検索結果 22,856 件中 1 件 〜 50
  1. 2020070500573

    熊本豪雨被害 人吉で被害を受けた神社  豪雨被害を受けた国宝「青井阿蘇神社」=5日午前11時24分、熊本県人吉市(共同通信社ヘリから)

  2. 2020070404934

    サグラダ・ファミリア再開 招待された医療従事者ら  4日、スペイン北東部バルセロナのサグラダ・ファミリア教会に招待された人々(ロイター=共同)

  3. 2020070404933

    サグラダ・ファミリア再開 教会訪れた人々  4日、スペイン北東部バルセロナのサグラダ・ファミリア教会を訪れた人々(ロイター=共同)

  4. 2020070303780

    東大寺が千手堂を公開 戒壇院千手堂の外観  東大寺の戒壇院千手堂=3日午後

  5. 2020070303725

    東大寺が千手堂を公開 戒壇院千手堂内部  報道公開された東大寺の戒壇院千手堂=3日午後

  6. 2020070303720

    東大寺が千手堂を公開 鑑真和上像  東大寺戒壇院千手堂の鑑真和上像=3日午後

  7. 2020070303698

    東大寺が千手堂を公開 千手観音像  東大寺戒壇院千手堂の千手観音像=3日午後

  8. 2020070300011

    コレラ流行時の印でお守り コレラ終息祈願の印  鳥海山大物忌神社で見つかった、140年前のコレラ流行の終息を願って作られた印=1日、山形県遊佐町

  9. 2020070117728

    不滅の法灯、返灯式 返灯される法灯  比叡山延暦寺の僧侶(左)に戻される全国行脚する予定だった灯籠=1日午後、大津市

  10. 2020070112560

    大谷派新門首が初のお勤め 26代門首の大谷暢裕氏  東本願寺で門首として初めての法要に臨む真宗大谷派の大谷暢裕氏=1日午前、京都市下京区

  11. 2020070112531

    大谷派新門首が初のお勤め 法要に臨む大谷暢裕氏  東本願寺で門首として初めての法要に臨む真宗大谷派の大谷暢裕氏(右)=1日午前、京都市下京区

  12. 2020063009796

    虎、鬼、コロナ退治の山笠 御神入れ  福岡市博多区の櫛田神社で行われた飾り山笠の「御神入れ」=30日午後

  13. 2020063009792

    虎、鬼、コロナ退治の山笠 山笠の神事  福岡市博多区の櫛田神社で行われた飾り山笠の「御神入れ」=30日午後

  14. 2020063009785

    虎、鬼、コロナ退治の山笠 山笠の御神入れ  福岡市博多区の櫛田神社で行われた飾り山笠の「御神入れ」=30日午後

  15. 2020062910052

    茅の輪くぐってコロナ除け 紙の人形を燃やす神職  少彦名神社で行われた「夏越の祓」で紙の人形を燃やす神職=29日午後、大阪市中央区

  16. 2020062909956

    茅の輪くぐってコロナ除け 茅の輪をくぐる神職  大阪市中央区の少彦名神社で行われた「夏越の祓」で、茅の輪をくぐる神職=29日午後

  17. 2020062909902

    茅の輪くぐってコロナ除け 茅の輪をくぐる女性  新型コロナウイルス終息の祈りも込められた少彦名神社の茅の輪をくぐる女性=29日午後、大阪市中央区

  18. 2020062909853

    茅の輪くぐってコロナ除け 茅の輪をくぐる参拝者  大阪市中央区の少彦名神社で行われた「夏越の祓」で、茅の輪をくぐる参拝者=29日午後

  19. 2020062908373

    旧大聖堂が再びモスクに? アヤソフィア内部  トルコ・イスタンブールの歴史遺産アヤソフィア内部。キリスト教の壁画とイスラム教の装飾が残る=9日(共同)

  20. 2020062508693

    「不眠都市」カイロに幕か 閉鎖されたモスク  エジプト・カイロで新型コロナウイルス感染拡大の中、閉鎖されたモスク(イスラム教礼拝所)=5月(ロイター=共同)

  21. 2020062508690

    「不眠都市」カイロに幕か カイロのモスク  エジプト・カイロで新型コロナウイルス感染拡大の中、閉鎖されたモスク(イスラム教礼拝所)=5月(ロイター=共同)

  22. 2020062408792

    御巣鷹で僧侶が登山道整備 登山道を整備する僧侶ら  「御巣鷹の尾根」の登山道を整備する僧侶ら=24日午前、群馬県上野村

  23. 2020062408791

    僧侶ら新たな登山道を整備 読経する僧侶  「御巣鷹の尾根」にある「昇魂之碑」の前で読経する僧侶=24日午後、群馬県上野村

  24. 2020062102040

    4カ月ぶり「共に祈る」 祈る信徒  新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていたカトリックの公開ミサが約4カ月ぶりに再開された。昨年、ローマ教皇フランシスコも訪れた東京カテドラル聖マリア大聖堂では、互いに約2㍍の距離を空けながら信徒たちが祈りをささげた。事前に手指消毒をしての聖体拝領や、聖歌を皆で歌うことをしないといった感染対策も。福祉関係の仕事をしているという女性は「教会に行くことができずつらい日々もあったが、改めて共に祈る喜びを得られた」と話した。訪れることができない信徒のためにインターネット上でのミサの動画配信を今後も継続して行うという=21日、東京都文京区

