検索結果 18,517 件中 1 件 〜 50
  1. 2019121301100

    商品ニュース  イオンの「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」

  2. 2019121200012

    「北陸カレント」 農業や発電、多角化に活路  養豚に加えて養鶏に取り組む畜産農家の柴田時和さん=富山市

  3. 2019121200011

    「北陸カレント」 農業や発電、多角化に活路  養豚に加えて養鶏に取り組む畜産農家の柴田時和さん=富山市

  4. 2019121004132

    高収益作物への転換支援  「農業生産基盤強化プログラム」の主な数値目標

  5. 2019121004131

    高収益作物への転換支援  「農業生産基盤強化プログラム」の主な数値目標

  6. 2019121002836

    「12段用」 農業基盤強化策のポイント  農業生産基盤強化プログラムのポイント

  7. 2019121002835

    「12段用」 農業基盤強化策のポイント  農業生産基盤強化プログラムのポイント

  8. 2019121002834

    農業基盤強化策のポイント  農業生産基盤強化プログラムのポイント

  9. 2019121002833

    農業基盤強化策のポイント  農業生産基盤強化プログラムのポイント

  10. 2019120901398

    伝統の砂糖和三盆、次代に  サトウキビ畑の前に立つ「ばいこう堂」取締役の黒川昌雄さん=香川県東かがわ市

  11. 2019120500026

    「北陸カレント」 「町を薬草栽培の聖地に」  青葉山の麓に自生するゴシュユの実=福井県高浜町

  12. 2019120500016

    「北陸カレント」 「町を薬草栽培の聖地に」  ゴシュユの実を収穫する「青葉山麓研究所」の鋸谷茂所長=福井県高浜町

  13. 2019120500007

    「北陸カレント」 「町を薬草栽培の聖地に」  ゴシュユの実を収穫する「青葉山麓研究所」の鋸谷茂所長=福井県高浜町

  14. 2019120604549

    「新華社」 青枯病防除のための「カクテル療法」南京農業大のチームが最新研究成果を発表  バクテリオファージが青枯病菌を溶菌し、形成されたプラーク。中国南京農業大学の沈其栄(しん・きえい)教授らの研究チームが、土壌中のバクテリア群をコントロールして青枯病を予防、防除するバクテリオファージを用いた「カクテル療法」の最新の研究成果を3日付米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」に発表した。(南京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120604606

    「新華社」 青枯病防除のための「カクテル療法」南京農業大のチームが最新研究成果を発表  南京農業大学の土壌微生物・有機肥料研究チーム。中国南京農業大学の沈其栄(しん・きえい)教授らの研究チームが、土壌中のバクテリア群をコントロールして青枯病を予防、防除するバクテリオファージを用いた「カクテル療法」の最新の研究成果を3日付米科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」に発表した。(南京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120407236

    中村医師、銃撃され死亡  2010年2月、アフガニスタン・シェワで開かれた農業用水路の完工式でナンガルハル州知事に抱き上げられる中村哲さん(共同)

  17. 2019120300502

    子年の花絵、ハボタンで  農業公園サバーファームにお目見えした来年の干支にちなんだネズミの花絵=3日、大阪府富田林市

  18. 2019120900507

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自身の電子商取引(EC)拠点で棚の商品を整理する甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120900492

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、ライブ配信中の甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120900511

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、電子商取引(EC)カスタマーサービスと連携して、消費者からの質問に対応する甘有琴さん(左)。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120900488

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、カボチャ加工工場の生産ラインでカボチャを洗う従業員。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120900517

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、倉庫で出荷用の果物を梱包する甘有琴さん。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120900559

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、自宅で料理をしながらショート動画を撮影する甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120900525

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里鎮張営村のサトウキビ畑で収穫作業をする住民。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120900527

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里鎮張営村のサトウキビ畑で収穫作業をする住民。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120900534

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里工業集中区にあるカボチャ加工工場の生産ラインで働く従業員。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120900496

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  3日、出荷倉庫で果物の検査と選別をする甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120900479

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里鎮張営村のサトウキビ畑で収穫作業をする住民。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120900552

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里工業集中区にあるトウガラシ加工工場でトウガラシの酢漬けを箱詰めする従業員。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120900530

    「新華社」 農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県  上:ライブ配信で仲間と一緒に黒米ちまきを紹介する甘有琴さん(左)。下:甘有琴さんのライブ配信の様子。(12月3日撮影、組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120900514

    「新華社」 多彩な産業振興策で貧困脱却陝西省安康市  3日、漢浜区五里工業集中区にあるカボチャ加工工場でカボチャの種を整理する従業員。秦巴山地に位置する中国陝西省安康市漢浜区ではここ数年、トウガラシやクルミ、サトウキビやカボチャなど、土地に適した商品作物の栽培に取り組むとともに、農産物加工企業の育成に力を入れ、販路の問題を解決することで、地元農家の貧困脱却と収入増を後押ししてきた。(安康=新華社記者/邵瑞)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019121003824

