検索結果 40,264 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012423300

    東レ創業の地に新研究拠点  東レの「未来創造研究センター」=24日、大津市

  2. 2020012423295

    東レ創業の地に新研究拠点  東レの「未来創造研究センター」内の交流スペース=24日、大津市

  3. 2020012300016

    「大型サイド」中国新型肺炎 タケネズミ感染源か  他のコロナウイルス感染症との比較

  4. 2020012300015

    「大型サイド」中国新型肺炎 タケネズミ感染源か  他のコロナウイルス感染症との比較

  5. 2020012225303

    リチウム電池の役割重要  講演する吉野彰・旭化成名誉フェロー=22日午後、福島県郡山市

  6. 2020012224750

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  7. 2020012224748

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  8. 2020012223397

    「ニュースなぜなに」「iPS細胞の研究」 長い時間とお金が必要  ノーベル賞のメダルを見せる京都大学の山中伸弥教授=2012年12月、ストックホルム(共同)

  9. 2020012223377

    「ニュースなぜなに」「iPS細胞の研究」 長い時間とお金が必要  ノーベル医学生理学賞に決まり、記者会見する京都大学の山中伸弥教授=2012年10月、京都市左京区

  10. 2020012322785

    「新華社」 南京大学、古生代の海洋生物多様性曲線を発表精度は従来の400倍  研究チームが生成した古生代の海洋生物多様性変遷曲線。(資料写真)中国江蘇省の南京大学はこのほど、同校と中国科学院からなる合同チームがスーパーコンピューター「天河2号」を用い、化石記録に基づく古生代海洋生物の多様性曲線を生成したと明らかにした。時間分解能は、同様の国際研究の精度に比べ400倍近く向上したという。関連する成果は同日、米学術誌「サイエンス」のオンライン版に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020012101459

    「12段用」 人工タンパク質で潰瘍治療  人工タンパク質を使う皮膚潰瘍治療のイメージ

  12. 2020012101452

    「12段用」 人工タンパク質で潰瘍治療  人工タンパク質を使う皮膚潰瘍治療のイメージ

  13. 2020012101454

    人工タンパク質で潰瘍治療  人工タンパク質を使う皮膚潰瘍治療のイメージ

  14. 2020012101449

    人工タンパク質で潰瘍治療  人工タンパク質を使う皮膚潰瘍治療のイメージ

  15. 2020012101447

    人工タンパク質で潰瘍治療  スポンジ状の人工タンパク質

  16. 2020012100939

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  17. 2020012100938

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  18. 2020012100870

    藤下光身  名古屋市南区の天文学者、東海大名誉教授、2019年11月18日撮影、名古屋市、2019年12月6日社会908S参照

  19. 2020012000683

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  20. 2020012000682

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  21. 2020011800819

    2㍍超、世界最大の花咲く  茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で開花した「ショクダイオオコンニャク」=18日夜

  22. 2020011701541

    「チバニアン」認定会見  地球史の一時代を「チバニアン(千葉時代)」と命名することが決まり、笑顔の日本の研究チーム。左から5人目は茨城大の岡田誠教授=17日午後、東京都立川市

  23. 2020011701535

    「大型サイド」チバニアン 命名決定に険しい道程  2018年11月、「チバニアン」が2次審査を通過したことについて記者会見する岡田誠茨城大教授(右)=文科省

  24. 2020011701300

    地球史に「チバニアン」  地球史の一時代を「チバニアン(千葉時代)」と命名することが決まり、笑顔の日本の研究チーム。左から5人目は茨城大の岡田誠教授=17日午後、東京都立川市

  25. 2020011701111

    地球史に「チバニアン」  「チバニアン」との命名が決まり、記者会見する岡田誠・茨城大教授=17日午後、東京都立川市

  26. 2020011700913

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  27. 2020011700912

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  28. 2020011700498

    砂原庸介 神戸大学大学院教授、2019年2月25日撮影、神戸

  29. 2020011700491

    温室ガス研究所長に吉野氏  旭化成名誉フェローの吉野彰氏

  30. 2020012001125

    「新華社」 上海で「鯨奇世界」展開催  17日、マッコウクジラの心臓のプラスティネーション標本を撮影する来場者。中国の上海科技館で17日、「鯨奇世界」展が開幕した。同展は「大魚伝説」「生存の知恵」「生態保護」の三つの部分から成り、それぞれ文化、生物学、生態学の視点で現在に至るまでの人類とクジラの関係を紹介。また、クジラの進化の過程を探究し、生態保護に着目して海洋や湖沼の保護を提唱している。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020011606608

