検索結果 37,247 件中 1 件 〜 50
  1. 2020081000475

    東京六大学異例の8月開幕 観客席の消毒作業  東京六大学野球春季リーグ初日の日程終了後に行われた、観客席の消毒作業=10日、神宮球場

  2. 2020081000472

    東京六大学異例の8月開幕 検温を受ける観客  東京六大学野球春季リーグが開幕し、入場の際に検温を受ける観客(中央2人)=10日、神宮球場

  3. 2020081000471

    東京六大学異例の8月開幕 開幕した春季リーグ  開幕した東京六大学野球春季リーグ。スタンドには観客が入り、開幕カードの東大―慶大戦を見守った=10日、神宮球場

  4. 2020081000470

    東京六大学異例の8月開幕 マスク着用する慶大選手ら  東京六大学野球春季リーグの開幕カードとなった東大―慶大戦で、マスクを着用しベンチに控える慶大の選手ら=10日、神宮球場

  5. 2020081000422

    東京六大学野球 本塁打放つ蛭間  明大―早大 8回、本塁打を放つ早大・蛭間=神宮

  6. 2020081000418

    東京六大学野球 3ラン放つ早大・蛭間  明大―早大 6回、3ランを放つ早大・蛭間=神宮

  7. 2020081000417

    東京六大学野球 早大の先発、早川  明大―早大 先発した早大・早川=神宮

  8. 2020081000413

    東京六大学野球 タッチを交わす早大・蛭間  明大―早大 6回、3ランを放ち生還、タッチを交わす早大・蛭間(29)=神宮

  9. 2020081000411

    東京六大学野球 サヨナラ打放つ慶大・下山  東大―慶大 9回、サヨナラ打を放つ慶大・下山=神宮

  10. 2020081000050

    甲子園交流試合が開幕 並ぶ報道関係者  2020年甲子園高校野球交流試合のため受付に並ぶ報道関係者。取材者の事前登録が求められた=10日午前、甲子園球場 「高野交流試合開会式」

  11. 2020081000049

    甲子園交流試合が開幕 受付に並ぶ報道関係者  2020年甲子園高校野球交流試合のため受付に並ぶ報道関係者。取材者の事前登録が求められた=10日午前、甲子園球場 「高野交流試合開会式」

  12. 2020080706593

    東京六大学野球10日開幕 慶大の堀井監督  東京六大学野球春季リーグに向けてオンラインで記者会見する慶大の堀井哲也新監督=7日

  13. 2020080706592

    東京六大学野球10日開幕 早大の早川主将  東京六大学野球春季リーグに向けてオンラインで記者会見する早大の早川隆久主将=7日

  14. 2020080706591

    東京六大学野球10日開幕 東大の井手監督  東京六大学野球春季リーグに向けてオンラインで記者会見する東大の井手峻新監督=7日

  15. 2020080704899

    宮井勝成さんが死去 王さんと談笑する宮井さん  2003年1月、早実野球部OB総会で王貞治さん(左)と談笑する宮井勝成さん=東京都内

  16. 2020080303443

    感染予防でリーグ戦導入へ 岡本嘉一さん  春日学園少年野球クラブの岡本嘉一代表 「ベースボールwithコロナ」

  17. 2020080603280

    2020県高校野球交流試合 最終日/白球の詩(うた)2020/国学栃木・小野瀬大河・大地兄弟/ともに歩んだ12年 財産に  同じユニホームを着て戦う最後の公式戦でバッテリーを組んだ国学院栃木の小野瀬大河(左)大地兄弟[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月4日]=2020(令和2)年8月3日、栃木県営球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  18. 2020080603265

    「全員野球」力を出し切り涙 作新〝無敗の夏〞つなぐ/県高校野球交流試合最終日  8強入りを決めた試合後、小針監督のねぎらいの言葉を胸に球場を後にする作新学院ナイン[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月4日]=2020(令和2)年8月3日午後、栃木県宇都宮市の清原球場球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  19. 2020080603266

    県高校野球交流試合振り返る 野球ができる喜び。駆け抜けた球児の夏  長引く梅雨も試合に影響した。雨が上がるのを待つ連合チームの選手たち[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月4日]=2020(令和2)年7月23日、とちぎ木の花スタジアム、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  20. 2020080603279

