検索結果 3,023 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092403067

    後堀河天皇陵・資料 後堀河天皇陵  後堀河天皇陵=京都市(共同通信社ヘリから)

  2. 2020092200593

    金閣寺・資料 金閣寺  金閣寺(鹿苑寺舎利殿)=京都市(共同通信社ヘリから)

  3. 2020092200111

    桓武天皇陵・資料 桓武天皇陵と伏見桃山城  桓武天皇陵(左)と伏見桃山城(右)=京都市(共同通信社ヘリから)

  4. 2020092200110

    桓武天皇陵・資料 桓武天皇陵  桓武天皇陵=京都市(共同通信社ヘリから)

  5. 2020092200109

    桓武天皇陵・資料 桓武天皇陵  桓武天皇陵=京都市(共同通信社ヘリから)

  6. 2020091802676

    嵯峨天皇陵・資料 嵯峨天皇陵の参道  嵯峨天皇陵(上)へ続く参道=京都市(共同通信社ヘリから)

  7. 2020091802619

    嵯峨天皇陵・資料 嵯峨天皇陵の参道  嵯峨天皇陵(上)へ続く参道=京都市(共同通信社ヘリから)

  8. 2020092505936

    茶馬古道の要所、剣川古城を訪ねて雲南省  剣川古城にある剣陽楼。(9月15日撮影)剣川古城は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県にあり、悠久の歴史を持つ。かつて漢族・チベット族・ペー族・ナシ族などの民族の文化と経済交流の中枢で、同省とチベット自治区を結ぶ茶と馬の交易ルート「茶馬古道」の要所でもあった。古城では保存状態の良い明・清代の建筑群や、青レンガと玉石が敷きつめられた中庭を持つペー族の民家を見ることができる。古城西門街古建築群は2006年、第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(大理=新華社記者/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020091507621

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  雪化粧した万栄后土廟の秋風楼。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020091507526

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の並列戯台。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020091507626

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の山門。通路両側が舞台になっている。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020091507615

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020091507511

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の秋風楼。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020091507517

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の献殿。中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020091201264

    中国楼閣建築の傑作、飛雲楼山西省万栄県  4日、南西側から見た飛雲楼。中国山西省南部、万栄県の中心市街地の東南部に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される万栄東岳廟の建築群がある。中でも中軸線上にある飛雲楼は精巧かつ独特な造りで、中国楼閣建築の傑作とされる。地元では「万栄に飛雲楼あり、上半分は雲を突く」と言われる。明の正徳年間(1506~1521年)に建てられた純木造建築で、高さは23・19メートル。外観は3層だが、内部は5層となっている。同省北部の応県にある現存する世界一高い純木造の仏塔、応県木塔とともに「南楼北塔」と呼ばれる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020091201303

    中国楼閣建築の傑作、飛雲楼山西省万栄県  4日、正面から見た飛雲楼。中国山西省南部、万栄県の中心市街地の東南部に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される万栄東岳廟の建築群がある。中でも中軸線上にある飛雲楼は精巧かつ独特な造りで、中国楼閣建築の傑作とされる。地元では「万栄に飛雲楼あり、上半分は雲を突く」と言われる。明の正徳年間(1506~1521年)に建てられた純木造建築で、高さは23・19メートル。外観は3層だが、内部は5層となっている。同省北部の応県にある現存する世界一高い純木造の仏塔、応県木塔とともに「南楼北塔」と呼ばれる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020091201284

    中国楼閣建築の傑作、飛雲楼山西省万栄県  4日、東側から見た飛雲楼。中国山西省南部、万栄県の中心市街地の東南部に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される万栄東岳廟の建築群がある。中でも中軸線上にある飛雲楼は精巧かつ独特な造りで、中国楼閣建築の傑作とされる。地元では「万栄に飛雲楼あり、上半分は雲を突く」と言われる。明の正徳年間(1506~1521年)に建てられた純木造建築で、高さは23・19メートル。外観は3層だが、内部は5層となっている。同省北部の応県にある現存する世界一高い純木造の仏塔、応県木塔とともに「南楼北塔」と呼ばれる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020091605299

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020091605199

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020082705337

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、「臥竜書院」の前を通り過ぎる市民。。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020082705333

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、長汀県汀州鎮にある汀州古城(長汀古城)の城壁の一つ「恵吉門」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020082705473

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020082705481

    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県  20日、ライトアップされた「文昌閣」。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020091605286

