検索結果 59,919 件中 1 件 〜 50
  1. 2020102602690

    福島事故、責務果たさず 報告書を手渡す中島健座長  報告書を新潟県の花角英世知事(右)に手渡す「技術委員会」の中島健座長=26日午前、新潟県庁

  2. 2020102602188

    地権者説明会、来春開催 取材に応じる漁協組合長  防衛省の担当者との面会後、取材に応じる佐賀県有明海漁協の西久保敏組合長=26日午後、佐賀市

  3. 2020102601664

    処理水放出への反対強まる 海洋生物のパネル  26日、ソウルで開かれたデモで海洋生物のパネルを設置する非政府組織(NGO)「環境運動連合」のメンバーら(共同)

  4. 2020102601512

    ダム建設、民意形成が重要 座長と熊本県知事  熊本県の有識者会議の五百旗頭真座長(左)から提言書を受け取った蒲島郁夫知事=26日午後、熊本県庁

  5. 2020102500166

    厄介な水草、活用の動き 乾燥した水草入れる小学生  乾燥させた水草を袋に入れる小学生たち=6日、北海道釧路市の阿寒湖 「列島ライトアップ」

  6. 2020102500165

    厄介な水草、活用の動き 水草を袋に入れる小学生  乾燥させた水草を袋に入れる小学生たち=6日、北海道釧路市の阿寒湖 「列島ライトアップ」

  7. 2020102405744

    治水対策巡り知事決断注目 漁協から意見聴取する知事  熊本県人吉市で治水対策について漁協から意見聴取をする蒲島郁夫知事=15日 「大型サイド」川辺川ダム

  8. 2020102405738

    治水対策巡り知事決断注目 あいさつする蒲島知事  農林水産団体から意見を聴く会合であいさつする熊本県の蒲島郁夫知事=15日、熊本県人吉市 「大型サイド」川辺川ダム

  9. 2020102405568

    インド首都で大気汚染悪化 対策促すボランティア  大気汚染対策として信号待ちの間にエンジンを止めるよう促す学生ボランティア=24日、ニューデリー(共同)

  10. 2020102405567

    インド首都で大気汚染悪化 かすむ観光名所  大気汚染でかすむ観光名所「インド門」=24日、ニューデリー(共同)

  11. 2020102303268

    迅速再開のルール策定へ 謝罪する宮原幸一郎社長ら  東京証券取引所が開いたシステム障害の再発防止策を検討する協議会の初会合で、謝罪する宮原幸一郎社長(中央)ら=23日午後、東京・日本橋兜町

  12. 2020102302448

    「日本漁船の安全確保」 視察する野上農相  水産庁の漁業取締船「白竜丸」を視察する野上農相(手前右)=23日午後、東京・晴海ふ頭

  13. 2020102302447

    「日本漁船の安全確保」 視察の野上農相  水産庁の漁業取締船「白竜丸」を視察する野上農相(手前右)=23日午後、東京・晴海ふ頭

  14. 2020102302263

    高浜議会、来月同意判断へ 高浜町議会の全員協議会  高浜町議会の全員協議会=23日午前、福井県高浜町役場

  15. 2020102302248

    異臭騒ぎ、機材貸与に謝意 小泉氏と面会の黒岩知事  小泉環境相(左)と面会する神奈川県の黒岩祐治知事=23日午前、環境省

  16. 2020102302192

    馬毛島基地巡り意見交換 意見交換する知事と首長  馬毛島への自衛隊基地建設を巡り意見交換する鹿児島県の塩田康一知事(右から3人目)と周辺自治体の首長=23日午前、鹿児島県庁

  17. 2020102208899

    辺野古移設に理解要請 要望書を手渡す沖縄知事  岸防衛相(左)に要望書を手渡す沖縄県の玉城デニー知事=22日午後、沖縄県庁

  18. 2020102208608

    基地外宿泊「懸念を解消」 九州防衛局の広瀬律子局長  基地外宿泊の理解を求める九州防衛局の広瀬律子局長=22日午後、宮崎県庁

  19. 2020102208513

    宮城県議会が再稼働同意 取材に応じる村井知事  宮城県議会が東北電力女川原発2号機の再稼働への同意表明を求める請願を採択したことを受け、報道陣の取材に応じる村井嘉浩知事=22日午後、仙台市

  20. 2020102208505

    宮城県議会が再稼働同意 質問に答える村井知事  宮城県議会が東北電力女川原発2号機の再稼働への同意表明を求める請願を採択したことを受け、記者の質問に答える村井嘉浩知事=22日午後、仙台市

  21. 2020102203624

    最大の原子力砕氷船が完成 原子力砕氷船「北極」  ロシア北部ムルマンスクを航行する原子力砕氷船「北極」=12日(タス=共同)

