検索結果 2,380 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101900637

    上海国際芸術品取引月間が開幕、アートタワーもオープン  16日、「西岸芸島アートタワー」の外観。中国上海市で16日、第2回上海国際芸術品取引月間が始まった。同市徐匯区浜江エリアの「西岸芸島アートタワー」も同時にオープンした。上海国際芸術品取引月間は、同市が国内外の文化芸術界を後押しするために開く展示・取引イベント。昨年第1回が開かれ、今年は2回目となる。来月15日までの会期中、各種アート作品の取引イベントが100件以上行われる。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020101003828

    USJ・資料 USJ全景  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)=大阪市(共同通信社ヘリから)

  3. 2020100104546

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の建築群。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020100104608

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の建築群。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020100104523

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の大成殿。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020100104541

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の万仞宮牆(ばんじんきゅうしょう)。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020100104606

    秋色深まる孔廟山東省曲阜市  26日、空から見た孔廟の万仞宮牆(ばんじんきゅうしょう)。(小型無人機から)古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。秋を迎えて風景が美しさを増し、多くの観光客を引き付けている。(曲阜=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020091400423

    北京の故宮博物院で紫禁城創建600年記念展が開幕  10日、故宮の太和門。中国北京市の故宮博物院で10日、「丹宸永固-紫禁城創建600年」展が開幕した。今年は紫禁城(故宮博物院)創建600周年に当たる。同博物院は3つのテーマと18の歴史の節目により、紫禁城の計画や構成、建築、宮廷生活および建築の修繕・保護の概況を紹介する。来館者は、紫禁城「時空」を貫く歴史・文化を理解し、宮殿建築技術と芸術の理想的な結合を感じ取ることで、中国伝統文化の尽きることのない魅力を実感できる。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020091400547

    北京の故宮博物院で紫禁城創建600年記念展が開幕  10日、故宮の太和門。中国北京市の故宮博物院で10日、「丹宸永固-紫禁城創建600年」展が開幕した。今年は紫禁城(故宮博物院)創建600周年に当たる。同博物院は3つのテーマと18の歴史の節目により、紫禁城の計画や構成、建築、宮廷生活および建築の修繕・保護の概況を紹介する。来館者は、紫禁城「時空」を貫く歴史・文化を理解し、宮殿建築技術と芸術の理想的な結合を感じ取ることで、中国伝統文化の尽きることのない魅力を実感できる。(北京=新華社記者/金良快)=2020(令和2)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020091801792

    旅順博物館の日本陶磁芸術展が閉幕遼寧省大連市  9日、旅順博物館の外観。中国遼寧省大連市の旅順博物館で2カ月余りにわたり開催された日本の古陶磁展「陶磁物語-旅順博物館蔵日本陶磁芸術展」が10日、閉幕した。同展は旅順博物館が所蔵する日本の土器や陶磁器150点余りを展示。来場者が日本のやきものの変遷を直感的に理解できるよう中国や朝鮮から受けた影響も交えて紹介した。会期中は訪れた多くの人がその独特の美しさを堪能した。(大連=新華社記者/竜雷)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020090100477

    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省  江西省撫州市にある文昌里戯曲博物館。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020090100580

    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市  20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパーク。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081700484

    産業活性化で貧困からの脱却に成功、黒竜江省撫遠市  8日、黒竜江省撫遠市にある漁業文化を紹介する博物館。(小型無人機から)中国黒竜江省撫遠市は、観光や貿易、現代農法、新形態の産業、特色ある漁業の発展によって、貧困からの脱却に成功した。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020071005448

    新北陸トンネルの貫通式・資料 貫通した新北陸トンネル  2023年春に延伸開業予定の北陸新幹線金沢―敦賀間で最長の「新北陸トンネル」の貫通式で万歳する関係者=2020年7月10日午後、敦賀市

  15. 2020070900314

    海南省で高まる消費熱、三亜国際免税城ににぎわい  5日、上空から見た海南三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省の三亜国際免税城は5日、多くの観光客でにぎわった。同省では1日から、国内旅客の免税購入枠に関する新たな政策が実施されている。財政部、税関総署、税務総局が共同で発表した「海南離島旅客免税商品購入政策公告」によると、航空機や列車、船舶で同省を離れる旅客(省内に居住する旅客を含む)の輸入製品免税購入枠は1人当たり年間10万元(1元=約15円)に引き上げられ、対象品目に電子製品など7品目が新たに追加された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070900196

