検索結果 25,122 件中 1 件 〜 50
  1. 2020092305861

    マスク、マイひしゃく… 指針を受け取る埼玉知事  埼玉県神社庁の中山高嶺庁長(左)からガイドラインを受け取る大野元裕知事=23日午後、埼玉県庁

  2. 2020092304891

    悠久のおおらかさ 列を作る人々  エジプト・カイロで再開したモスク(イスラム教礼拝所)で礼拝するため列を作る人々=8月28日(ロイター=共同) 「海外エッセー 世界の街から」

  3. 2020092100432

    久々のにぎわい、観光地に にぎわう清水寺の参道  大勢の観光客が行き来する世界遺産・清水寺の参道=21日午後、京都市

  4. 2020092100431

    久々のにぎわい、観光地に にぎわう清水寺の参道  大勢の観光客が行き来する世界遺産・清水寺の参道=21日午後、京都市

  5. 2020091807004

    印の感染増、米国の倍に イラクの祈る人々  18日、イラク・クーファのシーア派モスクで距離を取って祈る人々(ロイター=共同)

  6. 2020091803783

    仏千体、震災10年当日開眼 石川住職と仏像  奉納された仏像を手にほほえむ天台宗萬寳院の石川仁徳住職=14日、宮城県東松島市 「東日本大震災9年半」

  7. 2020091710177

    2026年の完成不可能に サグラダ・ファミリア教会  サグラダ・ファミリア教会=2019年2月、スペイン・バルセロナ(共同)

  8. 2020091501290

    長崎、被爆樹木で平和発信 山王神社の被爆クスノキ  「無言の語り部」とされる山王神社の被爆クスノキ=14日、長崎市 「核の75年」

  9. 2020091400083

    ベラルーシで10万人超デモ 取り押さえられる反政権派  13日、ベラルーシ・ミンスクで、反政権派のデモ参加者を取り押さえる治安当局者(タス=共同)

  10. 2020090803815

    孫ターンで神社受け継ぐ 書道教室  小学生からシニアまで幅広い層の地元の人々に書道を教える神職の大高翔さん=秋田県能代市 企画「こころ=特集」(6)

  11. 2020091005996

    おさい銭はベルトに乗せて 週末の参拝者が倍増、タイ  ベルトコンベヤーに取り付けられた銀色の鉢におさい銭を入れると、高さ15㍍ほどの仏像の手元まで自動で届けてくれます。バンコク近郊のサムットサコン県の寺が考案した画期的なシステム。最初は手動でベルトを回していたそうですが、3年ほど前に電動式にしたところ評判になり、週末の参拝者が倍増したそうです。きっとおさい銭も増えたでしょうね。(撮影・浮ケ谷泰、共同) 「アジアの1枚」

  12. 2020090903681

    「黒人差別」と広告批判 抗議する野党支持者ら  7日、南アフリカ・ヨハネスブルクの「クリックス」の店舗前で、抗議活動する急進派野党の支持者ら(ロイター=共同)

  13. 2020091801809

    科学調査団、「古商道」の発展の軌跡を探る四川省  9日、四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県にあるチベット仏教の経典の木版を保管し印刷をする徳格印経院(チベット語でデルゲ・バルカン)で、経典の木版を調査する科学調査団のメンバー。中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州は悠久の歴史と奥深い文化を持つ地域として知られる。四川省社会科学院、北京師範大学、四川大学および各学科・分野の専門家、学者、教授からなる科学調査団はこのほど、同自治州の各地で科学調査を実施し、現地で古い商業ルート「古商道」の発展の軌跡を探った。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020090803813

    孫ターンで神社受け継ぐ 神明社  神職として地域活性に取り組む大高翔さん=秋田県能代市の神明社 企画「こころ=特集」(6)

  15. 2020090503028

    〝優等生〟脅かす第2波 教会を消毒する人々  ソウルの教会で消毒作業をする人々=8月(ゲッティ=共同) 「大型サイド」

  16. 2020091400563

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  5日、カンボジア・プノンペンの寺院で仏像に香水を注ぐ人たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020091400598

    カンボジア、伝統行事「プチュンバン」を迎える  5日、カンボジア・プノンペンの寺院で食事をする僧侶たち。カンボジアでは、毎年仏歴の10月1日から15日まで(今年は9月3~17日)の15日間が最も重要な伝統行事の一つ「プチュンバン」(カンボジアのお盆)にあたる。この間、市民らは寺へ行き、食べ物を供えたり、読経を聞くなどして先祖の霊を祭り、人々の幸せを祈る。同国では、今年の9月16日から18日までの3日間を祝日と定めている。(プノンペン=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020090404176

