検索結果 30,650 件中 1 件 〜 50
  1. 2020102405378

    コロナ下の正倉院展開幕 第72回正倉院展  奈良市の奈良国立博物館で始まった第72回正倉院展=24日午前

  2. 2020102405377

    コロナ下の正倉院展開幕 来場者  第72回正倉院展が始まった奈良国立博物館に入る人たち=24日午前、奈良市

  3. 2020102405376

    コロナ下の正倉院展開幕 第72回正倉院展  奈良市の奈良国立博物館で始まった第72回正倉院展=24日午前

  4. 2020102405373

    コロナ下の正倉院展開幕 並ぶ人たち  第72回正倉院展に入場するため並ぶ人たち=24日午前、奈良市の奈良国立博物館

  5. 2020102402387

    コロナ禍で開催に尽力 小川直久  サーフィンの国内プロ戦「さわかみチャレンジシリーズ鴨川」に参加した小川直久=16日、千葉県鴨川市の東条海岸 「サーフィンの話題」

  6. 2020102402383

    コロナ禍で開催に尽力 波を攻める小川  サーフィンの国内プロ戦「さわかみチャレンジシリーズ鴨川」で波を攻める小川直久=16日、千葉県鴨川市の東条海岸 「サーフィンの話題」

  7. 2020102302198

    正倉院展、24日から 紫檀槽琵琶  第72回正倉院展で展示される「紫檀槽琵琶」=23日午前、奈良市の奈良国立博物館

  8. 2020102302197

    正倉院展、24日から 平螺鈿背円鏡  第72回正倉院展で展示される「平螺鈿背円鏡」=23日午前、奈良市の奈良国立博物館

  9. 2020102302178

    正倉院展、明日から 五色龍歯  第72回正倉院展で展示される「五色龍歯」=23日午前、奈良市の奈良国立博物館

  10. 2020102302165

    正倉院展、明日から 敷物「花氈」  報道陣に公開された、第72回正倉院展のフェルト状の敷物「花氈」=23日午前、奈良市の奈良国立博物館

  11. 2020102208173

    杉原千畝ゆかりの地を回る 高校生と写真に納まる大使  顕彰施設「杉原千畝広場センポ・スギハラ・メモリアル」を視察し、高校生と写真に納まるリトアニアのゲディミナス・バルブオリス駐日大使(左から2人目)=22日午後、名古屋市

  12. 2020102204718

    恐竜バスで博物館へ直行 恐竜バスの披露会  「恐竜バス」を披露する福井県の杉本達治知事(左から3人目)ら=22日午前、福井県庁前

  13. 2020102204648

    恐竜バスで博物館へ直行 恐竜バスを披露  「恐竜バス」を披露する福井県の杉本達治知事(左から3人目)ら=22日午前、福井県庁前

  14. 2020102204646

    恐竜バスで博物館へ直行 披露された恐竜バス  恐竜が大きく口を開くラッピングが施された「恐竜バス」=22日午前、福井県庁前

  15. 2020102204347

    若山牧水賞に谷岡亜紀氏 伊藤一彦氏  受賞者を発表する歌人で選考委員の伊藤一彦氏=22日午前、宮崎県庁

  16. 2020102204289

    若山牧水賞に谷岡亜紀氏 「ひどいどしゃぶり」  若山牧水賞を受賞した谷岡亜紀氏の「ひどいどしゃぶり」

  17. 2020102103836

    天下分け目の合戦追体験 展示のびょうぶと館長  「岐阜関ケ原古戦場記念館」に展示されたびょうぶ。左端は館長の小和田哲男静岡大名誉教授=21日午後、岐阜県関ケ原町

  18. 2020102103805

    天下分け目の合戦追体験 あいさつする小和田館長  「岐阜関ケ原古戦場記念館」のオープンを記念した式典で、あいさつする館長の小和田哲男静岡大名誉教授=21日午前、岐阜県関ケ原町

  19. 2020102103776

    天下分け目の合戦追体験 展示されたびょうぶ  「岐阜関ケ原古戦場記念館」に展示されたびょうぶ=21日午前、岐阜県関ケ原町

  20. 2020102103761

    天下分け目の合戦追体験 記念館のシアター  「岐阜関ケ原古戦場記念館」のシアターに映し出された、合戦当日の様子を再現したアニメーション=21日午前、岐阜県関ケ原町

  21. 2020102002525

    名作生んだ筆は塚に眠る 泉鏡花  泉鏡花 「文学碑の散歩道」20回続きの(8)の(ア)

  22. 2019100905265

    顔を守り、生活圏を拡大 ゴリラの手の骨格  ゴリラの手の複製骨格(ふくせいこっかく)標本=神奈川県小田原市の「生命の星・地球博物館」 「博物館でタイムトラベル」(7)【つかむ】

  23. 2020102206286

    好奇心をたたえる「パイナップル科学賞」受賞者発表浙江省温州市  18日、第9回「パイナップル科学賞」授賞式会場の入り口で記念撮影をする来場者。中国版イグノーベル賞と呼ばれる「パイナップル科学賞」の第9回授賞式が18日、浙江省温州市で開催された。ユニークな科学研究に贈られる同賞は、科学に対する人々の好奇心と情熱を喚起することを目的としている。(温州=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101705989