    海南省で高まる消費熱、三亜国際免税城ににぎわい  5日、上空から見た海南三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省の三亜国際免税城は5日、多くの観光客でにぎわった。同省では1日から、国内旅客の免税購入枠に関する新たな政策が実施されている。財政部、税関総署、税務総局が共同で発表した「海南離島旅客免税商品購入政策公告」によると、航空機や列車、船舶で同省を離れる旅客(省内に居住する旅客を含む)の輸入製品免税購入枠は1人当たり年間10万元(1元=約15円)に引き上げられ、対象品目に電子製品など7品目が新たに追加された。(三亜=新華社記者/張麗蕓)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020061604470

    通滬鉄道、常熟駅と張家港駅の建設が最終段階に入る  11日、通滬鉄道の張家港駅。(小型無人機から)中国江蘇省南通市と上海市を結ぶ通滬鉄道の常熟駅と張家港駅の駅舎建設プロジェクトがこのほど、14カ月間の施工期間を経て完工し、検収の段階に入った。同鉄道は旅客列車と貨物列車が共用する複線式高速電化鉄道で、線路の総延長は137・28キロ、設計速度は時速200キロで、全線に9駅が置かれる。駅舎の総建築面積は常熟駅が1万998平方メートル、張家港駅が1万980平方メートルとなっている。同プロジェクトは現在、既に静的検収と試験調整の段階に入っており、間もなく運用が開始される。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060409881

    武漢の観光名所「黄鶴楼」が全面再開、初日の入場者1847人  1日、観光客の全面受け入れを再開した黄鶴楼。中国湖北省武漢市の観光名所「黄鶴楼」は1日、4カ月間続いた閉鎖と部分公開を経て、通常規模の一般公開を再開した。初日は延べ1847人が来場した。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060209050

    中国最初の演劇博物館、天津戯劇博物館を訪ねて  26日、天津戯劇博物館(広東会館)の外観。中国天津市の天津戯劇博物館は、清朝末期に建てられた広東会館を利用して1985年に設立された。中国初の演劇をテーマにした博物館で、建物は全国重点文物保護単位に指定されている。広東会館は1907(光緒33)年、天津在住の広東商人が共同で出資し建設した。現存する建物の建築面積は2300平方メートル。中でも主要建築で当時観劇に使われた「戯楼」は、内部の柱間の広さと巧みな建築構造、精巧で美しい装飾を持つことで知られる。最大の特徴は張り出し舞台で、最前部に柱を設けない構造は、中国古典劇場の中でも最高傑作とされる。同舞台では、かつて孫文が2度演説を行ったほか、譚鑫培(たん・きんばい)や孫菊仙(そん・きくせん)、楊小楼(よう・しょうろう)、梅蘭芳(メイ・ランファン)、尚小雲(しょう・しょううん)、紅線女(こう・せんじょ)など往年の名優が公演した。戯楼内の東西両側のボックス席の壁面には、演劇の登場人物の人形が百体近く展示されている。演目は50作品余りに上り、中国演劇芸術の奥深さと人形芸術の卓越した技巧を体現している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052701036

    独特な風格持つ古建築を楽しむ山西省芸術博物館を訪ねて  24日、純陽宮(山西省芸術博物館)の入り口で写真を撮る観光客。中国山西省太原市迎沢(げいたく)区にある山西省芸術博物館は、全国重点文物保護単位に指定されている純陽宮の建物を利用して造られた博物館。館内には独特な風格を持つ古建築のほか、石碑、彫像、陶磁器などの芸術品が展示されている。純陽宮は唐代の道士、呂洞賓(りょ・どうひん)を祀った廟で、その名は呂洞賓の号、純陽子にちなんで付けられたという。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060209082

    南宋時代の沈没船「南海1号」、800年の歴史の復元に挑む考古学者  広東省陽江市海陵島の「広東海のシルクロード博物館」。(5月12日撮影、小型無人機から)中国広東省で進められている南宋時代の沈没船「南海1号」の水中考古発掘プロジェクトは今年5月、「2019年中国十大考古発見」に選定された。同船保護発掘チームのリーダーを務める広東省文物考古研究所の崔勇(さい・ゆう)副所長と同僚らにとって、今回の入選は同船の発見から三十数年後に訪れた新たな出発点となった。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052802196

    海辺の砂丘に隠れた美術館河北省秦皇島市  秦皇島市北戴河新区の海辺にある砂丘美術館。(5月10日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河新区の海辺には、砂丘の下に隠れた美術館がある。総面積930平方メートルで、七つの室内ホールと三つの屋外ホールがあり、主な建物は自然にできた砂丘の下で環境と一体化し、「隠れた」美術館を形作っている。互いにつながったユニークな形状の「洞窟」が、この砂丘美術館の展示スペースとなっている。館内ではさまざまなテーマの芸術作品が鑑賞できるだけでなく、各「洞窟」から美しい海を見ることもできる。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052802198

