検索結果 7,793 件中 1 件 〜 50
  1. 2020031301720

    元年国内 10649 首都圏豪雨が被害もたらす  道路が冠水したため、消防隊員に背負われて駅に向かう女性=1989(平成元)年8月1日午前6時すぎ、東京・五反田駅前

  2. 2020031301714

    元年国内 10649(2) 首都圏豪雨が被害もたらす  消防のボートで駅に渡る通勤客=1989(平成元)年8月1日午前6時すぎ、東京・五反田駅前

  3. 2020031300414

    豪雨被災中学で卒業式  岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前

  4. 2020031300412

    豪雨被災中学で卒業式  岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前

  5. 2020031300409

    豪雨被災中学で卒業式  岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前

  6. 2020031300195

    豪雨被災中学で卒業式  岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前

  7. 2020021500363

    「大型サイド」避難所アンケート 「雑魚寝」生活改善を  2018年7月、西日本豪雨で段ボールベッドが設置された避難所=岡山県倉敷市真備町地区

  8. 2020020508832

    豪雨乗り越え養蚕、次代へ  養蚕について話す滝本亀六さんと孫の菊池慎吾さん=1月、愛媛県大洲市

  9. 2020022504041

    「山陽新聞」 止まった学校の時計を後世に 西日本豪雨  川辺小に保管されている時計。西日本豪雨による被災で止まった。2018年7月の西日本豪雨から止まったままの時計が、被災した岡山県倉敷市真備町地区の3小中学校に残されている。「災害の記憶を後世に伝える資料にしたい」と、市教委は学校ごとに保管することを決めた。8時34分―。川辺小(同町川辺)の体育館外壁に掛けられていた時計(直径70センチ)は学校が浸水した「あの時」を示し続けている。=2020(令和2)年2月5日、岡山県倉敷市真備町川辺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  10. 2020012422739

    工藤監督が被災の日田訪問  2017年7月の九州北部豪雨で被災した大分県日田市の小野小を訪れ、キャッチボールするソフトバンクの工藤監督=24日

  11. 2020012422710

    工藤監督が被災の日田訪問  2017年7月の九州北部豪雨で被災した大分県日田市の大明小中学校を訪れ、記念写真に納まるソフトバンクの工藤監督(後列中央)=24日

  12. 2020012422703

    工藤監督が被災の日田訪問  2017年7月の九州北部豪雨で被災した大分県日田市の小野小を訪れ、児童の質問に答えるソフトバンクの工藤監督(奥)=24日

  13. 2020012101090

    ハードソフト両面で防災  吉田川の豪雨対策を協議する分科会であいさつする東北大大学院の梅田信准教授(右から2人目)=21日午前、宮城県大崎市

  14. 2020010903493

    「大型サイド」被災外国人対策 進む国際化、平時から模索  西日本豪雨で外国人被災者を支援した、岡山県総社市人権・まちづくり課の譚俊偉主事

  15. 2020010802849

    2年半ぶりに学び舎再開  九州北部の豪雨からの復旧工事が終わった大分県日田市立小野小の校舎で、3学期の始業式に臨む児童=8日午前

  16. 2020010802848

    2年半ぶり再開の学び舎  九州北部の豪雨からの復旧工事が終わった大分県日田市立小野小の校舎で、3学期の始業式に臨む児童=8日午前

  17. 2020010703994

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨の浸水高を示す外壁に引かれたテープ(右)と守屋美雪さん=岡山県倉敷市真備町地区

  18. 2020010703990

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  19. 2020010703823

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  20. 2020010702044

    子ども学習企画「ニュースで解けた?」(296) 気象災害、日本が最悪国  西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷(くらしき)市の様子=2018年7月

  21. 2020010600548

    亡き子思い、防災担い手へ  西日本豪雨で息子を失った植木富士子さん。「防災士」を目指す=広島市安芸区

  22. 2020010600547

    亡き子思い、防災担い手へ  西日本豪雨で息子を失った植木富士子さん。「防災士」を目指す=広島市安芸区

  23. 2020010600104

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  24. 2020010600099

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  25. 2020010600088

    豪雨1年半、献花し追悼  広島市安芸区の梅河団地で、献花し手を合わせる近隣住民=6日午前

  26. 2020010500176

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  27. 2020010500175

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  28. 2020010500170

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で自宅が全壊、同じ場所で再建中の黒木ともこさん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  29. 2020010500169

