検索結果 19,538 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092800014

    老舗旅館から新たな芸術を 画家の竹内奏絵さん  「榛名湖アーティスト・レジデンス」に滞在する画家の竹内奏絵さん=16日、群馬県高崎市 「NEWSパーク」

  2. 2020092800013

    老舗旅館から新たな芸術を アーティスト・レジデンス  「榛名湖アーティスト・レジデンス」と滞在する芸術家たち=16日、群馬県高崎市 「NEWSパーク」

  3. 2020092806780

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、会場に展示された印章。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020092806813

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、応募作品について説明する大会審査員の葉林心(よう・りんしん)氏。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020092807110

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、福建博物院で開幕した第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020092807091

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、展覧会の会場の一角。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020092807038

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、除幕式に出席する上海美術映画製作所の速達(そく・たつ)所長(手前中央)や上海タワーの代表ら。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020092806958

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、会場で展示品を撮影する来場者。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020092806934

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展の会場。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020092807055

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  山西省晋中市平遥県の双林寺に伝わる彫像。(資料写真)中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092807126

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、福建商学院の学生の前で、応募作品について講評する大会審査員の葉林心(よう・りんしん)氏(右)。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092807120

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、篆刻「有福之州」をモチーフにした世界無形文化遺産の柘栄剪紙を来場者に紹介する福建省無形文化遺産プロジェクトの代表的伝承者、孔春霞(こう・しゅんか)さん(左)。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092806942

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、会場に展示された印章。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092807116

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻コンクールおよび名人印章芸術招待展で撮影する来場者。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020092806765

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、上海美術映画製作所と上海タワーが共同開発した中秋節にちなんだ展覧会のオリジナル月餅。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020092807077

    第5回海峡両岸篆刻コンクール作品展、福建省福州市で開幕  25日、篆刻「有福之州」をモチーフにした漆芸作品を鑑賞する来場者。中国福建省福州市の福建博物院で25日、第5回海峡両岸青壮年篆刻(てんこく)コンクールおよび名人印章芸術招待展が開幕した。イベントは、中国の伝統文化である篆刻芸術の普及と、海峡両岸(中国の大陸と台湾)の文化交流促進を目的として、中国芸術研究院篆刻院などが主催している。今大会では北京市や上海市、福建省、台湾地区などからの応募作品1400点以上の中から、優秀作品105点が展示され、金賞や銀賞、銅賞などが選ばれる。イベントでは剪紙(切り絵)や漆芸などの作品も展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020092807086

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、会場に展示された「大暴れ孫悟空」原画の復刻版。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020092806877

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、展覧会のオリジナルグッズを選ぶ来場者。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020092806888

    中国一の超高層ビルで「孫悟空」アニメ原画展開幕上海  25日、上海タワーの窓ガラスに貼られた「大暴れ孫悟空」の一場面。中国の上海美術映画製作所と上海タワー(上海中心大廈)が共催する中国の名作アニメーション映画「大暴れ孫悟空(原題:大鬧天宮)」の総合原画展ならびに万籟鳴(ばん・らいめい)監督生誕120周記念特別展が25日、中国一の高さを誇る超高層ビル、上海タワー(上海中心大厦)53階で開幕した。会期は10月8日まで。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020092402916

    仲良く  英ロンドンの広場にある芸術作品。殺伐とした時代に癒やされます。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  21. 2020092807010

    国慶節を前に天安門広場に巨大な花籠が登場  23日、天安門広場の両脇に設置された花壇。中国の国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)を間近に控えた25日、北京市の天安門広場に巨大な花籠の形をした花壇が完成し、一般公開されている。125本の大型造花で構成されるこの花壇は高さ18メートル、風力10級(風速24・5~28・4メートル)の強風にも耐えられるという。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020092806945

    国慶節を前に天安門広場に巨大な花籠が登場  23日、設置作業が進む花籠。中国の国慶節(中華人民共和国成立記念日、10月1日)を間近に控えた25日、北京市の天安門広場に巨大な花籠の形をした花壇が完成し、一般公開されている。125本の大型造花で構成されるこの花壇は高さ18メートル、風力10級(風速24・5~28・4メートル)の強風にも耐えられるという。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020092807131

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館で展示された「清乾隆款青花瓜型壇(しんけんりゅうかんせいかかけいだん)」と、それをモチーフに「剪紙」の伝承者が創作した切り絵作品。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020092807119

