月、高知県東洋町

  10. 2020091904740

    放棄地、有効活用だゾウ 園長と若手農家  サトウキビを試験栽培した岩尾親一さん(中央)、恒松敬章さん(右)と話すアフリカンサファリの神田岳委園長=4日、大分県別府市

  11. 2020091904739

    放棄地、有効活用だゾウ サトウキビ食べるゾウ  耕作放棄地で試験栽培したサトウキビを食べるアフリカンサファリのアジアゾウ=4日、大分県宇佐市

  12. 2020091805965

    農業のデジタル化推進 野上浩太郎農相  インタビューに答える野上農相 「閣僚に聞く」

  13. 2020091805963

    農業のデジタル化推進 野上浩太郎農相  インタビューに答える野上農相 「閣僚に聞く」

  14. 2020091609017

    米山火事で大気汚染深刻化 かすむ空港  米国西部で続く山火事による大気汚染が深刻化、煙でかすむポートランド空港=15日、米オレゴン州ポートランド(共同)

  15. 2020091604920

    びっしり  タイ中部ナコンパトム県で、水田の害虫駆除のために入ったアヒルの群れ。「密」です。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  16. 2020092303407

    ハイブリッド稲が過去最高の豊作に福建省建寧県  16日、もみを乾燥機に入れる建寧県の農家の人。中国福建省三明市建寧県政府は17日、同県では今年の稲が豊作になることはすでに確定的で、ハイブリッド稲の作付面積は前年より5千ムー(約333ヘクタール)増加し、15万2千ムー(約1万133ヘクタール)、推定収穫量は約3500万キロで、前年より300万キロ増加し、過去最高を記録したと発表した。同県のハイブリッド稲の作付面積および生産量は中国全国の約10%を占め、中国一の生産量を誇る。(三明=新華社記者/林超)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020092303614

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の栽培拠点で収穫された有機ドラゴンフルーツ。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020092303664

    収穫期を迎えたトマト畑内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮のトマト畑。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮ではトマトが豊かに実り、約3万ムー(2千ヘクタール)のトマト畑では収穫作業が行われている。(赤峰=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020092303547

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点で、収穫作業をする従業員。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020092303575

    ハイブリッド稲が過去最高の豊作に福建省建寧県  16日、もみを天日干しする建寧県の農家の人。中国福建省三明市建寧県政府は17日、同県では今年の稲が豊作になることはすでに確定的で、ハイブリッド稲の作付面積は前年より5千ムー(約333ヘクタール)増加し、15万2千ムー(約1万133ヘクタール)、推定収穫量は約3500万キロで、前年より300万キロ増加し、過去最高を記録したと発表した。同県のハイブリッド稲の作付面積および生産量は中国全国の約10%を占め、中国一の生産量を誇る。(三明=新華社記者/林超)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020091801721

    習近平氏、湖南省を視察  16日、郴州(ちんしゅう)市汝城(じょじょう)県文明ヤオ族郷沙洲ヤオ族村にある沙洲現代農業観光モデル基地を訪れ、貧困支援産業や貧困脱却の成果定着の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日、湖南省を視察した。(郴州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020092303577

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省広緑農業科技の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020092303408

    ハイブリッド稲が過去最高の豊作に福建省建寧県  16日、もみの乾燥作業をする建寧県の農民、饒忠盛(じょう・ちゅうせい)さん。中国福建省三明市建寧県政府は17日、同県では今年の稲が豊作になることはすでに確定的で、ハイブリッド稲の作付面積は前年より5千ムー(約333ヘクタール)増加し、15万2千ムー(約1万133ヘクタール)、推定収穫量は約3500万キロで、前年より300万キロ増加し、過去最高を記録したと発表した。同県のハイブリッド稲の作付面積および生産量は中国全国の約10%を占め、中国一の生産量を誇る。(三明=新華社記者/林超)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020092303473

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点で、収穫作業をする従業員。中国四川省南充市西充県にある有機ドラゴンフルーツ栽培拠点はこのところ、収穫期を迎えている。昨年末時点で同県は栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設し、うち13万ムー(約8670ヘクタール)相当と、100品種が国の有機認証を取得。第1陣の国家有機農産物認証モデル地区および国家有機農業標準化モデル地区に指定されている。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020092303471

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の栽培拠点で、収穫した有機ドラゴンフルーツの汚れを拭き取る従業員。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020092303551

