検索結果 1,384 件中 1 件 〜 50
  1. 2020021901911

    校舎建設凍結、たなざらし  学校法人「森友学園」が建設中だった小学校校舎=18日、大阪府豊中市(共同通信社ヘリから)

  2. 2020021901906

    校舎建設凍結、たなざらし  学校法人「森友学園」が建設中だった小学校校舎=18日、大阪府豊中市(共同通信社ヘリから)

  3. 2020021800939

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村の道路で消毒液の噴霧作業を行う高効率遠隔農業用噴霧器。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021800940

    「新華社」 農村の感染対策に改造した農業機械が活躍河北省  14日、河北省灤州市范荘村で上空から消毒液を噴霧する農業用小型無人機。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、河北省灤州(らんしゅう)市はこのほど、農業機械を改造し予防・抑制の新たなツールとした。同市は農業合作社(協同組合)に無償で提供している農業用小型無人機と、俗に「カノン砲」と呼ばれる高効率で遠隔操作が可能な農業用噴霧器などの農機を徹底洗浄後、消毒液噴霧機器に改造した。さらに農業合作社の組合員を動員し消毒防疫班を設立。農民が「防疫先兵」となり、積極的に業務に当たっている。(灤州=新華社配信/于愛双)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020021302918

    「新華社」 西安市公共衛生センターの建設、最終段階に  11日、西安市公共衛生センター建設プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国陝西省の西安市公共衛生センターの建設は、数千人の作業員や管理者が1週間以上、24時間止まることなく作業を続け、おおむね最終段階に入った。うちオフィス・生活エリアは、すでに正式に検収を終えている。同センターは西安市高陵区にあり、敷地面積は500ムー(約33ヘクタール)、第1期工事で建設した応急隔離病棟は約500床の病床を備える。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020021409881

    「新華社」 感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区  10日、菜園の手入れをする久隆鎮大嶺村の農民。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020021409942

    「新華社」 クロアチアの海上大橋プロジェクト海上施工始まる  空から見たクロアチアの海上大橋の施工現場。(2月1日撮影)中国の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)などからなる企業共同体(コンソーシアム)は2018年、クロアチアの南端とペリェシャツ半島を結ぶ「ペリェシャツ大橋建設プロジェクト」を落札した。全長2440メートルの大橋は完成後、アドリア海のマリストン湾を横断し、海に隔てたクロアチアの領土を結ぶ。現在、同プロジェクトは順調に進み、すでに海上施工が始まっている。(ペリェシャツ=新華社記者/高磊)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020021409990

    「新華社」 クロアチアの海上大橋プロジェクト海上施工始まる  空から見たクロアチアの海上大橋の施工現場。(2月1日撮影)中国の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)などからなる企業共同体(コンソーシアム)は2018年、クロアチアの南端とペリェシャツ半島を結ぶ「ペリェシャツ大橋建設プロジェクト」を落札した。全長2440メートルの大橋は完成後、アドリア海のマリストン湾を横断し、海に隔てたクロアチアの領土を結ぶ。現在、同プロジェクトは順調に進み、すでに海上施工が始まっている。(ペリェシャツ=新華社記者/高磊)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020021409858

    「新華社」 クロアチアの海上大橋プロジェクト海上施工始まる  空から見たクロアチアの海上大橋の施工現場。(2月1日撮影)中国の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)などからなる企業共同体(コンソーシアム)は2018年、クロアチアの南端とペリェシャツ半島を結ぶ「ペリェシャツ大橋建設プロジェクト」を落札した。全長2440メートルの大橋は完成後、アドリア海のマリストン湾を横断し、海に隔てたクロアチアの領土を結ぶ。現在、同プロジェクトは順調に進み、すでに海上施工が始まっている。(ペリェシャツ=新華社記者/高磊)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020021409991

