検索結果 6,167 件中 1 件 〜 50
  1. 2020101603775

    金色のミニ不動明王を発見 不動明王像と護法童子像  仏像・護法童子像(奥)の中から発見された金色の不動明王像=16日午後、大津市

  2. 2020101603766

    金色のミニ不動明王を発見 不動明王像と舎利容器  仏像・護法童子像の中から見つかった金色の不動明王像(左)と水晶製の舎利容器=16日午後、大津市

  3. 2020101900668

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場内を見学する来場者。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020101900828

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された関羽像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020101900823

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された関羽像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020101900859

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020101901039

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、さまざまな材質の関羽や大黒天、寿老人などの像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900945

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101900757

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900659

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900856

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場に展示された仏像。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101900581

    第15回中国アモイ国際仏像仏具展示会が開幕福建省  15日、会場内を見学する来場者。中国福建省アモイ市の廈門(アモイ)国際会議展覧センターで15日、第15回中国アモイ国際仏像仏具(秋季)展示会が開幕した。同展は仏像仏具を専門に取り扱う世界的なプラットフォームを構築し、仏教文化の普及や交流を促進することを目的としている。会期は19日まで。(アモイ=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020101900544

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900530

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の正門。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101900538

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内の建物。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020101900697

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内の建物。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900701

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召正門前の広場。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020101900666

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020101900845

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の洞闊爾殿。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020101900890

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召境内を見学する観光客。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020101900744

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020101900739

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の秋景色。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020101900559

    チベット仏教の名刹「五当召」の秋景色内モンゴル自治区  11日、五当召の洞闊爾殿。中国内モンゴル自治区包頭市北東部の五当溝にあるチベット仏教寺院「五当召(ごとうしょう)」は、秋の深まりとともに紅葉した木々に囲まれ、金秋という言葉にふさわしい風景を見せている。同寺は清の康熙年間(1662~1722年)の創建で、同自治区で最も規模が大きく保存状態が良いチベット仏教寺院。チベット自治区のポタラ宮、青海省のタール(塔爾)寺、甘粛省のラプラン寺と並ぶ中国のチベット仏教四大名刹の一つで「小ポタラ宮」とも呼ばれる。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101200668

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101200759

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020101200526

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020101200528

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市のアルジャイ石窟に残る浮彫石塔。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020101200851

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の風景。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101200556

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020101200468

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020101200533

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020101200824

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020101200758

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の壁画。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020101200765

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020101200488

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、アルジャイ石窟の壁画の修復作業に当たる専門家。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020101200517

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020101200409

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020101408210

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101408345

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020101408277

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の仏像の一つ、布袋弥勒(ほていみろく)像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020101408306

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰に立つ理公塔。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020101408344

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)を見学する観光客。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020101408250

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の一角。左側が理公塔。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020101408338

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020101408340

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰造像群の仏像の一つ、布袋弥勒(ほていみろく)像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020100500439

    灌漑施設と石窟の観光地「東風堰・千仏岩景区」四川省夾江県  千仏岩の摩崖(まがい)石刻。(資料写真)中国四川盆地の南西部、楽山市夾江県の中心市街地から西約3キロの青衣江の河畔に、清代に造られた灌漑(かんがい)施設と隋代に開かれた石窟からなる観光地「東風堰(とうふうえん)・千仏岩景区」がある。成都からは110キロ、楽山からは25キロ離れている。東風堰は清の康熙元(1662)年に建設されて以降、350年以上使われ続け、今も7万ムー(約4667ヘクタール)余りの農地を潤している。中国で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された場所でもある。千仏岩石窟は隋代に開削され、唐代に盛んに造営された。162の石窟に仏像2470体が残されている。(楽山=新華社配信/張勇剛)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020100500828

    灌漑施設と石窟の観光地「東風堰・千仏岩景区」四川省夾江県  千仏岩の入り口。(資料写真)中国四川盆地の南西部、楽山市夾江県の中心市街地から西約3キロの青衣江の河畔に、清代に造られた灌漑(かんがい)施設と隋代に開かれた石窟からなる観光地「東風堰(とうふうえん)・千仏岩景区」がある。成都からは110キロ、楽山からは25キロ離れている。東風堰は清の康熙元(1662)年に建設されて以降、350年以上使われ続け、今も7万ムー(約4667ヘクタール)余りの農地を潤している。中国で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された場所でもある。千仏岩石窟は隋代に開削され、唐代に盛んに造営された。162の石窟に仏像2470体が残されている。(楽山=新華社配信/羅丹)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020100304545

    GoToで「経済活発に」 記念写真を撮る観光客ら  観光客らでにぎわう清水寺の参道=3日午後、京都市

  49. 2020100304543

    GoToで「経済活発に」 清水寺の参道  観光客らでにぎわう清水寺の参道=3日午後、京都市

  50. 2020100304540

    GoToで「経済活発に」 にぎわう清水寺の参道  観光客らでにぎわう清水寺の参道=3日午後、京都市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像