検索結果 220 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092806706

    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県  23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点。(小型無人機から)中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020092505825

    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区  19日、チラ県にあるウサギの飼育基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020092505636

    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区  19日、チラ県にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された小康新区の家畜の飼育場。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020092505932

    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区  18日、ロプ県にある乳業メーカーの乳牛繁殖基地の一角。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020092505688

    ウサギやウシの飼育で貧困脱却を促進新疆ウイグル自治区  18日、ロプ県ハンギヤ(杭桂)鎮和佳新村にあるハトの繁殖基地。(小型無人機から)タクラマカン砂漠の南端に位置する中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区は、中国全国で貧困問題が特に深刻な地域として知られる。近年、貧困脱却の堅塁攻略戦に取り組みながら、産業による貧困脱却の促進に重点を置いてきた。同地区のロプ(洛浦)県やチラ(策勒)県などの地域と産業発展計画を策定。企業誘致や投資誘致に力を入れ、特色ある養殖業の発展を推進している。また、「飼育基地+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ホータン=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020092505894

    汚染区域を景勝地に、河北省で進む環境保護の取り組み  17日、河北省唐山市開平区東湖エリアの景勝地。(小型無人機から)中国河北省唐山市では2018年以降、公害の発生源となっていた企業72社と所有者のいない空き地327カ所を整理し、レジャーや観光スポットに生まれ変わらせる取り組みを進め、良好な成果を上げている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020092505492

    汚染区域を景勝地に、河北省で進む環境保護の取り組み  17日、河北省唐山市開平区東湖エリアの景勝地。(小型無人機から)中国河北省唐山市では2018年以降、公害の発生源となっていた企業72社と所有者のいない空き地327カ所を整理し、レジャーや観光スポットに生まれ変わらせる取り組みを進め、良好な成果を上げている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020092505693

    汚染区域を景勝地に、河北省で進む環境保護の取り組み  17日、河北省唐山市開平区東湖エリアの景勝地。(小型無人機から)中国河北省唐山市では2018年以降、公害の発生源となっていた企業72社と所有者のいない空き地327カ所を整理し、レジャーや観光スポットに生まれ変わらせる取り組みを進め、良好な成果を上げている。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020092303623

    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省  四川省のタバコメーカー、四川省煙草と国有企業、中国長江三峡集団の支援で建設された同省涼山イ族自治州普格県特補郷の甲甲溝村の新居。(9月2日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020092303715

    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省  四川省のタバコメーカー、四川省煙草と国有企業、中国長江三峡集団の支援で建設された同省涼山イ族自治州普格県特補郷の甲甲溝村の新居。(9月2日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081700730

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の肉牛養殖基地。(小型無人機から)中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081700823

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の肉牛養殖基地。(小型無人機から)中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080507843

    湖北省仙桃市の化学工業企業で爆発事故6人死亡4人負傷  3日、爆発事故の現場で消火活動に当たる消防隊員。(小型無人機から)中国湖北省仙桃市西流河鎮の化学工業メーカー、藍化有機硅で3日午後5時半ごろ、爆発事故が発生した。4日午前7時現在、6人が死亡し、4人が負傷した。負傷者の1人は軽傷で既に退院し、治療中の3人も命に別条はない。(仙桃=新華社配信)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081205344

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、陝西省の移住・転居による貧困救済事業の第1陣モデル地区として建設された洋県磨子橋移民新区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081205503

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、洋県紙坊街道の誘虫灯が一面に配置された水田。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020082600703

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020082600712

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020082600647

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020082600601

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020082600704

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020082600709

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072700518

    積極的施策で貿易企業を支援福建省福州市  21日、コンテナが積み上げられた福州青州コンテナターミナル。(小型無人機から)中国では今年に入り、国外からの受注停滞、原材料や人件費、運送コストの上昇などを受け、一部の輸出企業で運転資金の需要が高まっている。国家税務総局福州経済技術開発区税務局は管轄区域内の重点貿易企業を積極的に訪問し、経営状況の把握に努めるとともに、輸出税還付手続きの加速化や「非接触式」税務申告などの措置を通して支援している。統計によると、同開発区で今年上半期に輸出税還付手続きを行った企業は計423社で、手続きに要した時間は平均7日以内に短縮された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072700493

    積極的施策で貿易企業を支援福建省福州市  21日、福州青州コンテナターミナルで積み込みを待つコンテナ。(小型無人機から)中国では今年に入り、国外からの受注停滞、原材料や人件費、運送コストの上昇などを受け、一部の輸出企業で運転資金の需要が高まっている。国家税務総局福州経済技術開発区税務局は管轄区域内の重点貿易企業を積極的に訪問し、経営状況の把握に努めるとともに、輸出税還付手続きの加速化や「非接触式」税務申告などの措置を通して支援している。統計によると、同開発区で今年上半期に輸出税還付手続きを行った企業は計423社で、手続きに要した時間は平均7日以内に短縮された。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020082600605

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020082600645

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020082600708

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020082600701

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020082600607

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020082600637

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020082600641

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020082600714

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020082600638

    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力  ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070111154

