検索結果 33,265 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102402100

    ストーブ火入れ冬支度  神戸市立六甲山小で「火入れ式」が開かれ、手を温める子どもたち=24日午前

  2. 2019102401443

    ストーブ火入れ冬支度  神戸市立六甲山小で開かれたまきストーブの「火入れ式」=24日午前

  3. 2019102304815

    被災児童にランドセル  福島県いわき市立平第四小でランドセルを受け取った佐藤大駕君(左)=23日午後

  4. 2019102202385

    外国人児童も復興手助け  ボランティアで災害ごみを撤去する啓明宮城小教頭のトーマス・ブローマンさん(右端)と外国人児童ら=17日、宮城県丸森町

  5. 2019102407397

    「新華社」 世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県  22日、生徒たちに脈の取り方を教える河北省任県中医院の医師。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102406985

    「新華社」 世界伝統医薬デー中学生が中国医薬の魅力を体験河北省任県  22日、生徒たちに人体のツボの位置について説明する河北省任県中医院の医師。世界伝統医薬デーにあたる22日、中国河北省邢台市任県の中学生が「中国医薬の知識を学ぶ」課外活動に参加した。生徒たちは生薬に関する知識を学び、脈を取る、カッピング(吸い玉、拔罐)などの伝統療法を体験することで、中国医薬の知識を学び、その魅力を体感していた。(邢台=新華社記者/秦婧)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019102100120

    友達と再会、あふれる笑顔  再開した宮城県大郷町立大郷小の教室で歌を歌う児童=21日朝

  8. 2019102100107

    宮城、福島の学校再開  再開した宮城県大郷町立大郷小に登校する児童=21日朝、大郷町

  9. 2019102100015

    避難所もプライバシー重視  長野県上田市が導入した、折りたたみ式の間仕切り

  10. 2019102407652

    「新華社」 子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市  21日、診療所で中国医学の文化を体験する子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102407648

    「新華社」 子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市  21日、診療所で中国医学の伝統的な器具、薬研(やげん)の使い方を体験する子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019102407603

    「新華社」 子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市  21日、診療所で中国医学の文化を体験する子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019102407612

    「新華社」 子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市  21日、診療所の薬品室で中国医薬に関する知識をを学ぶ子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019102407624

    「新華社」 子どもたちに中国医学の魅力伝える浙江省諸曁市  21日、薬局で職員の指導の下で生薬の見分け方を学ぶ子ども。中国浙江省紹興市が管轄する県級市、諸曁(しょき)市の安華鎮中心幼稚園に通う子どもたちの一部が21日、地元の診療所と薬局を訪ねた。子どもたちは中国医学の知識と文化への理解を深め、その魅力を感じた。(紹興=新華社配信/駱善新)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019102000454

    亡き父思う詩に最優秀賞  小学生を対象とした詩のコンクール「晩翠わかば賞」で最優秀賞に選ばれた奥田梨智さん=20日午後、仙台市

  16. 2019101804148

    「たけちん」がくれた宝物  武本康弘さんが描いた絵を手にする同級生男性=4日、兵庫県内

  17. 2019101706229

    学校再開、課題は安全確保  宮城県丸森町立耕野小学校のプールサイドで、土砂を取り除く卒業生のボランティアら=17日

  18. 2019101703758

    「時の人」 南雲智さん  留学生向けの就職ガイド本を出した南雲智(なぐも・さとる)さん

  19. 2019101500791

    小2溺死で遺族嘆願書  岡林優空君の溺死について、原因究明を求める嘆願書を高知東署に提出する遺族ら=15日午後

  20. 2019101202679

    定点・空撮資料  愛媛県八幡浜市=2019年9月2日(共同通信社機から)

  21. 2019101202678

    定点・空撮資料  愛媛県八幡浜市=2019年9月2日(共同通信社機から)

