検索結果 8,190 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111401769

    「DPA」 Before the Essen Motor Show 13 November 2019, North Rhine-Westphalia, Essen: A Ford GT special model 67er Heritage from the year 2018 with 657 HP stands in front of the hunting lodge Schellenberg. The Essen Motor Show takes place this year from 30.11. to 08.12.. Photo: Marcel Kusch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  2. 2019111401826

    「DPA」 Before the Essen Motor Show 13 November 2019, North Rhine-Westphalia, Essen: The models Anja and Martin stand behind a Ford GT special model 67er Heritage from 2018 with 657 HP in front of the Jagdhaus Schellenberg. The Essen Motor Show takes place this year from 30.11. to 08.12.. Photo: Marcel Kusch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  3. 2019111000575

    白川郷  世界文化遺産の白川郷にある合掌造り家屋=2019年10月27日、岐阜県白川村

  4. 2019111000574

    白川郷  世界文化遺産に登録されている白川郷の合掌造り集落=2019年10月27日、岐阜県白川村

  5. 2019111000573

    白川郷  世界文化遺産に登録されている白川郷の合掌造り集落=2019年10月27日、岐阜県白川村

  6. 2019110804038

    放水の徹底と避難が課題  10月に行われた放水訓練で水柱が上がる、世界文化遺産・白川郷の合掌造り集落=岐阜県白川村

  7. 2019111302841

    「新華社」 無形文化遺産を身近に生活用品に天津ガラス工芸の要素取り込む  7日、張春林さんが取り組み始めた、ガラス絵の要素を取り入れた生活用品。中国天津市の市級無形文化遺産に2017年に選出された、ガラスに油彩・エッチング・研磨で絵を描く技術「玻璃画染磨技芸」。その第4代伝承者である張春林(ちょう・しゅんりん)さん(56)は、若い頃から他の職人と共に、それまで何種類しかなかった研磨用工具のビットを平面状から凸型や三角形にするなど、さまざまな形状や大きさに改良した。張さんは、数十種類の「筆」を作り、ガラス絵に全く異なる効果をもたらしたと語った。張さんのガラス絵作品の題材は、それまでの山水、動物、花鳥だけにとどまらず、徐々に広がっている。今年初めからは生活用品の制作に取り組み、ワイングラス、茶器、ネックレスケースにガラス絵の要素を取り入れた。張さんは、無形文化遺産は実は私たちのすぐ身近にあるものだと指摘。ガラス絵の要素を取り入れたこれら生活用品を通じて、昔ながらの技術や文化を日常生活に取り入れ、無形文化遺産を再び盛り上げたいと語った。(天津=新華社記者/張宇琪)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111302843

    「新華社」 無形文化遺産を身近に生活用品に天津ガラス工芸の要素取り込む  7日、張春林さんのガラス絵作品。中国天津市の市級無形文化遺産に2017年に選出された、ガラスに油彩・エッチング・研磨で絵を描く技術「玻璃画染磨技芸」。その第4代伝承者である張春林(ちょう・しゅんりん)さん(56)は、若い頃から他の職人と共に、それまで何種類しかなかった研磨用工具のビットを平面状から凸型や三角形にするなど、さまざまな形状や大きさに改良した。張さんは、数十種類の「筆」を作り、ガラス絵に全く異なる効果をもたらしたと語った。張さんのガラス絵作品の題材は、それまでの山水、動物、花鳥だけにとどまらず、徐々に広がっている。今年初めからは生活用品の制作に取り組み、ワイングラス、茶器、ネックレスケースにガラス絵の要素を取り入れた。張さんは、無形文化遺産は実は私たちのすぐ身近にあるものだと指摘。ガラス絵の要素を取り入れたこれら生活用品を通じて、昔ながらの技術や文化を日常生活に取り入れ、無形文化遺産を再び盛り上げたいと語った。(天津=新華社記者/張宇琪)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019111302727

