検索結果 20,830 件中 1 件 〜 50
  1. 2020040105268

    北朝鮮、感染者なしと強調  インタビューに答える朴名帥・国家衛生検閲院院長=1日、平壌(共同)

  2. 2020040300600

    「新華社」 中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功内モンゴル自治区  アルシャー盟でラクダの採精と品質評価、胚の採取と移植などの技術について解説するイラン・テヘラン大学のアミール教授。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(アルシャー=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020032900241

    人工呼吸器「増産へ調整」  国立国際医療研究センターを視察し、関係者と意見交換する西村経済再生相(左から2人目)=29日午後、東京都新宿区

  4. 2020032900234

    人工呼吸器「増産へ調整」  国立国際医療研究センターを視察後、取材に応じる西村経済再生相=29日午後、東京都新宿区

  5. 2020032900089

    危機回避へ対話探る努力を  インタビューに応じる台湾政治大・東亜研究所の王信賢所長(共同)

  6. 2020032800742

    コロナ対策にも貢献できる  共同通信のインタビューに応じる京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授

  7. 2020032800741

    コロナ対策にも貢献できる  共同通信のインタビューに応じる京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授

  8. 2020032702078

    緊急連載企画「飛鳥美人の伝言」4回続きの(2) 貴重な経験、未来に生かせ  インタビューに応じる猪熊兼勝京都橘大名誉教授

  9. 2020032702073

    緊急連載企画「飛鳥美人の伝言」4回続きの(2) 貴重な経験、未来に生かせ  インタビューに応じる猪熊兼勝京都橘大名誉教授

  10. 2020032701960

    放射性物質分布を可視化  モニタリング車内にある放射線の発生源を特定する小型コンプトンカメラを備えた装置=27日、福島市

  11. 2020032701958

    放射性物質分布を可視化  日本原子力研究開発機構が公開した、放射性物質の分布を3次元で可視化するモニタリング車=27日、福島市

  12. 2020032610042

    緊急連載企画「飛鳥美人の伝言」4回続きの(1) 「技術と経緯の継承を」  関西大考古学研究室が所蔵する森岡秀人さんの発掘日誌の写し

  13. 2020032610035

    緊急連載企画「飛鳥美人の伝言」4回続きの(1) 「技術と経緯の継承を」  高松塚古墳について語る森岡秀人さん

  14. 2020032610032

    緊急連載企画「飛鳥美人の伝言」4回続きの(1) 「技術と経緯の継承を」  高松塚古墳について語る森岡秀人さん

  15. 2020032609395

    震災復興の知見共有で協定  締結式で協定書を持つ東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長(右)と、新潟大災害・復興科学研究所の河島克久所長ら=26日午後、仙台市

  16. 2020040104185

    「新華社」 悠久の歴史持つ竜窯、再び輝きを放つ蘇州市永聯村  26日、永聯村の伝統的な竜窯の窯体。中国江蘇省蘇州市の永聯(えいれん)村でこのほど、今年最初の窯出しが行われ、伝統的な手法で焼成された陶磁器作品が披露された。竜窯(りゅうよう)は長窯とも呼ばれ、江南地域で古くから陶磁器を焼成するために使われてきた伝統的な窯で、最も古いものは商(殷)代にさかのぼる。一定の角度の斜面を利用して作られ、斜面に伏した竜のように見えることから竜窯と呼ばれる。時代の流れの中で多くの竜窯が姿を消し、今では非常に珍しい存在となっている。近年、永聯村では産業のイノベーションと発展を推進するため、竜窯文化を復興し、まきを燃料として焼成する技術を向上させることにより、歴史ある窯をよみがえらせている。(蘇州=新華社配信/黄正勝)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2020040104283

    「新華社」 悠久の歴史持つ竜窯、再び輝きを放つ蘇州市永聯村  26日、伝統的な手法で焼成された陶磁器を見せるスタッフ。中国江蘇省蘇州市の永聯(えいれん)村でこのほど、今年最初の窯出しが行われ、伝統的な手法で焼成された陶磁器作品が披露された。竜窯(りゅうよう)は長窯とも呼ばれ、江南地域で古くから陶磁器を焼成するために使われてきた伝統的な窯で、最も古いものは商(殷)代にさかのぼる。一定の角度の斜面を利用して作られ、斜面に伏した竜のように見えることから竜窯と呼ばれる。時代の流れの中で多くの竜窯が姿を消し、今では非常に珍しい存在となっている。近年、永聯村では産業のイノベーションと発展を推進するため、竜窯文化を復興し、まきを燃料として焼成する技術を向上させることにより、歴史ある窯をよみがえらせている。(蘇州=新華社配信/黄正勝)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2020032500031

