検索結果 357 件中 1 件 〜 50
  1. 2020071005448

    新北陸トンネルの貫通式・資料 貫通した新北陸トンネル  2023年春に延伸開業予定の北陸新幹線金沢―敦賀間で最長の「新北陸トンネル」の貫通式で万歳する関係者=2020年7月10日午後、敦賀市

  2. 2020061604470

    通滬鉄道、常熟駅と張家港駅の建設が最終段階に入る  11日、通滬鉄道の張家港駅。(小型無人機から)中国江蘇省南通市と上海市を結ぶ通滬鉄道の常熟駅と張家港駅の駅舎建設プロジェクトがこのほど、14カ月間の施工期間を経て完工し、検収の段階に入った。同鉄道は旅客列車と貨物列車が共用する複線式高速電化鉄道で、線路の総延長は137・28キロ、設計速度は時速200キロで、全線に9駅が置かれる。駅舎の総建築面積は常熟駅が1万998平方メートル、張家港駅が1万980平方メートルとなっている。同プロジェクトは現在、既に静的検収と試験調整の段階に入っており、間もなく運用が開始される。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020040701912

    中国初の海が見える高速鉄道駅、建設が加速山東省青島市  1日、山東省青島市高新区で建設が進む済青高速鉄道の紅島駅。(小型無人機から)中国山東省でこのほど、済青(済南‐青島)高速鉄道の紅島駅及び周辺付帯施設向けの建設プロジェクトは感染症対策を徹底するなかで業務再開が進められており、操業再開が最も早かった重点事業の一つとなっている。当面、同プロジェクトの各作業は急ピッチかつ着実に推進され、高い基準を満たしながら期日通り鉄道部門に引き渡せるようとしている。紅島駅は中国初の「オーシャンビュー」高速鉄道駅で、完成後は中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」に接続される。これにより、山東半島の高速鉄道、都市間鉄道、地下鉄、路線バス、タクシーなどさまざまな交通機関を融合した大型総合交通ターミナルとなる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020012000748

    ハルビン空港全体計画、高速鉄道などの交通施設を導入へ  16日、黒竜江省ハルビン太平国際空港全体計画の完成想像図。中国黒竜江省のハルビン太平国際空港はこのほど、同空港の全体計画を明らかにした。将来的に、高速鉄道などの交通施設を導入する予定だという。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019120200820

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の清河駅。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/孟濤)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019120200800

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019120200795

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の宣化北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019120200819

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  28日、京張高速鉄道の下花園北駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120200749

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の東花園北駅。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019120200667

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の懐来駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019120200802

    京張高速鉄道の各駅が完成間近  27日、京張高速鉄道の懐来駅。(小型無人機から)中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の各駅の工事が間もなく完了する。同高速鉄道は全長174キロ。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技場間の交通を確保する重要な路線となる。(張家口=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019120200857

    武漢と十堰を結ぶ高速鉄道が開通・運営湖北省  27日、空から見た十堰東駅。(小型無人機から)中国湖北省の武漢市と十堰(じゅうえん)市を結ぶ「漢十高速鉄道」が29日、正式に開通・運営し、秦巴山区に位置する集中的特別貧困隣接地区が全国の高速鉄道網に加わった。これにより、武漢市から随州(ずいしゅう)市、襄陽(じょうよう)市、十堰(じゅうえん)市までの時間がいずれも従来の半分まで短縮され、沿線地域の人々の移動が極めて便利になった。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019111801241

    北陸新幹線・資料 柿原トンネル貫通  貫通した、2023年春の開業を予定する北陸新幹線金沢―敦賀間の柿原トンネル=2019年11月18日、福井県あわら市

  14. 2019092014472

    京雄都市間鉄道の北京大興駅が設計検査に合格  18日、京雄都市間鉄道の北京大興駅。中国北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄(けいゆう)都市間鉄道の北京大興駅が18日、設計検査に合格した。同駅は今後、北京大興空港と市内を結ぶ重要な接続地点になる他、北京市と雄安新区の橋渡しの役目も果たす。(北京=新華社記者/張晨霖)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019082802302

    改札口まで浸水したJR佐賀駅  改札口まで浸水したJR佐賀駅=2019(令和元)年8月28日午前6時45分ごろ、佐賀市(撮影・安部鉄也)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ 「西日本新聞」

  16. 2019060402945

    北京大興国際空港の南方航空貨物ターミナルが完成  28日、空から見た中国南方航空の貨物ターミナル。(小型無人機から)中国の北京大興国際空港で中国南方航空の貨物ターミナルが28日完成した。工事は鉄道建設大手、中鉄建工集団が請け負った。これは南方航空基地で初めて完成した付帯施設プロジェクトであり、同空港で最初に完了した貨物ターミナル建設工事ともなった。(北京=新華社配信/中鉄建工集団提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:中鉄建工集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019060403012

