検索結果 3,510 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021201242

    五輪施設 空撮 資料  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  2. 2020021201240

    五輪施設 資料  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  3. 2020021201239

    五輪施設 資料  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  4. 2020021201238

    五輪施設 資料  東京都渋谷区の国立代々木競技場

  5. 2020010700418

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010700413

    「新華社」 平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020012215768

    「新華社」 出稼ぎ労働者の一大出身地、高速鉄道時代の新たな「春運」迎える安徽省  高速鉄道阜陽西駅。(2019年12月撮影、小型無人機から)中国安徽省阜陽(ふよう)市は、中国に五つある1千万人以上の人口を抱える地級市のうちの一つ。現在の人口1070万8千人のうち毎年約350万人の労働者が他の地域で働いており、中国に四つある出稼ぎ労働者を多数送り出す地域の一つとなっている。また、同省から長江デルタ地域や珠江デルタ地域など、より経済的に発達している地域へ向けて労働力を輸出する主要な地域でもある。北京市と中国香港特別行政区を結ぶ京港高速鉄道の商丘~合肥区間と鄭州~阜陽区間が、2019年12月1日に正式に開通した。これにより、多くの労働者を送り出す同省が管轄する16市全てが高速鉄道につながった。2020年の安徽省「春運」テレビ電話会議で発表されたデータによると、今年の旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制「春運」期間の省内の鉄道旅客輸送量は、前年同期比7%増の延べ1580万人となる見込み。(合肥=新華社配信/郭海洋)=2019(令和元)年12月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020011603398

    「新華社」 出稼ぎ労働者の一大出身地、高速鉄道時代の新たな「春運」迎える安徽省  高速鉄道阜陽西駅。(2019年12月撮影、小型無人機から)中国安徽省阜陽(ふよう)市は、中国に5つある1千万人以上の人口を抱える地級市のうちの一つ。現在の人口1070万8千人のうち毎年約350万人の労働者が他の地域で働いており、中国に4つある出稼ぎ労働者を多数送り出す地域の一つとなっている。また、同省から長江デルタ地域や珠江デルタ地域など、より経済的に発達している地域へ向けて労働力を輸出する主要な地域でもある。北京市と中国香港特別行政区を結ぶ京港高速鉄道の商丘~合肥区間と鄭州~阜陽区間が、2019年12月1日に正式に開通した。これにより、多くの労働者を送り出す16省が管轄する市全てが高速鉄道で繋がった。2020年の安徽省「春運」テレビ電話会議で発表されたデータによると、今年の旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制「春運」期間の省内の鉄道旅客輸送量は、前年同期比7%増の延べ1580万人となる見込み。(合肥=新華社配信/郭海洋)=2019(令和元)年12月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010602428

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602302

    「新華社」 大型版築古民家、安貞堡を訪ねて福建省  28日、安貞堡の外観。(小型無人機から)中国福建省永安市にある安貞堡は清の光緒11(1885)年に建設が始まり、14年かけて完成した。土を突き固める「版築」工法による建築物で、敷地面積は1万平方メートル、建築面積は6千平方メートルになる。安貞堡は広間を中心に連結した院落式(中庭型)設計の回廊式土楼に属し、360室以上の大小さまざまな部屋がある。中国では珍しい大型の版築民家建築で、2001年に全国重点文物保護単位に指定された。安貞堡は環状の外壁に囲まれ、外壁内部の回廊の四方の壁には、銃眼や見張り窓が設けられるなど、軍事防御施設として高い機能を備え、壁の内側には内庁や堂、寝室、書斎、穀物倉庫、井戸など、日常生活のための設備がそろう。精巧かつ丹念に設計された建物やきめ細やかで美しい彫刻、鮮やかな彩色と壁画の図案は、高い芸術的価値、建築学的価値を備え、中国建築史上の独特の華といえる。安貞堡にはここ数年、多くの国内外の観光客が訪れている。(永安=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010602701

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020010602650

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020010602645

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。 中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020020300605

