検索結果 7,927 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092807075

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「虎食人」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020092806894

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」を鑑賞する地下鉄利用者。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020092807053

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、北京地下鉄6号線東大橋駅の「古蜀ミニ劇場」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020092807128

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「金沙祭」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020092806786

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「太陽頌」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020092405077

    巨大な盾持ち人埴輪が出土 発見された埴輪  大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡で発見された3体の人物埴輪=24日

  7. 2020091801624

    国内最古のこま出土 木製のこま  南滋賀遺跡から出土した木製のこま 子ども学習企画「ニュースで解けた?」(333)

  8. 2020091706415

    京都で後期旧石器を発見 出土した台形石器と黒曜石  京都府京丹後市の上野遺跡から出土した台形石器(左)と黒曜石=17日

  9. 2020091701861

    小修羅11年ぶりに保存処理    保存処理が終了した古代の木製運搬具「修羅(しゅら)」。大阪府藤井寺市の「土師の里遺跡」内の三ツ塚古墳周濠で出土したもので、国際花と緑の博覧会に展示される=奈良県生駒市の元興寺文化財研究所 出稿日1990(平成2)年2月14日 平2国内 1686

  10. 2020092505869

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡から出土した動物の骨。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092505534

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡から出土した石器。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092505528

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡から出土した石器。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092505670

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡で見つかった住居跡。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092505510

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡で見つかった半竪穴住居跡。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020092505929

    新石器時代早期の大型住居遺跡を発見内モンゴル自治区  17日、乃仁陶勒蓋遺跡から出土した骨角器。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所はこのほど、同自治区シリンゴル盟鑲黄旗(じょうこうき)の草原で、8400~7600年前の新石器時代早期の大型住居遺跡を発見したと明らかにした。乃仁陶勒蓋遺跡と名付けられた同遺跡からは、壁面に段差があり、柱穴とかまどが残る住居跡が270カ所余り見つかった。動物の骨や土器片、骨角器、大量の石器も出土した。(フフホト=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020091600622

    世界遺産へ文化庁会見 大湯環状列石と調査員ら  秋田県鹿角市の「大湯環状列石」を調査する国際記念物遺跡会議の調査員(左から3人目)ら=6日

  17. 2020091507706

    岩手の遺跡を現地調査 御所野遺跡の現地調査  岩手県一戸町の「御所野遺跡」で行われたイコモスの現地調査=15日午後

  18. 2020091300150

    北海道の遺跡を現地調査 イコモスの現地調査  北黄金貝塚で行われたイコモスの現地調査=13日午後、北海道伊達市

  19. 2020091300149

    北海道の遺跡を現地調査 北黄金貝塚の調査  北黄金貝塚で行われたイコモスの現地調査=13日午後、北海道伊達市

  20. 2020091605367

    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省  12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」を見学する来場者。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020091605368

    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省  12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父盨(そうはくこくふしゅ)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020091605360

    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省  12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020091605263

    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省  12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曽伯克父甗(そうはくこくふげん)。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020091605264

    国宝級の「曽伯克父青銅組器」、日本から返還後初の特別展湖北省  12日、湖北省博物館の特別展「曽世家文物特展」で展示された曾国の青銅器。中国湖北省武漢市の東湖畔にある湖北省博物館で12日午前、西周から戦国時代の諸侯国、曽国の青銅器を集めた特別展「曽世家文物特展」が開幕した。新型コロナウイルスの影響で休館していた同館が6月に一般公開を再開してから、大規模な文化財の特別展を開くのは今回が初めて。展覧会では、同省随州市の葉家山や文峰塔、京山市の蘇家壟(そかろう)など曽国の遺跡で出土した青銅器からえりすぐった62点(組)を展示し、西周初期から戦国中期にかけての曽国の青銅文化をまとめて紹介。史書に記載のない曽国の700年余りの歴史を浮かび上がらせている。展示品には日本に流出し、昨年中国へ返還された青銅器も含まれ、同省にとって初の「里帰り」展示会となる。(武漢=新華社記者/喩珮)=2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020091400567

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  7日、カンボジア・プノンペンの寺院を参拝する信者たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020090600166