  25. 2020062102038

    4カ月ぶり「共に祈る」 祈る信徒  新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていたカトリックの公開ミサが約4カ月ぶりに再開された。昨年、ローマ教皇フランシスコも訪れた東京カテドラル聖マリア大聖堂では、互いに距離を保ちながら信徒たちが祈りをささげ、聖歌を皆で歌うことをしないといった感染対策もとられていた。福祉関係の仕事をしているという女性は「教会に行くことができずつらい日々もあったが、改めて共に祈る喜びを得られた」と話した。訪れることができない信徒のためにインターネット上でのミサの動画配信を今後も継続して行うという=21日、東京都文京区

  26. 2020062102037

    4カ月ぶり「共に祈る」 行われたミサ  新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていたカトリックの公開ミサが約4カ月ぶりに再開された。昨年、ローマ教皇フランシスコも訪れた東京カテドラル聖マリア大聖堂では、互いに距離を保ちながら信徒たちが祈りをささげ、聖歌を皆で歌うことをしないといった感染対策もとられていた。福祉関係の仕事をしているという女性は「教会に行くことができずつらい日々もあったが、改めて共に祈る喜びを得られた」と話した。訪れることができない信徒のためにインターネット上でのミサの動画配信を今後も継続して行うという=21日、東京都文京区

  27. 2020062102036

    4カ月ぶり「共に祈る」 東京カテドラルの公開ミサ  新型コロナウイルスの感染拡大で中止となっていたカトリックの公開ミサが約4カ月ぶりに再開された。昨年、ローマ教皇フランシスコも訪れた東京カテドラル聖マリア大聖堂では、互いに距離を保ちながら信徒たちが祈りをささげ、聖歌を皆で歌うことをしないといった感染対策もとられていた。福祉関係の仕事をしているという女性は「教会に行くことができずつらい日々もあったが、改めて共に祈る喜びを得られた」と話した。訪れることができない信徒のためにインターネット上でのミサの動画配信を今後も継続して行うという=21日、東京都文京区

  28. 2020062508057

    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省  21日、博物館に展示されている国家一級文物(文化財)2点。上は明の永楽帝(1402~1424年)、下は宣徳帝(1425~1435年)がチベット仏教カルマ・カギュ派の活仏「カルマパ」に送った詔書。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062508285

    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省  21日、博物館に展示されている国家一級文物(文化財)2点。上は明の永楽帝(1402~1424年)、下は宣徳帝(1425~1435年)がチベット仏教カルマ・カギュ派の活仏「カルマパ」に送った詔書。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062508058

    カンゼ・チベット族自治州博物館を訪ねて四川省  21日、博物館に展示されている国家二級文物(文化財)の銅塑鎏金弥勒仏像。中国四川省西部、青海チベット高原の南東端に位置する甘孜(カンゼ)チベット族自治州は、悠久の歴史と輝かしい文化を持つ、「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。カンゼ・チベット族自治州博物館は同自治州康定市にあり、敷地面積は1万8500平方メートルで、建築面積は1万2043平方メートル、宗教などに関する多数の文化財を収蔵している。(カンゼ=新華社記者/温競華)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062006114

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺のシカ  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時43分

  32. 2020062006110

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時52分

  33. 2020062006108

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時10分

  34. 2020062006107

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時30分

  35. 2020061906207

    母国には戻れない ロヒンギャのサイドさん  ミャンマー政府から迫害を受けてきたイスラム教徒少数民族ロヒンギャのサイド・モハメッドさん(1946年生まれ)。3年前、ロヒンギャの武装勢力と治安部隊が衝突、故郷の村は焼き尽くされた。日本に定住する息子を頼って脱出したが、多くの親族が犠牲になった。村民の大半は隣国バングラデシュに避難、いまだ帰れない。「家族のような村」で小学校の校長だった。皆を思うと涙がこぼれる。「多様性を認める世界をつくれないのか…」。在留資格はまだない=千葉県市川市 「写真ニュース」5枚組みの(1)

  36. 2020061906175

    「いのち」は歴史の営み 祈願に臨む僧侶  宮城県松島町の国宝・瑞巌寺で、新型コロナウイルスの終息祈願に向かう僧侶=8日 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  37. 2020061906169

    「いのち」は歴史の営み 再開モスクで祈る人々  再開されたモスクで祈る人々=5月、イラン・アビエク(ゲッティ=共同) 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  38. 2020061906165

    「いのち」は歴史の営み 教会で祈る人  米ニューヨークの教会で祈る人=5月(ゲッティ=共同) 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  39. 2020061804950

    寺院までの長い道のり 若い僧侶、ラオス  鮮やかなオレンジ色の袈裟(けさ)をまとい、メコン川のほとりを歩く若い僧侶たち。寺院までの長い道のりを毎朝徒歩で向かいます。「トゥクトゥク(三輪タクシー)に乗れば、すぐ着くのに…」なんて考えは煩悩の塊。彼らに笑われちゃいますね。信心深い仏教徒が多いラオスでは、お坊さんは国民みなに温かく見守られています。(撮影・泊宗之、共同) 「アジアの1枚」

  40. 2020062204758

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062204793

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062204804

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062204714

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062204755

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062204919

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062204800

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062204763

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062204865

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の南西にある貢唐宝塔。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061705765

    人口大国、覇権巡り対立  中国・インドの相関図 「大型サイド」

  50. 2020061705073

    広島が必勝祈願 必勝祈願する田中広ら  広島市の護国神社で必勝祈願する広島の田中広(右から2人目)ら=17日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像