検索結果 4,049 件中 1 件 〜 50
  1. 2020081200798

    米ナスのおいしさ知って 下元さん  米ナスを持つイタリア料理店「トラットリア ノンナ」のシェフ下元俊宏さん=11日、高知市

  2. 2020073006285

    杭州市で輸出製品国内販売イベント、日本でもおなじみの塔牌紹興酒が人気  25日、杭州市で開催された輸出製品国内販売イベントで展示ブースに並べられた塔牌紹興酒。中国浙江省杭州市の湖浜歩行街(歩行者天国)でこのほど、輸出製品国内販売イベントが行われ、同省の銘酒、塔牌紹興酒の展示ブースが多くの観光客や市民を集めた。出展者の浙江省糧油食品進出口の袁承海(えん・しょうかい)董事長によると、塔牌紹興酒は新中国成立後最も早く輸出を始めたブランドの一つで、1950年代から海外市場に進出。日本や東南アジア、香港・マカオ地区、欧米など30以上の国・地域に輸出してきた。日本は紹興酒の主要な輸出先の一つで、消費者にも一定の認知度がある。主要な販売ルートは中国料理店だが、それに次ぐのが日本料理店で、伝統的な日本料理店ではよく、大瓶の日本酒がずらりと並ぶ酒棚の中に紹興酒を目にすることができる。袁氏によると、塔牌紹興酒は1972年に日本の酒類製造大手、宝酒造の取り扱いにより日本市場に進出、日本での年間販売量は現在150万リットルに達しているという。(杭州=新華社記者/張璇)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072400096

    コロナ禍、生演奏こだわり 演奏する柴田俊幸さん  高松市のモロッコ料理店で演奏する柴田俊幸さん=16日

  4. 2020080100490

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080100461

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。他省(区)からの観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080100644

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080100614

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080100480

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、トン族の「敬酒(酒を勧める)文化」を体験する観光客。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080100529

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、百家宴の準備をするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100493

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。広西チワン族自治区でこのほど、省をまたぐ団体ツアーが全面的に再開された。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100545

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族舞踊「多耶舞」を踊る観光客とトン族の人たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100467

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、民族衣装に身を包み、糸紡ぎのデモンストレーションをするトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080100680

    程陽風景区、トン族の多彩な文化で観光客迎える広西柳州  23日、三江トン族自治県にある程陽八寨風景区で、竹製の管楽器、芦笙(ろしょう)を演奏するトン族の女性たち。中国広西チワン族自治区は、新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた他省(自治区、直轄市)からの観光客の受け入れを再開した。観光客でにぎわう同自治区柳州市三江トン族自治県林渓鎮にある程陽八寨風景区では、地元の人々が「トン族の芦笙(ろしょう)舞」や糸紡ぎのデモンストレーション、机を並べて民族料理を食べる風習「百家宴」、「多耶舞」など民族的特色に富んだプログラムを実施。観光客と触れ合い、トン族郷の多彩な伝統文化を伝えている。同自治県は近年、さまざまなイベントを行い、トン族独特の歌や踊り、祝祭日、飲食などの特色ある文化を生かした貧困脱却と増収の取り組みを進めている。(南寧=新華社配信/龔普康)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072206933

    九州豪雨 調理する河口さん  豪雨被害を受けた熊本県球磨村で調理する鹿児島県西之表市の河口修さん(63)。被災地で郷土料理を振る舞おうとキッチンカーで駆けつけた=22日

  15. 2020072206931

    九州豪雨 郷土料理振る舞う河口さん  豪雨被害を受けた熊本県球磨村で、種子島の郷土料理を振る舞う鹿児島県西之表市の河口修さん(63)=中央。被災者やボランティアなど十数人が、ゲットウの葉で巻いたおにぎりやトビウオの干物をほおばった。西之表市内で居酒屋と民宿を経営する河口さんは赤いキッチンカーで被災地入りし「料理で被災者を元気づけようと思い、駆けつけた」と話した=22日午後

  16. 2020072205092

    一人しゃぶしゃぶが人気 しゃぶしゃぶ  カウンター席で食べる「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎」の料理=東京都港区

  17. 2020072100190

    かば焼きも「新様式」 間隔を空けた座敷席  新型コロナウイルス感染防止のため間隔を空け、客席を減らしたウナギ料理店「川豊」の座敷席=21日午前、千葉県成田市

  18. 2020072100191

    かば焼きも「新様式」 感染防止策のシート  新型コロナウイルス感染症対策で、飛沫(ひまつ)拡散防止のシートが取り付けられたウナギ料理店「川豊」のレジ前=21日午前、千葉県成田市

  19. 2020071700565

    土佐酒の米をご飯用に販売 「吟の夢」を使った料理  すしや米のフリットをのせたプリンなど「吟の夢」を使った和洋の料理

  20. 2020072702417

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072702513

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、揚州市の飲食店で電気調理器具を使い作られた料理。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(揚州=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072702529