    「新華社」 クロアチアの海上大橋プロジェクト海上施工始まる  クロアチア南部コマルナの上空から見たクロアチアの海上大橋の施工現場。(2月1日撮影)中国の道路・鉄道建設大手、中国路橋工程(CRBC)などからなる企業共同体(コンソーシアム)は2018年、クロアチアの南端とペリェシャツ半島を結ぶ「ペリェシャツ大橋建設プロジェクト」を落札した。全長2440メートルの大橋は完成後、アドリア海のマリストン湾を横断し、海に隔てたクロアチアの領土を結ぶ。現在、同プロジェクトは順調に進み、すでに海上施工が始まっている。(ペリェシャツ=新華社記者/高磊)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020012322606

    「新華社」 施設栽培の発展で農家の収入増陝西省延安市  20日、延安市宝塔区青化砭鎮梁村のビニールハウス。(小型無人機から)中国陝西省延安市宝塔区青化砭(せいかへん)鎮梁村ではここ数年、土地柄に合わせて施設栽培を発展させてきた。今では標準的なビニールハウス57棟が設置されている。同村は2019年にスイカやメロンなど商品作物の栽培を通じて160万元(1元=約16円)の収入を実現し、地元農家のさらなる収入増につなげた。(延安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020012322639

    「新華社」 施設栽培の発展で農家の収入増陝西省延安市  20日、延安市宝塔区青化砭鎮梁村のビニールハウス。(小型無人機から)中国陝西省延安市宝塔区青化砭(せいかへん)鎮梁村ではここ数年、土地柄に合わせて施設栽培を発展させてきた。今では標準的なビニールハウス57棟が設置されている。同村は2019年にスイカやメロンなど商品作物の栽培を通じて160万元(1元=約16円)の収入を実現し、地元農家のさらなる収入増につなげた。(延安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2020012321531

    「新華社」 雲南省と貴州省を結ぶ送電網、山岳地帯で進む架線作業  8日、送電線のすぐそばに架かる世界一高い橋「北盤江大橋」。(小型無人機から)中国の雲南省と貴州省を結ぶ送電網の建設プロジェクト「雲貴相互通路工程」は現在、貴州省六盤水市水城県の発耳鎮と都格鎮で架線作業が進められている。送電線は同地で省境の山岳地帯を越える。施行は送電大手の中国南方電網の系列インフラ建設企業、貴州送変電が手掛ける。計画によると、プロジェクトは今年4月末に完成し送電条件が整う。雲貴相互通路は、豊水期に雲南省の水力発電で得た電気を貴州省へ送電し、渇水期には貴州省の火力発電で得た電気を雲南省へ送る。水力と火力という両省がそれぞれ持つ優位性の相互補完に役立つ。(六盤水=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020011603232

    「新華社」 豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村で、「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅とその横にある畑および果物を栽培するビニールハウス。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019122401546

    「新華社」 野生のサジーで貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  18日、空から見た清水河県野生サジー保護地。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で最も南にある清水河県は、黄土丘陵ガリ谷区の地勢に属し、一年を通じて乾燥し雨が少なく、土壌侵食が深刻、生態環境は脆弱で経済発展も立ち遅れている。地元政府はここ数年、アリペイの環境保護に関する公益プラットフォーム「アント・フォレスト」や中国緑化基金会、内モンゴル農業大学と協力し、約2万ムー(約1333ヘクタール)の「野生沙棘(サジー、シーバックソーンとも呼ばれる)保護地」を設立。自然環境の保護に役立つだけでなく、地元住民、特に貧困家庭のために雇用を創出した。サジーは環境適応性に優れ、根系が発達していて、流砂を固定させ土壌を守り、土壌侵食を防ぐなど生態系保護機能を持つ。果実はビタミンCが豊富でジュースにすることもでき、生態的価値と経済的価値を兼ね備えている。(フフホト=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019121702327

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海を前に東澳島の海上に停泊する自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019121702276

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海に出発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019121702424

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海を前に東澳島の海上に停泊する自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019121702425

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海を前に東澳島の海上に停泊する自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121702370

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海に出発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121702341