    「山陽新聞」 冷蔵シャインマスカット本格出荷  出荷に向け箱詰めされる冷蔵シャインマスカット。JA全農おかやま(岡山市北区磨屋町)は、低温で約1カ月半貯蔵した冷蔵シャインマスカットの本格出荷を今年から始めた。大半は輸出向けで、オフシーズンに高値で販売することで農家の所得向上を目指す。=2019(令和元)年11月30日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  33. 2019112900383

    「Y01」▽経済・農業「農福連携に光」(イ) 支え合い、地域に活気  「くりのみ園」で収穫した野菜や加工品などを販売する店舗=長野市

  34. 2019112900380

    「Y01」▽経済・農業「農福連携に光」(イ) 支え合い、地域に活気  収穫したニンジンを手に笑顔を見せる「くりのみ園」で働く人たち=長野県小布施町

  35. 2019112900379

    「Y01」▽経済・農業「農福連携に光」(イ) 支え合い、地域に活気  収穫したニンジンを手に笑顔を見せる「くりのみ園」で働く人たち=長野県小布施町

  36. 2019120200828

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市大安村で韋従剛さん(左)とランの栽培技術について交流する竜連任(りゅう・れんにん)さん。竜さんはラン栽培で2017年に貧困から脱却した。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019120200838

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランをポットに植える花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019120407015

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、雲南省石林イ族自治県北大村郷にある杏林大観園健康産業集団のサンシチニンジン水耕栽培ビニールハウス。(小型無人機から)中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/陶亮)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019120407016

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、杏林大観園中医文化展覧館で中医薬の原料を見学する観光客。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019120407048

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、杏林大観園健康産業集団で水耕栽培されたサンシチニンジン。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019120406962

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、雲南省石林イ族自治県の黒石箐薬材生態園で生薬のツルソバを触る観光客。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/杜哲宇)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019120406986

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、石林桜花峪薬膳公園で薬膳料理に使われるサンシチニンジンとその根。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/蒲暁旭)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019120200815

    「新華社」 観光客を引き付ける美しい農村風景河南省新県  28日、河南省信陽市新県田鋪大塆村で、民家の入口にたたずむ農家の人。中国安徽省、湖北省、河南省の3省にまたがる大別山の山あいに位置する河南省信陽市新県はここ数年、環境資源を活かして美しい農村の建設に力を入れてきた。同県の複数の村落には、農村風景を目当てに多くの観光客が訪れている。(信陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019120200843

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市大安村でランの栽培技術について交流する花き農家。全員がラン栽培で貧困から脱却した。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019120200856

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランの生育状況を確認する花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019120407072

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、水耕栽培したサンシチニンジンの生育状況を確認する杏林大観園健康産業集団のスタッフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/謝剣飛)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019120407028

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、サンシチニンジンを使った烏骨鶏スープを調理する石林桜花峪薬膳公園のシェフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/孟麗静)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019120407018

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、サンシチニンジンをつぶす方法を説明する杏林大観園中医文化展覧館のスタッフ。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019120200734

    「新華社」 山奥のラン栽培で貧困脱却広西チワン族自治区  28日、茘浦市双江鎮永坪村のラン栽培モデル拠点でランの生育状況を確認する花き農家。中国広西チワン族自治区茘浦(れいほ)市双江鎮永坪村の村民、韋従剛(い・じゅうごう)さんは2002年から山で採取したランの株分け栽培を手掛け、財を成した。2017年には政府の支援の下、40ムー(約2・7ヘクタール)の敷地内に高い基準を満たしたランの栽培モデル拠点を設け、19年は敷地を120ムー(8ヘクタール)まで拡大した。韋さんはラン栽培モデル拠点に6カ所の「貧困扶助ビニールハウス」を設置し、一定の経験と技術を持ちながら貧しい生活を送るラン愛好家や貧困家庭を優先的に雇用してラン栽培の技術を教えている。韋さんの指導を経てラン栽培を手掛ける農家はすでに50戸を超えた。(茘浦=新華社記者/馮為民)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019120407037

    「新華社」 サンシチニンジンがエコ農業の新たな代名詞に雲南省石林県  11月28日、杏林大観園中医文化展覧館に展示されたサンシチニンジン。中国雲南省は生薬サンシチニンジンの主な産地として知られ、同省産サンシチニンジンは有名な中医薬「雲南白薬」の主要成分にもなっている。石林イ族自治県ではサンシチニンジン産業の発展に注力しており、県内の杏林大観園健康産業集団では、残留農薬や重金属が基準値を上回らないように、サンシチニンジンのパイプ水耕栽培を行っている。同県では現在、サンシチニンジン栽培の他、生薬エコ栽培観賞拠点を発展させ、サンシチニンジンを使った薬膳料理などの関連産業チェーンを開発しており、雲南産サンシチニンジンが同県エコ農業の新たな代名詞となっている。(昆明=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像