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化キッチンを導入した揚州市の飲食店で調理する料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072702416

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化調理器具を使い点心を作る揚州市の料理人。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072702525

    「美食都市」揚州市で普及進むオール電化キッチン江蘇省  17日、オール電化調理器具で作られた点心料理を写真に収める市民。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の食文化創造都市に認定される中国江蘇省揚州市で17日、「オール電化キッチン王」コンテストが開催され、オンライン予選や会場での王者決定戦、飲食業電化サミットフォーラムなどが行われた。コンテストを主催した国家電網江蘇省電力によると、江蘇省は全国でも飲食業の電化が進んでおり、既に300カ所近くでオール電化キッチンが導入されている。今でも1日約10カ所のテンポで増え続けているという。(南京=新華社記者/何磊静)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020071600092

    高級ブドウ1房130万円 ブドウと坂本光隆さん  過去最高額の1房130万円で競り落とされた高級ブドウ「ルビーロマン」と百楽荘の総料理長坂本光隆さん=16日午前、金沢市

  26. 2020071600014

    地元食材で夏の創作おはぎ おはぎ「夜舟」  石川県産食材を使った夏のおはぎ「夜舟」 「北陸カレント」

  27. 2020071500023

    ウナギ食、じわり熱気 「うな吉」のうな重  マニラのウナギ専門店「うな吉」が提供するうな重=2日(共同)

  28. 2020072801035

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、「子火焼」を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙(こうき)、乾隆(けんりゅう)、嘉慶(かけい)などの清代の皇帝や慈禧太后(じきたいこう、西太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072800939

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場の作業台の上に並ぶ一品焼餅の餡(あん)の材料。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072800907

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、皮をむいたゴマを乾燥させる従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072800801

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅と子火焼を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072801016

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を包装する従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072801001

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅の品質をチェックする職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072801007

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、皮をむいたゴマを乾かす従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072801039

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、子火焼を焼く従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072800806

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、一品焼餅に餡を詰める従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072800949

    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」  15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020071304100

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020071304065

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020071303915

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、伝統菓子「糕干」の品質検査を行う第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020071304153

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020071303959

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、石臼で米を粉にする従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020071303912

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020071303905

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、石臼でひいた米の粉をチェックする第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020071304159

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020071303916

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で伝統菓子「糕干」を製造する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020071304046

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市の食品会社、万全堂楊村糕干で、米の品質を確認する従業員。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020071304219

    受け継がれる運河文化の味、天津の伝統菓子「楊村糕干」  9日、天津市武清区の食品会社、万全堂楊村糕干で、石臼でひいた米の粉をチェックする第15代継承者の姜学剛(きょう・がくごう)さん。中国の大運河の畔に位置する天津市武清区には「楊村糕干」という有名な伝統菓子がある。明代永楽年間に誕生したこの菓子は、良質の米と砂糖を原料とし、浸漬(しんせき)、圧縮、ふるい、発酵、成型、加熱など十余りの工程を経て作られ、口当たりはふわふわと柔らかい。清代には宮廷への献上品となり、皇帝からも称賛されたという。1915年、老舗菓子屋の楊村万全堂が製造した糕干がパナマ・太平洋万国博覧会に出品され、銅賞を受賞した。2007年には糕干の製作技法が、天津市の第1次無形文化遺産リストに登録された。楊村糕干の製作技法は今日まで15代にわたって継承されている。運河文化の継承とともに、伝統菓子もまた消費者の味蕾(みらい)を刺激し、伝統の味わいが受け継がれていく。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020070611501

    広西の自動車メーカー、今度はタニシビーフン発売で話題に  3日、中国の自動車メーカー、上汽通用五菱汽車が発売した限定版「タニシビーフン」。中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車は3日、五菱ブランド「螺蛳粉(タニシビーフン)」の限定版を発売したと発表した。タニシビーフンは柳州市の名物料理で、中国国内だけでなく海外でも人気が高い。今回発売された限定版は、高級感あふれるエメラルド色の化粧箱に入っており、同じデザインの箸とスプーンも同梱している。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020070611520

    広西の自動車メーカー、今度はタニシビーフン発売で話題に  3日、中国の自動車メーカー、上汽通用五菱汽車が発売した限定版「タニシビーフン」。中国広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く自動車メーカー、上汽通用五菱汽車は3日、五菱ブランド「螺蛳粉(タニシビーフン)」の限定版を発売したと発表した。タニシビーフンは柳州市の名物料理で、中国国内だけでなく海外でも人気が高い。今回発売された限定版は、高級感あふれるエメラルド色の化粧箱に入っており、同じデザインの箸とスプーンも同梱している。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像