検索結果 1,007 件中 1 件 〜 50
  1. 2020072700179

    高速道路でパトカー出火 焦げたパトカー  阪神高速道路で出火し焼け焦げたパトカー=27日午前11時36分、兵庫県西宮市(共同通信社ヘリから)

  2. 2020072700165

    高速道路でパトカー出火 焼け焦げたパトカー  阪神高速道路で出火し焼け焦げたパトカー=27日午前11時35分、兵庫県西宮市(共同通信社ヘリから)

  3. 2020071304230

    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む  10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020071304168

    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む  10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020071304258

    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む  10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020071304309

    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む  10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡-中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京-ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020071304330

    寧夏回族自治区初の砂漠縦断高速道路、建設進む  10日、急ピッチで建設が進む烏瑪高速道路の青銅峡‐中衛区間。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区烏海市と青海省ゴロク・チベット族自治州瑪沁県を結ぶ烏瑪高速道路の建設が、寧夏回族自治区の青銅峡-中衛区間で急ピッチで進んでいる。同区間は本線の全長が122・9キロで、うちトングリ砂漠を通過する18キロは、同自治区で初めて砂漠に建設される高速道路となっており、2021年に開通する予定となっている。同砂漠は地形の起伏が大きく自然環境が劣悪で、植生被覆率が1%未満となっており、風砂(砂嵐)発生日が年間200日以上に達している。施工担当者は砂防フェンスや砂防林などの防護システムを建設し、風砂による道路の侵食防止に取り組んでいる。烏瑪高速道路の寧夏回族自治区区間が完成すると、自治区内に南北の大きな輸送ルートができ、京蔵(北京‐ラサ)高速道路の交通量を効果的に分散させることが可能になる。(中衛=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020071304285

    建設が進む汕頭-掲西高速道路広東省汕頭市  9日、広東省汕頭市を走る汕頭‐掲西高速道路の高架橋。(小型無人機から)中国広東省では、汕頭市と掲陽市掲西県を結ぶ汕頭‐掲西高速道路の建設工事が行われている。全長86・5キロの高速道路は、広東省東部と珠江デルタ間の車両の移動距離をより短くし、両地域の経済的連携をさらに強めると期待されている。(汕頭=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020071304255

    建設が進む汕頭-掲西高速道路広東省汕頭市  9日、広東省汕頭市を流れる練江の上を横切る汕頭‐掲西高速道路。(小型無人機から)中国広東省では、汕頭市と掲陽市掲西県を結ぶ汕頭‐掲西高速道路の建設工事が行われている。全長86・5キロの高速道路は、広東省東部と珠江デルタ間の車両の移動距離をより短くし、両地域の経済的連携をさらに強めると期待されている。(汕頭=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020071304332

    建設が進む汕頭-掲西高速道路広東省汕頭市  9日、広東省汕頭市を走る汕頭‐掲西高速道路。(小型無人機から)中国広東省では、汕頭市と掲陽市掲西県を結ぶ汕頭‐掲西高速道路の建設工事が行われている。全長86・5キロの高速道路は、広東省東部と珠江デルタ間の車両の移動距離をより短くし、両地域の経済的連携をさらに強めると期待されている。(汕頭=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020071304337

    建設が進む汕頭-掲西高速道路広東省汕頭市  9日、広東省汕頭市を走る汕頭‐掲西高速道路。(小型無人機から)中国広東省では、汕頭市と掲陽市掲西県を結ぶ汕頭‐掲西高速道路の建設工事が行われている。全長86・5キロの高速道路は、広東省東部と珠江デルタ間の車両の移動距離をより短くし、両地域の経済的連携をさらに強めると期待されている。(汕頭=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070611392

    中国ラオス鉄道、雲南省内の特大橋が接合完了  1日、建設中の元江双線特大橋。(小型無人機から)中国ラオス鉄道の国内区間で中鉄四局集団が建設を請け負う雲南省元江ハニ族イ族ダイ族自治県の元江双線特大橋がこのほど、接合を終えた。全長832・2メートルで、今回の接合完了により、予定通りの全線開通に向けた土台が築かれた。(元江=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111137

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111106

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070111182

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070111127

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070111065

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070111124

    南京長江第五大橋の接合工事が完了  28日、順調に工事が進む南京長江第五大橋。(小型無人機から)中国江蘇省南京市で建設中の南京長江第五大橋で28日、主橋部の接合工事が無事完了した。同橋は両岸の市街地を結ぶ重要な橋で、幹線道路と高速道路の機能を備えている。(南京=新華社配信/蘇陽)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052104752

    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に  17日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052104630

    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に  16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場で、ブルドーザーを運転する作業員。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/宋彦樺)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104699

    タクラマカン砂漠を縦断する高速道路、建設工事が最終局面に  16日、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠にある高速道路建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区で、タクラマカン砂漠を南北に縦断する3本目の道、ロプノール県とチャルチャン県を結ぶ道路の建設工事が、最後の追い込みに入った。このプロジェクト最大の砂丘を担当するのは中国交通建設股份有限公司。同社の作業員らは推定120万立方メートルもの砂に対処している。仕事に便利なように砂丘のそばに作業員宿舎が設置され、生活必需品が定期的に届けられている。この高速道路の完成により、新疆南部の交通事情が改善し、地元の開発の呼び水となることが期待される。(ロプノール=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042504216

