検索結果 2,268 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101800173

    有明海でノリ種付け解禁 有明海に広がったノリ網  有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)

  2. 2020101800172

    有明海でノリ種付け解禁 有明海でカラフルなノリ網  有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)

  3. 2020101800171

    有明海でノリ種付け解禁 カラフルなノリ網  有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)

  4. 2020101800170

    有明海でノリ種付け解禁 有明海のノリ網  有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)

  5. 2020102104876

    新疆ウイグル自治区マナス県で綿花の収穫ピーク  17日、マナス県楽土駅鎮の綿花畑を往復する大型綿摘み機。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県にある83万ムー(約5万5333ヘクタール)の綿花畑では10月に入り、農家が豊作となった綿花の収穫に追われている。同県ではここ数年、農業機械の購入に対する補助金上乗せなどの優遇政策により、綿花産業の質の高い発展を促進している。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020102104927

    新疆ウイグル自治区マナス県で綿花の収穫ピーク  17日、マナス県楽土駅鎮に広がる綿花畑。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県にある83万ムー(約5万5333ヘクタール)の綿花畑では10月に入り、農家が豊作となった綿花の収穫に追われている。同県ではここ数年、農業機械の購入に対する補助金上乗せなどの優遇政策により、綿花産業の質の高い発展を促進している。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020101900874

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県で、コンバインを使ってイネを収穫する農家。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900809

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101900800

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900953

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900642

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、朝日に照らされた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020102104920

    キク栽培で農家の増収を推進河北省曲周県  16日、曲周県河南疃鎮連珠村にあるキクの栽培基地で、キクを摘む農家の人たち。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県河南疃鎮の連珠村では現在、農家の所得向上政策の一環として、130ヘクタール余りの畑でキクを栽培している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020101900750

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  16日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900829

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101900860

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020102104956

    キク栽培で農家の増収を推進河北省曲周県  16日、曲周県河南疃鎮連珠村にあるキクの栽培基地で、キクを摘む農家の人たち。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市曲周県河南疃鎮の連珠村では現在、農家の所得向上政策の一環として、130ヘクタール余りの畑でキクを栽培している。(曲周=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900857

    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020101900785

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン(右)。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020101900786

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020101900755

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020101901006

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020101900630

    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020101900933

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101901036

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、道路を渡る羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101901013

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020101901011

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、新疆阜康揚水発電所の「之」の字形のダム天端に続く道路。(小型無人機から)。中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020101900607

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020101900954

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101900949

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020101900825

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020101900947

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020101900805

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020101900832

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020101900920

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020101900597

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020101900614

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020101900578

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020101900613

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101900702

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村に広がるハヤトウリ畑の風景。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020101900534

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村に広がるハヤトウリ畑の風景。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020101901010

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020101900925

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、作業する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020101900787

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを積み上げる従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020101900811

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区李虎荘村で、コンバインを使って飼料用トウモロコシを収穫する農家。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020101900584

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020101704760

    果物の香り漂う実りの秋天津市薊州区  13日、天津市薊州区西葛岑村の果樹園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区西葛岑村では秋の収穫期を迎え、村の至る所で豊かに実った果物を見ることができる。同村はここ数年、「中華寿桃」(モモの一種)やリンゴの栽培産業を発展させており、村民の増収をけん引している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020101901005

    たわわに実った大地の恵み、収穫期迎えたリンゴ農園遼寧省  13日、台安県桑林鎮西平村のリンゴ農園で、収穫したリンゴを運ぶ農家の人。(小型無人機から)中国遼寧省鞍山市台安県にある10万5千ムー(約7千ヘクタール)のリンゴ農園では本格的な秋を迎え、同省の瀋陽農業大学が育成した耐寒性リンゴ「寒富」がたわわに実り、農家が収穫作業に追われている。同県はここ数年、環境保全の観点から、防護林の造林と「寒富」の高密植わい化栽培の導入を推進。防風対策、砂の固定を実施しつつ、地元農家に経済的利益をもたらしている。(鞍山=新華社記者/姚剣峰)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020101704719

    果物の香り漂う実りの秋天津市薊州区  13日、天津市薊州区西葛岑村の果樹園。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区西葛岑村では秋の収穫期を迎え、村の至る所で豊かに実った果物を見ることができる。同村はここ数年、「中華寿桃」(モモの一種)やリンゴの栽培産業を発展させており、村民の増収をけん引している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020101704972

    魚やエビの養殖と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し海南省  12日、瓊中リー族ミャオ族自治県湾嶺鎮大平村の「漁光互補」貧困救済プロジェクト。(小型無人機から)漁業と太陽光発電を一体化させた「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」貧困救済プロジェクトが現在、中国海南省の瓊中(けいちゅう)リー族ミャオ族自治県湾嶺鎮大平村で行われている。敷地面積300ムー(約20ヘクタール)余りの同プロジェクトでは、上方に太陽光パネルを設置した養魚池で魚やエビを養殖。2018年に送電を開始し、クリーンエネルギー発電、近代的養殖漁業、レジャー・観光・農業を結び付けた総合的な利用法で、周辺の貧困家庭に安定した増収の道を開いている。(瓊中=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020101704982

    魚やエビの養殖と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し海南省  12日、瓊中リー族ミャオ族自治県湾嶺鎮大平村の「漁光互補」貧困救済プロジェクト。(小型無人機から)漁業と太陽光発電を一体化させた「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」貧困救済プロジェクトが現在、中国海南省の瓊中(けいちゅう)リー族ミャオ族自治県湾嶺鎮大平村で行われている。敷地面積300ムー(約20ヘクタール)余りの同プロジェクトでは、上方に太陽光パネルを設置した養魚池で魚やエビを養殖。2018年に送電を開始し、クリーンエネルギー発電、近代的養殖漁業、レジャー・観光・農業を結び付けた総合的な利用法で、周辺の貧困家庭に安定した増収の道を開いている。(瓊中=新華社記者/楊冠宇)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像