  22. 2019101102004

    「つらく学びも多い場所」  宮城県石巻市の大川小の被災校舎前で手を合わせる人たち=11日午後

  23. 2019101102003

    「つらく学びも多い場所」  宮城県石巻市の大川小の被災校舎前で手を合わせる人たち=11日午後

  24. 2019101101024

    遺族や校舎が教訓伝える  宮城県石巻市の旧大川小校舎=7月

  25. 2019101101023

    遺族や校舎が教訓伝える  宮城県石巻市の旧大川小校舎=7月

  26. 2019101101022

    遺族や校舎が教訓伝える  旧大川小校舎で語り部活動を実施している遺族の鈴木典行さん=9月、宮城県石巻市

  27. 2019101011852

    「歩みはともに」 大熊町の復興支える警察官  福島県大熊町の大川原地区で住民と談笑する佐伯哲巡査長(中央)=9月

  28. 2019101003461

    「スクランブル」 平壌若者「自由に海外へ」  意見交換する日本と北朝鮮の大学生=8月26日、平壌市内(共同)

  29. 2019101003460

    「スクランブル」 平壌若者「自由に海外へ」  意見交換する日本と北朝鮮の大学生=8月26日、平壌市内(共同)

  30. 2019101605013

    「新華社」 村で産後ヘルパー養成講座を開講河北省文安県  10日、講師の指導の下、人形を使って新生児のくるむ練習をする受講生ら。中国河北省廊坊市文安県灘里鎮富管営村の月嫂(産後ヘルパー)養成センターで10日、失業中の女性を対象に、15日間にわたる無料の月嫂養成講座が開かれ、地元の女性30人余りが受講した。同県は女性の再就職を支援するため、県内の6郷鎮と10村に月嫂養成センターを設置。地元の職業技能訓練学校の講師を招いて失業中の農村女性向けに無料訓練プログラムを実施し、着実に就業の道を広げている。同県では今年に入り、16期の農村月嫂養成講座が開かれ、計512人が受講した。(石家荘=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019100802233

    河村市長が抗議の座り込み  「表現の不自由展・その後」の展示再開に抗議し、愛知県庁前で座り込む名古屋市の河村たかし市長=8日午後

  32. 2019100700787

    資料A 2386 女性の就職差別でハンスト  女性の就職差別に抗議して48時間のハンストに入った「私たちの男女雇用平等法をつくる会」メンバーの女子大生ら=1980(昭和55)年11月22日、東京・数寄屋橋公園(55年内地10569)

  33. 2019100700652

    元年国内 4560 一様にリラックス  日本武道館で開かれた東京大学入学式=1989(平成元)年4月12日午前10時42分、東京・北の丸公園

  34. 2019100700651

    元年国内 4559 一様にリラックス  カウボーイ、紋付きはかま姿で入学式に向かう東大新入生=1989(平成元)年4月12日午前9時50分、東京・北の丸公園の日本武道館

  35. 2019100700014

    震災学習施設にファン続々  通訳ボランティアの籾谷安儀さん(手前)から液状化について説明を受けるアイルランド出身のクリストファー・オコネルさん(左から2人目)ら=3日、神戸市の人と防災未来センター

  36. 2019100500678

    「歴史否定、許されない」  上映会に参加し、慰安婦だった過去を証言する李玉善さん=5日午後、川崎市

  37. 2019100500574

    平和賞医師、慰霊碑に献花  被爆者の笠岡貞江さん(右)と面会するデニ・ムクウェゲ氏=5日、広島市

  38. 2019100400104

    「スクランブル」 命守ろう、タイムライン  マイ・タイムラインを作る三妻小の児童=9月11日、茨城県常総市立三妻小学校

  39. 2019100400103

    「スクランブル」 命守ろう、タイムライン  班で話し合いながらマイ・タイムラインを作る三妻小の児童ら=9月11日、茨城県常総市立三妻小学校

  40. 2019101008855

    「新華社」 懸鐘峪村の変化から見る進歩湖南省  4日、子どもを連れて散歩する懸鐘峪村の村民。中国の多くの農村は、郷村振興政策で新たな発展のチャンスを迎えた。湖南省西北部の武陵山地域にある常徳市石門県白雲鎮懸鐘峪(けんしょうよく)村は、2017年の初めに「美麗郷村(美しい村)」と郷村振興モデル村に選出。これまでに1千万元(1元=約15円)余りが相次いで投じられ、村の様相が一新した。(常徳=新華社記者/劉良恒)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019101008860