    巣ごもり連休、出足低調 横浜青葉ICの比較写真  25日、外出や移動に自粛要請が出ている異例の大型連休が始まり、交通量の少ない東名高速道路の横浜青葉IC付近。左は渋滞が見られる2019年4月27日の様子=横浜市(共同通信社ヘリから)

  23. 2020042502612

    帰省ラッシュ消えた連休 東名高速道路の様子  外出や移動の自粛要請を受け、渋滞もなくスムーズに車が流れる東名高速道路の横浜青葉IC付近。画面奥が名古屋方面=25日午前、横浜市で共同通信社ヘリから

  24. 2020042709577

    中国ラオス鉄道、1本目のメコン川特大橋の架設工事が完了  23日、すべてのT型梁の架設が完了した中国ラオス鉄道のルアンプラバンメコン川特大橋。(小型無人機から)中国・ラオス国境で建設中の中国ラオス鉄道で23日、中鉄八局集団が建設を請け負うルアンプラバンメコン川特大橋の橋梁架設工事が完了した。特大橋は全長1458・9メートル、28のT型梁と六つの連続梁で構成される。同鉄道全線で最も施工難度が高く、技術的に最も複雑な橋梁となっている。同鉄道は中国国境のラオス側の町ボーテンと首都ビエンチャンを南北に結び、全長は414キロ。2021年12月の開通を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020042709535

    中国ラオス鉄道、1本目のメコン川特大橋の架設工事が完了  23日、すべてのT型梁の架設が完了した中国ラオス鉄道のルアンプラバンメコン川特大橋。(小型無人機から)中国・ラオス国境で建設中の中国ラオス鉄道で23日、中鉄八局集団が建設を請け負うルアンプラバンメコン川特大橋の橋梁架設工事が完了した。特大橋は全長1458・9メートル、28のT型梁と六つの連続梁で構成される。同鉄道全線で最も施工難度が高く、技術的に最も複雑な橋梁となっている。同鉄道は中国国境のラオス側の町ボーテンと首都ビエンチャンを南北に結び、全長は414キロ。2021年12月の開通を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020042709516

    中国ラオス鉄道、1本目のメコン川特大橋の架設工事が完了  23日、すべてのT型梁の架設が完了した中国ラオス鉄道のルアンプラバンメコン川特大橋。(小型無人機から)中国・ラオス国境で建設中の中国ラオス鉄道で23日、中鉄八局集団が建設を請け負うルアンプラバンメコン川特大橋の橋梁架設工事が完了した。特大橋は全長1458・9メートル、28のT型梁と六つの連続梁で構成される。同鉄道全線で最も施工難度が高く、技術的に最も複雑な橋梁となっている。同鉄道は中国国境のラオス側の町ボーテンと首都ビエンチャンを南北に結び、全長は414キロ。2021年12月の開通を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020042709510

    中国ラオス鉄道、1本目のメコン川特大橋の架設工事が完了  23日、すべてのT型梁の架設が完了した中国ラオス鉄道のルアンプラバンメコン川特大橋。(小型無人機から)中国・ラオス国境で建設中の中国ラオス鉄道で23日、中鉄八局集団が建設を請け負うルアンプラバンメコン川特大橋の橋梁架設工事が完了した。特大橋は全長1458・9メートル、28のT型梁と六つの連続梁で構成される。同鉄道全線で最も施工難度が高く、技術的に最も複雑な橋梁となっている。同鉄道は中国国境のラオス側の町ボーテンと首都ビエンチャンを南北に結び、全長は414キロ。2021年12月の開通を予定している。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020041001834

    武漢の「都市封鎖」が正式解除  8日、武漢北高速道路料金所を通過する車。(小型無人機から)中国湖北省武漢市から市外・省外に通じる交通ルートの規制が4月8日午前0時、正式に解除された。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020041001796

    武漢の「都市封鎖」が正式解除  8日、武漢西高速道路料金所を通過する車。(小型無人機から)中国湖北省武漢市から市外・省外に通じる交通ルートの規制が4月8日午前0時、正式に解除された。(武漢=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020041001820

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020041001755

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020041001762

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。上は3月8日、下は4月3日に撮影。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020041001824

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020041001750

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020041001771

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋の施工現場で働く作業員。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020041001769

    世界最長径間の3主塔型自定式吊橋、建設着々山東省済南市  3日、山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋。(小型無人機から)中国山東省済南市で建設中の済南鳳凰路黄河大橋ではここ数日、新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上での全面的かつ秩序的な工事が進められている。全長は6683メートルで、三つの主塔を持つ自定式吊橋としては世界最長径間となる。8車線(片側4車線)の1級道路基準で建設されており、黄河を渡る区間は鉄道道路併用橋として中央部分に都市軌道交通の線路が敷設される。開通は2021年末を予定しており、同市東部の歴城区と高新区、済陽区が同橋により接続される。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020032425911