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県を流れる長河。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020070111093

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県の長河帯状公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020070111136

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県の長河帯状公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070111155

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県の長河帯状公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070111183

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県の長河帯状公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070111089

    長河の環境改善、緑再び河北省遷西県  27日、河北省唐山市遷西県の長河帯状公園。(小型無人機から)中国河北省唐山市遷西県を流れる長河ではかつて、川砂や鉄鉱石の乱掘、無秩序な排出などにより生態環境が深刻に破壊されていた。同県政府は2018年、河川を整備して生態回復を進める活動を開始。長河と周辺の堆積物やごみの処理、汚染企業に対する全面的な管理を実施した。また、川沿いに帯状公園を建設し、住民の憩いの場所とすることで、周辺村落の住環境改善も実現した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062204706

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の一角。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062204672

    国家工業遺産、正豊鉱工業建築群を訪ねて河北省  9日、正豊鉱工業建築群の一角。(小型無人機から)中国河北省石家荘市井陘鉱(せいけいこう)区にある正豊炭鉱は、中国で最初期に建設された近代炭鉱の一つ。1912年、北洋政府の総理兼陸軍総長の段祺瑞(だん・きずい)が十数人の有力者から資金を集め、石炭企業の正豊煤鉱を設立し、同炭鉱が創設された。激動の100年を経て炭鉱の石炭資源が枯渇した現在、井陘鉱区は産業構造の転換により環境配慮型発展を推進し、工業遺産と歴史・文化資源を活用して工業観光区に生まれ変わった。正豊鉱工業建築群は2013年、第7次国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定、2018年には第2次国家工業遺産リストに登録された。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020061112169

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県の博斯塘湿地にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点。(5月20日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020061112021

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県の博斯塘湿地にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点。(5月20日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020061112168

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県の博斯塘湿地にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点。(5月20日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020061112049

    ガチョウの養殖で貧困脱却を後押し新疆ホータン地区  ケリヤ県の博斯塘湿地にある于田稲田鵝業養殖のガチョウ養殖・繁殖拠点。(5月20日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠の南端に位置するホータン地区ケリヤ(于田)県では、地元政府が2019年、同地の住民を貧困から脱却させ、生活の質の向上を図ろうと、大手企業を誘致して「企業+合作社(協同組合)+貧困世帯+農家」モデルを採用。ガチョウの養殖から食肉加工に至るまでの産業チェーンを構築し、ガチョウの養殖業の発展に力を入れている。広大な面積の博斯塘湿地では、内地から持ち込まれた数万羽のガチョウが次々と生息し、もともと水稲が栽培されていた水域は、生態養殖に最も適した場所となった。同県のガチョウの養殖事業に携わる企業、于田稲田鵝業養殖によると、同社は水田や湿地を利用した生態養殖をよりどころに、同自治区で最も地域的特色を持つガチョウ養殖・繁殖拠点を建設。より多くの貧困層のガチョウ養殖による貧困脱却を後押ししながら、市場競争力のある「稲田鵝(水田ガチョウ)」ブランドを育てていくという。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020052701240

    相次ぐ規模拡大、日本企業の中国投資意欲に陰りなし  20日、日本電気硝子の中国法人、電気硝子(アモイ)の全景。(小型無人機から)中国で新型コロナウイルスの感染が速やかに抑制され、企業活動の再開が全面的に進むにつれ、外資系企業の生産と経営も正常化に向かいつつある。福建省アモイ市の日系企業でも感染防止の取り組みが後半戦を迎え、多くの企業が生産を全面的に再開しただけでなく、計画に基づき規模を拡大し、投資を増加させている。対中投資の意欲に陰りは見えない。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020032609010

    工業企業、着実に操業再開寧夏回族自治区  17日、寧夏回族自治区寧東能源化工基地で建設中の寧夏百川高科新材寧東産業パーク。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区は、金融機関の信用貸付の拡大や企業の税負担の軽減などの関連政策を打ち出すことで、新型コロナウイルスの影響で春節(旧正月)休暇明けから操業を見合わせている企業の積極的かつ着実で秩序ある操業再開を後押ししている。自治区には一定規模(年商2千万元、1元=約16円)以上の工業企業が1184社あるが、92・2%に当たる1092社が既に操業を再開した。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020081205392

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県のアブラナ畑の中を走る列車。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020081205418

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020022503850

    操業再開で通勤ラッシュが「復活」山東省済南市  24日、済南市の順河高架橋を通行する自動車。(小型無人機から)中国山東省済南市では24日、久しぶりに朝の通勤ラッシュが「復活」した。道路の交通量が増え、一部エリアでは徐行が見られた。済南市は現在、全面的に操業を再開しており、一定規模(年商2千万元以上、1元=約16円)以上の工業企業の稼働率は98・2%に達している。(済南=新華社記者/朱崢)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020021901911

    校舎建設凍結、たなざらし 小学校の校舎  学校法人「森友学園」が建設中だった小学校校舎=18日、大阪府豊中市(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像