検索結果 2,349 件中 1 件 〜 50
  1. 2020032315115

    「新華社」 上海西岸美術館、ポンピドーセンター所蔵作品展を再開  20日、西岸美術館の外観。中国上海市徐匯(じょかい)区浜江エリアの西岸美術館で20日、中仏文化交流で重要な意義を持つフランス・パリ「ポンピドーセンター所蔵作品展」が、新型コロナウイルスの影響による一時休館を経て、一般公開を再開した。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020021405687

    みさき公園・資料  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  3. 2020021405631

    みさき公園・資料  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  4. 2020021405621

    みさき公園・資料  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  5. 2020012000748

    「新華社」 ハルビン空港全体計画、高速鉄道などの交通施設を導入へ  16日、黒竜江省ハルビン太平国際空港全体計画の完成想像図。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港はこのほど、同空港の全体計画を明らかにした。将来的に、高速鉄道などの交通施設を導入する予定だという。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020011401821

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  7. 2020011401820

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  8. 2020011401817

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  9. 2020010901592

    「新華社」 日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、東京・銀座にオープンした王伝峰美術館。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602318

    「新華社」 光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020012322494

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  5日、ライトアップされたファンケル・アーツ・センター。日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020011401932

    「山陽新聞」 「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎  現存の「江川式建築」で最大規模の旧遷喬尋常小校舎。岡山県真庭市の国重要文化財「旧遷喬尋常小学校」などを設計した江川三郎八(1860~1939年)の企画展が、LIXILギャラリー(大阪市北区大深町)で開かれている。江川は県内各地に優れた意匠の洋風建築を残しており、展示品の多くを貸し出している真庭市教委や県内の顕彰グループは「江川の功績が全国に広まれば」と、開催を喜んでいる。=2019(令和元)年12月31日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  13. 2020012322434

    「新華社」 上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  ファンケル・アーツ・センターの外観。(2019年12月27日撮影)日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2020010901902

    「新華社」 中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2020010901901

    「新華社」 中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2020010901853

    「新華社」 中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120900481

    「新華社」 辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を見学する観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120900578

    「新華社」 辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を背景に写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120200784

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120200744

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120200858

    「新華社」 日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「仙隠小鹿」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019112801979

    ブルジュ・ハリファ 資料  アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(中央)(共同)

  23. 2019112801978

    ブルジュ・ハリファ 資料  アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(共同)

  24. 2019120200820

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の清河駅。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/孟濤)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120200800

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120200795

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の宣化北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120200819

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120200749

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の東花園北駅。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120200667

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の懐来駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120200802

    「新華社」 京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の懐来駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019120200857

    「新華社」 武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省  27日、空から見た十堰東駅。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019112505253

    「新華社」 大自然が彩る幼少期を過ごそう湖南省長沙市  20日、空から見た許橋小学校。(小型無人機から)中国湖南省長沙市天心区許興(きょこう)村の許橋(きょきょう)小学校では、土地柄に合わせた教育が行われている。児童たちが大自然に親しみ、その神秘を理解できるよう、校庭周辺の木の枝や松の実を集め、美術の授業でさまざまな動物の形をした手作りの作品の作り方を教えている。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111801241

    北陸新幹線・資料  貫通した、2023年春の開業を予定する北陸新幹線金沢―敦賀間の柿原トンネル=2019年11月18日、福井県あわら市

  34. 2019111501307

    「新華社」 中国最北の古代人ジャライノール博物館を訪ねて  12日、ジャライノール博物館の外観。中国内モンゴル自治区満洲里市ジャライノール区にあるジャライノール博物館には、同地で出土したマンモスやケブカサイ(毛サイ)など氷河期の哺乳動物の化石の他に、中国最北の古代人「ジャライノール人」の頭骨が展示されている。ジャライノール人は今から1万年以上前に生活していたことが確認されている。ジャライノール区では1933年に初めて古代人類の頭骨が発見され、日本の古生物学者、遠藤隆次氏によって「ジャライノール人」と名付けられた。(満洲里=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019112505290

    「新華社」 中国の旧工業基地、人気の景勝地に変身河北省邯鄲市  12日、邯鄲市峰峰鉱区(ほうほうこうく)響堂山風景区にある常楽寺の宋塔。(小型無人機から)中国河北省南部に位置する邯鄲(かんたん)市は、3100年の歴史を誇り、鉄鋼業や石炭産業が同市を支える重要な役割を担ってきた。また、中原(黄河中下流域の平原)の奥地にあり、山西・山東・河南の3省と境界を接する古い工業基地でもある。ここ数年、生態環境の整備と産業構造の転換を深く推進。市全域の観光を大いに発展させ、「鉱山を景勝地に、石炭採掘後の地盤沈下地域を公園に変えた」事例が数多く現れている。また、2018年には国内外の観光客6994万1千人を受け入れ、観光業による総収入は799億2千万元(1元=約15円)に達した。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019111104184

    「新華社」 ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、黄昏色に染まる「パトゥーサイ」。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019111104451

    「新華社」 ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  4日、黄昏時、夕焼けに染まる「パトゥーサイ」。ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019110608428

    「新華社」 軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る  2日、黄鶴楼の外観。第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019110608518