    「新華社」 中国の自律航行貨物船「筋斗雲0号」、珠海で初の試験航海  15日、初の試験航海を前に東澳島の海上に停泊する自律航行貨物船「筋斗雲0号」。(小型無人機から)中国の企業が開発した自律航行貨物船「筋斗雲0号」が15日、広東省珠海市の東澳島で初めての試験航海を行った。島の特産品を搭載した同船は汽笛を鳴らした後、港珠澳大橋1号ふ頭に向け出港し、貨物運搬テストを実施した。(広州=新華社記者/鄧華)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121803906

    「新華社」 高さ152mの風力発電ユニット、グリッド接続を開始江蘇省揚州市  14日、上空から見た中国で最も高さのある風力発電ユニット。(小型無人機から)地上からの高さが中国で最も高い風力発電ユニットが14日、江蘇省揚州市でグリッド接続と発電を開始した。中国の送電大手、国家電網傘下の国網江蘇省電力公司揚州供電分公司が発表した。風力発電機のハブ高さ(地上からローターの中心までの高さ)は152メートル、それぞれのブレードの長さは60メートル、ブレードの先端から地面までの距離は92メートルとなっている。この発電ユニットは低風速の条件下で、業界では標準的なハブ高さ90~120メートルの風力発電機より約16%高い発電効率を実現できる。(揚州=新華社配信)=2019(令和元)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019121702353

    「新華社」 中国の海外投資建設で単機容量最大の火力発電ユニット稼働インドネシア  13日、空から見たインドネシア・バンテン州セラン県のジャワ7号石炭火力発電プロジェクト。(小型無人機から)中国国家能源投資集団は13日、国華インドネシア・ジャワ7号石炭火力発電プロジェクトの1号ユニットが正式に稼動したと発表した。同火力発電ユニットは中国企業が海外で投資建設した最大な単機容量と独自の知的財産権を有する発電ユニットだ。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019121702312

    「新華社」 中国の海外投資建設で単機容量最大の火力発電ユニット稼働インドネシア  13日、空から見たインドネシア・バンテン州セラン県のジャワ7号石炭火力発電プロジェクト。(小型無人機から)中国国家能源投資集団は13日、国華インドネシア・ジャワ7号石炭火力発電プロジェクトの1号ユニットが正式に稼動したと発表した。同火力発電ユニットは中国企業が海外で投資建設した最大な単機容量と独自の知的財産権を有する発電ユニットだ。(ジャカルタ=新華社記者/杜宇)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019121600840

    「新華社」 安徽省蚌埠市でレンコン豊作厳寒の中収穫作業  11日、レンコンを掘る作業員。(小型無人機から)寒さが厳しさを増す中、中国安徽省蚌埠(ほうふ)市五河県では、蟹谷香種養殖専門合作社(協同組合)の1500ムー(100ヘクタール)の畑で栽培しているレンコンが豊作となった。作業員はレンコンの収穫に追われている。(蚌埠=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019121600858

    「新華社」 安徽省蚌埠市でレンコン豊作厳寒の中収穫作業  11日、レンコンを掘る作業員。(小型無人機から)寒さが厳しさを増す中、中国安徽省蚌埠(ほうふ)市五河県では、蟹谷香種養殖専門合作社(協同組合)の1500ムー(100ヘクタール)の畑で栽培しているレンコンが豊作となった。作業員はレンコンの収穫に追われている。(蚌埠=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019121003364

    「新華社」 コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進スリランカ首相  7日、コロンボのポートシティーで行われた花火ショー。(小型無人機から)中国とスリランカが共同で開発と建設を進めるコロンボのポートシティーで7日夜、色とりどりの花火が輝く中、同地がスリランカの恒久的土地になったことを記念する祝賀式典が盛大に行われた。スリランカのマヒンダ・ラジャパクサ首相と中国の程学源(てい・がくげん)駐スリランカ大使が揃って出席した。コロンボのポートシティーはスリランカと中国が進める「一帯一路」重点協力プロジェクトで、埋め立て・覆土方式によりコロンボに近接する沿海部に新市街を建設する計画。プロジェクト完成後は金融・観光・物流・ITなどが集約された南アジア地域のハイエンドな複合都市となる見通し。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019121003268