  22. 2020102601589

    2020ヒマラヤ横断自転車レースが閉幕チベット自治区  22日、第3回ヒマラヤ横断自転車エクストリーム・レースに参加した西蔵亜車チームのメンバー。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市とラサ市で20~22日、第3回ヒマラヤ横断自転車エクストリーム・レースが開催された。種目はロードレース(総距離218キロ)とオフロードレース(同226キロ)で、スタート地点のニンティ市会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)から終点のラサ市のポタラ宮広場までを、3ステージに分けて競った。ロードレースには11チーム52人の選手が、オフロードレースには15チーム53人の選手が臨んだ。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020102601514

    2020ヒマラヤ横断自転車レースが閉幕チベット自治区  22日、ロードレース団体部門で総合優勝した緑山園林インターコンチネンタルチームのメンバー。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市とラサ市で20~22日、第3回ヒマラヤ横断自転車エクストリーム・レースが開催された。種目はロードレース(総距離218キロ)とオフロードレース(同226キロ)で、スタート地点のニンティ市会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)から終点のラサ市のポタラ宮広場までを、3ステージに分けて競った。ロードレースには11チーム52人の選手が、オフロードレースには15チーム53人の選手が臨んだ。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020102601474

    2020ヒマラヤ横断自転車レースが閉幕チベット自治区  22日、賞杯にキスをする、ロードレース個人部門で総合優勝した樊超(はん・ちょう)選手。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市とラサ市で20~22日、第3回ヒマラヤ横断自転車エクストリーム・レースが開催された。種目はロードレース(総距離218キロ)とオフロードレース(同226キロ)で、スタート地点のニンティ市会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)から終点のラサ市のポタラ宮広場までを、3ステージに分けて競った。ロードレースには11チーム52人の選手が、オフロードレースには15チーム53人の選手が臨んだ。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020102107626

    川辺川ダム、判断表明へ 記者会見する蒲島知事  記者会見する熊本県の蒲島郁夫知事=21日、熊本県庁

  26. 2020102106563

    金閣寺違法工事の処分要請 記者会見する東洋一さん  記者会見する京都市埋蔵文化財研究所の東洋一さん(右)=21日午後、京都市

  27. 2020102104160

    ナキウサギ、冬にそなえて エゾナキウサギ  北海道鹿追町の然別湖近くの岩場で餌を食べるエゾナキウサギ=15日  ニュースアラカルト(生きもの)「ナキウサギ、冬にそなえて」

  28. 2020102601751

    オグロヅルの越冬地に初雪雲南省大山包自然保護区  21日、雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区の雪景色。中国雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区でこのほど、今年初めての雪が降った。同保護区は国内有数のオグロヅルの越冬生息地。生態環境の改善と保護レベルの強化に伴い、ここ数年、この地で冬を過ごすオグロヅルが増えている。(昭通=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020102601619

    オグロヅルの越冬地に初雪雲南省大山包自然保護区  21日、雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区の雪景色。中国雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区でこのほど、今年初めての雪が降った。同保護区は国内有数のオグロヅルの越冬生息地。生態環境の改善と保護レベルの強化に伴い、ここ数年、この地で冬を過ごすオグロヅルが増えている。(昭通=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020102601513

    オグロヅルの越冬地に初雪雲南省大山包自然保護区  21日、雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区の雪景色。中国雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区でこのほど、今年初めての雪が降った。同保護区は国内有数のオグロヅルの越冬生息地。生態環境の改善と保護レベルの強化に伴い、ここ数年、この地で冬を過ごすオグロヅルが増えている。(昭通=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020102601668

    オグロヅルの越冬地に初雪雲南省大山包自然保護区  21日、雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区の雪景色。中国雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区でこのほど、今年初めての雪が降った。同保護区は国内有数のオグロヅルの越冬生息地。生態環境の改善と保護レベルの強化に伴い、ここ数年、この地で冬を過ごすオグロヅルが増えている。(昭通=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020102601765

    オグロヅルの越冬地に初雪雲南省大山包自然保護区  21日、雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区の雪景色。中国雲南省昭通市の大山包オグロヅル国家級自然保護区でこのほど、今年初めての雪が降った。同保護区は国内有数のオグロヅルの越冬生息地。生態環境の改善と保護レベルの強化に伴い、ここ数年、この地で冬を過ごすオグロヅルが増えている。(昭通=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020102004298