    「新華社」 懸鐘峪村の変化から見る進歩湖南省  4日、雑談する懸鐘峪村の村民たち。中国の多くの農村は、郷村振興政策で新たな発展のチャンスを迎えた。湖南省西北部の武陵山地域にある常徳市石門県白雲鎮懸鐘峪(けんしょうよく)村は、2017年の初めに「美麗郷村(美しい村)」と郷村振興モデル村に選出。これまでに1千万元(1元=約15円)余りが相次いで投じられ、村の様相が一新した。(常徳=新華社記者/劉良恒)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019100801419

    「新華社」 重陽節十八洞村で幸せに暮らす高齢者湖南省  4日、孫娘たちとテレビを見る石抜三(せき・ばつさん)さん。一家は数年前まで「特別貧困戸」に指定され、省エネランプが唯一の電気製品だったが、今では家の中に液晶テレビや扇風機、炊飯器が置かれている。玄関先に小さな屋台を出し、のんびりと老後の生活を楽しんでいる。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県に十八洞と呼ばれる村がある。2013年以前は一つの貧困村にすぎなかったが、6年間の的確な貧困扶助政策の下で大きな変貌を遂げ、今では貧困脱却と増収を実現している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019100801421

    「新華社」 重陽節十八洞村で幸せに暮らす高齢者湖南省  4日、母親の竜金香(りゅう・きんこう、左)さんに朝食を運ぶ息子の成雲(せい・うん)さん。成雲さんは優れた木工職人、また親孝行の息子として村で良く知られている。家族とシンプルで幸せな生活を送っている。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州花垣県に十八洞と呼ばれる村がある。2013年以前は一つの貧困村にすぎなかったが、6年間の的確な貧困扶助政策の下で大きな変貌を遂げ、今では貧困脱却と増収を実現している。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101008827

    「新華社」 懸鐘峪村の変化から見る進歩湖南省  4日、懸鐘峪村の「楊家大院・幸福屋場(幸せの村)」の一角。中国の多くの農村は、郷村振興政策で新たな発展のチャンスを迎えた。湖南省西北部の武陵山地域にある常徳市石門県白雲鎮懸鐘峪(けんしょうよく)村は、2017年の初めに「美麗郷村(美しい村)」と郷村振興モデル村に選出。これまでに1千万元(1元=約15円)余りが相次いで投じられ、村の様相が一新した。(常徳=新華社記者/劉良恒)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101008888

    「新華社」 懸鐘峪村の変化から見る進歩湖南省  4日、あずまやで休む懸鐘峪村の村民。中国の多くの農村は、郷村振興政策で新たな発展のチャンスを迎えた。湖南省西北部の武陵山地域にある常徳市石門県白雲鎮懸鐘峪(けんしょうよく)村は、2017年の初めに「美麗郷村(美しい村)」と郷村振興モデル村に選出。これまでに1千万元(1元=約15円)余りが相次いで投じられ、村の様相が一新した。(常徳=新華社記者/劉良恒)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019101008848

    「新華社」 懸鐘峪村の変化から見る進歩湖南省  4日、懸鐘峪村の「楊家大院・幸福屋場(幸せの村)」。中国の多くの農村は、郷村振興政策で新たな発展のチャンスを迎えた。湖南省西北部の武陵山地域にある常徳市石門県白雲鎮懸鐘峪(けんしょうよく)村は、2017年の初めに「美麗郷村(美しい村)」と郷村振興モデル村に選出。これまでに1千万元(1元=約15円)余りが相次いで投じられ、村の様相が一新した。(常徳=新華社記者/劉良恒)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100204927

    剛腕佐々木、プロ志望表明  大船渡高・佐々木朗希投手の記者会見に集まった大勢の報道陣=2日午後、岩手県大船渡市

  48. 2019100204923

    剛腕佐々木、プロ志望表明  大船渡高・佐々木朗希投手の記者会見に集まった大勢の報道陣=2日午後、岩手県大船渡市

  49. 2019100203129

    甲乙Aインタビュー企画「こんにち話」「平和への願い」 慰霊と虫歯予防で交流  「不幸な出来事の後、どう自分たちの未来をつくるかが大事」と話す佐藤紀子さん

  50. 2019100201517

    重体の高校生命取り留める  香港中心部にある、中国の銀行の壁に残された落書き=2日(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像