    県高校野球交流試合振り返る 野球ができる喜び。駆け抜けた球児の夏  校歌に合わせて校名の入ったタオルを振り応援する宇都宮商の保護者ら、宇都宮商-黒磯戦[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月4日]=2020(令和2)年8月3日、栃木県宇都宮市の清原球場球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  21. 2020080603273

    県高校野球交流試合振り返る 野球ができる喜び。駆け抜けた球児の夏  新型コロナ対策から例年は室内で行う試合後の取材も屋外で行われた[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月4日]=2020(令和2)年7月18日、栃木県宇都宮市の清原球場球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  22. 2020072806540

    関西学生野球は初の中止 京大の選手たち  2019年10月の関西学生野球秋季リーグで、同大にサヨナラ勝ちし喜ぶ京大の選手たち=ほっともっと神戸

  23. 2020080404183

    2020県高校野球交流試合 第5日/矢板中央 投打に本領/栃木打線 痛恨の無安打  6回を無安打無失点に抑えた矢板中央の奥山[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月27日]=2020(令和2)年7月26日、栃木県営球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  24. 2020080404175

    2020県高校野球交流試合 第5日/青藍泰斗 アーチ攻勢/小山、あと一歩及ばず  2回、青藍泰斗の佐々木がバックスクリーンへ同点のソロ本塁打を放つ[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月27日]=2020(令和2)年7月26日、とちぎ木の花、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  25. 2020080404178

    2020県高校野球交流試合 第4日/作新、好機そつなく/足利南、エースが奮闘  6回2失点と粘投した足利南の先発・立原宙[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月25日]=2020(令和2)年7月24日、とちぎ木の花、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  26. 2020080404194

    2020県高校野球交流試合 第3日/真工 投打に隙なし/宇東打線は散発3安打  投打に活躍した真岡工のエース豊田[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月24日]=2020(令和2)年7月23日、栃木県営球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  27. 2020080404185

    2020県高校野球交流試合 第3日/白球の詩(うた)2020/宇商・中山竣太一塁手/〝父の力〞感じた三塁打  亡き父との思い出を胸にプレーする宇都宮商の中山[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月24日]=2020(令和2)年7月23日、栃木県の宇都宮清原球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  28. 2020072206918

    ノースアジア大明桜が優勝 ポーズを取る明桜の選手  独自に開催する代替大会で優勝し、ポーズを取るノースアジア大明桜の選手=22日、秋田県立野球場

  29. 2020072206914

    ノースアジア大明桜が優勝 優勝を喜ぶ明桜ナイン  独自に開催する代替大会で優勝し、マウンド周辺に集まって喜ぶノースアジア大明桜ナイン=22日、秋田県立野球場

  30. 2020072100039

    未曽有の苦難越え、初勝利 八代清流の平松主将  本塁に生還しチームメートと喜ぶ、八代清流の平松歩大主将(中央)=18日、熊本県八代市の県営八代野球場 「夕刊スポーツランド」

  31. 2020072000020

    熱中症、例年以上に対策を 高校野球独自大会  6月、福岡で全国初の高校野球独自大会が開催され、筑後地区交流大会でプレーする選手=福岡県久留米市 「スクランブル」

  32. 2020072905977

    2020県高校野球交流試合 第2日/佐野日大 投手戦制す/鹿沼 遠かったホーム  始球式をする鹿沼の木村百伽[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月20日]=撮影年月日不明、栃木県の宇都宮清原球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  33. 2020072808947

    閑散としたマスカットスタジアム マスカットスタジアム=岡山県倉敷市  無観客試合のため、閑散としたマスカットスタジアム。選手の掛け声や乾いた金属音が響く。例年とは違う光景が広がる。倉敷市のマスカットスタジアムなどで18日に開幕した夏季岡山県高校野球大会。さまざまな新型コロナウイルス感染対策を講じ、球児たちの熱戦は8月まで続く。=2020(令和2)年7月19日、マスカットスタジアム=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  34. 2020072905970

    2020県高校野球交流試合 第2日/白球の詩(うた)2020/白鴎足利・高瀬翔太主将/受け継いだノート 支えに  昨年、初戦敗退した先輩から贈られたノートを心の支えにチームを引っ張ってきた白鴎大足利の高瀬主将(中央奥)[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月20日]=2020(令和2)年7月19日、栃木県営球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  35. 2020071800576

    高校野球の東京大会開幕 神宮球場の試合  各高野連が独自に開催する高校野球の東京大会が開幕。スタンドは一般客を入れず、3年生部員の家族と控え部員のみが観戦した=18日、東京・神宮球場