    「新華社」 コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進スリランカ首相  7日、コロンボのポートシティーで行われた花火ショー。(小型無人機から)中国とスリランカが共同で開発と建設を進めるコロンボのポートシティーで7日夜、色とりどりの花火が輝く中、同地がスリランカの恒久的土地になったことを記念する祝賀式典が盛大に行われた。スリランカのマヒンダ・ラジャパクサ首相と中国の程学源(てい・がくげん)駐スリランカ大使が揃って出席した。コロンボのポートシティーはスリランカと中国が進める「一帯一路」重点協力プロジェクトで、埋め立て・覆土方式によりコロンボに近接する沿海部に新市街を建設する計画。プロジェクト完成後は金融・観光・物流・ITなどが集約された南アジア地域のハイエンドな複合都市となる見通し。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120900677

    「新華社」 桃花潭の冬景色安徽省涇県  6日朝、安徽省宣城市涇県の景勝地「桃花潭」で魚を捕る漁師。(小型無人機から)冬を迎え、中国安徽省宣城市涇(けい)県の景勝地「桃花潭(とうかたん)」では朝、一面に霧が立ち込め、幻想的な風景が広がった。(涇県=新華社配信/黄博涵)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019112801909

    パナ、半導体事業売却発表  パナソニックセミコンダクターソリューションズの本社=28日、京都府長岡京市(共同通信社ヘリから)

  31. 2019121003287

    「新華社」 コロンボのポートシティー・プロジェクトを全力で推進スリランカ首相  コロンボのポートシティー・プロジェクトの全景。(11月28日撮影、小型無人機から)中国とスリランカが共同で開発と建設を進めるコロンボのポートシティーで7日夜、色とりどりの花火が輝く中、同地がスリランカの恒久的土地になったことを記念する祝賀式典が盛大に行われた。スリランカのマヒンダ・ラジャパクサ首相と中国の程学源(てい・がくげん)駐スリランカ大使が揃って出席した。コロンボのポートシティーはスリランカと中国が進める「一帯一路」重点協力プロジェクトで、埋め立て・覆土方式によりコロンボに近接する沿海部に新市街を建設する計画。プロジェクト完成後は金融・観光・物流・ITなどが集約された南アジア地域のハイエンドな複合都市となる見通し。(コロンボ=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019120407015

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、雲南省石林イ族自治県北大村郷にある杏林大観園健康産業集団のサンシチニンジン水耕栽培ビニールハウス。(小型無人機から)中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019112701506

    「新華社」 アブラツバキ増産で貧困脱却を後押し広西凌雲県  24日、凌雲県下甲鎮双達村に広がるアブラツバキ畑。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市凌雲(りょううん)県はここ数年、「村集団+合作社(協同組合)+基地+農家」というモデルを採用し、収穫量の低いアブラツバキ畑を改造、増産に取り組んでいる。現在、同県のアブラツバキ栽培面積は27万ムー(約180平方キロ)余り、生産額は3億9千万元(1元=約16円)になっている。(凌雲=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019112102296

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019112102304

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019112102330

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019112102284

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、梱包された円筒状の稲わらが点在する田んぼ。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019112102306

    「新華社」 稲わらの収穫期迎える河北省曹妃甸区  18日、稲わらを梱包し円筒状にして回るトラクター。(小型無人機から)初冬を迎え、中国河北省唐山市曹妃甸区では、作業員が飼料用の稲わらの収穫に追われている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019112102228

    「新華社」 市街地で進む「トイレ革命」湖南省株洲市  17日、湖南省株洲市雲竜モデル区の華強路にある「建寧驛站」。(小型無人機から)中国湖南省株洲(しゅしゅう)市には、株洲の昔の呼び名である建寧(けんねい)にちなんだ「建寧驛站」がある。多様な機能を備え、さまざまなサービスを提供する複合施設で、中心となる公共トイレエリアやベビールームのほか、サービスエリアやスーパーマーケット、清掃員の休憩室や都市管理員の詰め所などが設けられている。市民のトイレ利用の需要を満たすとともに、無料の飲用冷水・温水サービス、体重計、救急箱、シェア傘なども提供している。現在までに同市の市街地には140カ所の「建寧驛站」が建設され、各驛站の1日当たりの平均利用者数は約2千人に達している。(株洲=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111600686

