検索結果 88,504 件中 1 件 〜 50
  1. 2020081404385

    「悲劇繰り返さないで」 松永さんと坂本さんが会見  記者会見する松永幸一郎さん(左)と坂本しのぶさん=14日午後、熊本県水俣市

  2. 2020081403702

    無人島の漂着プラごみ回収 説明する岩田さん  佐田岬半島の浜のごみの状況を説明する岩田功次さん=7月、愛媛県伊方町

  3. 2020081303286

    ダム賛否、議論再燃 人吉市の空撮  7月、球磨川が氾濫し、水に漬かった熊本県人吉市の市街地 「大型サイド」記録的豪雨

  4. 2020081303236

    ダム賛否、議論再燃  主な治水対策 「大型サイド」記録的豪雨

  5. 2020081303232

    ダム賛否、議論再燃  主な治水対策 「大型サイド」記録的豪雨

  6. 2020081303123

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  7. 2020081303120

    週末と来週のお天気  週末と来週のお天気

  8. 2020081302819

    健康意識高まり水耕栽培 水耕栽培施設  ハイディールさん(右)が運営する水耕栽培施設=7月、インドネシア・バンテン州南タンゲラン市(共同) 「アジア発」アジアビジネス

  9. 2020081302799

    原子力推進の看板展示要望 大沼勇治さん  福島県双葉町に掲げられていた原子力推進の看板の標語を考案した大沼勇治さん=7月

  10. 2020081302787

    原子力推進看板の展示要望 双葉町の看板  福島県双葉町の「原子力 明るい未来の エネルギー」と書かれた看板=2014年11月

  11. 2020081302565

    国立公園「入山料」広がる 環境省の辻田香織さん  木道の資材に手を置く環境省大山隠岐国立公園管理事務所の辻田香織所長。奥は建て替え工事中の避難小屋=4日、鳥取県の大山頂上近く 「スクランブル」

  12. 2020081302564

    国立公園「入山料」広がる 大山を彩る高山植物  大山の頂上近くに咲く高山植物の花=4日、鳥取県 「スクランブル」

  13. 2020081302243

    国立公園「入山料」広がる 辻田香織所長  環境省大山隠岐国立公園管理事務所の辻田香織所長=鳥取県の大山 「スクランブル」

  14. 2020081203864

    菅氏、洪水対策でダム視察 取材に応じる菅官房長官  須田貝ダムを視察後、記者団の取材に応じる菅官房長官=12日午前、群馬県みなかみ町

  15. 2020081203860

    菅氏、洪水対策でダム視察 取材に応じる菅官房長官  須田貝ダムを視察後、記者団の取材に応じる菅官房長官=12日午前、群馬県みなかみ町

  16. 2020081203455

    菅氏、洪水対策でダム視察 説明を聞く菅官房長官  須田貝ダムを視察し、関係者から説明を聞く菅官房長官(右から2人目)=12日午前、群馬県みなかみ町

  17. 2020081203452

    菅氏、洪水対策でダム視察 説明を聞く菅官房長官  須田貝ダムを視察し、関係者から説明を聞く菅官房長官(中央)=12日午前、群馬県みなかみ町

  18. 2020081100258

    そろって  アフリカ・ケニア南西部のマサイマラ国立保護区で水を飲むシマウマ。熱中症防止にもなりそうですね。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  19. 2020081100056

    全国立大に輸出管理部署  輸出管理担当部署を設置した大学の推移 「12段用」

  20. 2020081100054

    全国立大に輸出管理部署  輸出管理担当部署を設置した大学の推移

  21. 2020081100055

    全国立大に輸出管理部署  輸出管理担当部署を設置した大学の推移 「12段用」

  22. 2020081100053

    全国立大に輸出管理部署  輸出管理担当部署を設置した大学の推移

  23. 2020081100022

    竹紙ストローで脱プラ 岩重昌勝理事長  竹紙ストローを開発した「ユニカラー」の岩重昌勝理事長=6月、鹿児島県日置市

  24. 2020081000238

    リンゴ搾りかすに商機 バイオプラスチックの原料  リンゴの搾りかすを乾燥させてペレット状にしたバイオプラスチックの原料=青森市

  25. 2020081403694

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020081403673

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、色曲河谷の田園風景。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020081403624

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020081403689

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、色達県楊各郷のチベット式住居「色達藏寨」。四川省人民政府の承認を経て第7次省級文物保護単位(重要文化財)に指定された。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020081403469

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、国道548号色達県霍西郷区間に現れたチベットアカゲザル。多くの人が足を止めて見ていた。中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081403525

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、朝焼けに染まる扎青塘草原。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020081403486

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  10日、色達県楊各郷の山に沿って立ち並ぶチベット式住居「色達藏寨」。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080900236

    船座礁「全力挙げて解決」 会見する商船三井副社長ら  記者会見する商船三井の小野晃彦副社長(中央)、長鋪汽船の長鋪慶明社長(右)ら=9日午後、東京都港区

  33. 2020080900185

    感染経路、家庭内に比重 特別警報ボードと小池知事  記者会見で「感染拡大特別警報」と書かれたボードを掲げる東京都の小池百合子知事=6日、都庁 「大型サイド」東京都内の新型コロナ分析