  36. 2020071800566

    高校野球の東京大会開幕 マスク姿の選手たち  マスクを着けて試合を見守る岩倉の選手たち=18日、東京・神宮球場

  37. 2020072808930

    口をグラブで覆い、飛沫感染防止 マスカットスタジアム=岡山県倉敷市  マウンドで話し合う際は口をグラブで覆い、飛沫感染防止に努める。例年とは違う光景が広がる。倉敷市のマスカットスタジアムなどで18日に開幕した夏季岡山県高校野球大会。さまざまな新型コロナウイルス感染対策を講じ、球児たちの熱戦は8月まで続く。=2020(令和2)年7月18日、マスカットスタジアム=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  38. 2020072808943

    得点時には「肘タッチ」で走者を迎える マスカットスタジアム=岡山県倉敷市  得点時にはハイタッチではなく「肘タッチ」で走者を迎える。例年とは違う光景が広がる。倉敷市のマスカットスタジアムなどで18日に開幕した夏季岡山県高校野球大会。さまざまな新型コロナウイルス感染対策を講じ、球児たちの熱戦は8月まで続く。=2020(令和2)年7月18日、マスカットスタジアム=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  39. 2020072905965

    県高校交流試合開幕/感染対策も「全員野球」 検温、消毒など徹底/「感謝」胸に全力プレー  試合に臨むチーム全員を対象に行われた検温[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月19日]=2020(令和2)年7月18日午前、栃木県の宇都宮清原球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  40. 2020072808932

    スタンドの保護者は手拍子で応援する マスカットスタジアム=岡山県倉敷市  スタンドの保護者は互いの距離を確保し、手拍子で応援する。例年とは違う光景が広がる。倉敷市のマスカットスタジアムなどで18日に開幕した夏季岡山県高校野球大会。さまざまな新型コロナウイルス感染対策を講じ、球児たちの熱戦は8月まで続く。=2020(令和2)年7月18日、マスカットスタジアム=岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  41. 2020072905972

    2020県高校野球交流試合 第1日/青藍泰斗、勝利呼ぶ連打/栃木翔南 遠かった追加点  3回、青藍泰斗の渡辺が適時二塁打を放つ[下野新聞掲載日:2020(令和2)年7月19日]=2020(令和2)年7月18日、栃木県営球場、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  42. 2020071700798

    稲葉監督「全力疾走」 稲葉監督と井原事務局長  NPBの井原敦事務局長(左)と写真撮影に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督=17日、札幌市(代表撮影)

  43. 2020071700785

    稲葉監督「全力疾走」 稲葉監督が取材対応  オンラインで取材に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督=17日、札幌市(代表撮影)

  44. 2020071700510

    稲葉監督「全力疾走」 稲葉監督のオンライン会見  オンラインで取材に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督。左はNPBの井原敦事務局長=17日、札幌市(代表撮影)

  45. 2020071700509

    稲葉監督「全力疾走」 稲葉監督が取材対応  オンラインで取材に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督=17日、札幌市(代表撮影)

  46. 2020071700508

    稲葉監督「全力疾走」 取材に応じる稲葉監督  オンラインで取材に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督=17日、札幌市(代表撮影)

  47. 2020071700507

    稲葉監督「全力疾走」 取材対応の稲葉監督  オンラインで取材に応じる野球日本代表の稲葉篤紀監督=17日、札幌市(代表撮影)

  48. 2020071700339

    中高生へ「部活支えに」 ボール手に話す佐藤仁町長  野球ボールを手に、インタビューに答える宮城県南三陸町の佐藤仁町長。部活動大会の中止が相次ぐ中、全国の中高生にエールを送った 「震災10年目・コロナ苦境に挑む」

  49. 2020070904815

    工事中断、競技場包む静寂 福島県営あづま球場  野球とソフトボールが行われる福島県営あづま球場。グラウンドは天然芝から人工芝に張り替えられ、外野席の改良やバリアフリー化などの改修が行われた=9日、福島市(小型無人機から) 「東京五輪開幕まで1年」「写真ニュース」9枚組の(8)

  50. 2020071500963

    関西学生野球、開催を決定 村山嘉男理事長  春季リーグ戦の開催が決定し、発表する関西学生野球連盟の村山嘉男理事長=15日、大阪市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像