    旧大社駅をライトアップ 旧大社駅と和太鼓の演奏  緑色にライトアップされた旧大社駅と和太鼓の演奏=17日午後、島根県出雲市

  25. 2020101601081

    「糞虫」に魅了、半生描く 「フン虫に夢中」  児童向けの本「フン虫に夢中」

  26. 2020101403760

    成田英敏さん  漫画でアイヌ民族の歴史、文化を紹介しアイヌ語講師も務める成田英敏(なりた・ひでとし)さん 「時の人」

  27. 2020101403756

    成田英敏さん  漫画でアイヌ民族の歴史、文化を紹介しアイヌ語講師も務める成田英敏(なりた・ひでとし)さん 「時の人」

  28. 2020101400043

    コロナ禍、生き抜く励みに 業績を伝えるコーナー  「さかい利晶の杜」の与謝野晶子の業績を伝えるコーナーのタッチパネル=9日、堺市

  29. 2020101400042

    コロナ禍、生き抜く励みに 矢内学芸員  「さかい利晶の杜」の与謝野晶子の業績を伝えるコーナーのタッチパネルと学芸員の矢内一磨さん=9日、堺市

  30. 2020101900536

    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式  14日、上海印刷技術研究所で除幕された「現代漢字印刷書体発祥の地」プレート。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020101307131

    バショウカジキを展示 展示のバショウカジキ  水族館アクアマリンふくしまで展示が始まったバショウカジキ=13日午前、福島県いわき市

  32. 2020101307129

    バショウカジキを展示 バショウカジキ  水族館アクアマリンふくしまで展示が始まったバショウカジキ=13日午前、福島県いわき市

  33. 2020101306193

    文芸史に輝く情熱の歌人  東京都杉並区・与謝野公園、渋谷区・与謝野晶子の歌碑 「12段用」「文学碑の散歩道」20回続きの(7)の(ア)

  34. 2020101306189

    文芸史に輝く情熱の歌人  東京都杉並区・与謝野公園、渋谷区・与謝野晶子の歌碑 「12段用」「文学碑の散歩道」20回続きの(7)の(ア)

  35. 2020101306186

    文芸史に輝く情熱の歌人  東京都杉並区・与謝野公園、渋谷区・与謝野晶子の歌碑 「文学碑の散歩道」20回続きの(7)の(ア)

  36. 2020101306184

    文芸史に輝く情熱の歌人  東京都杉並区・与謝野公園、渋谷区・与謝野晶子の歌碑 「文学碑の散歩道」20回続きの(7)の(ア)

  37. 2020101306153

    文芸史に輝く情熱の歌人 与謝野公園の歌碑  与謝野公園にある与謝野晶子の歌碑=東京都杉並区 「文学碑の散歩道」20回続きの(7)の(ア)

  38. 2020101900595

    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式  13日、上海印刷書体展示館で展示された印刷書体の原本。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101200736

    永田町で政治史たどる 憲政記念館  議会開設80年を記念して開館した憲政記念館=東京・永田町 「東京日和」

  40. 2020101003828

    USJ・資料 USJ全景  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)=大阪市(共同通信社ヘリから)

  41. 2020101003362

    研究開発ラボ完成、神戸 あいさつする市長  神戸市の研究施設「クリエイティブラボ神戸」が完成し、記念式典であいさつする久元喜造市長=10日午前

  42. 2020101003358

    研究開発ラボ完成、神戸 あいさつする久元市長  神戸市の研究施設「クリエイティブラボ神戸」が完成し、記念式典であいさつする久元喜造市長=10日午前

  43. 2020100901962

    絵本カフェで第二の人生 中川裕司さん  「えほんカフェ ひっぽ」で読み聞かせをする中川裕司さん=9月、北海道函館市 「北ものがたり」

  44. 2020100901648

    ダイバー憧れの海 中村卓哉氏  中村卓哉氏 写真連載企画「中村卓哉・水のメッセージ 地球3分の2海」(22)「パラオ」

  45. 2020101705006

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、博物館が収蔵する昔の婚礼で使われた新婦が乗る籠。手彫りの花文様は生き生きとして味わいがある。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020101704878

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、博物館の収蔵品を紹介する田さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020101704886

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、館内に展示した旧式の織り機を紹介する田さん。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020101704994

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、博物館が収蔵する1950年代の卒業証書。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020101704965

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、館内に展示された安口窯の磁器。安口窯のある安口鎮はかつて甘粛省の四大古鎮の一つで、磁器の産出地として名を馳せた。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020101705027

    農家の私設博物館によみがえる「農村の記憶」甘粛省平涼市  9日、地元で使われていた旧式の織り機。田さんによると今でも使用可能という。中国甘粛省平涼市崆峒(こうどう)区の農家、田軍(でん・ぐん)さんは熱心な収集家で、自宅の敷地内に「農村の記憶」博物館を建設した。館長であり解説員でもある田さんは、20年以上にわたって集めた古い品々を分類し「農耕文化」「民俗生活」「農村の記憶」「安口窯の磁器」「紅色(革命)の記憶」の五つの展示室に陳列している。同館は展示面積800平方メートル、展示品は5千点以上に及ぶ。(平涼=新華社記者/多蕾)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像