  34. 2020080900183

    船座礁「全力挙げて解決」 陳謝する商船三井副社長ら  記者会見で陳謝する商船三井の小野晃彦副社長(中央)、長鋪汽船の長鋪慶明社長(右)ら=9日午後、東京都港区

  35. 2020080900181

    船座礁「全力挙げて解決」 記者会見する小野副社長  記者会見する商船三井の小野晃彦副社長=9日午後、東京都港区

  36. 2020081204728

    ウミガメ99匹を放流海南省陵水県  9日、海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海でウミガメを放流するボランティア。中国海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で9日、「2020年南中国海ウミガメ放流活動」が行われ、ウミガメ99匹が放された。99匹は誤って捕獲されたり、浅瀬に打ち上げられたりして保護された個体、法執行機関が没収した個体に大別され、いずれも専門機関による適切な処置や治療、野生化訓練を受けており、野外で生きる能力を備えている。うち10匹には追跡用チップが取り付けられ、移動経路を追跡することでウミガメの習性、生息環境の研究に役立てられる。(陵水=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020081205481

    特徴的な海洋経済が漁民を裕福に山東省南隍城島  9日、早朝の南隍城島の風景。(小型無人機から)中国山東省煙台市の長島総合試験区南隍城島は近年、海洋生態保護レッドラインを厳守しながら、網いけす養殖や立体生態養殖などの特徴的な海洋経済を秩序立てて発展させている。2019年の南隍城島における海洋漁業の総生産高は8800万元(1元=約15円)に達した。(煙台=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020081204629

    ウミガメ99匹を放流海南省陵水県  9日、海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海でウミガメを放流するボランティア。中国海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で9日、「2020年南中国海ウミガメ放流活動」が行われ、ウミガメ99匹が放された。99匹は誤って捕獲されたり、浅瀬に打ち上げられたりして保護された個体、法執行機関が没収した個体に大別され、いずれも専門機関による適切な処置や治療、野生化訓練を受けており、野外で生きる能力を備えている。うち10匹には追跡用チップが取り付けられ、移動経路を追跡することでウミガメの習性、生息環境の研究に役立てられる。(陵水=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020081204632

    ウミガメ99匹を放流海南省陵水県  9日、海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で放流されたウミガメ。中国海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で9日、「2020年南中国海ウミガメ放流活動」が行われ、ウミガメ99匹が放された。99匹は誤って捕獲されたり、浅瀬に打ち上げられたりして保護された個体、法執行機関が没収した個体に大別され、いずれも専門機関による適切な処置や治療、野生化訓練を受けており、野外で生きる能力を備えている。うち10匹には追跡用チップが取り付けられ、移動経路を追跡することでウミガメの習性、生息環境の研究に役立てられる。(陵水=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020081204612

    ウミガメ99匹を放流海南省陵水県  9日、海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海でウミガメを放流するボランティア。中国海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で9日、「2020年南中国海ウミガメ放流活動」が行われ、ウミガメ99匹が放された。99匹は誤って捕獲されたり、浅瀬に打ち上げられたりして保護された個体、法執行機関が没収した個体に大別され、いずれも専門機関による適切な処置や治療、野生化訓練を受けており、野外で生きる能力を備えている。うち10匹には追跡用チップが取り付けられ、移動経路を追跡することでウミガメの習性、生息環境の研究に役立てられる。(陵水=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020081402403

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020081402410

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020081402411

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、人工巣を設置するエルグト供電所の職員。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020081403464

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  9日、上空から見た色達県泥拉壩湿地。同湿地は富栄養泥炭から成り、水系が発達している。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020081402373

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020081403476

    「金色の馬」色達県を訪ねて四川省カンゼ・チベット族自治州  9日、夕暮れ時の色達県中心部。(小型無人機から)中国四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する色達県は、かつてこの地で馬頭形の金が発見されたと伝わることから、「金色の馬」を意味する色逹(セルタル)の名が付いた。青海チベット高原の南東縁にある同県は、成都市から600キロ離れており、面積9339平方キロ、平均標高4127メートル、人口5万3758人で、チベット民族など多民族が共生する牧畜業中心の県となっている。県内では昨年末までに3760世帯、1万5549人が貧困脱却を実現。同県は貧困県リストから除外された。(色達=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020081204639

    ウミガメ99匹を放流海南省陵水県  9日、海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で放流されたウミガメ。中国海南省陵水リー族自治県分界洲島の近海で9日、「2020年南中国海ウミガメ放流活動」が行われ、ウミガメ99匹が放された。99匹は誤って捕獲されたり、浅瀬に打ち上げられたりして保護された個体、法執行機関が没収した個体に大別され、いずれも専門機関による適切な処置や治療、野生化訓練を受けており、野外で生きる能力を備えている。うち10匹には追跡用チップが取り付けられ、移動経路を追跡することでウミガメの習性、生息環境の研究に役立てられる。(陵水=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020081402245

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020081402346

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、巡視時に高圧電力でけがをした鳥を発見し、傷の具合を確認するエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/恩浩)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020081402280

    高圧電力から鳥類を守る人々内モンゴル自治区  9日、送電線の巡視とメンテナンスを行うエルグト供電所の職員。中国内モンゴル自治区ホルチン右翼前旗エルグト鎮にある国有送電大手、国家電網傘下のエルグト供電所は長年、鳥の営巣による故障に悩まされていた。カササギやカラスなどが電力設備の上に巣を作るのを好み、針金や草、プラスチックフィルムなどを材料とするため、雨天時に漏電が起きて停電の原因となっていた。10キロボルトの電線が、鳥の営巣によって7度停電したこともあるという。こうした問題を解決しようと、同供電所の職員は長年のメンテナンス経験と鳥類の活動の規則性に基づき、懸垂がいし連の近くに鳥類が止まったり巣を作ることがないよう、鉄塔に鳥害防止装置を取り付けたほか、ヤナギの枝で編んだ人工巣を設置して鳥を誘導することで、送電障害を減らし、人と鳥類の共生を実現した。(フフホト=新華社記者/張晟)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像