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館で展示された「青花」をテーマにした礼服。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020092806946

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館で展示された「清雍正款青花勾蓮大盤(しんようせいかんせいかこうれんだいばん)」と、それをモチーフに「剪紙」の伝承者が創作した切り絵作品。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020092807085

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館の展示ホールで作品を真剣に鑑賞する来場者。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020092806950

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館で展示された清の乾隆帝時代の磁器と、それをモチーフに「剪紙」の伝承者が創作した切り絵作品。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020092806819

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  22日、広州博物館で展示された「清青花釉里紅獅子滾繡球文天球瓶(しんせいかゆうりこうししこんしゅうきゅうもんてんきゅうへい)」と、それをモチーフに「剪紙」の伝承者が創作した切り絵作品。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020092806796

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、マット・ホープ氏(英国)の作品「空気2」「空気3」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020092807021

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020092807013

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020092806944

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、植松琢麿氏の作品「worldtree2」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020092806914

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020092806829

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020092807015

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020092807139

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  21日、広州博物館の展示ホール。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020092807083

    清代の青花磁器と無形文化遺産「剪紙」の競演広東省広州市  21日、広州博物館で展示された「青花」をテーマにした礼服。中国広東省広州市の広州博物館でこのほど、青花磁器と剪紙(せんし、切り絵)を同時に展示する特別展「相映生輝-宮廷御用達の青花磁器が無形文化遺産の切り絵と出会う時」が開幕した。同展は広州博物館と遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館、同省文化遺産保護センターが共同で開催した。瀋陽故宮博物館が出展した清代の宮廷御用達の青花磁器73点と、遼寧省の無形文化遺産「剪紙」の伝承者が青花磁器の文様をモチーフに手作業で創作した切り絵作品30点余りが展示され、近代の文化財と現代の無形文化遺産工芸品の競演が実現した。会期は12月20日まで。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020092806992

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、金氏徹平氏の作品「TeenageFanClub(Giant)」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020092806927

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020092806917

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020092806918

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、梁紹基(りょう・しょうき)氏(中国)の作品「月亮湾」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020092806717

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、ペドロ・レイエス氏(メキシコ)の作品「団結」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020092807057

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服ショーに出演したモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020092807074

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城で漢服を披露するモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020092806978

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、リチャード・ロング氏(英国)の作品「FourWays」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020092807012

    パブリックアートの「上海静安国際彫刻展」、間もなく開幕  21日、フアン・ガライザバル氏(スペイン)の作品「EverTimeGate」。中国上海市静安区はこのほど、同区の静安彫塑公園で9月26日から12月31日に「2020中国・上海静安国際彫刻展」を開催すると明らかにした。今回は「空間の再構築」をテーマに、33組55点の作品を展示。10カ国からアーティスト29人が参加する。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020092807027

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020092807032

    平遥古城で漢服ショー開催、文化財に生命吹き込む  21日、山西省晋中市の平遥古城の通りを練り歩く漢服姿のモデル。中国山西省晋中市平遥県の平遥古城で21日、漢民族の伝統衣装「漢服」のショーが開催された。ショーは第3回平遥国際彫刻祭の一環で、同県の古刹、双林寺に伝わる彫像の服装や暮らしの場面を再現し、時空を越えて観客に披露した。双林寺は計2千体以上の彩色像を保有していることから「東方の彩色塑像芸術の宝庫」とたたえられている。(太原=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020092806821

    漆絵画家、喬十光氏の作品展開催福建省  19日、喬十光氏の作品展で展示されている作品「画里陰晴」。中国福建省福州市の福建省美術館では現在、漆絵画家で中国現代漆絵の創始者の一人としても知られる喬十光(きょう・じゅっこう)氏の作品展が開催されている。同展では喬氏の漆絵や水墨画のほか、現代画家の呉冠中(ご・かんちゅう)氏と共同制作した漆絵も展示している。会期は27日まで。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020092806797

    漆絵画家、喬十光氏の作品展開催福建省  19日、福建省美術館で漆絵作品「20世紀60年代の福州解放大橋」を鑑賞する来館者。中国福建省福州市の福建省美術館では現在、漆絵画家で中国現代漆絵の創始者の一人としても知られる喬十光(きょう・じゅっこう)氏の作品展が開催されている。同展では喬氏の漆絵や水墨画のほか、現代画家の呉冠中(ご・かんちゅう)氏と共同制作した漆絵も展示している。会期は27日まで。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像