    「新華社」 遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市  山西省大同市の華厳寺境内に立つ普光明殿。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121900331

    「新華社」 曲阜孔廟で儒家文化に親しむ山東省  11日、孔子を祭る曲阜孔廟の大成殿。古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。曲阜孔廟は紀元前478年に建てられ、増築や拡張を経て、現在は14万平方メートルの面積に九つの中庭を持つ。古代の建築や彫刻、書道、絵画などの傑作が数多く残されており、1994年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120800177

    丸亀城・資料  丸亀城の「大手二の門」。後方は天守=香川県丸亀市

  17. 2019120800135

    丸亀城・資料  丸亀城の天守=香川県丸亀市

  18. 2019120407011

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120407014

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120407007

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120200914

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120406996

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120406998

    「新華社」 長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120200695

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019112900175

    東京五輪カラー 126―3 国立代々木競技場と代々木第二体育館  国立代々木競技場(中央左)と代々木第二体育館(同右)=1964(昭和39)年10月10日、東京都渋谷区

  26. 2019120200368

    「新華社」 三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある半月台。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120200565

    「新華社」 三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある南陽諸葛廬。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120200477

    「新華社」 三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の入口。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120200367

    「新華社」 三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある山門。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120200546

    「新華社」 三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にあるいおり、草廬(そうろ)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019112009361

    夢洲・資料  2025年大阪万博の予定地となっている夢洲=大阪市(共同通信社ヘリから)

  32. 2019112009358

    夢洲・資料  2025年大阪万博の予定地となっている夢洲=大阪市(共同通信社ヘリから)

  33. 2019112505178

    「新華社」 チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区  20日、内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺の正門。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111803512

    「新華社」 千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、三学寺の正門。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019111501352

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111501386

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰砿区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111803327

    「新華社」 千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、入り母屋造りの三学寺中殿(大殿)。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019111803329

    「新華社」 千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、入り母屋造りの三学寺前殿。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111501346

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、空から見た常楽寺。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120200423

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111104202

    「新華社」 ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、パトゥーサイ公園付近の大通りで飲み物を売る屋台。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019110500436

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019110500464

    「新華社」 【輸入博】空から見た上海国家会展中心  1日、空から見た上海国家会展中心。(小型無人機から)第2回中国国際輸入博覧会が5日から10日まで、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催される。会場では既に世界各地からのゲストを迎える準備が整っている。(上海=新華社記者/凡軍)=2019(令和元)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102304811

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019102305008

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019102304952

    「新華社」 山の中腹にひっそりと建つ重要文化財、海城金塔を訪ねて遼寧省  16日、山の中腹にひっそりと建つ海城金塔。中国遼寧省海城市(鞍山市の管轄下にある県級市)析木鎮から西北へ2・5キロ離れた羊角峪村の西側にある山の中腹にひっそりと建つ海城金塔は、遼代に建てられ、明代に重修された。その北側にはかつて「金塔大禅宝林寺」(金塔寺)という寺院がそびえていたという。塔全体の形や建築技法および契丹(きったん)民族の衣装をまとった人物像の彫刻が施されているなどの特徴から、遼代に建てられたと考えられている。この塔は1963年9月、遼寧省人民政府により省級重点文物保護単位(重要文化財)に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101101797

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101101734

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101008847

    「新華社」 北京園芸博、ついに閉幕  7日、北京園芸博の中国館。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)が9日夜、閉幕する。同博覧会は世界最高クラスの国際園芸博覧会で、110の国と国際団体が出展、延べ1千万人近い来場者を迎えた。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101008851

    「新華社」 北京園芸博、ついに閉幕  7日、北京園芸博の中国館。(小型無人機から)2019北京国際園芸博覧会(北京園芸博)が9日夜、閉幕する。同博覧会は世界最高クラスの国際園芸博覧会で、110の国と国際団体が出展、延べ1千万人近い来場者を迎えた。(北京=新華社記者/鞠煥宗)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像