    「新華社」 無形文化遺産を身近に生活用品に天津ガラス工芸の要素取り込む  7日、大小さまざまな張春林さんの研磨用ビット。中国天津市の市級無形文化遺産に2017年に選出された、ガラスに油彩・エッチング・研磨で絵を描く技術「玻璃画染磨技芸」。その第4代伝承者である張春林(ちょう・しゅんりん)さん(56)は、若い頃から他の職人と共に、それまで何種類しかなかった研磨用工具のビットを平面状から凸型や三角形にするなど、さまざまな形状や大きさに改良した。張さんは、数十種類の「筆」を作り、ガラス絵に全く異なる効果をもたらしたと語った。張さんのガラス絵作品の題材は、それまでの山水、動物、花鳥だけにとどまらず、徐々に広がっている。今年初めからは生活用品の制作に取り組み、ワイングラス、茶器、ネックレスケースにガラス絵の要素を取り入れた。張さんは、無形文化遺産は実は私たちのすぐ身近にあるものだと指摘。ガラス絵の要素を取り入れたこれら生活用品を通じて、昔ながらの技術や文化を日常生活に取り入れ、無形文化遺産を再び盛り上げたいと語った。(天津=新華社記者/張宇琪)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110706744

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: The land pyramid in the Fürst-Pückler-Park of Branitz (aerial view with a drone). At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019110706858

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Claudius Wecke, park manager in the Fürst-Pückler-Park of Branitz, stands behind a tree stump of a mighty red beech which had died as a result of the drought and had to be felled. At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  12. 2019110806318

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Claudius Wecke, park manager in the Fürst-Pückler-Park of Branitz, stands behind a tree stump of a mighty red beech which had died as a result of the drought and had to be felled. At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019111104441

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、特徴あるデザインの容器が並ぶ浙江省の黄酒ブース。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019111104381

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、山東省膠東(こうとう)地域の農家が作った食べられる芸術品「饃饃」(モモ、蒸しパンの一種)。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019111104293

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で「香包」(匂い袋)を作る甘粛省の東部、隴東(ろうとう)地域の無形文化遺産伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019110706844

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Alexander Fürst zu Sayn-Wittgenstein (l-r), 2. chairman of the association Schlösser und Gärten Deutschland e.V., Michael Hörrmann, 1. chairman of the association Schlösser und Gärten Deutschland e.V., Gert Streidt, director of the Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz foundation and Claudius Wecke, park manager in the Fürst-Pückler-Park, take part in a press conference and talk about the current damage to historical gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  17. 2019110706842

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: The sea pyramid and behind it the land pyramid in the Fürst-Pückler-Park of Branitz (aerial view with a drone). At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  18. 2019110706427

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: The sea pyramid and behind it the land pyramid in the Fürst-Pückler-Park of Branitz (aerial view with a drone). At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  19. 2019110706897

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Michael Hörrmann, 1st chairman of the association Schlösser und Gärten Deutschland e.V., speaks at a press conference about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  20. 2019111104495

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、新疆ウイグル自治区無形文化遺産ブースで、「マカーム音楽」に耳を傾ける来場者。マカームとはイスラム文化の影響を大いに受けた音楽芸術様式を指す。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019111104342

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で作品を紹介する陝西省鳳翔(ほうしょう)県の「泥塑(でいそ)」(泥人形)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019110706411

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Michael Hörrmann, 1st chairman of the association Schlösser und Gärten Deutschland e.V., speaks at a press conference about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  23. 2019110706707

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Claudius Wecke, park manager in the Fürst-Pückler-Park in Branitz, stands between young trees in the park‘s tree nursery. At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  24. 2019110706748

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: Claudius Wecke, park manager in the Fürst-Pückler-Park in Branitz, stands next to a mighty red beech that will soon have to be felled because the tree has died due to the drought. At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  25. 2019110706797

    「DPA」 Climate change and its impact on cultural heritage 06 November 2019, Brandenburg, Cottbus: The pyramid of the lake in the Fürst-Pückler-Park of Branitz (aerial photograph with a drone). At a press conference held on the same day at Branitz Palace, the Verein Schlösser und Gärten Deutschland e.V. and the Stiftung Fürst-Pückler-Museum Park und Schloss Branitz jointly presented themselves to the public and talked about the current damage to historic gardens caused by climate change and the resulting dangers for cultural heritage. In the Branitzer Park, the condition of the valuable tree population deteriorated drastically in 2018 and 2019 due to special climatic phenomena. The first trees had to be felled because of the damage. The park, composed with great sensitivity by Hermann Fürst von Pückler-Muskau in Branitz, is considered the last of the large German landscape gardens. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  26. 2019111104214

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、民族楽器を演奏する新疆ウイグル自治区カシュガル地区の「マカーム音楽」伝承者。マカームとはイスラム文化の影響を大いに受けた音楽芸術様式を指す。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111104221

