検索結果 9,012 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052903378

    DMZ heritage study DMZ heritage study DMZ heritage study Researchers attend a ceremony to launch a team tasked with a project to study cultural and natural heritage inside the Demilitarized Zone at a conference hall in Paju, north of Seoul, on May 26, 2020. The one-year on-site study is to be jointly carried out by the Cultural Heritage Administration and Gangwon and Gyeonggi provinces bordering North Korea. (Yonhap)/2020-05-26 15:31:13/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos168045) [Photo via Newscom]、クレジット:YONHAPNEWS/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  2. 2020052701345

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、連城拳の練習をする客家青獅第12代伝承者の黄建中さん(右)と妻の曽芬(そ・ふん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052701282

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、青獅子頭で遊ぶ客家青獅第12代伝承者の黄建中さんの1歳半の息子、黄佑韜(こう・ゆうとう)くん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052701329

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、完成した青獅子頭を眺める地元住民。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020052702382

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola rides with visitors along the widely ramified canals in front of the Flora Temple in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020052702269

    In the Gothic House in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Visitors with face masks look at the Swiss stained glass windows in the Knights‘ Hall in the Gothic House, in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020052702420

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola takes visitors along the widely ramified canals in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020052400564

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: People walk past the Gothic House in Wörlitz Park on Ascension Day, which is also known as Men‘s Day. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020052601802

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052702633

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola takes visitors along the widely ramified canals in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020052601849

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020052702301

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola rides with visitors along the widely ramified canals in front of the Gothic House in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  13. 2020052701268

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭の型に布を貼る客家青獅第12代伝承者の黄建中さん(左)と父親の黄林(こう・りん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020052601885

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052400490

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Daisies are blooming on a meadow in front of the Gothic House in Wörlitz Park, recorded Ascension Day, also known as Men‘s Day. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020052400545

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: In spring-like weather, excursionists row in gondolas under the White Bridge on the widely ramified canals in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020052400549

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A woman from East Frisia photographs her children at the marble sculpture of the shellfish hunter in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020052400553

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: On Ascension Day, which is also known as Men‘s Day, a woman photographs bright red rhododendrons in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020052701297

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭にたてがみを張り付ける客家青獅第12代伝承者の黄建中(こう・けんちゅう)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052701332

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、獅子頭に漆で色付けする客家青獅第12代伝承者の曽芬(そ・ふん)さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052701320

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  21日、希土粘土で獅子頭の型を作る客家青獅第12代伝承者の黄建中さん。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052702455

    In the Gothic House in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Visitors wearing face masks visit the Gothic House in Wörlitz Park to see the cabinet of the clergy. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  23. 2020052702601

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola rides with visitors along the widely ramified canals in front of the Flora Temple in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020052702658

    Spring in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A gondola rides with visitors along the widely ramified canals in front of the Gothic House in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  25. 2020052702726

    In the Gothic House in Wörlitz Park 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Visitors with face masks look at the Knights‘ Hall in the Gothic House in Wörlitz Park. The park is part of the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, a UNESCO World Heritage Site created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau. Photo: Waltraud Grubitzsch/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  26. 2020052601780

    茶職人が技競う雨花茶手もみ・焙煎技術大会開催江蘇省  21日、会場で茶の焙煎技術を競い合う選手たち。21日は国連が定めた最初の「国際お茶の日」にあたる。無形文化遺産の「雨花茶の製造技術」を伝承し、雨花茶職人の技術向上を図るため、中国江蘇省茶葉学会、南京市農業農村局、中山陵園管理局が共催する「2020江蘇省手もみ・焙煎ならびに南京市雨花茶手もみ・焙煎技術競技大会」が同日、同市の鍾山風景区で開催された。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052701331

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、福建省竜岩市連城県隔川郷の隔田村で青獅子舞を披露する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052701334

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、客家青獅子の披露を終え記念撮影する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052701330

    客家に伝わる伝統文化、連城県の「カンフー」獅子舞福建省  20日、福建省竜岩市連城県隔川郷の隔田村で青獅子舞を披露する地元の若者。中国福建省竜岩市連城県には、客家(はっか)の人々の間に受け継がれてきた「客家青獅」と呼ばれる獅子舞がある。連城青獅ともいい、370年以上の伝統を持つ。客家は古代に中原(黄河中・下流域)の戦乱を逃れ、南に移住したとされる漢民族の末裔を指す。彼らの民俗文化で青獅は家屋の邪気をはらう瑞獣とされており、2016年に同市の第6次無形文化遺産に登録されている。同県の客家の人々は、今でも新年や婚礼、開業祝い、新居への引越しの際に青獅子を招き、興を添える。同県隔川郷の黄建中(こう・けんちゅう)さん夫妻は客家青獅制作の代表的伝承者で、明末清初の初代、黄観傑(こう・かんけつ)から数えて12代目となる。(竜岩=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052104847

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院でたてられた茶。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  31. 2020052104677

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で開かれた開幕式。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  32. 2020052104758

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  33. 2020052104846

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  34. 2020052104790

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  35. 2020052104809

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  36. 2020052104775

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  37. 2020052104816

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  38. 2020052104844

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  39. 2020051401641

    欧州内の国境制限緩和促す 観光客消えた世界遺産  新型コロナ対策の移動制限で観光客が来なくなったベルギー・ブリュッセルの世界遺産の広場「グランプラス」=11日(共同)

  40. 2020052104426

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀のブレスレットに彫刻を施す姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052104474

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀の指輪。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052104489

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県山江鎮で、伝統的な方法で銀を溶かす無形文化遺産の伝承者、麻茂庭(ま・もてい)さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052104446

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、師匠が彫刻を施した銀の板に熱を加える。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052104451

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀のブレスレット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052104454

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀を溶かす姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020052104427

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀の塊を金づちでたたく姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020052104491

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀のブレスレットのつや出し作業をする師匠。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020052104469

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県で姜華さんが制作した銀のブレスレット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020052104472

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀のポット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020052104428

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県で、制作した銀のブレスレットの出来を確かめる姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像