    海辺の砂丘に隠れた美術館河北省秦皇島市  秦皇島市北戴河新区の海辺にある砂丘美術館。(5月10日撮影、小型無人機から)中国河北省秦皇島市北戴河新区の海辺には、砂丘の下に隠れた美術館がある。総面積930平方メートルで、七つの室内ホールと三つの屋外ホールがあり、主な建物は自然にできた砂丘の下で環境と一体化し、「隠れた」美術館を形作っている。互いにつながったユニークな形状の「洞窟」が、この砂丘美術館の展示スペースとなっている。館内ではさまざまなテーマの芸術作品が鑑賞できるだけでなく、各「洞窟」から美しい海を見ることもできる。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052802160

    海辺の砂丘に隠れた美術館河北省秦皇島市  秦皇島市北戴河新区の海辺にある砂丘美術館。(5月10日撮影、小型無人機から)中国河北省秦皇島市北戴河新区の海辺には、砂丘の下に隠れた美術館がある。総面積930平方メートルで、七つの室内ホールと三つの屋外ホールがあり、主な建物は自然にできた砂丘の下で環境と一体化し、「隠れた」美術館を形作っている。互いにつながったユニークな形状の「洞窟」が、この砂丘美術館の展示スペースとなっている。館内ではさまざまなテーマの芸術作品が鑑賞できるだけでなく、各「洞窟」から美しい海を見ることもできる。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052802201

    海辺の砂丘に隠れた美術館河北省秦皇島市  海辺にある砂丘美術館。(5月10日撮影)中国河北省秦皇島市北戴河新区の海辺には、砂丘の下に隠れた美術館がある。総面積930平方メートルで、七つの室内ホールと三つの屋外ホールがあり、主な建物は自然にできた砂丘の下で環境と一体化し、「隠れた」美術館を形作っている。互いにつながったユニークな形状の「洞窟」が、この砂丘美術館の展示スペースとなっている。館内ではさまざまなテーマの芸術作品が鑑賞できるだけでなく、各「洞窟」から美しい海を見ることもできる。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052802142

    海辺の砂丘に隠れた美術館河北省秦皇島市  秦皇島市北戴河新区の海辺にある砂丘美術館。(5月10日撮影、小型無人機から)中国河北省秦皇島市北戴河新区の海辺には、砂丘の下に隠れた美術館がある。総面積930平方メートルで、七つの室内ホールと三つの屋外ホールがあり、主な建物は自然にできた砂丘の下で環境と一体化し、「隠れた」美術館を形作っている。互いにつながったユニークな形状の「洞窟」が、この砂丘美術館の展示スペースとなっている。館内ではさまざまなテーマの芸術作品が鑑賞できるだけでなく、各「洞窟」から美しい海を見ることもできる。(秦皇島=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020042003258

    万里の長城の損壊行為に厳罰規定北京市  北京市延慶区の八達嶺長城。(4月1日撮影)中国北京市延慶区の八達嶺長城風景区は、世界的に有名な景勝地、文化遺産として毎年各地から多くの観光客を迎えている。一方で、城壁レンガに落書きを刻むなどモラルに欠ける行為が度々見られていることから、同風景区は4月から「八達嶺長城風景区文化財破壊行為に対する懲戒弁法」を正式に実施した。落書きや故意の破損など7種類の破壊行為に対し行政処罰を適用する。刑事犯罪に当たる場合は、公安機関が法に基づき処罰する。(北京=新華社配信/楊東)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040701912

    中国初の海が見える高速鉄道駅、建設が加速山東省青島市  1日、山東省青島市高新区で建設が進む済青高速鉄道の紅島駅。(小型無人機から)中国山東省でこのほど、済青(済南‐青島)高速鉄道の紅島駅及び周辺付帯施設向けの建設プロジェクトは感染症対策を徹底するなかで業務再開が進められており、操業再開が最も早かった重点事業の一つとなっている。当面、同プロジェクトの各作業は急ピッチかつ着実に推進され、高い基準を満たしながら期日通り鉄道部門に引き渡せるようとしている。紅島駅は中国初の「オーシャンビュー」高速鉄道駅で、完成後は中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」に接続される。これにより、山東半島の高速鉄道、都市間鉄道、地下鉄、路線バス、タクシーなどさまざまな交通機関を融合した大型総合交通ターミナルとなる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020032315115

    上海西岸美術館、ポンピドーセンター所蔵作品展を再開  20日、西岸美術館の外観。中国上海市徐匯(じょかい)区浜江エリアの西岸美術館で20日、中仏文化交流で重要な意義を持つフランス・パリ「ポンピドーセンター所蔵作品展」が、新型コロナウイルスの影響による一時休館を経て、一般公開を再開した。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020021405687

    みさき公園・資料 みさき公園  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  32. 2020021405631

    みさき公園・資料 みさき公園  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  33. 2020021405621