    ハイブリッド稲が過去最高の豊作に福建省建寧県  16日、収穫したもみを計量する建寧県の農家の人たち。中国福建省三明市建寧県政府は17日、同県では今年の稲が豊作になることはすでに確定的で、ハイブリッド稲の作付面積は前年より5千ムー(約333ヘクタール)増加し、15万2千ムー(約1万133ヘクタール)、推定収穫量は約3500万キロで、前年より300万キロ増加し、過去最高を記録したと発表した。同県のハイブリッド稲の作付面積および生産量は中国全国の約10%を占め、中国一の生産量を誇る。(三明=新華社記者/林超)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020092303560

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点で、収穫作業をする従業員。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020092303582

    収穫期を迎えたトマト畑内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮で収穫したトマトを運ぶ農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮ではトマトが豊かに実り、約3万ムー(2千ヘクタール)のトマト畑では収穫作業が行われている。(赤峰=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020092303549

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の栽培拠点で収穫された有機ドラゴンフルーツ。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020092303477

    収穫期を迎えた有機ドラゴンフルーツ四川省西充県  16日、四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点で、収穫作業をする従業員。中国四川省南充市西充県の有機ドラゴンフルーツ栽培拠点では、豊かに実ったドラゴンフルーツの収穫作業が行われている。同県は昨年末までに、栽培面積21万ムー(1万4千ヘクタール)に及ぶ有機農業生産拠点を建設。うち13万ムー(約8700ヘクタール)相当の100品種が国の有機認証を取得し、最初の国家有機農産物認証モデル地区と国家有機農業標準化モデル地区に指定された。(南充=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020092303570

    収穫期を迎えたトマト畑内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮で、収穫したトマトを箱詰めする農家。中国内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮ではトマトが豊かに実り、約3万ムー(2千ヘクタール)のトマト畑では収穫作業が行われている。(赤峰=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020092303669

    収穫期を迎えたトマト畑内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮で、広東省に向かうトラックに出荷するトマトを積み込む作業員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市王爺府鎮ではトマトが豊かに実り、約3万ムー(2千ヘクタール)のトマト畑では収穫作業が行われている。(赤峰=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020091801767

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮双達村でリンゴを選別する農民。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020091801740

    山に漂うブドウの香り、内モンゴル自治区馬鞍山村  15日、内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村のワイン会社の包装ラインで作業中の従業員。中国内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村はブドウ産業の発展に精力的に取り組んでいる。ブドウを集中栽培する広大な農園の開発や、地元のワイン会社への支援などを行ってきた。村内のブドウ栽培面積は3500ムー(約230ヘクタール)に達し、1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は千キログラム、純収入は4千元(1元=約16円)を超えた。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020091801768

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮双達村で、収穫したリンゴを運ぶ農民。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020091801754

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮双達村でリンゴを収穫する農民。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020091801713

    山に漂うブドウの香り、内モンゴル自治区馬鞍山村  15日、内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村のワイン会社の包装ラインで作業中の従業員。中国内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村はブドウ産業の発展に精力的に取り組んでいる。ブドウを集中栽培する広大な農園の開発や、地元のワイン会社への支援などを行ってきた。村内のブドウ栽培面積は3500ムー(約230ヘクタール)に達し、1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は千キログラム、純収入は4千元(1元=約16円)を超えた。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020091801720

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮双達村で実ったリンゴ。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020091801727

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮双達村でリンゴを収穫する農民。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020091801719

    リンゴの収穫本格化、甘い香り漂う寧夏回族自治区  15日、寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区永康鎮彩達村でリンゴを車に積み込む農民。実りの秋を迎え、中国寧夏回族自治区中衛市沙坡頭区のリンゴ栽培拠点では、果物農家が収穫や出荷などの作業に追われている。同区のリンゴ栽培面積は2019年末時点で16万ムー(約1万700ヘクタール)に達し、生産高は5億元(1元=約16円)を超えている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020091801810

    山に漂うブドウの香り、内モンゴル自治区馬鞍山村  14日、内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村のブドウ農園。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村はブドウ産業の発展に精力的に取り組んでいる。ブドウを集中栽培する広大な農園の開発や、地元のワイン会社への支援などを行ってきた。村内のブドウ栽培面積は3500ムー(約230ヘクタール)に達し、1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は千キログラム、純収入は4千元(1元=約16円)を超えた。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020091801749

    山に漂うブドウの香り、内モンゴル自治区馬鞍山村  14日、内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村のブドウ農園で、収穫するブドウの状態を確認する村民。中国内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村はブドウ産業の発展に精力的に取り組んでいる。ブドウを集中栽培する広大な農園の開発や、地元のワイン会社への支援などを行ってきた。村内のブドウ栽培面積は3500ムー(約230ヘクタール)に達し、1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は千キログラム、純収入は4千元(1元=約16円)を超えた。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020092303488