    高温ガス研究炉の合格議論  高温ガス炉「高温工学試験研究炉」=2018年4月、茨城県大洗町

  19. 2020033105108

    「山陽新聞」 月桃に抗ウイルス効果 ヒトへの応用期待  岡山県生物科学研究所と東京大の研究グループが植物ウイルス病を防ぐ成分を突き止めた「月桃」=同研究所。岡山県生物科学研究所(同県吉備中央町吉川)と東京大の研究グループは、沖縄県や鹿児島県に自生する植物「月桃」に、トマトやナスなどの成長を阻害する植物ウイルス病を防ぐ成分があることを突き止めた。A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えることも確認しており、ヒトへの応用が期待される。研究グループは今後、この抗ウイルス成分を使った農薬の実用化を急ぐほか、鳥インフルエンザウイルスや豚コレラウイルスへの応用も研究を進める。グループの鳴坂義弘専門研究員(植物病理学)は「自然由来で人間が体に取り入れても害がないメリットもある。幅広いウイルスへの利用が見込め、新型コロナウイルスへも効果を発揮する可能性がある」としている。=2020(令和2)年3月25日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  20. 2020040104212

    「新華社」 悠久の歴史持つ竜窯、再び輝きを放つ蘇州市永聯村  25日、焼成された陶磁器を並べる職人。中国江蘇省蘇州市の永聯(えいれん)村でこのほど、今年最初の窯出しが行われ、伝統的な手法で焼成された陶磁器作品が披露された。竜窯(りゅうよう)は長窯とも呼ばれ、江南地域で古くから陶磁器を焼成するために使われてきた伝統的な窯で、最も古いものは商(殷)代にさかのぼる。一定の角度の斜面を利用して作られ、斜面に伏した竜のように見えることから竜窯と呼ばれる。時代の流れの中で多くの竜窯が姿を消し、今では非常に珍しい存在となっている。近年、永聯村では産業のイノベーションと発展を推進するため、竜窯文化を復興し、まきを燃料として焼成する技術を向上させることにより、歴史ある窯をよみがえらせている。(蘇州=新華社配信/黄正勝)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020040104188

    「新華社」 悠久の歴史持つ竜窯、再び輝きを放つ蘇州市永聯村  25日、窯出しを行う職人。中国江蘇省蘇州市の永聯(えいれん)村でこのほど、今年最初の窯出しが行われ、伝統的な手法で焼成された陶磁器作品が披露された。竜窯(りゅうよう)は長窯とも呼ばれ、江南地域で古くから陶磁器を焼成するために使われてきた伝統的な窯で、最も古いものは商(殷)代にさかのぼる。一定の角度の斜面を利用して作られ、斜面に伏した竜のように見えることから竜窯と呼ばれる。時代の流れの中で多くの竜窯が姿を消し、今では非常に珍しい存在となっている。近年、永聯村では産業のイノベーションと発展を推進するため、竜窯文化を復興し、まきを燃料として焼成する技術を向上させることにより、歴史ある窯をよみがえらせている。(蘇州=新華社配信/黄正勝)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020040104264

    「新華社」 悠久の歴史持つ竜窯、再び輝きを放つ蘇州市永聯村  25日、窯出しを行う職人。中国江蘇省蘇州市の永聯(えいれん)村でこのほど、今年最初の窯出しが行われ、伝統的な手法で焼成された陶磁器作品が披露された。竜窯(りゅうよう)は長窯とも呼ばれ、江南地域で古くから陶磁器を焼成するために使われてきた伝統的な窯で、最も古いものは商(殷)代にさかのぼる。一定の角度の斜面を利用して作られ、斜面に伏した竜のように見えることから竜窯と呼ばれる。時代の流れの中で多くの竜窯が姿を消し、今では非常に珍しい存在となっている。近年、永聯村では産業のイノベーションと発展を推進するため、竜窯文化を復興し、まきを燃料として焼成する技術を向上させることにより、歴史ある窯をよみがえらせている。(蘇州=新華社配信/黄正勝)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020032413708

    教育・科学技術企画「日本の知、どこへ」(11)「研究とは何か」 40年を経て花開いた着想  「新しいものを見るには新しい技術が必要。欧米では独創的な実験技術を持つことがすごく尊敬される」と開発中の装置を前に語る河裾厚男=群馬県高崎市の高崎量子応用研究所

  24. 2020032413701

    教育・科学技術企画「日本の知、どこへ」(11)「研究とは何か」 40年を経て花開いた着想  超電導になるグラフェン化合物の構造を解明した高山あかり(右)と遠藤由大。左は研究に使った実験装置=茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構

