検索結果 1,394 件中 1 件 〜 50
  1. 2020113000921

    春待つ花、スイセンの植え付けが最盛期福建省漳州市  24日、福建省漳州市高新区の円山の麓にある「水仙花海核心保護区」で灌漑を施したスイセン畑で畝を作り、土寄せをする花卉農家。(小型無人機から)中国福建省漳州市はスイセンの栽培が盛んなことで知られている。同市はここ数年、スイセンの栽培面積を広げるため、円山の麓にスイセン原産地保護区を設立。うち、核心保護区の面積は3千ムー(200ヘクタール)に達している。ここ1カ月ほどはスイセンの植え付けが最盛期に入り、花卉農家は植え付けや水やり、施肥などの作業に追われている。(漳州=新華社配信/張旭)=2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020112006974

    和歌山・印南町で突風 突風被害のビニールハウス  突風で被害を受けたビニールハウス=20日午後3時15分、和歌山県印南町(共同通信社ヘリから)

  3. 2020112006966

    和歌山・印南町で突風 突風被害のビニールハウス  突風で被害を受けたビニールハウス=20日午後3時14分、和歌山県印南町(共同通信社ヘリから)

  4. 2020112601300

    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市  17日、武威優然牧業の乳牛飼育施設。(小型無人機から)中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020112601252

    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市  17日、牧草の積み込み作業を行う武威金科脈草業の従業員。(小型無人機から)中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020112600956

    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市  17日、牧草の積み込み作業を行う武威金科脈草業の従業員。(小型無人機から)中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020112601458

    牧畜業の産業集積を加速甘粛省武威市  17日、武威優然牧業の乳牛飼育施設。(小型無人機から)中国甘粛省武威市はここ数年、牧畜業の産業集積を加速させてきた。牧草栽培から肉牛・乳牛飼育、食肉や乳製品の加工まで完結した産業チェーンを構築し、資源の配分と利用を最適化することで、地元住民の雇用や増収増を促進している。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111704969

    稲の収穫で腕競う、秋の収穫技能大会浙江省杭州市  15日、収穫技能大会が行われた春華村の水田とその周辺の風景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区富春街道春華村の水田で15日、秋の収穫技能大会が開かれ、富春街道地区の村から計24チームが参加した。参加者は刈り取り、脱穀、袋詰め、わら縛りなどの競技で腕を競った。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020111704911

    稲の収穫で腕競う、秋の収穫技能大会浙江省杭州市  15日、春華村の水田で行われた収穫技能大会。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区富春街道春華村の水田で15日、秋の収穫技能大会が開かれ、富春街道地区の村から計24チームが参加した。参加者は刈り取り、脱穀、袋詰め、わら縛りなどの競技で腕を競った。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020111806441

    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県  15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020111704923

    稲の収穫で腕競う、秋の収穫技能大会浙江省杭州市  15日、春華村の水田で行われた収穫技能大会。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区富春街道春華村の水田で15日、秋の収穫技能大会が開かれ、富春街道地区の村から計24チームが参加した。参加者は刈り取り、脱穀、袋詰め、わら縛りなどの競技で腕を競った。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020111806421

    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県  15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜生産基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020111806593

    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県  15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020111704985

    稲の収穫で腕競う、秋の収穫技能大会浙江省杭州市  15日、春華村の水田で行われた収穫技能大会。(小型無人機から)中国浙江省杭州市富陽区富春街道春華村の水田で15日、秋の収穫技能大会が開かれ、富春街道地区の村から計24チームが参加した。参加者は刈り取り、脱穀、袋詰め、わら縛りなどの競技で腕を競った。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020111902522

    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市  14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子ども。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020111902509

    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市  14日、保護者と一緒に広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020111902580

    市中心部の田んぼで農業体験広東省広州市  14日、保護者と広州市の海珠湿地の水田を訪れ、晩稲(おくて)の刈り取りを体験する子どもたち。(小型無人機から)中国広東省広州市の広州海珠国家湿地公園管理処はここ数年、園内の二期作田で「自然と共に歩む」と題した親子教室を開催し、市民が農業に触れる機会を設けている。稲田は湿地の各種生き物に生息地を提供し、良好な生態学上の効果ももたらしている。(広州=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020111602443