    万里の長城最大の望楼「九眼楼」、修繕工事終え一般開放北京市  修繕工事を終えた九眼楼。(8月20日撮影、資料写真)中国万里の長城のうち、最大の規模と最高の規格を誇る望楼を有する九眼楼長城風景区が12日、文化財の応急補修、基礎設備の強化、環境対策などの措置を経て、正式に開放された。九眼楼は北京市延慶区四海鎮石窯村の南、四海鎮と同市懐柔区の境界にある火焔山の山頂に位置し、標高は1141メートル。望楼の壁に九つの防御用の穴が設けられていることから「九眼楼」の名を持つ。山が高くて険しいことから、天気の良い日は北京城を望むことができたため「望京楼」とも呼ばれている。同風景区は2013年、老朽化した九眼楼と近隣の旧兵舎への緊急修繕が必要となり閉鎖された。19年、改修と高度化プロジェクトが正式にスタートし、このほど完成を迎えた。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020081204248

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  5日、漢張留侯祠の張良大殿。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  26. 2020080407234

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(奥)と第二体育館(手前)=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  27. 2020080407232

    五輪関連施設・空撮資料 代々木第一、第二体育館  国立代々木競技場の第一体育館(手前)と第二体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  28. 2020080407229

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場と国立競技場  国立代々木競技場の第一体育館(手前上)、第二体育館(手前下)。右奥は国立競技場=2020年8月4日午後(共同通信社ヘリから)

  29. 2020080407207

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  30. 2020080407201

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  31. 2020080407190

    五輪関連施設・空撮資料 代々木競技場の第一体育館  国立代々木競技場の第一体育館=2020年8月4日午後、東京都渋谷区(共同通信社ヘリから)

  32. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020080303423

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の紫微殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020080303333

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の正門。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020080303590

    真慶観を訪ねて雲南省昆明市  7月30日、真慶観の老君殿。中国雲南省昆明市にある道教寺院「真慶観」は元代の創建で、同省の建築史、芸術史、宗教史などの研究において重要な意義を持つ古建築群で、かつては真武祠と称していた。2006年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(昆明=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020073006127

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020073006126

    広勝寺の飛虹塔、瑠璃装飾の美を今に伝える山西省  広勝寺飛虹塔の全景。(資料写真)中国山西省洪洞県の県城(県政府所在地)から北東に10キロ余り離れた霍山(かくざん)の南麓に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広勝寺がある。境内にある楼閣式の仏塔「飛虹塔」は、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。中国に現存する大型の瑠璃塔の中では最も保存状態が良い。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072701187

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072700970

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072700794

    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省  24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020091507576

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  広恵寺華塔の全景。(7月10日撮影、小型無人機から)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020091507533

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  丘の上にそびえる広恵寺の華塔。(7月10日撮影、小型無人機から)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020091507635

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  丘の上にそびえる広恵寺の華塔。(7月10日撮影)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020091507558

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  丘の上にそびえる広恵寺の華塔。(7月10日撮影)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020091507546

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  丘の上にそびえる広恵寺の華塔。(7月10日撮影)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020091507529

    華麗な装飾が美しい広恵寺の華塔を訪ねて河北省石家荘市  丘の上にそびえる広恵寺の華塔。(7月10日撮影)中国河北省石家荘市正定県にある広恵寺は、唐の貞元年間(785~805年)に創建された。最盛期の寺域は東西196メートル、南北239メートルの規模で、南から北に向かって天王殿、前殿、華塔などの建物が並んでいた。しかし、寺院の建物はとうの昔に失われ、今では華塔のみが丘の上にそびえている。(石家荘=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020071007902

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の前殿。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020071007956

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の鐘楼。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020071007939

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の外観。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020071007941

    天津最古の建築群「天后宮」を訪ねて  7日、天津天后宮の蔵経閣。中国天津市の天后宮(てんごうきゅう)は、娘娘宮(にゃんにゃんきゅう)とも呼ばれ、元朝泰定3(1326)年に勅命により建てられた。世界的に有名な媽祖(まそ)廟の一つとされる。建築当初は船員や商人が航海の安全を海の女神媽祖に祈願する場所だったが、時代が下るにつれ、一般の人々が除災招福を祈る場所へと変わった。天后宮を中心に集落が形成されたことが天津の町の始まりだといわれる。天后宮の面積は5360平方メートル。建物は東に向きに建てられ、戯楼や山門、前殿、正殿、蔵経閣、鐘楼、鼓楼、天后碑廊、張仙閣および多くの配殿からなる。同市に現存する最古の建築群とされ、2013年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像