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、陝西省澄城(ちょうじょう)県の刺繍ブース。布製の虎はぬいぐるみや枕として使うことができる。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111104234

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、漆(うるし)絵の新しい技法で創作した作品を紹介するチベット自治区のタンカ(チベット仏教の仏画)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111104474

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、さまざまな作品が並ぶ山東省の黒陶器ブース。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111104510

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、伝統的な影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」を披露する浙江省海寧(かいねい)市の伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  31. 2019111104056

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、陝西省宜君(ぎくん)県の切り絵伝承者。彼女が身に付けている帽子とイヤリングも切り絵でできている。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111104423

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で作品を紹介する雲南省北部に暮らすナシ族の文字「トンパ文字」の伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019110705331

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 Lord mayor of Leipzig Burkhard Jung, left, and Moscow Mayor Sergei Sobyanin, right, attend the opening ceremony during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  34. 2019110705354

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 A participant works on her project at the stone restoration workshop during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  35. 2019111104509

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、陶器の製造技法を披露する江西省景徳鎮市の無形文化遺産伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111104333

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、貴州省の民間伝統工芸「葉雕」(木の葉の上に描く伝統工芸)の作品。古代シルクロードをイメージして作られたという。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019110705360

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 Visitors explore a traditional Russian handcrafted item during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  38. 2019110705334

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 Russian traditional handcrafted item of different techniques are exposed during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  39. 2019110705337

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 A participant of the exhibition works on her project at the wooden restoration during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  40. 2019110705342

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 Participants work on their projects at the oil painting restoration workshop during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  41. 2019110701245

    「新華社」 彭麗媛夫人とブリジット夫人、上海外国語大学附属外国語学校を見学  5日、中国無形文化遺産の授業で切り絵制作に参加した彭麗媛夫人とブリジット夫人。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席の夫人、彭麗媛(ほう・れいえん)氏が5日、フランスのマクロン大統領の夫人、ブリジット氏を招き、上海外国語大学附属外国語学校を見学した。(上海=新華社記者/丁林)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019110701269

    「新華社」 彭麗媛夫人とブリジット夫人、上海外国語大学附属外国語学校を見学  5日、中国無形文化遺産の授業で学生らのしんこ細工制作を見学する彭麗媛夫人とブリジット夫人。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席の夫人、彭麗媛(ほう・れいえん)氏が5日、フランスのマクロン大統領の夫人、ブリジット氏を招き、上海外国語大学附属外国語学校を見学した。(上海=新華社記者/丁林)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019110705270

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 A participant shows a traditional Russian handcrafted item during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  44. 2019110705265

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 A participant works on her project at the metal restoration during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  45. 2019110705338

    「スプートニク」 Russia Denkmal International Trade Fair 05.11.2019 A participant of the exhibition works on her project at the metal restoration during the Denkmal International Trade Fair for Heritage Preservation, Restoration and Museum Technology at Gostiny Dvor, in Moscow, Russia. Vitaliy Belousov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  46. 2019111104386

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、アオギリ(青桐)の葉で作った作品を見つめる貴州省の「葉雕」(木の葉の上に描く伝統工芸)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019110400281

    「列島ライトアップ」 波紋呼ぶ富士山登山鉄道  山梨県側から望む、世界文化遺産の富士山

  48. 2019110707445

    「DPA」 Handing over the keys for a completely renovated state library 04 November 2019, Berlin: Hermann Parzinger, President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, speaks for the renovated and modernised building of the Staatsbibliothek at the handover of the keys. After many years of construction, the renovated, modernised and completed house Unter den Linden 8 of the Staatsbibliothek zu Berlin has been completed. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  49. 2019110707468

    「DPA」 Handing over the keys for a completely renovated state library 04 November 2019, Berlin: Hermann Parzinger, President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, speaks for the renovated and modernised building of the Staatsbibliothek at the handover of the keys. After many years of construction, the renovated, modernised and completed house Unter den Linden 8 of the Staatsbibliothek zu Berlin has been completed. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2019110708305

    「DPA」 Handing over the keys for a completely renovated state library 04 November 2019, Berlin: Hermann Parzinger, President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, speaks at the handing over of the keys to the renovated building of the State Library. After extensive renovation and modernisation, the Berlin State Library Unter den Linden is ready for full use again. Photo: Fabian Sommer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像