    馬毛島、11月にも環境評価 参加した漁協の組合員  馬毛島への自衛隊基地建設を巡り開かれた説明会に参加した地元漁協の組合員=20日午後、鹿児島県西之表市

  34. 2020102002404

    リニア工事で流量確保要請 要請書を手渡す団体関係者  川勝平太静岡県知事(左)に要請書を手渡す地元3団体の代表=20日午前、静岡県庁

  35. 2020101902678

    操業隻数の制限確認 記者会見する実石組合長  会合後に記者会見する静岡県桜えび漁業組合の実石正則組合長=19日午後、静岡市

  36. 2020102601701

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区で、湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020102601758

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区の湿地で、羽を休めるソデグロヅルの群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020102601578

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区で、湿地から飛び立つソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020102601593

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020102601558

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区で、湿地から飛び立つソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020102601559

    秋の大空を舞うソデグロヅルの群れ吉林省白城市  19日、莫莫格国家級自然保護区で、湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区ではここ最近、千羽ほどのソデグロヅルが飛来している。一部の個体群はシベリアで繁殖し、江西省の鄱陽(はよう)湖で越冬する。同保護区の莫莫格湿地は、毎年秋に南へ移動するソデグロヅルの群れが羽を休める重要な休息地となっている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020102206275

    秋色に染まる湿地に渡り鳥が飛来新疆ウイグル自治区  18日、マナス国家湿地公園の湖で羽を休めるシラサギ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス(瑪納斯)県にあるマナス国家湿地公園では、草原が秋色に染まり、一年で最も美しい季節を迎えている。越冬のため飛来してきた数万羽もの渡り鳥が羽を休め、餌を探し、水辺で遊ぶ姿は、同地の風物詩になっている。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020102206409

    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区  18日、新疆マナス国家湿地公園にある木の上で羽を休めるカワウの大群。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020102206433

    黒竜江省三江自然保護区、コウノトリの群れ400羽余りを観測  18日、三江自然保護区に飛来したコウノトリ。中国黒竜江省三江自然保護区によると、18日実施した秋の鳥類調査で、コウノトリの群れ400羽以上が飛来していることをスタッフが確認した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020102007136

    輸入博に出展予定の大型ブルドーザー、上海に到着  18日、「中海北氷洋」号が迅速に入国できるよう事前に埠頭で待機する上海洋山港の出入国検査官。中国上海市で11月5日に開幕する第3回中国国際輸入博覧会に出展される大型ブルドーザーを載せたコンテナ貨物船「中海北氷洋」号が18日、同市洋山港第2期埠頭(ふとう)に入港した。ブルドーザーを出展するのはポーランドからの重機メーカー「柳工ドレスタ」。(上海=新華社配信/楊大勇)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020102206360

    大石峡水利中枢プロジェクト、本体建設が着実に進む新疆アクス地区  18日、新疆大石峡水利中枢ロジェクトの建設現場で作業を行う掘削機と運搬車両。中国新疆ウイグル自治区の大石峡水利中枢プロジェクトは現在、水利中枢本体の建設が着実に進んでいる。国家節水・給水重要水利プロジェクトとして、同自治区アクス地区を流れるクマラク(庫瑪拉克)川の中・下流域、オンスー(温宿)県とウシュトゥルファン(鳥什)県の境界付近にある大石峡峡谷に建設されている。昨年11月に着工し、貯水ダムと余水路、放水排砂ゲート、流れ込み式発電システムなどを建設する予定。完成後はタリム川流域の生態環境改善に寄与し、南疆(新疆の天山山脈以南の地域)の経済と社会の発展を促進する。(アクス=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020102206340

    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区  18日、新疆マナス国家湿地公園の上空を飛ぶハイイロガン。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020102206434

    黒竜江省三江自然保護区、コウノトリの群れ400羽余りを観測  18日、三江自然保護区に飛来したコウノトリの群れ。中国黒竜江省三江自然保護区によると、18日実施した秋の鳥類調査で、コウノトリの群れ400羽以上が飛来していることをスタッフが確認した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020102206309

    生態補水でよみがえった渡り鳥の楽園新疆ウイグル自治区  18日、新疆マナス国家湿地公園で餌を探すシラサギ。中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の天山山脈北麓にあるマナス国家湿地公園では、秋に入り多くの渡り鳥が飛来している。地元の管理保護部門はここ数年、生態補水を継続的に実施し、今年はすでに約1500万立方メートル近くの補水を終えている。砂漠周辺にあるため縮小していた湿地は補水により面積が拡大し、再び生命力を取り戻した。(マナス=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020102206369

    黒竜江省三江自然保護区、コウノトリの群れ400羽余りを観測  18日、三江自然保護区に飛来したコウノトリの群れ。中国黒竜江省三江自然保護区によると、18日実施した秋の鳥類調査で、コウノトリの群れ400羽以上が飛来していることをスタッフが確認した。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像