    みさき公園・資料 みさき公園  総合遊園地「みさき公園」=大阪府岬町(共同通信社ヘリから)

  34. 2020012000748

    ハルビン空港全体計画、高速鉄道などの交通施設を導入へ  16日、黒竜江省ハルビン太平国際空港全体計画の完成想像図。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港はこのほど、同空港の全体計画を明らかにした。将来的に、高速鉄道などの交通施設を導入する予定だという。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020011401821

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  36. 2020011401820

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  37. 2020011401817

    NHKホール資料  NHKホール=東京都渋谷区

  38. 2020010901592

    日本在住28年の中国画家、私設美術館が銀座にオープン  8日、東京・銀座にオープンした王伝峰美術館。日本在住の中国画家、王伝峰(おう・でんぽう)氏の名を冠した私設美術館が8日、東京・銀座でオープンした。五階建てビルの全フロアが展示スペースとなっており、外観と内装は著名建築家の隈研吾氏がデザインした。同日館内で取材に応じた王氏は「美術館を通じて中国の芸術を広め、中国と世界の文化交流に貢献したい」と語った。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020010602318

    光と影のミュージアムチームラボ・ボーダーレス上海  「チームラボ・ボーダーレス上海」のイメージ図。中国上海市の黄浦浜江にある大型ミュージアム「チームラボ・ボーダーレス上海」では、広さ6600平方メートルの複雑な立体空間に世界初公開作品を含む約50点のアート作品が展示されている。同ミュージアムは日本のアート集団チームラボによる世界で2番目の「ボーダーレス」ミュージアムとして昨年11月にオープン。会場内の作品の相互作用により、作品間の境界を越え、互いに融合した独特のビジュアルを生み出している。アート展は1年以上開かれ、3カ月ごとに季節に合わせて変化することになっており、今後は新しい作品も展示する。(上海=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020012322494

    上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  5日、ライトアップされたファンケル・アーツ・センター。日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020011401932

    「江川式建築」の旧遷喬尋常小校舎  現存の「江川式建築」で最大規模の旧遷喬尋常小校舎。岡山県真庭市の国重要文化財「旧遷喬尋常小学校」などを設計した江川三郎八(1860~1939年)の企画展が、LIXILギャラリー(大阪市北区大深町)で開かれている。江川は県内各地に優れた意匠の洋風建築を残しており、展示品の多くを貸し出している真庭市教委や県内の顕彰グループは「江川の功績が全国に広まれば」と、開催を喜んでいる。=2019(令和元)年12月31日、岡山県真庭市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  42. 2020012322434

    上海芸海劇院がファンケルの社名を冠しリニューアルオープンミュージカル専用劇場目指す  ファンケル・アーツ・センターの外観。(2019年12月27日撮影)日本企業ファンケルの社名を冠した劇場、上海芸海劇院がこのほど、リニューアルを終え一般に公開された。同社が冠スポンサーとなって以降、芸海劇院は正式名称をファンケル・アーツ・センターに改め、ミュージカル専用劇場としてのあり方を探っている。芸海劇院は2001年に建設され、上海国際芸術祭や世界各国の演劇作品を上演するイベント「静安現代戯劇谷(モダンドラマバレー)」など一連の重要な文化イベントの指定会場や、前衛演劇やコメディの常設公演会場として利用されてきた。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020010901902

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020010901901

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の新南院。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020010901853

    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省  12月26日、閻錫山故居の東花園の中庭にある貴賓室。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019120900481

    辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を見学する観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019120900578

    辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市  4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を背景に写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019120200784

    日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内にある日本料理店「赤熊」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019120200744

    日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「小川料理」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019120200858

    日本料理店の新たなスタイル中国の若者の心つかむ  11月29日、武漢市内の楚河漢街にある日本料理店「仙隠小鹿」の外観。中国では飲食業の競争が激化する中、若者の間で日本料理店が静かなブームとなっている。手ごろな値段に加え、庶民的な雰囲気が人気の秘密のようだ。これらの店はいずれも狭い店内にカウンターと小さいテーブル席があるのみで、従来の日本料理店によく見られた畳敷きの小上がりはない。レストランというより、食堂と言った方が近いだろう。カウンター席の目の前にはオープンキッチンが広がる。カウンターには日本酒の瓶がずらりと並び、壁には日本映画のポスターが所狭しと貼られている。BGMも日本のヒット曲と、まさに「日本尽くし」だ。かつての日本料理は値段が高く、多くの中国人消費者にとって、気軽に食べに行ける店ではなかった。ところが、最近は敷居を下げて庶民的な雰囲気へと路線を変更する日本料理店が増加。地元の味の好みに合わせる取り組みにも積極的で、武漢には辛い食事が好きな地元の人向けに特別辛いラーメンを提供する店もある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像