    北京大興国際空港の南方航空貨物ターミナルが完成  28日、空から見た中国南方航空の貨物ターミナル。(小型無人機から)中国の北京大興国際空港で中国南方航空の貨物ターミナルが28日完成した。工事は鉄道建設大手、中鉄建工集団が請け負った。これは南方航空基地で初めて完成した付帯施設プロジェクトであり、同空港で最初に完了した貨物ターミナル建設工事ともなった。(北京=新華社配信/中鉄建工集団提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:中鉄建工集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019060402905

    北京大興国際空港の南方航空貨物ターミナルが完成  中国南方航空の貨物ターミナルの完成予想図。中国の北京大興国際空港で中国南方航空の貨物ターミナルが28日完成した。工事は鉄道建設大手、中鉄建工集団が請け負った。これは南方航空基地で初めて完成した付帯施設プロジェクトであり、同空港で最初に完了した貨物ターミナル建設工事ともなった。(北京=新華社配信/中鉄建工集団提供)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:中鉄建工集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019032100115

    リニア・鉄道館・資料  名古屋市のリニア・鉄道館。展示の新幹線は(左から)700系、300系、100系、0系=2019年3月20日

  20. 2019032902689

    JR東日本・山田線の試運転  間もなく開業する三陸鉄道リアス線大槌駅=2019(平成31)年3月1日、岩手県上閉伊郡大槌町大槌駅、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  21. 2019021310258

    北京で降雪バス3路線運休鉄道駅周辺の輸送力を増強  12日、雪がうっすらと積もった北京西駅の北側広場。中国北京市で12日、降雪が観測された。北京公共交通集団では、乗客の利便性を最大限に確保するため緊急輸送態勢を取っており、バス3路線を運休にし、鉄道駅周辺の輸送力を増強している。(北京=新華社配信/潘峰)=2019(平成31)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019121704275

    ライトアップされたJR門司港駅  ライトアップされ、幻想的な姿が浮かび上がった復元した駅舎=2019(平成31)年2月4日、北九州市門司区、JR門司港駅、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ 「西日本新聞」

  23. 2018121020918

    北国の交通ハブ、牡丹江新駅が竣工黒竜江省  6日、竣工した牡丹江新駅の全体の様子。中国鉄建二十二局集団が建造を請け負い、8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」における、横ルート最北の高速鉄道ハブ駅となる黒竜江省の牡丹江新駅が6日、正式に竣工。哈牡高鉄(ハルビン市と牡丹江市を結ぶ高速鉄道)と同時に今年末、運用が開始される見込み。新駅の敷地面積は2万9515平方メートルで、駅舎正面には中国国花の牡丹をモチーフに、欧風建築の要素も取り入れられ、情趣あふれるデザインとなっている。(牡丹江=新華社記者/王建威)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019022205582

    渋谷ストリームの外観  2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  25. 2019022205570

    渋谷ストリームの外観  2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  26. 2019022205574

    渋谷ストリームの外観  2018年9月13日東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」、2018(平成30)年8月17日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  27. 2018071700557

    西アフリカ初の都市鉄道が開通ナイジェリア  12日、ナイジェリアの首都アブジャに完成したアブジャ都市鉄道中心駅。中国土木工程集団ナイジェリア有限公司が請け負ったナイジェリアのアブジャ都市鉄道が12日に開通し、同国のブハリ大統領が開通式に出席した。同鉄道は西アフリカで初めて開通した都市鉄道となる。(アブジャ=新華社記者/張保平)=2018(平成30)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018080900495

    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018080900537

    クラウド事業を強化する砂漠の小都市寧夏中衛市  7月5日、寧夏回族自治区中衛市にある「クラウドベース(Cloudbase)」。(小型無人機から)トングリ砂漠の南端に位置する中国寧夏回族自治区の中衛市は、同自治区で最も若い地級市(中国の地方行政単位)にあたる。今から60年前、ここから広大な砂漠地帯を走る中国初の砂漠鉄道、「包蘭鉄道」(内モンゴル自治区包頭-甘粛省蘭州)が正式に開通し、その際に考案された「麦草方格」という砂漠化を効果的に防ぐ方法が、世界中に広まった。現在、同市は資源・環境制約を克服するため、IT(情報技術)革命がもたらすチャンスをつかみ、米アリゾナ州フェニックスでベンチマーキングを実施し、砂漠の端で世界をリードする「クラウド情報ハイウェイ」を構築している。近代的なデータセンターが次々に落成し、国内外の著名なクラウド企業が次々に入居し、クラウドコンピューティング専攻の大学生が続々と社会に出てゆくに伴い、クラウドコンピューティング産業は中衛に質の高い発展によるメリットをもたらし、世界がこの砂漠都市を再認識するための新たな名刺的存在にもなりつつある。(固原=新華社記者/王鵬)=2018(平成30)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018072400897

    中国·アフリカの協力がすばらしい成果を上げる  6月10日、コンゴ共和国のブラザヴィル・スポーツセンター。(空撮写真)近年、中国とアフリカの各分野での協力は全面的に深まっている。埠頭や鉄道、工業パーク、経済特別区の新たな建設など、中国・アフリカのプロジェクト提携は、アフリカ経済の多元化と産業アップグレードを促進し、大量の雇用機会を創り出し、多くの人々の生活を改善した。(ブラザヴィル=新華社記者/王騰)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018072400805