    「中国一のモッコウ村」が切り開いた豊かさへの道  重慶市開州区関面郷泉秀村の標高約2千メートルの高山に広がる2万ムー(約1320ヘクタール)の中医薬材料モッコウの栽培場。(資料写真、小型無人機から)中国重慶市開州区関面郷泉秀村は「中国一のモッコウ村」と呼ばれ、中国全体の25%を占めるモッコウを生産する。晩秋、標高約2千メートルの同村七里坪に足を踏み入れると、爽やかな香りが漂ってくる。約2万ムー(約1320ヘクタール)の見渡す限りに広がるモッコウを農家の人たちが根を掘り起こして収穫したり、火であぶったりして忙しく働く姿を見ることができる。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020111602412

    「中国一のモッコウ村」が切り開いた豊かさへの道  重慶市開州区関面郷泉秀村の標高約2千メートルの高山に広がる2万ムー(約1320ヘクタール)の中医薬材料モッコウの栽培場。(資料写真、小型無人機から)中国重慶市開州区関面郷泉秀村は「中国一のモッコウ村」と呼ばれ、中国全体の25%を占めるモッコウを生産する。晩秋、標高約2千メートルの同村七里坪に足を踏み入れると、爽やかな香りが漂ってくる。約2万ムー(約1320ヘクタール)の見渡す限りに広がるモッコウを農家の人たちが根を掘り起こして収穫したり、火であぶったりして忙しく働く姿を見ることができる。(重慶=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020111602683

    初冬の稲刈りに大忙し湖南省安郷県  12日、湖南省常徳市安郷県安全郷の田んぼで、刈り取り機を運転する農民。(小型無人機から)中国湖南省常徳市安郷県安全郷では稲の収穫期を迎え、晴れた日に農家の人々が稲刈りに追われている。(安郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020111602665

    初冬の稲刈りに大忙し湖南省安郷県  12日、空から見た湖南省常徳市安郷県安全郷の田んぼ。(小型無人機から)中国湖南省常徳市安郷県安全郷では稲の収穫期を迎え、晴れた日に農家の人々が稲刈りに追われている。(安郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020111602678

    初冬の稲刈りに大忙し湖南省安郷県  12日、湖南省常徳市安郷県安全郷の田んぼで、収穫したもみをトラックに積み込む農民。(小型無人機から)中国湖南省常徳市安郷県安全郷では稲の収穫期を迎え、晴れた日に農家の人々が稲刈りに追われている。(安郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020111006147

    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市  8日、沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020111006044

    菊花園に初冬の彩り河北省沙河市  8日、上空から見た沙河市白塔鎮欒卸村の菊花園。(小型無人機から)中国河北省沙河市白塔鎮欒卸(らんしゃ)村でこのほど、菊花園がオープンし、多くの観光客が訪れている。同園では500品種を超える菊計3万鉢以上を栽培し、村の美化と観光発展に役立てている。(沙河=新華社記者/曹国廠)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020113000747

    春待つ花、スイセンの植え付けが最盛期福建省漳州市  福建省漳州市高新区の円山の麓にある「水仙花海核心保護区」で畝を作る花卉農家。(11月6日撮影、小型無人機から)中国福建省漳州市はスイセンの栽培が盛んなことで知られている。同市はここ数年、スイセンの栽培面積を広げるため、円山の麓にスイセン原産地保護区を設立。うち、核心保護区の面積は3千ムー(200ヘクタール)に達している。ここ1カ月ほどはスイセンの植え付けが最盛期に入り、花卉農家は植え付けや水やり、施肥などの作業に追われている。(漳州=新華社配信/張旭)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020110904579

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020110904527

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020110904331

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020110904561

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020110904453

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクトの現場。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020110904215