    秋田の遺跡を現地調査 大湯環状列石  秋田県鹿角市の「大湯環状列石」=6日

  27. 2020090600165

    秋田の遺跡を現地調査 大湯環状列石と調査員ら  秋田県鹿角市の「大湯環状列石」を調査する国際記念物遺跡会議の調査員(左から3人目)ら=6日

  28. 2020090600164

    秋田の遺跡を現地調査 遺跡を調査する調査員  秋田県鹿角市の「大湯環状列石」を調査する国際記念物遺跡会議の調査員(左から2人目)ら=6日

  29. 2020090600163

    秋田の遺跡を現地調査 調査する調査員  秋田県鹿角市の「大湯環状列石」を調査する国際記念物遺跡会議の調査員=6日

  30. 2020091400511

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  6日、カンボジア・プノンペンの寺院で、ご飯をよそう信者たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020091400570

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  5日、カンボジア・プノンペンの寺院で布施をする信者たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020091400597

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  6日、カンボジア・プノンペンの寺院で、ハスの花を売る女の子。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020091400510

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  5日、カンボジア・プノンペンの寺院を参拝する信者たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020091400582

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  5日、カンボジア・プノンペンにある寺院のそばで小鳥を売るおばあさん。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020090406758

    縄文遺跡群、青森で調査 視察する調査員ら  青森市の「三内丸山遺跡」を視察する国際記念物遺跡会議の調査員ら=4日午後

  36. 2020090406713

    縄文遺跡群、青森で調査 大型竪穴建物視察の調査員  「三内丸山遺跡」の復元された大型竪穴建物を視察する国際記念物遺跡会議の調査員ら=4日午後、青森市

  37. 2020090406679

    縄文遺跡群、青森で調査 調査行われた遺跡  青森市の「三内丸山遺跡」を視察する国際記念物遺跡会議の調査員ら=4日午後

  38. 2020090406672

    縄文遺跡群、青森で調査 遺跡を視察する調査員ら  青森市の「三内丸山遺跡」を視察する国際記念物遺跡会議の調査員(中央)ら=4日午後

  39. 2020090903922

    三星堆遺跡、祭祀区の本格的発掘調査が始動四川省  4日、三星堆遺跡の祭祀区の一角。中国四川省文物局は5日、四川省広漢市で「古蜀文明保護伝承プロジェクト・2020年度三星堆遺跡考古発掘・研究諮問会」を開催し、同遺跡の祭祀区に対する本格的な発掘研究の開始を宣言した。(広漢=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020090903994

    三星堆遺跡、祭祀区の本格的発掘調査が始動四川省  4日、上部に覆いが設置された三星堆遺跡の祭祀区。中国四川省文物局は5日、四川省広漢市で「古蜀文明保護伝承プロジェクト・2020年度三星堆遺跡考古発掘・研究諮問会」を開催し、同遺跡の祭祀区に対する本格的な発掘研究の開始を宣言した。(広漢=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020090903876

    三星堆遺跡、祭祀区の本格的発掘調査が始動四川省  4日、発掘が待たれる三星堆遺跡の祭祀区。中国四川省文物局は5日、四川省広漢市で「古蜀文明保護伝承プロジェクト・2020年度三星堆遺跡考古発掘・研究諮問会」を開催し、同遺跡の祭祀区に対する本格的な発掘研究の開始を宣言した。(広漢=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020090701654

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟境内の様子。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020090701624

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の北壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020090701488

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の東壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020090701508

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟の正殿の西壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020090701515

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟東側の壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020090701504

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の東壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020090701669

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の東壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020090701650

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の西壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020090701467

    清代壁画の手本、媧皇廟の壁画芸術山西省  3日、媧皇廟正殿の北壁に描かれた壁画(一部)。中国山西省霍州(かくしゅう)市大張鎮賈(か)村にある媧皇廟は、中国古代の女神「女媧(じょか)」を祭る廟で、中国の第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。廟内正殿の壁画は清の乾隆2(1737)年に同省汾西(ふんせい)県の絵師によって制作された。北方の人々の暮らしの様子を中心に、優美で生き生きとした人物が滑らかな筆遣いで描かれている。同省の仏教と道教寺院の壁画としては珍しく、全体の色調は青、緑、白、黄色が中心となっている。(霍州=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像