    中国·アフリカの協力がすばらしい成果を上げる  6月6日、セネガルの首都ダカールの国立劇場。(空撮写真)近年、中国とアフリカの各分野での協力は全面的に深まっている。埠頭や鉄道、工業パーク、経済特別区の新たな建設など、中国・アフリカのプロジェクト提携は、アフリカ経済の多元化と産業アップグレードを促進し、大量の雇用機会を創り出し、多くの人々の生活を改善した。(ダカール=新華社記者/呉魯)=2018(平成30)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018051800649

    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  ベラルーシの首都ミンスクの東25キロの地点にある中国ベラルーシ工業パーク。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018040400746

    千年の都市を建設し、国家の大事をなす雄安新区設立1周年  雄安新区市民サービスセンターの建設現場(3月27日、ドローン撮影)。2017年4月1日に中国の河北省に雄安新区が設立されてから、1年が過ぎた。この注目の集まる土地には今、大きな変化が生じている。「千年の美しい林」プロジェクトが着実に進められ、植えられた木々は健やかに成長している。「雄安建設の最初のランドマーク」の市民サービスセンターも基本的な建設を終えた。京雄都市間鉄道も着工され、100社以上のハイエンド・ハイテク企業がすでに入居している。この1年に、雄安新区は「世界的な観点、国際的な基準、中国の特色、高い位置付け」を堅持し、新たな発展理念を徹底し、また革新発展モデル区の建設に努めてきた。この未来の都市は、今まさに力強く確固とした歩みを進めている。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2018011600322

    東京駅資料  東京駅、丸の内駅舎、赤れんが駅舎、JR東日本、JR東海、東京メトロ、東京都千代田区丸の内1丁目、2017年12月18日撮影

  35. 2018011600317

    東京駅資料  東京駅、丸の内駅舎、赤れんが駅舎、JR東日本、JR東海、東京メトロ、東京都千代田区丸の内1丁目、2017年12月18日撮影

  36. 2017121800405

    二子玉川駅 資料  東急電鉄・二子玉川駅、東京都世田谷区玉川、2017年12月18日撮影

  37. 2019022205546

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  38. 2019022205558

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  39. 2019022205557

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  40. 2019022205527

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  41. 2019022205520

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  42. 2019022205585

    渋谷ストリームの外観  2018年秋に東横線旧渋谷駅ホーム及び、高架跡地に開業した再開発ビル「渋谷ストリーム」=2017(平成29)年12月14日、渋谷駅周辺、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  43. 2018051800624

    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  2017年12月1日、空から撮影したカメルーンのメンヴェレ(Memve‘ele)水力発電ダム。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018051800650

    「数々の成果」が花開く「一帯一路」海外事業巡礼記  2017年4月18日、アルジェリアの首都アルジェで撮影した空港新ターミナルの内部の様子。今年は「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」国際協力サミットフォーラム開催から1周年を迎える。2017年5月、同フォーラムが北京で成功裏に開催されたことは、「一帯一路」構想の共同構築が理念から行動、計画から実施へと新たな段階に入ったことを示している。「一帯一路」構想が打ち出されてから5年にわたり、中国企業は海外へ次々と進出して国際市場を開拓し、多くのインフラプロジェクトを主宰・実施してきた。ケニアのモンバサ港とナイロビを結ぶ鉄道、ギリシャのピレウス港、中国・パキスタン経済回廊の2大道路といったプロジェクトは、全て秩序よく進められたか、すでに運営が始まっている。今では、「一帯一路」沿線に現れた「数々の成果」のうち、すでに着工している鉄道、道路、港湾、大橋および工業園区(パーク)などのインフラ整備プロジェクトでは、中国の知恵により大地が潤され、あでやかな花が咲き、活力に満ちあふれ、沿線諸国のインフラ環境の改善や同地の経済社会の発展促進に、積極的な役割を果たした。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2017041300323

    地下鉄入り口、東京メトロ資料  地下鉄、東京メトロ銀座線虎ノ門駅の入り口、東京都港区、2017年4月12日撮影、後方右は霞が関ビル

  46. 2016083100813

    大阪駅北側の再開発区域  大阪・梅田のJR大阪駅北側に広がる再開発区域=2016年8月31日(共同通信社ヘリから)

  47. 2016060200458

    大阪・うめきた2期区域 「うめきた」2期区域・4  JR大阪駅北側の「うめきた」2期区域=2016年6月2日、大阪市(共同通信社ヘリから)

  48. 2016060200456

    大阪・うめきた2期区域 「うめきた」2期区域・3  JR大阪駅(右)北側の「うめきた」2期区域=2016年6月2日、大阪市(共同通信社ヘリから)

  49. 2016060200455

    大阪・うめきた2期区域 「うめきた」2期区域・2  JR大阪駅北側の「うめきた」2期区域=2016年6月2日、大阪市(共同通信社ヘリから)

  50. 2016060200433

    大阪・うめきた2期区域 「うめきた」2期区域・1  JR大阪駅(右下)北側の「うめきた」2期区域=2016年6月2日、大阪市(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像