    秋篠宮ご夫妻が兵庫入り  防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターの実験施設を見学される秋篠宮ご夫妻=16日午後、兵庫県三木市(代表撮影)

  32. 2020011606606

    秋篠宮ご夫妻が兵庫入り  防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターの実験施設を見学される秋篠宮ご夫妻=16日午後、兵庫県三木市(代表撮影)

  33. 2020011606600

    秋篠宮ご夫妻が兵庫入り  防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを視察される秋篠宮ご夫妻=16日午後、兵庫県三木市(代表撮影)

  34. 2020011606599

    秋篠宮ご夫妻が兵庫入り  防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターに到着された秋篠宮ご夫妻=16日午後、兵庫県三木市(代表撮影)

  35. 2020011605368

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  36. 2020011605367

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  37. 2020011603370

    創薬分野で連携協定締結  創薬分野で連携協定を結び、握手する神戸医療産業都市推進機構の村上雅義専務理事(中央左)と長崎大の河野茂学長(同右)ら=16日午前、神戸市

  38. 2020011601696

    「南の大地から」 50代、同級生2人で越冬  第61次南極観測隊の佐藤丞さん(右)と小原徳昭さん=2019年12月、南極観測船「しらせ」船上(共同)

  39. 2020011603468

    「新華社」 中国、領土と領海をカバーするELF高出力電磁波送信所を建設  極超長波高出力電磁波送信所の調整設備。(資料写真)中国でこのほど、世界初の民間用極超長波(ELF)高出力電磁波送信所が完成した。探査半径が数千キロ、探査深度が10キロに達し、中国の領土と領海をカバーできる高SN比(信号対雑音比)極超長波電磁波信号源を構築した。(武漢=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020011502820

    吉野さんに京都府栄誉賞  京都府特別栄誉賞を受賞し、取材に応じる吉野彰さん=15日午後、京都市

  41. 2020011503622

    岩下直行 京都大公共政策大学院教授、2019年2月29日撮影、東京都内

  42. 2020011502147

    環境技術革新に5重点領域  技術革新を目指す5重点領域

  43. 2020011502143

    環境技術革新に5重点領域  技術革新を目指す5重点領域

  44. 2020011501929

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  45. 2020011501926

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  46. 2020011401719

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  47. 2020011401720

    「震災原発」 各地で観測された放射線量  各地で観測された放射線量

  48. 2020012320995

    「新華社」 中国の研究チーム、神経膠腫治療に新たな道筋示す  今回の研究の概略図。遺伝子ZDHHC17と分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼキナーゼ4(MAP2K4)の複合体は、C-JunN末端キナーゼ(JNKs)とp38のシグナル伝達を活性化させ、神経膠腫の悪性化を招く。ゲニステイン薬剤はこの複合体の結合を防ぎ、腫瘍の成長を阻害する。(資料写真)中国科学院合肥腫瘤医院医学病理部の方志友(ほう・しゆう)研究員と陳学冉(ちん・がくぜん)副研究員のチームがこのほど、スクリーニングにより、悪性神経膠腫(グリオーマ)治療の鍵となる低分子薬剤を発見した。研究成果は学術誌「Theranostics」に巻頭記事として掲載された。(合肥=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012321040

    「新華社」 中国の研究チーム、神経膠腫治療に新たな道筋示す  今回の研究の概略図。遺伝子ZDHHC17と分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼキナーゼ4(MAP2K4)の複合体は、C-JunN末端キナーゼ(JNKs)とp38のシグナル伝達を活性化させ、神経膠腫の悪性化を招く。ゲニステイン薬剤はこの複合体の結合を防ぎ、腫瘍の成長を阻害する。(資料写真)中国科学院合肥腫瘤医院医学病理部の方志友(ほう・しゆう)研究員と陳学冉(ちん・がくぜん)副研究員のチームがこのほど、スクリーニングにより、悪性神経膠腫(グリオーマ)治療の鍵となる低分子薬剤を発見した。研究成果は学術誌「Theranostics」に巻頭記事として掲載された。(合肥=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020011300207

    「量子暗号」でゲノム伝送  量子暗号通信のイメージと実証実験

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像