    砂漠に生まれた「乳牛の楽園」、酪農振興に貢献寧夏回族自治区  14日、生まれたばかりの子牛に乳を飲ませる牧場スタッフ。中国寧夏回族自治区中衛市の沐沙牧場は、1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の整備を7年かけて実施した。高さ数十メートルの流動砂丘は牧草やトウモロコシの栽培地に姿を変え、荒れ地は乳牛1万7千頭を飼育する「乳牛の楽園」となった。牛乳の生産量は1日当たり220トンに達し、周辺住民1700人余りが近場での就業を実現。同牧場は砂漠の整備と有効利用による酪農産業振興のけん引役になっている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020091801718

    山に漂うブドウの香り、内モンゴル自治区馬鞍山村  14日、内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村のブドウ農園で、収穫するブドウの状態を確認する村民。中国内モンゴル自治区ウランホト市馬鞍山村はブドウ産業の発展に精力的に取り組んでいる。ブドウを集中栽培する広大な農園の開発や、地元のワイン会社への支援などを行ってきた。村内のブドウ栽培面積は3500ムー(約230ヘクタール)に達し、1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は千キログラム、純収入は4千元(1元=約16円)を超えた。(ウランホト=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020092303569

    砂漠に生まれた「乳牛の楽園」、酪農振興に貢献寧夏回族自治区  14日、搾乳前に噴霧器を使って洗浄される乳牛。中国寧夏回族自治区中衛市の沐沙牧場は、1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の整備を7年かけて実施した。高さ数十メートルの流動砂丘は牧草やトウモロコシの栽培地に姿を変え、荒れ地は乳牛1万7千頭を飼育する「乳牛の楽園」となった。牛乳の生産量は1日当たり220トンに達し、周辺住民1700人余りが近場での就業を実現。同牧場は砂漠の整備と有効利用による酪農産業振興のけん引役になっている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020092303481

    砂漠に生まれた「乳牛の楽園」、酪農振興に貢献寧夏回族自治区  14日、ターンテーブル式の自動搾乳機に入った乳牛。中国寧夏回族自治区中衛市の沐沙牧場は、1万ムー(約667ヘクタール)近い砂漠の整備を7年かけて実施した。高さ数十メートルの流動砂丘は牧草やトウモロコシの栽培地に姿を変え、荒れ地は乳牛1万7千頭を飼育する「乳牛の楽園」となった。牛乳の生産量は1日当たり220トンに達し、周辺住民1700人余りが近場での就業を実現。同牧場は砂漠の整備と有効利用による酪農産業振興のけん引役になっている。(中衛=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020091701395

    日出町の松本農園でナシ狩りが人気  「松本農園」では海水を使ってナシを栽培するため、ミネラルを多く含む=2020(令和2)年09月11日、日出町大神、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  48. 2020091507522

    エコツーリズムで村民の増収目指す天津市黄荘鎮  11日、天津市宝坻区黄荘鎮の小辛碼頭村を散策する観光客。「千年の渡し場」と呼ばれる中国天津市宝坻(ほうてい)区黄荘鎮の小辛碼頭村は近年、潮白河水系に隣接する立地上の優位性を生かし、イネ栽培と農村観光を融合。生態型のイネ栽培と観光用の農村民家(農家院)によるエコツーリズム(生態観光)の発展を推進することで、ますます多くの観光客を引きつけ、地元住民の増収を後押ししている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020091507559

    エコツーリズムで村民の増収目指す天津市黄荘鎮  11日、天津市宝坻区黄荘鎮の小辛碼頭村を散策する観光客。「千年の渡し場」と呼ばれる中国天津市宝坻(ほうてい)区黄荘鎮の小辛碼頭村は近年、潮白河水系に隣接する立地上の優位性を生かし、イネ栽培と農村観光を融合。生態型のイネ栽培と観光用の農村民家(農家院)によるエコツーリズム(生態観光)の発展を推進することで、ますます多くの観光客を引きつけ、地元住民の増収を後押ししている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020091507563

    エコツーリズムで村民の増収目指す天津市黄荘鎮  11日、天津市宝坻区黄荘鎮にある小辛碼頭村の一角で写真を撮る観光客。「千年の渡し場」と呼ばれる中国天津市宝坻(ほうてい)区黄荘鎮の小辛碼頭村は近年、潮白河水系に隣接する立地上の優位性を生かし、イネ栽培と農村観光を融合。生態型のイネ栽培と観光用の農村民家(農家院)によるエコツーリズム(生態観光)の発展を推進することで、ますます多くの観光客を引きつけ、地元住民の増収を後押ししている。(天津=新華社配信/孫凡越)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像