検索結果 5,424 件中 1 件 〜 50
  1. 2020012904188

    有名寺社、マスクで予防  マスクをして参拝者に対応する春日大社のみこ=29日午後、奈良市

  2. 2020012904186

    有名寺社、マスクで予防  マスクをして参拝者に対応する春日大社のみこ=29日午後、奈良市

  3. 2020012904182

    有名寺社、マスクで予防  マスクをして参拝者に対応する春日大社のみこ=29日午後、奈良市

  4. 2020012600168

    法隆寺で僧侶ら消防訓練  世界遺産・法隆寺の消防訓練に先立ち、金堂で営まれた法要=26日、奈良県斑鳩町

  5. 2020012600275

    高野山奥の院で寒中水行  高野山奥の院で「寒中水行」をする信者ら=26日、和歌山県高野町

  6. 2020012600167

    法隆寺で僧侶ら消防訓練  世界遺産・法隆寺の消防訓練に先立ち、収蔵庫で営まれた法要=26日、奈良県斑鳩町

  7. 2020012600166

    法隆寺で僧侶ら消防訓練  世界遺産・法隆寺で行われた消防訓練=26日、奈良県斑鳩町

  8. 2020012600164

    法隆寺で僧侶ら消防訓練  世界遺産・法隆寺で行われた消防訓練=26日、奈良県斑鳩町

  9. 2020012500696

    燃えよ若草山、古都の夜  古都奈良の夜空に浮かび上がった「若草山焼き」。手前は興福寺の五重塔=25日(午後6時19分から午後7時28分まで多重露光)

  10. 2020012500627

    「特集」 狙われる「無人寺」仏像  盗難後に還付された十輪寺の木造地蔵菩薩立像=愛知県豊橋市

  11. 2020012500626

    「特集」 狙われる「無人寺」仏像  木造地蔵菩薩立像が盗まれた十輪寺の建物=愛知県豊橋市

  12. 2020012500623

    「特集」 狙われる「無人寺」仏像  盗難に遭い、兼任住職がインターネットオークションで取り戻した神泉寺の仏像=愛知県豊川市

  13. 2020012500622

    「特集」 狙われる「無人寺」仏像  盗難後に還付された十輪寺の木造地蔵菩薩立像を拝む地元住民=愛知県豊橋市

  14. 2020012321701

    高野山で報恩托鉢寒行  雨の中、高野山で行われた「報恩托鉢寒行」=23日、和歌山県高野町

  15. 2020012321675

    高野山で報恩托鉢寒行  雨の中、高野山で行われた「報恩托鉢寒行」=23日、和歌山県高野町

  16. 2020012224850

    子ども鉄道企画「ローカル線でいこう!」(94) 城下町走るドラえもん電車  日本三大仏の一つとされる高岡大仏=富山県高岡市

  17. 2020012000186

    奈良・薬師寺で消防訓練  奈良市の世界遺産・薬師寺で、訓練用の仏像「まもろうくん」を使い、文化財の搬出手順を確認する関係者=20日午前

  18. 2020011502845

    京都の「観光公害」深刻化  多くの外国人観光客などで混雑する、京都市の清水寺付近=15日午後

  19. 2020011502844

    京都の「観光公害」深刻化  多くの外国人観光客などで混雑する、京都市の清水寺付近=15日午後

  20. 2020012000938

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2020012000981

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2020012215731

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  山東省の青州市博物館が所蔵する「盧舎那法界人中像」。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2020012100729

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の足部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2020012100704

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020012100706

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺の大仏殿内に安置された釈迦涅槃像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020012100711

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の扁額。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020012100671

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020012100652

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020012000926

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020012100571

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020012000795

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020012100621

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012100650

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺の大仏殿内の釈迦牟尼涅槃像の衲衣。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012100608

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2020012100610

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の足部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2020012000990

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2020012100727

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2020012100731

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の地蔵菩薩像と西遊記の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2020012100732

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2020012100717

    「新華社」 張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省  14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020012216093

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  14日、成都博物館の展示ホールの一角。中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012215652

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  四川大学博物館が所蔵する「釈僧鎮造釈迦像」。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012215723

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  14日、成都博物館の展示ホールの入り口。中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012000967

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020012000970

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020012000825

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020012000858

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、空から見た張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。(小型無人機から)春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020012000755

    「新華社」 中国西部の伝統行事、千年の歴史ある九曲黄河灯陣甘粛省張掖市  14日、張掖市甘州区碱灘鎮古城村の九曲黄河灯陣。春節(旧正月)が近づき、中国甘粛省張掖市甘州区碱灘(かんたん)鎮の古城村で行われる伝説上の戦陣を模したイルミネーション「九曲黄河灯陣」のレイアウトが一新された。黄河沿岸に起源を持つ九曲黄河灯陣の名は、連なった明かりが蛇行する黄河の流れに似ていることに由来する。張掖市に伝わってからは地元住民により保存、継承され、千年の歴史を持つ文化遺産となる。灯陣は全長2・4キロメートルで、通路の両側に700枚以上の壁が新設された。壁面には儒教や仏教、道教などを含む中国の伝統文化を展示し、人々が長く求める幸せな暮らしへの思いを表現している。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012215668

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  河北省の鄴城遺跡東部の北呉荘から出土した「双思惟菩薩像」。同省の鄴城考古学チーム所蔵。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020012216034

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  四川省の成都博物館が所蔵するアショーカ王(阿育王)像。同仏像はアショーカ王の命により作られた。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像