検索結果 24,442 件中 1 件 〜 50
  1. 2020070103641

    「いつか福島の果物を」 佐藤錦を収穫する佐藤さん  サクランボ「佐藤錦」を収穫する佐藤俊彦さん=6月24日、新潟県聖籠町 「NEWSパーク」

  2. 2020070103637

    「いつか福島の果物を」 収穫されたばかりの佐藤錦  収穫されたばかりのサクランボ「佐藤錦」 「NEWSパーク」

  3. 2020063003645

    大はしゃぎ  ネパールの首都カトマンズの水田で、はしゃぐ人々。泥まみれになりながらも楽しそうです。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  4. 2020070200605

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070200523

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県にある「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」の一角。(小型無人機から)中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070200585

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070200564

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070200529

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で自撮りする観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070200607

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070200606

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070200597

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」で、アラゲハンゴンソウの手入れをする従業員。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070200599

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で写真を撮る観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070200507

    中薬材の栽培で「美しい経済」を形成河北省内丘県  27日、内丘県の「扁鵲薬谷中薬材栽培基地」にある中薬材の花畑で自撮りする観光客。中国河北省邢台市内丘(ないきゅう)県は近年、地元の山地と丘陵の地理的優位性を生かし、大規模な扁鵲(中国古代の名医)薬谷中薬材栽培モデルパークを構築。農家のアラゲハンゴンソウ、キキョウ、オウゴンなどの中薬材栽培を後押しし、農業と郷村観光の融合を推し進めることで、農業の効果的な向上と農家の増収を促している。(内丘=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062610032

    空港スタッフが農業手伝い 剪定作業する空港スタッフ  アスパラガスの剪定作業をする日本航空函館空港所のグランドスタッフ=5日、北海道函館市

  15. 2020062408277

    九州農業情勢のポイント  2020年版九州農業情勢のポイント

  16. 2020062408274

    九州農業情勢のポイント  2020年版九州農業情勢のポイント

  17. 2020062408081

    トマト農家で外国人が活躍 アイリン・カストロさん  ミニトマトを収穫するフィリピン人のアイリン・カストロさん=19日、熊本県八代市

  18. 2020062408079

    トマト農家で外国人が活躍 収穫するカストロさん  ミニトマトを収穫するフィリピン人のアイリン・カストロさん=19日、熊本県八代市

  19. 2020062405363

    黄門様の愛した茶が復活 茶を見つめる関係者  製茶された「初音」を見つめるJA水戸古内茶生産組合の関係者=24日午前、茨城県城里町

  20. 2020062405362

    黄門様の愛した茶が復活 茶を見つめる関係者  製茶された「初音」を見つめるJA水戸古内茶生産組合の関係者=24日午前、茨城県城里町

  21. 2020062804811

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、棚田で田植えをする村民。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804884

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804897

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804869

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062804761

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020070111079

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020070111050

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020070111171

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人たち。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020070111173

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020070111119

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020070111120

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070111125

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020070111138

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062804839

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062804809

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020070111074

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070111077

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020070111080

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花畑で働く作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020070111128

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花壇で花の手入れをする作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020070111130

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自宅前の畑に植えた野菜の手入れをする徳勝村の村民。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020070111103

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020070111109

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」で、「福」の字が書かれた飾りを整える徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん(右)。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020070111110

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020070111097

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村の風景。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062804822

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062804830

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062804898

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県にある念山棚田の小型の田んぼ。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062804843

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020070111121

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020070111075

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」のベランダで、シーツを干す徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像