    コロナ退散願い北野御霊会 再興された北野御霊会  「北野御霊会」で境内を歩く神職と僧侶=4日午前、京都市の北野天満宮

  19. 2020092303415

    チベット族の村に受け継がれる伝統の手工芸四川省  仏像を制作する職人。(9月3日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州デルゲ(徳格)県麦宿鎮は、古くから手工芸が盛んで、チベット民族の手工芸が最も完全な形で残されている地域の一つ。(カンゼ=新華社配信)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020090202942

    困窮する寺社にも目を  「宗教者として、日本人の信仰心を大切にしたい」と語る佐原透修さん 甲乙Aインタビュー企画「こんにち話」「宗教法人とコロナ禍」

  21. 2020083100243

    識者座談会「ゴルバチョフ革命の前途」    ソ連共産党中央委総会の決定がもたらす影響などについて語る下斗米伸夫・法政大教授=東京・虎ノ門の共同通信会館  平2国内 1444

  22. 2020090306057

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の顔料成分を検査する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020090306062

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020090306097

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020090306051

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020090305998

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020090306139

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺で壁画を調査する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020090305979

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020090306011

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020090305964

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020090306107

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査について説明する天津市の文化財保護専門家・蔡習軍(さい・しゅうぐん)氏(右)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020090306128

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020090306069

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画の含水率を測定する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020090305980

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画を顕微鏡で観察する陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020090305967

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020090306068

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020090306040

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020090306148

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020090306112

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020090306123

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣の壁画(一部)。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020090408661

    千年の古刹、天津独楽寺の壁画芸術  8月31日、独楽寺観音閣で、壁画修復の事前調査を行う陝西省文物保護研究院の文化財保護スタッフ。中国北部の燕山山脈を背にする天津市薊州(けいしゅう)区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される千年の古刹、独楽寺がある。創建は唐の貞観10(636)年で、遼の統和2(984)年に再建された。中国の古代木造建築の代表作とされる。1930年代に日本の建築史家・関野貞氏がその価値を見いだし、中国の建築史家・梁思成(りょう・しせい)氏が著書で紹介したことで有名になった。唐代様式に満ち溢れた観音閣の内部には、彩色を施された高さ16メートルの十一面観音像がある。観音像を囲む四方の壁に描かれた観音閣壁画は、元代に制作され、明代に描き直されたもので、高さ3・15メートル、長さ45・35メートル、総面積は142・85平方メートル。壁画は十六羅漢と二大明王をテーマとし、余白に仏教神話や物語、世俗的な題材、再建に寄付した信者の姿が描かれている。線描の技法は、一定の線の太さで描く「鉄線描(てっせんびょう)」を中心に、リズム感のある柔軟さをもつ「蘭葉描(らんようびょう)」も併せて用い、輪郭を描いて塗りつぶし、適度に濃淡の変化をつけて遠近感を出している。人物描写は正確で、流れるような輪郭線を持つ。荘厳で厳粛な仏教世界を構成し、絵師の優れた構想と芸術的技量を示している。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020082903445

    突然の辞意、先行き不安 清水寺周辺  閑散とする清水寺の参道=29日午後、京都市

  43. 2020082903204

    神社で来年の大絵馬作り 大絵馬を作る子どもたち  大絵馬を作る子どもたち=29日、和歌山県太地町

  44. 2020082704624

    黒人差別問題巡る経過  米国での黒人差別を巡る主な経過

  45. 2020082704619

    黒人差別問題巡る経過  米国での黒人差別を巡る主な経過

  46. 2020082600226

    年の瀬の羽子板市    色とりどりの羽子板が所狭しと飾られた「羽子板市」=1989(平成元)年12月16日、東京都台東区の浅草寺 元年国内 17415

  47. 2020090104482

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020090104358

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020090104423

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020090104380

    青竜寺に残る元代壁画山西省稷山県  25日、青竜寺の壁画(一部)。中国山西省運城市稷山(しょくさん)県の中心市街地から南西4キロの馬村にある青竜寺は、国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される古刹で、創建は唐代にさかのぼる。6千平方メートル余りの境内に現存する腰殿と後殿、垛(だ)殿は、いずれも元代に再建されたもので、殿内に壁画196・38平方メートルが残る。腰殿の壁画は、明代に修復された北壁以外が再建当時のものとされ、宗教人物画の「水陸画」に属する。儒教と仏教、道教が共存し、神仙と仏、神が融合している。配色は青と緑を基調としており、唐・宋時代以降の絵画表現技法を継承している。元・明両時代の絵画の傑作とされる。(稷山=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像