  25. 2020032413694

    教育・科学技術企画「日本の知、どこへ」(11)「研究とは何か」 40年を経て花開いた着想  「専門を変えた後、2~3年は論文を出せなかったが、それを許容する環境があった」と語る名古屋大名誉教授、一宮彪彦

  26. 2020040300597

    「新華社」 中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功内モンゴル自治区  胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(アルシャー=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020040300511

    「新華社」 中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功内モンゴル自治区  胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(アルシャー=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020040300562

    「新華社」 中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功内モンゴル自治区  乳を飲む胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(アルシャー=新華社配信)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020032322168

    ノーベル賞吉野氏を表彰  山東昭子参院議長(左)の出迎えを受ける吉野彰氏=23日午後、国会

  30. 2020032022027

    「南の大地から」 南極観測隊が帰国  家族の出迎えに笑顔を見せる第60次南極観測隊越冬隊員の井上創介さん(左)=20日午後、成田空港

  31. 2020031922667

    インタビュー連載企画「相模原殺傷事件 判決を機に」5回続きの(2) 医療で支援できたのか疑問  インタビューに答える国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長

  32. 2020031922666

    インタビュー連載企画「相模原殺傷事件 判決を機に」5回続きの(2) 医療で支援できたのか疑問  インタビューに答える国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長

  33. 2020031922665

    インタビュー連載企画「相模原殺傷事件 判決を機に」5回続きの(2) 医療で支援できたのか疑問  インタビューに答える国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦・薬物依存研究部長

  34. 2020031921507

    子ども企画「お天気記者のなるほど南極」15回続きの(1) 君も南極に行くチャンス!  南極観測船しらせで、深夜オーロラを見る観測隊員ら=2月29日、南極海(共同)

  35. 2020031921474

    子ども企画「お天気記者のなるほど南極」15回続きの(1) 君も南極に行くチャンス!  南極観測隊のヘリコプターから撮影した昭和基地=1月(共同)

  36. 2020031916622

    企画「東京五輪を考える」⑥被災地と聖火リレー(オピニオン欄用) 日本を覆う非対称な構図  福島大特任准教授の前川直哉氏      

  37. 2020031802720

    甲乙「科学する人」「惑星地質学者の佐伯和人さん」4回続きの(1) 〝月の歴史〟解明目指す  月の地図が描かれた「月球儀」を抱える大阪大の佐伯和人准教授

  38. 2020032700393

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  39. 2020032700389

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  40. 2020032700404

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  41. 2020032700405

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する山梨裕二 東京大学医科学研究所所長。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  42. 2020032700403

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見にマスク着用で出席した井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  43. 2020032700396

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  44. 2020032700394

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  45. 2020032302665

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルスの治療薬候補を特定したと会見する井上東大医科学研究所教授  東京大学医科学研究所の井上純一郎教授らは18日会見を開き、新型コロナウイルスの治療薬候補として現在急性膵炎(すいえん)の治療に使われる「ナファモスタット」を特定したと発表した。ナファモスタットは国内で30年以上使われている薬剤で、早期の臨床治験実施が期待できる。臨床研究は国立国際医療研究センターなどと連携し、4月初旬までに開始する見込み。新型コロナがヒトに感染する際、ウイルス表面のたんぱく質とヒトの細胞表面のたんぱく質が結合してウイルス外膜とヒト細胞の膜が融合する。これにより新型コロナの遺伝情報であるリボ核酸(RNA)がヒト細胞の中に入り、ウイルスが増殖する。ナファモスタットはウイルス外膜とヒトの細胞膜の融合を阻害し、ウイルスの侵入を阻止していた。すでに抗エイズウイルス薬「カレトラ(ロピナビルとリトナビルの配合剤)」などが新型コロナに治療効果があるとされている。カレトラの場合、細胞内でウイルスが増殖するのに必要なたんぱく質を阻害する働きのある薬剤だ。井上教授は「感染にはさまざまな段階がある。作用点が異なる薬剤を組み合わせて使うことで、より高い治療効果も期待できる」と話した。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東大・安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  46. 2020032700397

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は説明のためマスクを外す井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  47. 2020032700395

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  写真は会見する井上純一郎 東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  48. 2020032700407

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)宮園浩平東京大学理事・副学長(研究担当)、五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  49. 2020032700406

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  会見の様子。(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  50. 2020032700400

    「日刊工業新聞」 新型コロナウイルス感染症の感染阻止が期待される国内既存薬剤の同定について会見  マスク着用で会見場に現れた(右から)五神真東京大学総長、山梨裕二東京大学医科学研究所所長、井上純一郎東京大学医科学研究所教授。=2020(令和2)年3月18日、東京都文京区の東京大学安田講堂、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像