    「新華社」 軍人運動会終了後も冷めやらぬ人気「中華名楼」黄鶴楼に登る  2日、黄鶴楼の前で記念写真を撮る観光客。第7回世界軍人運動会は閉幕したが、開催都市となった中国湖北省武漢市の観光地は、まだ熱気が冷めない。名勝地「黄鶴楼」は連日延べ1万人以上の観光客でにぎわっている。2日、黄鶴楼を訪れてみると、大勢の観光客の姿であふれていた。ポーランドから来たというグループは、黄鶴楼の建築は壮大で文化の蓄積も厚くすばらしいと感想を述べた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111104249

    「新華社」 ビエンチャンの凱旋門、「パトゥーサイ」を訪ねて  朝焼けに染まるパトゥーサイ公園。そのそばを車が慌ただしく行き交う。(10月31日撮影)ラオスの首都ビエンチャンの中心地にある「パトゥーサイ」(凱旋門)は、戦死者の慰霊のための門として、1950~60年代に建設が始まった。パトゥーサイ公園とともに同市中心部のランドマークとなっているこの建物は、現在、観光客や地元市民が集う憩いの場になっている。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019110500544

    「新華社」 仏ポンピドーセンター所蔵作品展、まもなく上海市西岸で開幕  10月29日、ポンピドーセンター所蔵作品展の開幕を間近に控えた上海市徐匯浜江にある西岸美術館。中国上海市黄浦(こうほ)江畔徐匯(じょかい)浜江エリアにある西岸美術館で今年11月8日から2021年5月9日まで、同館のオープニングを飾る展覧会「時間の形態―ポンピドーセンター所蔵作品展」が開催される。同館は英国の有名建築家デイヴィッド・チッパーフィールド(DavidChipperfield)氏が設計し、建築面積は約2万5千平方メートル。同展の常設展ではフランス・パリにある総合文化施設、ポンピドーセンター所蔵の重要な作品100点余りが展示される。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019110501056

    「新華社」 上海豫園の「王者千灯会」、点灯開始  27日、豫園九曲橋の湖心亭にともった明かり。中国上海市の観光地、豫園とネットサービスの騰訊控股(テンセント)の共催による「王者千灯会」が27日夜、正式に点灯を開始した。豫園の九曲橋や中心広場、華宝楼などの照明を一新し、人気スマホゲーム「伝説対決ArenaofValor」の場面と伝統建築を組み合わせ、伝統文化とゲームの趣向を融合させた演出で、虚実入り交じった幻想的な没入型散策体験を提供する。目新しく興味深い方法で若者を引き付け、豫園の文化夜市を活気づける取り組みだ。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019102500626

    「新華社」 天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力  21日、チャイナ・ハウスの外観。中国天津市和平区赤峰道72号に建つフランス式の洋館「磁房子」(チャイナ・ハウス)は、「磁器の家」を意味し、中国磁器の博物館とも称される。かつては中国近代の外交官・黄栄良(こう・えいりょう)の住居だった。同市内の骨董品収集家・張連志(ちょう・れんし)氏が2000年、中国の磁器文化を広める目的でチャイナ・ハウスを買い取り、8年かけて改装した。生まれ変わったチャイナ・ハウスには磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点があしらわれている。チャイナ・ハウスは2007年9月3日の公開以来、天津観光のランドマークとしてネット上でも注目され、中国内外から訪れる観光客にとって見逃せない人気スポットとなった。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102500703

    「新華社」 天津の洋館「チャイナ・ハウス」で触れる古磁器の魅力  21日、チャイナ・ハウスの外観。中国天津市和平区赤峰道72号に建つフランス式の洋館「磁房子」(チャイナ・ハウス)は、「磁器の家」を意味し、中国磁器の博物館とも称される。かつては中国近代の外交官・黄栄良(こう・えいりょう)の住居だった。同市内の骨董品収集家・張連志(ちょう・れんし)氏が2000年、中国の磁器文化を広める目的でチャイナ・ハウスを買い取り、8年かけて改装した。生まれ変わったチャイナ・ハウスには磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点があしらわれている。チャイナ・ハウスは2007年9月3日の公開以来、天津観光のランドマークとしてネット上でも注目され、中国内外から訪れる観光客にとって見逃せない人気スポットとなった。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101804933

    「新華社」 当代中国書法芸術館を訪ねて内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区烏海市の当代中国書法芸術館。中国内モンゴル自治区烏海市にある正方形の建物、当代中国書法芸術館は書道文化をテーマとした文化施設で、書道だけでなく、油絵や写真などの作品も展示されている。(烏海=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019101805000

    「新華社」 当代中国書法芸術館を訪ねて内モンゴル自治区  16日、内モンゴル自治区烏海市の当代中国書法芸術館。中国内モンゴル自治区烏海市にある正方形の建物、当代中国書法芸術館は書道文化をテーマとした文化施設で、書道だけでなく、油絵や写真などの作品も展示されている。(烏海=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019102103973

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019102104062

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある遼代の白塔。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019102104201

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、独楽寺の観音閣。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019102103966

    「新華社」 日本の学者も驚いた遼代の建築天津独楽寺  15日、天津市薊州区にある独楽寺。中国の燕山山麓に位置する天津市薊州(けいしゅう)区には、第1回全国重点文物保護単位(重要文化財)に指定された千年の古刹、独楽寺がある。唐代貞観10年(636年)に創建、遼代統和2年(984年)に再建された同寺は、中国の歴史的木造建築の代表的存在であり、唐代様式の観音閣や内部にある高さ16メートルの十一面観音彩色像は、今も訪れた観光客を驚かせている。同寺の発見には日本の建築史学者、関野貞が関係している。(天津=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像