    大型サイド「山手線長時間運休」 首都の顔、交代狙う大事業  建設中の高輪ゲートウェイ駅(中央)=14日、東京都港区(共同通信社ヘリから)

  41. 2019111600681

    大型サイド「山手線長時間運休」 首都の顔、交代狙う大事業  東京都港区で建設中の高輪ゲートウェイ駅(中央)=14日(共同通信社ヘリから)

  42. 2019110804149

    台風19号、企業に深刻被害  台風19号の影響で一時、水に浸かった北陸新幹線の車両。廃車が決まった=5日、長野市赤沼地区の長野新幹線車両センター(共同通信社ヘリから)

  43. 2019111302865

    「新華社」 江西省婺源県に初冬の訪れ  7日、空から見た婺源県江湾鎮篁嶺(こうれい)村。(小型無人機から)中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県ではこのところ、カエデや天日干しされた作物、朝霧、棚田などの色彩がコントラストを作り出し、見る人を楽しませている。(婺源=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111302927

    「新華社」 実り豊かな江西省婺源県天日干しの風景  7日、天日干しのザルが並ぶ婺源県篁嶺風景区の風景。(小型無人機から)初冬を迎えた中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁嶺(こうれい)村では、人々が時間を見つけてトウガラシ、もみ、皇菊などの天日干しに精を出す。皇菊の栽培で収入増を実現した同村は、豊かな実りの中で穏やかな空気に包まれている。(婺源=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111104748

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111104755

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111104714

    「新華社」 黄河両岸に広がる晩秋の景色内モンゴル自治区  6日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)晩秋を迎え、中国内モンゴル自治区フフホト市トクト県を流れる黄河の両岸では、農作物の収穫が既に終わり、河川と岸辺の黄土の色が一体となった味わい深い風景を作り出している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019110701267

    「新華社」 菊花の収穫最盛期迎え、村が黄色に染まる湖南省衡陽市  3日、湖南省衡陽市南岳区寿岳郷岳林村の凰菊栽培基地で菊の花を収穫する農家の人。(小型無人機から)秋深まる中国湖南省衡陽(こうよう)市南岳区寿岳郷の岳林村はこのほど、高山凰菊の収穫期を迎えた。栽培基地にある600ムー(40ヘクタール)余りの畑で菊を栽培している地元の農家は、収穫や加工作業に追われている。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019110701376

    「新華社」 菊花の収穫最盛期迎え、村が黄色に染まる湖南省衡陽市  3日、湖南省衡陽市南岳区寿岳郷岳林村の凰菊栽培基地で、晴天の日を選んで菊の花を日干しにする作業員。(小型無人機から)秋深まる中国湖南省衡陽(こうよう)市南岳区寿岳郷の岳林村はこのほど、高山凰菊の収穫期を迎えた。栽培基地にある600ムー(40ヘクタール)余りの畑で菊を栽培している地元の農家は、収穫や加工作業に追われている。(衡陽=新華社配信/曹正平)=2019(令和元)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019110608435

    「新華社」 小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市  2日、武夷山市仙店村の茶畑。(小型無人機から)中国福建省武夷山市南部の興田鎮仙店村で2日、2019第3回武夷山茶葉交易会および「仙店杯」民生茶闘茶競技会が開催された。同村は山間部に位置する茶畑計約7千ムー(約467ヘクタール)以上の大部分で「高山雲霧有機茶」を栽培している。村では産業構造の転換による発展の道を探るため、茶産業資源を整理・統合し、「仙店人家」農民茶葉専業合作社(協同組合)を結成。闘茶競技会を村と企業の連携の場とし、茶農家の収入増と強い村づくりを実現した。仙店村は2018年、財政収入が131万1600元(1元=約15円)、住民1人当たりの可処分所得は1万6500元に達した。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像