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  30. 2020010500167

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  31. 2019122000474

    九州のコメ、際立つ不作  九州北部を襲った大雨で冠水した、佐賀県武雄市の住宅や田畑=8月28日

  32. 2019122000473

    九州のコメ、際立つ不作  九州北部を襲った大雨で冠水した、佐賀県武雄市の住宅や田畑=8月28日

  33. 2020021800150

    「山陽新聞」 廉塾の保存事業20年度再開へ  老朽化の進む廉塾。講堂の屋根にシートがかけられている。老朽化が進む国特別史跡・廉塾(広島県福山市神辺町川北)で、保存整備事業の本格再開に向け、福山市などが準備を進めている。2018年度に着手したものの、同年7月の西日本豪雨で全ての建物が床下浸水し、復旧を優先したため、保存整備の方はほとんど行われていないからだ。19年に市民グループによる支援の募金活動が始まるなど機運も高まっており、20年度からの再開を目指す。=2019(令和元)年12月14日、広島県福山市神辺町川北、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  34. 2019121302268

    避難情報、町と丁名強調へ  鹿児島市役所で開かれた、7月の記録的豪雨の避難指示対応について検証する委員会=13日午後

  35. 2019121302267

    避難情報、町と丁名強調へ  鹿児島市役所で開かれた、7月の記録的豪雨の避難指示対応について検証する委員会=13日午後

  36. 2019121122537

    「@山陰山陽」 ノートでつなぐ復興の鉄路  西日本豪雨で被災した路線を巡る旅で、参加者らが思いを書き込んだノート

  37. 2019120800145

    丸亀城・資料  修復工事中の丸亀城の石垣。2018年の大雨で広範囲にわたり崩れた=香川県丸亀市

  38. 2019120600933

    豪雨の義援金保護法成立  参院本会議で豪雨の義援金保護法が全会一致で可決、成立し一礼する武田防災相(右端)=6日午前

  39. 2019120600925

    豪雨の義援金保護法成立  豪雨の義援金保護法を全会一致により可決、成立した参院本会議=6日午前

  40. 2019120503591

    気象災害、日本が最悪  西日本豪雨で冠水した岡山県倉敷市真備町地区=2018年7月8日

  41. 2019120604437

    「新華社」 中国国家大劇院交響楽団、朝鮮を友好訪問  1日、中国国家大劇院交響楽団の公演終了後に起立して拍手する朝鮮(北朝鮮)の観客。中国国家大劇院交響楽団は招きに応じ、11月29日から12月2日まで朝鮮(北朝鮮)を友好訪問し、公演を行った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120604493

    「新華社」 中国国家大劇院交響楽団、朝鮮を友好訪問  1日、平壌での公演を終え、カーテンコールに応える中国国家大劇院交響楽団。中国国家大劇院交響楽団は招きに応じ、11月29日から12月2日まで朝鮮(北朝鮮)を友好訪問し、公演を行った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120200770

    「新華社」 中国国家大劇院交響楽団、平壌で訪朝第1回公演  11月30日、平壌の三池淵(サムジヨン)管弦楽団劇場で、公演終了後、舞台でカーテンコールに応える中国国家大劇院交響楽団。朝鮮(北朝鮮)を訪問中の中国国家大劇院交響楽団は11月30日、平壌の三池淵(サムジヨン)管弦楽団劇場で訪朝第1回公演を行った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019112704676

    鉄工所の油流出、国も対策  8月の記録的大雨で油が流出した佐賀鉄工所大町工場=20日、佐賀県大町町

  45. 2019112505887

    豪雨の記憶、漫画で伝える  「真備復興漫画」作者の松田博義さん=10月、岡山県倉敷市

  46. 2019111803067

    温暖化災害ルポ連載企画「暴れる地球」3回続きの(上) 豪雨急増、村をのむ濁流  インド西部グジャラート州コサディ村で濁流にのまれる建物(上、8月5日)と、その後の同じ建物(下、11月3日)(共同)

  47. 2019112604055

    「山陽新聞」 プラごみ散乱 岡山市の百間川河口  プラスチック類などの多くのごみが回収された百間川河口。プラスチック類などの多くのごみが回収された百間川河口。岡山市中区沖元の百間川河口付近に、昨夏の西日本豪雨で流れ着いたとみられるプラスチック類などのごみがたまっている。環境への悪影響が指摘されるマイクロプラスチックになることも懸念され、一部は市民団体などが回収した。=2019(令和元)年11月10日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  48. 2019110800772

    停電し孤立、過酷な2週間  大雨で土砂が流れ込んだ道路の上を歩く引地芳郎さん=10月26日、宮城県丸森町

  49. 2019110800742

    停電し孤立、過酷な2週間  大雨の後に道路にできた沢を渡る引地芳郎さん=10月26日、宮城県丸森町

  50. 2019110700021

    豪雨乗り越え「聖地」復活  岡山県矢掛町で営業を再開した「エラヤ」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像