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020110904217

    漁業と太陽光発電を一体化、貧困脱却を後押し江蘇省宝応県  5日、揚州市宝応県射陽湖(しゃようこ)鎮の100メガワット「漁光互補」太陽光発電プロジェクト現場で、巡回点検を行う作業員。(小型無人機から)中国江蘇省揚州市宝応県はここ数年、生態循環農業に大々的に取り組んでいる。荒れた川辺の砂地やくぼ地に手を入れ、漁業と発電を一体化した生態漁業の「漁光互補(漁業と太陽光発電の相互支援)」太陽光発電所を建設、地元の漁業生産量と農家の収入を増加させ、環境に配慮した新エネルギーの開発と農村振興を同時に推進している。地元の電力供給部門によると現在、同県の「漁光互補」太陽光発電所は面積が6万ムー(40平方キロ)余りに達し、17の「漁光互補」プロジェクトがすでに送電を開始しており、接続容量は712メガワットに達しているという。(揚州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020111006029

    落花生が豊作、収穫に大忙し遼寧省錦州市  4日、錦州市義県張家堡鎮官場溝村の加工工場にある落花生の天日干し場。(小型無人機から)晩秋を迎えた中国遼寧省錦州市義県では、落花生の収穫が終わり、農家の人たちが天日干し、選別、加工などの作業に追われている。現在、県全体の落花生の栽培面積は31万ムー(約2万667ヘクタール)、年間生産量は9万トン余り、総生産額は6億5千万元(1元=約16円)、年間加工能力は40万トンに達しており、落花生栽培は地元農家の増収の重要な手段となっている。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020111006215

    落花生が豊作、収穫に大忙し遼寧省錦州市  4日、錦州市義県張家堡鎮の官場溝村にある加工工場で、落花生をトラックに積み込む従業員。(小型無人機から)晩秋を迎えた中国遼寧省錦州市義県では、落花生の収穫が終わり、農家の人たちが天日干し、選別、加工などの作業に追われている。現在、県全体の落花生の栽培面積は31万ムー(約2万667ヘクタール)、年間生産量は9万トン余り、総生産額は6億5千万元(1元=約16円)、年間加工能力は40万トンに達しており、落花生栽培は地元農家の増収の重要な手段となっている。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020111300948

    「一村一品」の取り組みで豊かな暮らしを目指す河北省  4日、河北省邯鄲市邯山区代召郷の西聶荘村で、菊の仕分け作業をする農家の人たち。(小型無人機から)中国河北省邯鄲(かんたん)市はここ数年、地域資源を生かして地域振興を目指す「一村一品」の取り組みを中心に、各村が土地の状況に合わせた措置を講じて、農業の特徴的な主導産業を育成し、特色ある栽培業と契約農業の発展を推進。農村産業への資金援助を拡大するとともに、農家の増収ルートを広げている。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020110904184

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020110904323

    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市  3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取ったもみ米をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020110904301

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020110904273

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020110904635

    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市  3日、黄金色に彩られた南昌県蒋巷鎮の田園風景。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020110904344

    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市  3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020110904621

    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市  3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020110904319

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020110904631

    秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに江西省南昌市  3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取った稲穂をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から)中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020110904292

    収入増もたらす高山皇菊、南昌市で収穫江西省  3日、江西省南昌市紅星村で高山皇菊を摘む村民。(小型無人機から)中国江西省南昌市紅星村では、約7ヘクタールの畑で有機栽培された高山皇菊が収穫期を迎えている。農家の人々は地元政府の支援の下、育てた花を販売して収入増につなげている。(南昌=新華社記者/万象)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020110904187

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020110904417

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020110904259

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020110904250

    稲刈り後の稲わら、回収後に再利用へ江西省南昌市  3日、江西省南昌市南昌県蔣巷鎮の田んぼで稲わらを機械で回収する農家の人たち。(小型無人機から)中国江西省南昌市南昌県蔣巷鎮でこのほど、稲刈りと同時に稲わらの回収作業が行われた。地元農家の人たちは回収した稲わらを焼却せず、再利用している。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020110500325

    紅葉に映える美しい山村浙江省杭州市  1日、空から見た浙江省杭州市指南村の金色に輝く稲田。(小型無人機から)中国浙江省杭州市の臨安区太湖源鎮指南村で1日、「指南紅葉祭」が開かれ、紅葉や棚田の観賞、稲刈り体験、音楽会、山頂での星空キャンプなどをテーマにしたイベントが行われた。指南村は標高600メートル近くで、森林が村全体の93%以上を占める。毎年秋が深まる頃、周辺に広がる棚田や黄金色のイチョウ、真っ赤に色づいたカエデの葉が織りなす絶景が楽しめる。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像