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020032425863

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地で作業する作業員。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020032425877

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020032425864

    南京市のプレキャスト道路橋建設、部材製造を再開  20日、中建安装集団のプレキャスト部材製造基地。(小型無人機から)中国の中央国有企業、中国建築集団傘下で装備製造大手の中建安装集団(江蘇省南京市)南京分公司などが施工を請け負う国道312号線の南京繞越高速道路棲霞インターチェンジから仙隠北路区間の拡張プロジェクトは、新型コロナウイルス感染拡大で中止していたSG5区間と呼ばれる高架区間の建設を、感染防止に万全を期した上で再開した。プロジェクトは、江蘇省のプレキャスト道路橋建設試行プロジェクトに指定されており、従来の道路の上に国道312号線の本線高架橋などからなる長さ約5キロの空中回廊を建設する。同社のプロジェクト部は現場での工事に先立ち、4カ月かけてスマート化、機械化された15万平方メートルのプレキャスト部材製造基地を建設した。橋台や枕梁、箱桁などの部材を基地内であらかじめまとめて製造し、施工現場に輸送してクレーンで組立・接合するため、施工用地をとらず、騒音や建設廃棄物も減らせる。工期は3割程度短縮でき、今回の橋梁主体工事も今年の完了を見込んでいる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020031923296

    春へ、雪原の曲線美しく 除雪進むアルペンルート  4月の全線開通に向け、除雪作業が急ピッチで進む「立山黒部アルペンルート」=19日午後、富山県立山町(共同通信社ヘリから)

  42. 2020031923286

    春へ、雪原の曲線美しく 立山黒部アルペンルート  4月の全線開通に向け、除雪作業が急ピッチで進む「立山黒部アルペンルート」=19日、富山県立山町(共同通信社ヘリから)

  43. 2020031803338

    東京方面へ車の列    帰省Uターンの車で渋滞する東名高速道路。後方は富士山=1981(昭和56)年1月4日午後3時30分、静岡、神奈川県境付近で共同通信社ヘリから(56年内地095) 資料A 2951

  44. 2020012322570

    四川、雲南、貴州省境の鶏鳴三省大橋が開通  21日、空から見た鶏鳴三省大橋。(小型無人機から)中国南西部、烏蒙山区の四川、雲南、貴州の3省が省境を接する場所に位置する鶏鳴三省大橋が21日午前、全面的に竣工、開通した。同大橋は長さ286・4メートル、幅11・5メートルで、車道と歩道が設けられている。(叙永県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020012322629

    四川、雲南、貴州省境の鶏鳴三省大橋が開通  21日、空から見た鶏鳴三省大橋。(小型無人機から)中国南西部、烏蒙山区の四川、雲南、貴州の3省が省境を接する場所に位置する鶏鳴三省大橋が21日午前、全面的に竣工、開通した。同大橋は長さ286・4メートル、幅11・5メートルで、車道と歩道が設けられている。(叙永県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020012322655

    四川、雲南、貴州省境の鶏鳴三省大橋が開通  21日、空から見た鶏鳴三省大橋。(小型無人機から)中国南西部、烏蒙山区の四川、雲南、貴州の3省が省境を接する場所に位置する鶏鳴三省大橋が21日午前、全面的に竣工、開通した。同大橋は長さ286・4メートル、幅11・5メートルで、車道と歩道が設けられている。(叙永県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020012322634

    四川、雲南、貴州省境の鶏鳴三省大橋が開通  21日、空から見た鶏鳴三省大橋。(小型無人機から)中国南西部、烏蒙山区の四川、雲南、貴州の3省が省境を接する場所に位置する鶏鳴三省大橋が21日午前、全面的に竣工、開通した。同大橋は長さ286・4メートル、幅11・5メートルで、車道と歩道が設けられている。(叙永県=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020010300329

    Uターン本格化 渋滞する東名高速道路  Uターンラッシュなどが始まり、東京方面へ向かう車で渋滞する東名高速道路・海老名サービスエリア(下)付近。奥は富士山=3日午後、神奈川県海老名市(共同通信社ヘリから)

  49. 2020010602473

    紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  1日、空から見た紫望高速道路(紫雲南~辺饒鎮間)。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020010602537

    紫望・平羅両高速道路が開通観光の発展を促進貴州省  1日、中国冶金科工集団有限公司(中冶集団)が建設を請け負った紫望高速道路の火花特大橋。(小型無人機から)中国貴州省にある紫雲-望謨高速道路と平塘-羅甸高速道路が12月31日23時59分、全線開通した。これにより、紫雲ミャオ族プイ族自治県から望謨県までの時間が2時間半から50分に、平塘県から羅甸県までの時間が2時間半から1時間に短縮される。紫望高速道路の総距離は74キロメートル。平羅高速道路の総距離は93・478キロメートル。これらの開通は、沿線住民の生活環境の改善、観光業の発展促進および現地の貧困脱却に向けた支援において重要な意義を持つ。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像